カテゴリー「静岡県の風景」の56件の記事

2011年4月26日 (火曜日)

道の駅『花桃の里』付近から眺める川幅の広い『天竜川』中流域風景ぃ〜 (Landscapes in the middle of Tenryu River)

P33062411
桃には、
大きい実がなる実桃と
美しく濃密な花が咲く花桃ってぇ〜2種類が
あるらしいんだけどね。
天竜区の中心『二俣町』よりも
何キロか『天竜川』沿いの道を北上すると、
花桃の里』という道の駅があってね。
この道の駅付近からは、
広い川幅に豊富な水を湛えた『天竜川』の
素晴らしい中流域風景を観ることができて、
浜松の北部で『しぇぽ』の好きな場所の一つなのですよ。
( ^ω^ )
ということで、
今日は、
道の駅『花桃の里』付近から観た、
『天竜川』風景をみなさんにお届けしますね。
ヽ(´▽`)/
『しぇぽ』が訪れた時は、
ちょうど道の駅の『花桃』の花が満開でね。
その写真も交えつつお伝えするけどね。
この付近の『天竜川』がどうして広い川幅なのかと言うと、
道の駅のちょっと南にある『船明ダム』により
水流が程よく堰止められているからなのです。
まぁ要するにダム湖を観ていることになるんだけど・・・
水流をほとんど感じない場所だから、
おそらくこの辺の学校の生徒だと思うけど・・・
ボート部らしき学生が静かに練習しておりましたよ。
(*^ω^*)ノ彡
『天竜川』の風景は、
このブログでも以前に夕方の下流域の写真を、
諏訪湖にある起点付近の写真を掲載していますからね。
そちらもどうぞぉ〜
(v^ー゜)
P33062201

P33062341

P33062421

P33062561
浜松とは全く関係ない話だけどね・・・
まぁつまらない話だから・・・
飛ばしちゃって結構だけど・・・はは・・・
(*´σー`)
今『しぇぽ』は二つの物を探しているのです・・・
ほんとつまらない話なんだけど・・・
一つは、
USBケーブルなんだけど、
通常のUSBケーブルじゃなくてね。
パソコンには必ず幅1センチくらいのUSB端子(A端子)があるけど、
このA端子同士を結ぶケーブル、またはA端子よりちょっと小さい
B端子とA端子を結ぶケーブルはどこにでもあるんだけど・・・
USB電流を電源として利用する場合、
DC端子が必要なんだけどね。
昔はA端子とB端子とDC電源を結ぶ三又ケーブルがあったけど・・・
最近いろいろな所で探してみたんだけど・・・
それを見付けることができないの・・・
(´・ω・`)ショボーン
もう一つはね、
お菓子ね・・・はは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
『ブルボン』というお菓子メーカはみなさんご存知だと思うけど・・・
十数年前はどのスーパーでも見掛けたブルボンのお菓子なんだけど・・・
最近はとんと姿を消したお菓子・・・
その名は『えびスナック』。
情報では何種類かの味付けが最近出てるらしいんだけどね。
パッケージも変わったようだけど。
昔は塩味のみしかなかったと記憶しているお菓子。
ここ何年か思い出しもしなかったんだけど・・・
最近思い出したら無性に食べたくなってね・・・
えび味と言うよりは油味みたいな品のないお菓子だけどさ、
塩味で良いから・・・
っつぅ〜か塩味以外が手に入って、
懐かしい気持ちに水を差されるのは嫌だから・・・
塩味じゃないと嫌なんだけど・・・
どこかに売ってないかな・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
P33062121

P33062391

P33062581

P33062261

| | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月曜日)

厳粛な雰囲気が漂う歴史深い『小国神社』の風景ぃ〜 (Scenes of Okuni-Jinja Shrine)

P33063171
昨日の記事の、
『くんま水車の里』を走る県道9号を
南下して南下して、
天竜川が流れ、天竜区役所があり、
『鳥羽山公園』や徳川家ゆかりの『二俣城』がある
『二俣町』まで南下して、
可愛いローカル線『天竜浜名湖鉄道』沿いを
東ヘ東へと車を走らせると、
『清水の次郎長』さんの子分『森の石松』さん縁の
『遠州森町』という小さな街に出るんだけどね。
その『森町』のちょっと西の山間には、
『大国主命(おおくにぬしのみこと)』が御祭神で徳川家と縁が深く、
ものすごく長い歴史を誇る『小国神社』という立派な神社が
あるのですよ。
( ̄▽ ̄)
ということで、
今日は、
遠州国の大変由緒ある神社
小国神社』の境内の様子を
みなさんにお伝えしますね。
ヽ(´▽`)/
初めて『しぇぽ』が『小国神社』を訪ねた時、
その神聖な雰囲気と荘厳な社殿の佇まいに、
伊勢に来ちゃったんじゃないかと勘違いするくらい
感動しつつ驚いたんだけどね。
なんでこの場所にこんな立派な神社があるのか・・・
由来を紐解いても・・・
あまりに歴史が長過ぎて・・・
実は分からないことだらけらしいんだけどね・・・
この神社の駐車場から本殿まで続く杉並木の風景が
『しぇぽ』はとても好きなのですね。
( ^ω^ )
P33062621

P33062911

P33063081

P33063241
木立に囲まれた『小国神社』境内の大部分は
昼間でも暗い雰囲気が支配しているけど・・・
今回『しぇぽ』がここを訪ねた時は、
神社の営業が終わる午後5時くらいだったからね・・・
全体的に暗めの写真になっちゃったけど・・・
すみません・・・
人( ̄ω ̄;) スマヌ
いくら写真を並べ立てても・・・
この神社の素晴らしさを表現できないな・・・
浜松観光と言うと、
舘山寺温泉がある浜名湖に雄大な遠州海岸ってことで、
浜松北部や北東部に足を向ける人は少ないとは思うけど・・・
『小国神社』は全国にある神社の中でも何本かの指に入る
立派な格式と趣き深い境内の佇まいだと思うのでね。
何かの折りに浜松近辺に来られた際は、
是非この神社にも寄ってみて下さいね。
(*^ー゚)b
P33062831

P33062651

P33063021

P33062851

P33062971

| | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日曜日)

浜松市北部の『くんま水車の里』や『県立森林公園』で撮った花や風景ぃ〜 (Landscapes in North Area of Hamamatsu)

P33062001
先日ほんと久しぶりに
東京と浜松の間を車で往復したからね。
その時に、
「せっかく車があるんだから
ちょっくら浜松の山間部でも巡ってみっぺ」ってなことで、
素早くちょこちょこ出掛けてみたので、
今日から4回に渡ってその時の写真を
みなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
浜松市は政令指定都市だからね
いろんな『区』があるんだけどね。
北にはひときわ広い『天竜区』があるけど、
まぁ山ばかりのだだっ広い区なんだけどね・・・
はは・・・
(*´σー`)
その『天竜区』と南で接する『浜北区』辺り
急ぎ足で巡ったんだけど、
今日の写真はぁ〜
『天竜区』の県道9号という山間の道を、
ひたすら北上した所にある『くんま水車の里』と呼ばれる
雰囲気の良い田舎町の風景と、
『浜北区』の北の、
『天竜区』との境辺りにある静岡県立の広大な公園
県立森林公園』という浜松市民の憩いの場の写真ですよ。
( ^ω^ )
前半は『くんま水車の里』の写真で、
後半は『県立森林公園』の写真ね。
P33061861

P33062081

P33062101

P33062091
くんま水車の里』は、
ちゃんと観光客のために整備されていてね。
水遊びができたり食事処もあったりして、
長閑な山間の街の風景を堪能できるんですよね。
まぁでも・・・
『水車の里』と銘打っているのに・・・
水車は施設に設置された一つしか見受けられなかったけど・・・
そうそう、
この山間の小さな街にもちゃんと立派な小学校があってね、
クラブ活動かなんかで学校に行き来している小学生に
何人か出会ったけど、
会うとみんな「こんにちは!!!」って大きな声で挨拶してくれてね。
健やかに育つ正しい小学生の姿にちょっと感動しちゃった・・・
( ̄▽ ̄)
後半の写真にある『県立森林公園』は、
ほんと自然一杯の広大な公園でね。
とても全体を歩く時間は無かったけど・・・
公園の一番高い場所には宿泊施設やレストランもあって、
キャンプもできてアスレチックで遊ぶこともできて、
ここで有名な吊り橋の歩道も含め、
散歩コースには険しいコースと穏やかなコースがちゃんとあってね。
子供からお年寄りを含めた大人まで、
どんな年齢層の人も目一杯森林浴が楽しめるようになっていますよ。
(*^ー゚)b
『森林公園』で唯一『しぇぽ』が不満なのは、
森林ばかりでお花畑みたいなのが無いことね・・・
せっかくの広大な公園なんだから・・・
所々で四季を楽しめるお花畑でも造れば良いのにね・・・
そこんところ今後の課題として、
県職員の方々、
宜しくお願いしますね。
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
P33061801

P32761541

P32761471

P32761411

P32761551

| | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水曜日)

げげっ!自転車押して登の大変・・・舘山寺『大草山』から『浜名湖』の北部眺望ぅ〜 (Lake Hamana [Hamanako] Cycling V)

<展望台から南方面を望むぅ〜 『舘山寺温泉』とその手前の入り江が見えるけど、その奥に見える湖は『しぇぽ』がここまで巡ってきた『庄内湖』ですよぉ〜 遠くに『弁天島温泉』街と『太平洋』が見えますね>
Pb0308051
昨日の記事の『舘山寺温泉』街から
小さな『浜名湖』の入り江を隔てた北には
『大草山』という小高い山があって、
その頂上には『浜名湖オルゴールミュージアム』があるんだけどね。
その屋上が無料の屋外展望台になっていて、
そこからは、『浜名湖』の北部を
360度眺望できるのですよぉ〜
素晴らしい眺めなのですよぉ〜〜〜
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
ということで、
今日はぁ〜〜〜
その『大草山』の展望台からの風景をぉ〜〜〜
まだ夕方にはちょっとだけ早い時間帯の眺望をぉ〜〜〜
写真の上に解説を付けてお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
この展望台へは、
『舘山寺温泉』からロープウェイでも行けるんだけど、
ロープウェイも『浜名湖オルゴールミュージアム』も
午後5時には運行終了及び閉館になっちゃうからね・・・
できれば夜景も撮っておきたい『しぇぽ』としては、
それでは困るのでね・・・
『舘山寺温泉』街の入り江をグルーッとして、
自転車を押して『大草山』を目指したんだけど・・・
これまでの行程での疲れもあるし・・・
これがけっこう大変だったのよ・・・
冷たい北風吹く日だったけど・・・
頂上に着いた時には汗びっしょり・・・
もぅ・・・なんで田舎の観光施設って・・・
5時頃に終了しちゃうのよ・・・もぅ・・・
\(*`∧´)/
観光客の中には夜景好きもいっぱいいるんだからさ・・・
自然の景観を私物化しないでさ・・・
『浜名湖オルゴールミュージアム』の展望台だけでも
せめて夜の9時くらいまで開放しててよ・・・
もぅ・・・ 汗で体温奪われて・・・ 寒いよ・・・ブルッ
( ´;ω;`)ブワッ
<北部の眺望ぅ〜 遠くに細江の街並が見えますね。北部湖畔は以前の記事でお伝えしてるけど(その)、細江町には『天竜浜名湖鉄道』というローカル線が走っていて写真はその鉄道の『気賀駅』方面ということになりますね>
Pb0307881
<北西部を望むぅ〜 この展望台からの有名なアングルで、『東名高速道路』と『浜名湖サービスエリア』が見えますね。手前は『大草山』にある宿泊施設『浜名湖かんざんじ荘』ですよ〜>
Pb0307911
<『浜名湖オルゴールミュージアム』の展望台にあるカリヨンですぅ〜 一定時間毎に美しい音色を奏でますよぉ〜>
Pb0308091
<南東部の眺望ぅ〜 遠くに浜松のランドマーク『アクトタワー』が見えますね。ずいぶん遠くです・・・夜・・・あの辺りまで自転車で帰らなきゃ・・・不安・・・不安・・・不安・・・>
Pb0308161
<北北西部の眺望ぅ〜 『天竜浜名湖鉄道』の『西気賀駅』前の『浜名湖』を望むぅ〜 写真の一番左は『東名高速道路』付近で一番右は『気賀駅』がある『細江』の街並付近ですぅ〜>
Pb0307901
<南部、『舘山寺温泉』の全体像ぅ〜 右(西部)には『浜名湖』の一番広い湖面が見えるんだけど・・・激しい逆光で・・・この写真までが限界ね・・・>
Pb0308061
<より望遠で、南部の『舘山寺温泉』街と『庄内湖』と『弁天島温泉』街と『太平洋』をパチリ!>
Pb0308041
<なんだか似た写真ばかりになってきました・・・二枚目の写真をより広角でね・・・ははは・・・(=´Д`=)ゞ>
Pb0307891
<『舘山寺温泉』街と『大草山』頂上を結ぶロープウェイの下を観光船が通り過ぎましたぁ〜〜〜 向こうに見える遊園地は『浜名湖パルパル』ねっ!>
Pb0308151
午後5時を過ぎると・・・
この展望台から降りなきゃならなくて・・・
なんとか夜景が撮れないものかと四苦八苦して撮った
『大草山』からの夕景夜景を・・・
明日の『浜名湖』東部サイクリング特集の最終回に
お伝えしますね・・・
想像していた綺麗な夕陽は観られず・・・
やっぱりこの展望台以上のいい展望スポットは無かったけど・・・
是非・・・あまり期待しないで・・・見てね・・・
では、また明日!
o(*^▽^*)o

| | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火曜日)

ふぅ・・・『浜名湖』周辺の有名な温泉街『舘山寺温泉』にやっと着いただぁ〜 (Lake Hamana [Hamanako] Cycling IV)

Pb0307291
あぁぁ〜〜〜やっとぉ〜
今回のサイクリングでの
浜名湖』東部湖畔サイクリングの最終目的地
舘山寺』の温泉街が見えてきましたよぉ〜〜
やったぁ〜〜〜
o(*^▽^*)o
まぁここまでの・・・
ほとんどのサイクリング行程は強い逆風だったからね・・・
無理に無理を重ねて『舘山寺温泉』街に入った時には、
腰痛の危険信号がチラホラ・・・
まぁでもここまでくれば一安心・・・
だって・・・この後の浜松市街への帰りの行程は、
嬉しい嬉しいか追い風になるだろうからね!
ふふっ
( ^ω^ )
ということで、
今日はぁ〜〜〜
『浜名湖』南部の弁天島温泉と並んで有名な『浜名湖』北部の温泉、
『舘山寺温泉』の街の様子をぉ〜
みなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
Pb0307581

Pb0307501

Pb0307461
『舘山寺温泉』の歴史はそれほど古くはないらしくてね。
昭和33年に開湯となったらしいんだけど、
近くには『浜松フラワーパーク』や『浜松市動物園』や
浜名湖パルパル』という遊園地もあって、
その立地条件良さから、
行楽地として栄えた温泉らしいのですよ。
フムフムフム
┐( ̄ヘ ̄)┌
『舘山寺温泉』街は、
『浜名湖』北部湖畔の小さな湾に沿って造られた温泉街なんだけどね。
温泉街から湾を挟んで対岸には『大草山』という小高い山があって、
まぁ『大草山』へは温泉街からロープウェイで渡ることもできるけど。
そこからの眺めは素晴らしいので、
明日と明後日は『大草山』からの眺望をお届けしますね。
(v^ー゜)
ちょうど『舘山寺温泉街』のちょっと北の辺りを
『東名高速道路』が東西に走っているんけどね。
『大草山』が邪魔で高速を自動車で走っている時には
『舘山寺温泉』を観ることができないんですよね・・・
でも直ぐ西には『浜名湖サービスエリア』があって、
そこからは『舘山寺温泉』街の湖越しの風景を観ることができますよ!
( ̄▽ ̄)
Pb0307651

Pb0307411

Pb0307641
なんだか・・・
『浜名湖』周辺の似たような風景写真ばかりで・・・
みなさんちょっと飽きちゃってませんか・・・
大丈夫ですか・・・
ははは・・・
(*´σー`)
まぁね・・・
ブログとかやってる一般的な方だったら
『浜名湖』の東湖畔程度の風景なら
1回の記事で全部網羅しちゃうのかもしれないけど・・・
『しぇぽ』の場合は6回の記事での〜〜んびりやるからね。
まだ2回記事残ってるし・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
まぁ、東京みたいな大都市とは違って、
『浜名湖』は新幹線から観る程度で、
のんびり湖畔を巡るなんて方は少ないかもしれないのでね。
なんかしっかりお伝えしたくてね・・・
明日は、
今日の記事の最後の写真にもあるけど、
『舘山寺温泉』街の向かいにある『大草山』からの
『浜名湖』北部の眺望写真を掲載しますね。
では・・・
また明日・・・
(o^-^o)
Pb0307591

Pb0307521

Pb0307691

| | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月曜日)

『浜名湖周遊自転車道』を『浜名湖ガーデンパーク』付近から『舘山寺温泉』付近まで走り抜けるのだ! (Lake Hamana [Hamanako] Cycling III)

Pb0306791
浜名湖』は、
ぐるーっと一周サイクリングできるように、
自転車道が整備されているんだけどね。
その自転車道では長閑な風景に出会えて、
のんびりゆったりした時間の流れを感じることができて、
なかなか良いのですよぉ〜〜〜
ふふっ
( ^ω^ )
で、
今日は、
昨日の記事の『浜名湖ガーデンパーク』付近から
『舘山寺温泉』付近
までの『浜名湖周遊自転車道』の
雰囲気をみなさんに感じていただきますね!
ヽ(´▽`)/
とは言っても・・・
『しぇぽ』の訪れた先週の祝日はね・・・
冷たい北西からの風が強くて強くて・・・
長閑な風景を堪能するというよりは・・・
「早く舘山寺に着かないかなぁ〜」なんて焦りながら
必死でペダルを漕いだだけだったけど・・・
でも、
「この強風を捉えるぞ!!!」って、
ウインドーサーフィンに興じる人達をたくさん観ることができましたぁ〜
おおお〜〜〜寒そう・・・
∑(=゚ω゚=;)
Pb0306951

Pb0306771

Pb0307141
『浜名湖』北部の『浜名湖周遊自転車道』からの風景は、
以前にこのブログの二回の記事(その)で
お伝えしてるけどね。
北部湖畔は山が迫っているので、
けっこう高低差が激しい場所を自転車転がさなきゃならないんだけどね。
『浜名湖ガーデンパーク』から
『舘山寺温泉』付近までの自転車道は全行程平坦だから、
ちょっとサイクリングを楽しみたい初心者の方や
愛を語りながらの恋人達にお勧めですよ!
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
今日の記事の場所は、
ずいぶん前に既にサイクリングしたことのある場所なんだけどね。
その時は『浜名湖』畔は波もなく穏やかだったけど・・・
まぁ浜名湖はいつ行ってもほとんど波の無い湖だけど・・・
今回はバサンバサン強風による波が打ち寄せていて、
自転車乗ってても何回か水飛沫を浴びちゃってね・・・
ちょっとビックリしてしまいました・・・
Σ(゚д゚lll)アブナッ !
さすがにこの日は、『しぇぽ』と同じように
サイクリングしている人々をほとんど見掛けなかったよ・・・
まぁでも・・・
天気は良かったから、
写真では気持ちよいサイクリングロードという雰囲気が出てるでしょ〜
鷹を始めいろんな鳥達にも出会えますよぉ〜
『浜名湖』の南湖畔はなんとなく海辺という雰囲気が漂っているけど、
『舘山寺温泉』方面に北上を続けると、
だんだん海辺の風景から山間の湖の風景に姿を変えてね。
いろんな顔を見せてくれる湖ですよぉ〜
(v^ー゜)
Pb0307041

Pb0306891

Pb0307241
明日は、
弁天島温泉と共に、
『浜名湖』周辺で最も有名な『舘山寺温泉』の風景をお届けしますね。
(*^ー゚)b
そうそう、
浜名湖周辺はね、
各ターミナルで乗り捨て可能な貸し自転車が充実しているみたいでね。
まぁ乗り捨てると保証料は返してもらえないみたいだけど・・・
電車で浜名湖に来た際もサイクリングで楽しめるようですので、
みなさんも是非『しぇぽ』の足跡を巡ってみて下さいね!!!
o(*^▽^*)o
Pb0307481

Pb0307111

Pb0307091

| | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日曜日)

『浜名湖ガーデンパーク』の展望塔から『浜名湖』南部の眺望ぅ〜 (Lake Hamana [Hamanako] Cycling II)

<浜名湖ガーデンパーク北東部の眺望です〜 庄内湖に架かる『はまゆう大橋』が見えますよ〜>
Pb0306401
昨日の記事で到達した
浜名湖』南部の湖内に架かる長〜〜い橋を、
北西からの強力な冷風が吹き付ける中
倒れないように湖に落ちないように
慎重に慎重に自転車を北に進めると、
そこには2007年に浜名湖花博が行われた
広大な公園『浜名湖ガーデンパーク』があるのですね。
この公園内には300円払えば登ることができる『展望塔』があって、
そこからは『浜名湖』南部周辺を眺めることができるのですよ!
ということで、
今日はぁ〜
浜名湖ガーデンパーク』展望塔から眺める
『浜名湖』南部の風景をぉ〜〜〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
風は強かったけど・・・
ほんと良いお天気ぃ〜
ただね、この公園はね、
『しぇぽ』もこんな公園初めてだけど・・・
自転車に激しく冷たい公園なのよ・・・
自転車で通れる場所はほんの少しでね・・・
浜松だからね・・・特に激しい人出でもないのに・・・
ちょっと公園内の自転車道を外れただけで怒られて・・・
自転車道路じゃない場所を自転車押して歩いてても怒られて・・・
(ノ_≦。)この程度の公園で何様のつもりじゃ・・・
ってなことで・・・
全く理解できない仕打ちを受けた後だったからね・・・
今日の写真は憤慨気味の気持を引きずって撮った写真なのです・・・
自転車で楽しく『浜名湖』をサイクリングしたい方は、
この公園には立ち入らない方が良いですよ!
(○`ε´○)
今日の記事は、写真上に解説を付けてお届けしますね。
<南東方向の眺望〜 長い橋はここまで通ってきた浜名湖内の橋ですよぉ〜 中心付近の大きな建物は『浜名湖ロイヤルホテル』ね!>
Pb0306621
<浜名湖ガーデンパーク内の展望塔を地上からぁ〜 立派な展望台です〜 この後ろには突き出た空中展望部があるんですよ〜>
Pb0306331
<西方面の眺望〜 浜名湖ガーデンパーク脇にあるゴルフ場が見えますね。浜名湖の奥の山を越えると愛知県の豊橋市ですよぉ〜>
Pb0306681
<東方面の眺望〜 遠くに浜松市のランドマークで以前に眺望夜景写真も掲載した『アクトタワー』が見えますね。風が強くて湖面が畝っていますぅ〜>
Pb0306451
<北部の眺望〜ね。1枚目とほとんど変わらないけど・・・横長に撮ったの・・・はは・・・(*´σー`)>
Pb0306391
<南部の眺望〜 逆光が激しくてシルエット気味になっちゃうけど・・・ 一番遠くに見えるのは太平洋で、手前には弁天島辺りの街並が見えますよぉ〜>
Pb0306701
<これは浜名湖ガーデンパーク近くの自転車道から、長い湖内の橋と浜名湖ロイヤルホテル方面を撮った写真だけどね。セイタカアワダチソウの黄色の群生が綺麗でしたぁ〜>
Pb0306291
<少し高倍率で北部を撮ってみました。遠くに観覧車と小高い山が見えるけど、そこがこの後のサイクリングで目指す舘山寺温泉付近ですよぉ〜>
Pb0306571
<北東部の富士山方面を撮ったんだけど・・・肉眼では雲の中に富士山が見えたんだけど・・・写真だと判りませんね・・・>
Pb0306411
さぁ〜この後は自転車でずんずん北へ北へ〜で舘山寺温泉を目指すぞ!!!

| | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土曜日)

『浜名湖』を目指すぞ!まずは『浜名湖』の東に突き出た『庄内湖』畔を通って『浜名湖』南部へぇ〜 (Lake Hamana [Hamanako] Cycling I)

Pb0305701
前回の文字だけの記事で
小学生に戻った『しぇぽ』が予告したように、
今日から6回にわたって、
先日の祝日のサイクリングの写真を掲載しますね。
前回の記事では45キロと書いたけど、
実際にグーグルアースで調べてみたら50キロのサイクリングでした・・・
向かった場所は有名な『浜名湖』ぉ〜〜〜
浜松市内から『浜名湖』に向かったんだけど・・・
まぁ、『浜名湖』周辺に着くまでは
どうということもない住宅地や自衛隊航空基地脇を抜けるだけだから、
まぁ、サイクリングの3分の2はそういう行き帰りの距離で締められるけど・・・
記事では『浜名湖』周辺に着いてからの写真を掲載しますね。
で、
今日はぁ〜
冷たく強烈な向かい風の中、やっとこさ『浜名湖』周辺に着いて、
最初に現れる『浜名湖』の東に突き出た浜名湖付属的湖
『庄内湖』と呼ばれる湖の風景と、
『浜名湖』南部の『雄踏総合公園』と『浜名湖ガーデンパーク』を結ぶ
長〜い湖内の橋
の周辺で撮った風景を〜〜〜
みなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
Pb0305621

Pb0305641

Pb0305661
『浜名湖』の北端の方の写真は、
以前にこのブログでも2回の記事(その)で掲載しているし、
『浜名湖』直ぐ南に広がる『遠州海岸』の様子は、
以前に2回の記事(その)で掲載しているからね。
今回は『浜名湖』の名勝が点在する東部制覇を目指したのですよ。
(v^ー゜)
それにしても・・・
お天気は良かったのに・・・
冷たく強烈に吹く北西からの風には参りました・・・
ギャピュ〜〜
ヾ(*゚A`)ノ
浜松市内から『浜名湖』周辺までは・・・
もろ逆風でね・・・
まぁでも住宅街とかだとある程度風も遮られ
なんとかずんずかずんずか進むことができたんだけど・・・
西に湖が見える辺りなんて・・・
風を遮る物もなく・・・
この先のサイクリングがほんと心配になりましたよ・・・
たくさんの鴨達も・・・
湖面の荒れていない堤防脇で静かにしておりました・・・
( ̄Д ̄;;
『雄踏総合公園』の『亀崎ファミリーランド』から
西に向かう湖上の橋の上なんて、
自転車ごと湖に落っこちるんじゃないかと心配になるくらい
ものすごい風だったからね・・・
歩いて自転車を押しました・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)
Pb0305791

Pb0305851

Pb0305871
最初の計画では、
湖上のT字型の橋を南に向かって
『渚園キャンプ場』を抜けて
鳥居で有名な『弁天島』まで行って折り返す予定だったんだけど・・・
風があまりに強くてね・・・
遮蔽物のない湖上の橋周辺からは早く抜け出したかったから・・・
『弁天島』はあきらめて・・・北に向かったのですね・・・
(*´σー`)
この後の記事では、
『浜名湖ガーデンパーク』という
巨大な公園内の展望塔からの眺望や、
浜名湖を一周する『浜名湖周遊自転車道』からの風景や、
浜名湖畔で超有名な『舘山寺温泉』の景観や、
舘山寺温泉に接する『大草山』からの夕景夜景を含めた眺望などを
楽しくお伝えしますからね。
お楽しみにね!!!
(*^ー゚)b
Pb0306031

Pb0305931

Pb0306151

| | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木曜日)

「さぁ大井川の川越しだっ!」:昔の旅人の視線から大井川を観てみるのだ! (Ooigawa River between Shimada-Shuku and Kanaya-Shuku)

P70882791
昨日の記事の『大井川川越遺跡』の
古い街並を抜けると、
そこはもう江戸時代の難所『大井川』。
で、
今日は、
江戸時代に旅人が川越しした大井川周辺の風景をぉ〜
みなさんにお届けしますぅ〜〜ね!!!
ヽ(´▽`)/
まぁとはいっても・・・
梅雨の合間のかなり曇りがちの日だったからね・・・
暗めの写真だけど・・・
今では大井川上流にいくつもダムが造られているから、
梅雨の時期もなんだか拍子抜けするくらいの
荒れ狂うとは言い難い大井川の水量だけど・・・
江戸時代の梅雨の時期には、
毎日毎日大井川は増水して激流状態となって・・・
何日もここで足止めを食った旅人が
恨めしげに大井川を眺めていたんでしょうね。
( ̄ヘ ̄)
一枚目の写真は、
まさに川越しした島田側の大井川の堤から、
次の宿場町『金谷』方面を眺めた写真ですよ!
きっと昔の旅人も『しぇぽ』と同じ場所から
金谷方面を望み見たに違いないですね。
ふふっ
( ^ω^ )
P70882691

P70882821

P70882561
タイトルが「さぁ大井川の川越しだっ!」
なんて書いちゃって・・・
撮影のためなら無茶も辞さない『しぇぽ』のこと、
本当に大井川にズボリッと浸かりながら歩いて渡ったのでは、
ってなことを心配しちゃった方もいるのかな・・・
大丈夫ですよ・・・
もうしっかり分別あるいい大人なんだから・・・
まぁ大人になってから・・・
善福寺公園という東京都下の公園で、
思いがけずボートから落っこちてずぶ濡れになった
大人げない経験はあるけどね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
大井川はね、
氾濫で島田宿の街を流しちゃったことが何度もあったから、
川越しの大井川周辺には『島田大堤』という
氾濫を防ぐための人工の堤が残っていてね。
現在この堤沿いの道がサクラの名所になってるようだけど、
大井川と旧東海道の接点付近には、
大井川と戦った人々の痕跡がいろいろと観られるんですよね。
今では頑丈な鉄橋の上を東海道本線が走っていて、
川の向こう岸には牧之原の茶畑も観れて、
大井川沿いは長閑な風景が広がります。
(*゚ー゚*)
P70882841

P70882631

P70882711
そうそう、
この辺はやっぱり江戸時代の東海道とは
切っても切れない場所みたいでね。
大井川の河川敷はスポーツしたり
遊んだりできる市民の憩いの場となっているんだけどね。
そこに造られたマラソンコースを兼ねた散歩道には、
最後の写真のように東海道の各宿場街の石碑が
一定間隔で並んでいて、
東海道を旅するように走れるようになっていましたよ!
おぉぉ〜
(゚0゚)
東海道23番目の『島田宿』特集は
明日で終わりだけどね。
明日はこの滞在で唯一撮った夜景を
みなさんにお届けしますね。
お楽しみにぃ〜ね!!!
へへ
(v^ー゜)
P70882901

P70882571

P70882911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水曜日)

『島田宿』の大井川越えの施設『大井川川越(かわごし)遺跡』を観てみよう〜 (Retro Scenes in Shimada-Shuku Ooigawa Kawagoshi Iseki)

P70882291
さぁ〜〜てぇ〜っとぉ〜〜〜
昨日の記事の『島田宿本陣』や
『大井神社』付近から旧東海道を西へ
トコトコトコトコエッサホッサエッサホッサ〜
今日はぁ〜
大井川川越(かわごし)遺跡』と呼ばれる、
江戸時代の大井川越し制度を偲ぶ遺構をぉ〜
みなさんに見て頂くなりよぉ〜
ヽ(´▽`)/
ここは、
昔あった大井川近くの街道沿いに、
川札を販売したり川越しを取り仕切る
『川会所』と呼ばれる建物や
川越し人足の詰所『番宿』などが、
当時のままいい感じのレトロ感で復元されていて、
東海道の雰囲気を大いに感じられる
なかなか趣き深い場所なのですよぉ〜
ふふふっ
(v^ー゜)
大部分の建物は復元されているとはいえ、
ここまできちっと昔の東海道の様子を垣間見れる場所は、
他にあまりないからね。
この遺跡は国指定史跡にもなっているんですよ!
おぉぉぉ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
P70882251

P70882171

P70882491
大井川の川越しの値段は、
川の水深に応じて変わるんだけどね。
浅い時は安く深くなると高くってなかんじでね。
身分や位に応じて渡り方もいろいろだったみたいだけど・・・
まぁ普通は今の値段でだいたい三千円もあれば
かなり水深が深くても大井川を渡ることができたみたいですよ。
フムフム
┐( ̄ヘ ̄)┌
復元された『川会所』の中には役人風の人形が
厳しい顔つきで座って書類記載かなんかしてて、
また『番宿』の中には川越人足の人形が、
川越しの仕事のために気合いの入った面持ちで待機していてね。
大井川越えの様子がよく分かって面白かったですよ!
( ^ω^ )
川越しの施設を偲ぶという位置づけだけでなく、
『大井川川越遺跡』は街道沿いの街の様子も良く復元保存されていて、
レトロな街並を観るという観点でも
大変大変素敵な場所なのですよ〜
もっと時間があったら・・・
川越しの歴史を深く知ることができる
『島田市博物館』にも行けたんだけどな・・・
残念・・・
またいつか訪ねる機会があれば良いけど・・・
もう無いかな・・・
グッピ
(ノ_≦。)
P70882361

P70882161

P70882421
それにしても、
最初『大井川川越遺跡』ってぇ〜場所を
パンフレットで見た時には・・・
『遺跡』っつう言葉はどちらかと言うと
古代とか太古の昔を連想させるからね。
縄文とか弥生とかの時代の遺跡が
島田市の大井川近くで発掘されて、
それを保存した施設なのかと思ったけど・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
訪ねてみたらぜんぜん違って、
『しぇぽ』の大好きな江戸時代辺りの街並があって、
そのレトロな匂いに包まれて、
幸せな自転車散歩となったのですよ!
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
川越(かわごし)は埼玉県にある
小江戸『川越(かわごえ)』と間違えそうだし・・・
先も述べたように『遺跡』は古代を連想させるからね・・・
今の世の中検索で引っかかるってぇ〜ことが重要だし・・・
『かわごし』と読ませたいのならひらがなの『し』を加えて、
『大井川川越し歴史街道』とかに変名すれば、
もっと認知度が上がると思いますよ!!!
ねっ!島田市役所観光課の職員の方々!
はは・・・
o(*^▽^*)o
P70882321

P70882471

P70882521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

カメラや撮影方法のお話 ライトアップ 三重県のクリスマスイルミネーション 三重県の風景 中国の風景 京都府のクリスマスイルミネーション 京都府の夜景 京都府の風景 伊豆諸島の風景 兵庫県の夜景 初夏の風景 初春の風景 初秋の風景 北京の夕景夜景 北京の風景 北海道の夜景 北海道の風景 千葉県のクリスマスイルミネーション 千葉県の夜景 千葉県の風景 和歌山県の風景 埼玉県のクリスマスイルミネーション 埼玉県の風景 埼玉県内の夜景 夏のイルミネーション 夏の光景 夏の夜 夏の涼 夏の花火 夏の風景 大阪府のクリスマスイルミネーション 大阪府の風景 宮城県の風景 山梨県のイルミネーション 山梨県の夜景 山梨県の風景 岩手県の風景 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 春の写真 晩夏の風景 東京の街の風景 東京都下のクリスマスイルミネーション 東京都下の夜景 東京都下の風景 東京都区内のクリスマスイルミネーション 東京都区内の夜景 東京都区内の風景 梅雨の風景 滋賀県の風景 神奈川県のクリスマスイルミネーション 神奈川県の夜景 神奈川県の風景 神戸のクリスマスイルミネーション 福岡のクリスマスイルミネーション 私的重大出来事 秋の風景 空からの風景 趣味 長野県の夜景 長野県の風景 静岡県のクリスマスイルミネーション 静岡県の夏 静岡県の夜景 静岡県の風景