カテゴリー「カメラや撮影方法のお話」の4件の記事

2008年5月 5日 (月曜日)

”しぇぽ”撮影システムなどで葉っぱの上の水滴撮影〜

P5033353
みなさま、
ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。
私は遠出することもなく、
近場の綺麗を撮影することを目指し、
なんとなくパチリパチリしております。
P5033358
昨日は、中央線の『高尾駅』からバスと徒歩で行ける
『八王子城』という北条氏の山城を見に行ってまいりました。
八王子城周辺の写真は後ほど公開したいと思っておりますが、
それにしても、本当に太陽が出続けませんね。
なんだか光と影の美しい写真がなかなか写せません・・・
本当に最近のお天気はどうなってしまったのでしょう・・・
P5033293
そんな近頃のストレスを発散すべく、
昨年の12月28日の記事でお伝えした
”しぇぽ”撮影システム』を使って、
夜雨が上がった日に水滴撮影をしてみましたよ。
昼間撮影した水滴も少し交えお届けしますね。
P5033332
P5033285
葉っぱの上にできた水滴の
激しく絵になる場面に出会えず、
撮影システムもまだまだ改良中なので、
これぞという写真ではありませんが、
見て頂ければ幸いに存じます。
P5033355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月曜日)

みなさんは・・・

このブログを見て下さっているみなさんは、どのようか夜景が好きなんでしょうね。

夜景といえば、最初に思い浮かぶのは、ホテルや展望台などの高層階や山や丘から見下ろす街全体の夜景ですかね。
このシチュエーションを嫌いな人はいないでしょうねぇ〜 でもね、ビルの高層階からの夜景の撮影ではビルの中が明るいことが多いので、その明かりがガラスに反射して写ってしまって、なかなかスッキリした夜景が撮れないんですよね。ガラスも汚いことが多いですしね。

地上から街を見ると、高層からだとわからない街の様子を知ることができて、前記事の『ふれあい橋』のような良さは、高層からではわかりませんよね。
高層から見たのではその良さがなかなか伝わらないスポットの代表は、港などの海辺を含む水辺の夜景ですかね。たくさんの窓や街灯の明かりが、水面に反射して揺らぎながら見えるすばらしい光景は、目線が水面の高さに近くなければ感じられませんもんね。

また、古い町並みや下町の裏通りのわずかな窓明かりや、レトロな水銀灯だけに焦点を合わせて見る夜景も心に深く感じるものがありますね。でもね、レトロ系の町並みは、絶対的に光量が足りないので、三脚使用でデジタルカメラが不得意とする長時間露光が要求されるんですよね。

私が最近極めたいと思っているのは、夜の電車とか船とか飛行機とか、そういう動きのある窓明かりを『流し撮り』でビシッと撮ることなんですよ。『流し撮り』とは、カメラを被写体の動きに合わせて移動させながら撮る方法ですね。『流し撮り』には、絞り値とかシャッタースピードとか、細かい設定が必要なんですね。みなさんも躍動感溢れるマラソンランナーが引き立って、バックの応援者が流れるような写真を見たことがあると思いますが、それは『流し撮り』で撮っているんですよね。昼間だとシャッタースピードが速くていいので、がんばれば手持ちで撮れるんですが、夜だと、長いシャッタースピードになるので三脚使用は勿論のこと、スムーズに地面と平行回転できるような雲台(三脚とカメラを繋ぐ部品)が必要になるんですよね。

長々と書いてしまいましたが、私は被写体の動きに合わせて自由に回転運動できる雲台を持っていないので、今のところ三脚でカメラを固定させた夜の動体しか撮れません。ということで、そうやって長時間露光で撮るとこのような写真になりますよぉ〜
撮影場所はここです。
P1049035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金曜日)

『しぇぽ』撮影システムで夜中の生物観察ぅ〜

やっぱり、まだ『きらきら』が残像として頭にこびり付いていて、
忘れることができませ〜〜ん。
今日、また一つ行ってしまいましたぁ〜 近いうちにご報告いたしますぅ〜

さて、生物を夜襲で驚かせることを決めた私は、早速撮影システム作りに取り掛かったのですね。
まず、ヨドバシカメラ・マルチメディア吉祥寺店にてLEDライトを購入、東宝日曜大工センター調布店にて、摘み付きネジとか鉄板とか、理想の骨格作りに欠かせない物品を調達、早速組み立てを開始したのですよ。

ということで、できたのがこれ。
Led_2

カメラを取り付けるとこんな感じになりますぅ〜
結構良い感じでしょ。
Led_3

これを使って、いろいろな生物を撮ったんですが、
バッタくんが御亡くなりになった時には、最高の『遺影』になりそうな綺麗な写真が撮れますよ〜
2_2
突然のライト攻撃に、「な、な、なんだぁ〜」なんて虫くん達が驚いて、一瞬足が竦んで動けなくなった所を『パチリパチリ』するんですよね。
LEDライトは強力ですから、手持ちでもけっこうちゃんと撮れるのですよぉ〜
ただね、真っ暗な公園の草むらを右往左往しているLEDライトの光は不気味ですからね、
通勤帰りのサラリーマンの人達を何度か『ギョッ』とさせてしまいましたぁ〜 すみませんでしたぁ〜

この『しぇぽ』撮影システムは、まだまだ使い道がたくさんあると思うのですが、
新たな使い道があったらコメント欄でも使って教えて下さい〜

生物をたくさん撮影した場所はここです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木曜日)

全く旬でない写真をお一つぅ〜

みなさぁ〜〜〜〜〜ん
タイトルのサンタさん写真を外すのに気合いが必要で、
1日掛かってしまいしたぁ〜

今日はイルミネーションとは全く異なる、でも『夜』は共通するお写真をお届けしますぅ〜

今年の夏のある夜、
「ぶ〜〜ん」「ぶ〜〜〜〜〜〜ん」
「ぶ〜〜〜〜〜〜ん」 パチン う〜〜〜ん、もう!
なんて、眠りに落ちる寸前に聞こえてきた不快な蚊の音に苦しめられていた私は、
「こいつらはこんな夜に何をやっているのだぁ〜 も〜〜」なんて、
寝不足決定の頭で考えたんですね。

次の日、寝不足眼をこすりつつ、「こうなったら、虫の夜の生態を暴いてやる〜〜 
夜襲で驚かせるのだぁ〜」なんて、撮影体勢を整えるべく準備に取り掛かったのですね。

夜ですからね、暗くては赤外線カメラ以外のカメラは通常は撮影ができないわけですよね。
そこで、手持ちできっちり撮影できる工夫をしたんですよぉ〜
そうやって撮ったのがこの写真です(虫が嫌いな人はごめんなさい)。
2
可愛かったですよ〜
「あっ、見つかっちゃった!」みたいな顔をしてて。
この写真は、あるフォトコンテストに出したんですが、1次選考は通過したものの、
見事落選しましたぁ〜 やっぱり虫じゃ駄目ですかね・・・

さ〜〜〜て、どういう撮影機材を作ったのでしょ〜か。
明日、それをお見せしますね。
虫は明日までですから、どうかお許し下さいねぇ〜

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

カメラや撮影方法のお話 | ライトアップ | 三重県のクリスマスイルミネーション | 三重県の風景 | 中国の風景 | 京都府のクリスマスイルミネーション | 京都府の夜景 | 京都府の風景 | 伊豆諸島の風景 | 兵庫県の夜景 | 初夏の風景 | 初春の風景 | 初秋の風景 | 北京の夕景夜景 | 北京の風景 | 北海道の夜景 | 北海道の風景 | 千葉県のクリスマスイルミネーション | 千葉県の夜景 | 千葉県の風景 | 和歌山県の風景 | 埼玉県のクリスマスイルミネーション | 埼玉県の風景 | 埼玉県内の夜景 | 夏のイルミネーション | 夏の光景 | 夏の夜 | 夏の涼 | 夏の花火 | 夏の風景 | 大阪府のクリスマスイルミネーション | 大阪府の風景 | 宮城県の風景 | 山梨県のイルミネーション | 山梨県の夜景 | 山梨県の風景 | 岩手県の風景 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 春の写真 | 晩夏の風景 | 東京の街の風景 | 東京都下のクリスマスイルミネーション | 東京都下の夜景 | 東京都下の風景 | 東京都区内のクリスマスイルミネーション | 東京都区内の夜景 | 東京都区内の風景 | 梅雨の風景 | 滋賀県の風景 | 神奈川県のクリスマスイルミネーション | 神奈川県の夜景 | 神奈川県の風景 | 神戸のクリスマスイルミネーション | 福岡のクリスマスイルミネーション | 私的重大出来事 | 秋の風景 | 空からの風景 | 趣味 | 長野県の夜景 | 長野県の風景 | 静岡県のクリスマスイルミネーション | 静岡県の夏 | 静岡県の夜景 | 静岡県の風景