カテゴリー「埼玉県の風景」の23件の記事

2011年5月 8日 (日曜日)

飯能市を流れる入間川の渓谷『吾妻峡』の静かな風景ぃ〜 (Serene Landscapes in Hanno Azuma-kyo [Azuma Valley])

P43073671
昨日の記事の『多峯主(とおのす)山』を
西武鉄道ハイキングマップに従って南に下山すると、
地元のスーパーとコンビニがある車道に出るんだけどね。
そのスーパー脇の小径をさらに南に歩を進めると、
『入間川』という飯能市内を流れる川に到着。
『入間川』沿いのこの一帯は、
俗称で『吾妻峡』と呼ばれるV字型の渓谷になっていて、
陽光を受けた新緑の葉っぱが覆い被すように川を包み、
とっても美しい風景が見られるのですよ!
(v^ー゜)
ということで、
今日はぁ〜
マイナスイオンたっぷりの
清々しい飯能市『吾妻峡』の風景をぉ〜〜〜
みなさんにお届けしますね!
なんだか深呼吸したくなるでしょ〜
ヽ(´▽`)/
いやぁぁ〜〜〜何年も前から気になっていた『吾妻峡』。
ちょっと遅い時間帯だったけど・・・
まぁ・・・川の水質自体はそれほど良くはないみたいだけど・・・
今回のハイキングでは、
最も感動することができましたよぉ〜
ふふっ
( ̄▽ ̄)
地元スーパー脇からこの渓谷に入ると、
ドレミファ橋と呼ばれる飛び石橋のある『入間川』に出れるのね。
その橋付近は人工的な雰囲気があってそれ程美しくはないけれど・・・
そこから上流に歩いて行くと、
自然のままの風景に出会えますよぉ〜
(*^ー゚)b
P43073431

P43073041

P43073501

P43073791
『吾妻峡』でたっぷりと森林浴した後は、
来た道とは反対の車道がある場所まで渓谷を登って、
西武池袋線の『飯能駅』までの帰路となるわけだけどね。
車道に出て直ぐに、
『八耳堂』と呼ばれる
聖徳太子を祀り建立されたと伝わるお堂があったり、
帰路の道すがらのどの民家も花々で飾られていたり、
『飯能河原』と呼ばれる入間川の広い河原を観ることができたり、
二キロくらいの帰路の道程だけど、
疲れを忘れるくらい楽しい散歩になりましたよ!
( ^ω^ )
ゴールデンウィークは、
高尾山などの有名な山はいつも人でいっぱいだけど・・・
まぁ・・・西武線でも秩父まで行くと・・・
ちょうど芝桜の時期だから人でごった返すけど・・・
飯能から秩父手前までの奥武蔵と呼ばれる領域は、
美しい景色なのにまだまだ知られていない場所が多く、
自然の中の気持良いハイキングにはもってこいですよ〜
o(*^▽^*)o
まぁ・・・この辺は・・・
あまりに知られていない場所ばかりだから・・・ね・・・
ブログに写真を載せても・・・検索件数も少なく・・・
たくさんの人に観てもらえないのが残念なんだけどね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
それにしても今年のゴールデンウィークは、
スキッとした晴れ間に恵まれませんでしたね・・・
夕焼けも一度も観ることができなかったし・・・
昨日も含め・・・雨もけっこう降りました・・・
『しぇぽ』にとっては、
ここ数年で最も充実しないゴールデンウィークだったかも・・・
みなさんはどんな所に出掛けたんだろう・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌
P43073601

P43074011

P43073871

P43073061

| | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土曜日)

飯能市西部の『天覧山』や『多峯主(とおのす)山』のハイキングコースを歩いてみましょう〜 (Hill Mountains near the Hanno City)

P43072881
埼玉県の西部の
飯能市周りのハイキング二回目の記事はぁ〜
一回目の記事の『能仁寺』辺りから始まり
三回目にお伝えしようと思っている『吾妻峡』の手前までの、
『天覧山』と『多峯主山』の山道コースの風景写真を
みなさんにお伝えしますね。
ヽ(´▽`)/
まぁ・・・山とは言っても・・・
『天覧山』は標高195 mだし・・・
『多峯主山』は標高271 mだし・・・
東京スカイツリーはもちろん、
東京タワーにさえも負けてしまう高さで・・・
丘のような山なんだけどね・・・ははは・・・
(*´σー`)
でもね、
『天覧山』は徳川五代将軍綱吉公の生母(桂昌院)が
十六羅漢を奉納した山らしいし、
『多峯主山』は『雨乞池』という今でも枯れることのない池が
昔から雨乞信仰の対象になっていたり、
義経の母(常磐御前)がその景観の美しさに何度も振り返った
『見返り坂』という坂もあって、
思いの外歴史深い山らしいのですよね。
( ^ω^ )
『天覧山』と『多峯主山』どちらも
頂上からは飯能市街が見下ろせて
気持の良い場所でしたよ!!!
(v^ー゜)
P43072221

P43072841

P43072311

P43072471
このゴールデンウィークの最中
立ち寄った駅で『東京スカイツリーを中心とした敷地は
どのような新しい商業施設に生まれ変わるか』ということが
書かれているパンフレットがあったので見てみたんだけどね。
話がハイキングとは全く別だけど・・・
ごめんなさいね・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
東武伊勢崎線の『業平橋駅』から『押上駅』までの敷地は
『東京スカイツリータウン』という名称になり、
その中の商業施設は『東京ソラマチ』と呼ばれるそうな。
まぁ巨大な商業施設ができることは、
まだ東京スカイツリーが小さかった頃から知っていたからね・・・
新しい施設の情報ではなんの驚きも無かったけど・・・
パンフレットの中には、
『業平橋駅』という駅名が無くなって
『とうきょうスカイツリー駅』に改名されることも記されていてね・・・
改名が嫌だとは全く思っていないけど・・・
「また、古き良き東京らしい駅名の一つが無くなるんだなぁ〜」って
ちょっと寂しい想いがふつふつふつ・・・
(´・ω・`)
『しぇぽ』は古い人間なのかなぁ〜〜〜
震災後のテレビで良く見掛ける『いわき市』も
市町村合併による改名で”ひらがな”にしたのは解るんだけど・・・
『磐城市』と書いていないと未だに違和感があるし・・・
なんで『東京スカイツリー』なのに・・・
『とうきょうスカイツリー駅』なんだよ・・・
『東京スカイツリー駅』だったら格好悪いのかな・・・
この辺がどうも理解できない『しぇぽ』・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌
漢字をひらがな表記することについては、
『マイナスイメージから穏やかで親しみやすいプラスイメージへの変換』
みたいなことが言われているようだけど・・・
『東京』はマイナスイメージ?
まぁなきにしもあらずだけど・・・はは・・・
最近、日本のいろいろな街が
ひらがな表記されるようになったけど・・・
なんだか間が抜けてて・・・
日本が学の無い国になりつつある感じ・・・
みなさんはどう思います?
(○゜ε゜○)ノ~~
P43072551

P43072691

P43072621

P43072991

P43072681

| | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木曜日)

埼玉県の山々の麓『飯能市』周りを巡ってきましたぁ〜:まずは『能仁寺』など『天覧山』下の歴史地区風景ぃ〜 (Historic Landscapes around Hanno City)

P43072101
ゴールデンウィーク
さぁ〜〜てどこに行こうかな・・・
まだちょっと足の親指も心配だし・・・
って手術痕を気にしながら思案を重ねていたんだけどね。
西武鉄道のホームページでは、
東京都北部から埼玉県西部に掛けての
ハイキングコースをいろいろ紹介していてね。
前々から飯能市を流れる入間川の渓谷『吾妻渓』が
気になって気になってしょうがなかったので、
その渓谷を含み痛んだ足に優しい
飯能市西の小高い『多峯主山(とおのすやま)』を巡る
ハイキングコース
を選択し訪ねることとしたのです。
( ^ω^ )
ということで、
本記事を含め三回の記事で、
飯能市西の『天覧山』『多峯主山』『吾妻峡』を巡る
足庇いつつ散歩の写真を掲載しますね。
今日は、
『天覧山』『多峯主山』登山ハイキング道に入る前に点在する、
能仁寺』や『観音寺』などのお寺を中心とした
飯能市の歴史が感じられる地区のごった混ぜ写真をぉ〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P43072161

P43071821

P43072011

P43071831
『多峯主山』を経由する散歩コースは、
西武池袋線『飯能駅』を出発点として、
飯能市の街を西に横切って歩くコースで、
まず『観音寺』が最初の名所となっているんだけどね。
静かで雰囲気の良いお寺なんだけど・・・
なんだかちょっと変わったお寺でしたよ・・・
明らかに鐘楼と思われる
本来釣り鐘がなきゃならない場所に・・・
白い動物の像の像(駄洒落じゃないのね・・・)が置かれていてね・・・
一般人には理解できない住職の遊び心なんざんしょか・・・
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
『天覧山』ハイキング道入り口にある
能仁寺』は立派なお寺でしたよぉ〜
『しぇぽ』が訪ねた時はお寺の周りのツツジが綺麗で、
陽光を受けモミジの葉が透き通る緑で輝いていてね。
でも・・・
飯能一の古刹らしいけど・・・
本堂の前にはやっぱり理解できないモニュメントが・・・
飯能にあるお寺の住職さん達は・・・
お茶目心に富んでいるんでしょうかね・・・
はは・・・
( ̄Д ̄;;
以前このブログで掲載した
西武鉄道推奨の『ユガテ』とか『鎌北湖』とか『五常の滝』を巡る
奥武蔵散歩コースは、
それなりにけっこう厳しい山道ルートがあったけどね。
今回の『多峯主山』を巡る飯能のハイキングコースは、
小さなお子さんでもかなりのご高齢の方でも
難なく制覇できる初心者向けコースですよ。
(v^ー゜)
P43072111

P43071851

P43072041

P43072081

P43072131

| | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木曜日)

駄菓子がいっぱい〜小江戸川越の『菓子屋横丁』を覗いてみよう〜 (Scenes of Kashiya Yokocho [Confectionery Row] in Kawagoe City)

P92599701
小江戸川越の有名な『蔵通り』の
ちょっと北西に位置するこの辺りは、
煎餅や金平糖や駄菓子などのお店が軒を連ねている
菓子屋横丁』と呼ばれる楽しい一角なのですよ〜
昭和初期から中期の面影が残るこの辺り
昼間と夕方にパチリパチリしてきたので、
今日はみなさんに、
『菓子屋横丁』の風景を観て頂きますね!!!
ヽ(´▽`)/
夜景も撮れるかなぁ〜なんて多少期待して向かったものの、
ほとんどのお店は午後5時くらいに閉店になってしまって、
窓明かりも殆ど無くなって、
夜まで居ても綺麗な夜景が撮れそうもないと判断し、
夕方のシルエットの時間帯までの撮影にしたのです。
ははは・・・
(*´σー`)
この『菓子屋横丁』は
最近の川越観光ではかなり有名なスポットだけどね。
お店の閉店時間の早さから夕景写真もほとんど撮られていませんね。
まぁ『しぇぽ』はがんばって撮ってみましたが・・・
どんなもんでしょうか・・・撮る必要もなかったかな・・・
ピョッポ
ヾ(´ε`*)ゝ
P92598521

P92598281

P92599741
そうそう今回訪ねた『菓子屋横丁』では、
発泡スチロールで造られた巨大動物像のアート作品が、
横丁のそこかしこに展示されていたんだけどね。
突然出会うとちょっとビックリしちゃうんくらい
巨大な猿とかカメレオンとか、
その他にもパンダやカバやペンギンがいましたよ〜
(v^ー゜)
幼い頃に良く見掛けた駄菓子やら、
なんだかとてつもなく長〜〜〜い『ふ菓子』やら、
色とりどりの金平糖やらあめ玉やら、
なんだか楽しい雰囲気でしたよぉ〜〜〜
そうそう、
ここオリジナルの飲み物だと思うけど・・・
まぁそれほど美味しい飲み物でもなかったけど・・・
『川越サイダー』というのがありましたよ。
ラベルに『時の鐘』がデザインされていて、
ちょっとレトロチックのサイダーだったけど・・・
三ツ矢サイダーとか無色のサイダーっていろいろあるけどね、
こんなこと書いたら川越観光振興関係者に怒られちゃうかもしれないけど・・・
明らかに『川越サイダー』は美味しくなかったからね・・・
どこにでも売られている定番の美味しいサイダー飲料って・・・
きっと特別な処理がされているんだろうな・・・
なんて考えながら飲んだなりね・・・
ははは・・・ゴメンナサイね・・・
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
それからね、
駄菓子でソースとか梅ジャムとかを塗って食べる
ソース煎餅とかうめ煎餅とかあるでしょ〜
あのオレンジ色したふわふわ煎餅にたこ焼きを挟んだ
一風変わった食べ物が有名みたいでね。
そこら中で観光客の人々がそれを食べていたなぁ〜
┐( ̄ヘ ̄)┌
P92598671

P92598391

P92598581
『菓子屋横丁』は昭和レトロの雰囲気で、
蔵通りの江戸時代あり大正ロマン夢通りの大正時代ありで、
川越散歩は本当に楽しいですよ〜
ふふっ
( ̄▽ ̄)
話は突如変わるけどね・・・
昨日はノーベル化学賞でまた日本人が受賞しましたね。
なんだか毎年のように日本人の研究者の誰かが
この賞を受賞しているようで・・・
ちょっと希少価値が薄れつつある気もしますが・・・
日本人の研究者も立派に世界をリードするようになりましたね。
o(*^▽^*)o
やっぱりね、
日本の頭脳と言われ続けて・・・おだてられて・・・
巨大な組織を作り上げて高額な研究費(まぁ税金ね)が
毎年湯水のようの注ぎ込まれているにもかかわらず、
いまだ自然科学系のノーベル賞を
純粋にその組織での研究成果で受賞できない東京大学って、
『しぇぽ』はやっぱり大問題だと思うのです・・・
紙に向かう試験の成績がトップであるということと、
自然科学で研究成果を上げることとは大きな隔たりがある事実が、
ノーベル賞受賞で見えてくる思うのです・・・
米国とかだったら・・・
東京大学のような大学は『高額な研究費に見合う
オリジナルでプライオリティーの高い研究が行われていない』という
批判の下にすぐに曝されるに違いない・・・
東京大学の権威体質もレベルの高い研究遂行には障害なんだろうな。
こういう議論って誰もしないけど・・・
きっと権威に弱い日本人の気質があるんだろうけど・・・
調べてみると分るけどもの凄い高額な研究費(税金)を
自然科学領域で配分されている東京大学・・・
自然科学領域での税金としての研究費の使い道について、
日本政府をはじめ、
日本の個々の人々がもう少し真剣に考えるべきじゃないかな・・・
(*`ε´*)ノ
P92599491

P92598421

| | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水曜日)

メジャーな場所ではないけどいい雰囲気〜小江戸川越の『大正浪漫夢通り』の風景ぃ〜 (Landscapes of Taisho Period Street in Kawagoe City)

P92598821
昨日の記事の小江戸『川越』を代表する
土蔵が軒を連ねる『蔵通り』の南の、
一本東へ道を隔てた通りは『大正浪漫夢通り』と呼ばれ、
なんだかとっても夢溢れるネーミングが気になり
ぷらぷら〜〜っと歩いてみたので、
今日はみなさんに、
川越の『大正浪漫夢通り』の風景写真をぉ〜
お届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
蔵通りと比べるとまだまだ認知度が低いからか、
人は疎らなんだけどね・・・
なんだかとっても良い雰囲気でしたよぉ〜
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
蔵通りは江戸時代の匂いがプンプンするんだけどね。
『大正浪漫夢通り』は確かに大正時代の雰囲気に
満ち満ちているんだけど・・・
明治時代よりはちょっとモダンで・・・
でも・・・
昭和の庶民的な雰囲気とも違い・・・
なんで・・・ちゃんと大正時代っぽく感じるのかな・・・
うぅぅぅ〜〜ん〜〜〜
┐( ̄ヘ ̄)┌
P92598981

P92599031

P92598381
川越の街は面白いなぁ〜
江戸時代の『蔵通り』の南には、
この記事の『大正浪漫夢通り』でしょ〜
そしてその南には、
現代の『クレアモール』と呼ばれる商店街があって、
いろんな時代の雰囲気を味わえる商店街が
北から南にずらーっと並んでいるんですよね。
『クレアモール』はまだ歩いたことが無いんだけどね・・・
今年中にプラプラしてみたいなぁ〜
川越はショッピングを兼ねた街巡りには最高の場所ですね!
(*^ー゚)b
明治時代の雰囲気の通りが無いのがちょっと残念だからね・・・
この際(どんな際だ!)どこかに
『明治革命通り』とか・・・造っちゃえば良いのにね・・・
そしたら完璧な日本の時代街になるのにな・・・
ははは・・・
(*´σー`)
大正時代と言ったら『大正デモクラシー』と呼ばれるくらい
ヨーロッパのロマン主義の影響を受けて
個人の開放や新しい民主主義時代への理想に満ち満ちていた時代だけどね。
明治とか大正時代って・・・
庶民の懐具合はそれ程でもなかったんだろうけど・・・
誰もが向上心を持って、
皆が空を見上げて胸を張っているイメージがあって、
なんか良いよなぁ〜〜〜
( ̄▽ ̄)
P92599091

P92598921

P92598331
それに比べると・・・
生活の質も上がらず、給料の上昇も望めず、
当然仕事への向上心も希薄になって・・・
なんだか皆が俯き加減ってな雰囲気で・・・
未来の生活の不安に怯え・・・
老後の心配ばかりしなきゃならない現代って・・・
なんの魅力も無い時代ですね・・・ふぅ・・・
(´;ω;`)
平成時代が終わって次の新しい時代が来た時に、
『平成』を銘打った商店街や通りってできるんだろうか・・・
商店街が姿を消して量販店とかスーパーがメインの『平成』・・・
なかなか通りを造りずらいですね・・・
命名も『ロマン』とか『レトロ』ってな雰囲気じゃないし・・・
もしできたとしても・・・
『平成我慢通り』とか『平成忍耐商店街』とか・・・
そんな悲しい名前になりそうな予感・・・
なんか嫌だなぁ〜〜〜
(ノ_≦。)
P92598991

P92599001

| | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火曜日)

小江戸川越の『蔵造りの町並み』を昼間に散策ぅ〜 (Landscapes of Kurazukuri [Warehouse Style Buildings] Street in Kawagoe City)

P92599191
もうすぐ(10月16日と17日)
埼玉県の小江戸と呼ばれる蔵の街『川越』で
川越まつり』が開催されますね。
このブログでも、
『川越』の夜景は既に掲載してるんだけどね・・・
そういえば昼間の街の写真は公開してなかったなぁ〜
なんて思いもあり、
超混雑する『川越まつり』に足を向ける気がしないこともあり、
先日の週末の昼間から夕方にかけて
『川越』のレトロな街並の写真を撮ってきたので、
今日から何回かにわたって
みなさんにレトロな街『川越』の写真をお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
今日はね、
土蔵造りの蔵が軒を連ねる『蔵造りの街並』と
『川越』のシンボル『時の鐘』を中心とした写真をぉ〜
観ていただきますよぉ〜
レトロな雰囲気が素晴らしいでしょ〜〜
ふふふっ
( ^ω^ )
まぁ『川越』は埼玉県を代表する観光地の一つだからね。
まつりの日でもないのに昼間の蔵通りは
けっこうたくさんの観光客で賑わっておりました・・・
P92598151

P92597931

P92597821

P92597861

P92599161
もう何回も『川越』を訪ねている『しぇぽ』だけど・・・
ここで蔵と共にずいぶん前から名物となっている、
駄菓子屋などのお菓子屋さんがずらーっと並んだ
『菓子屋横丁』にはまだ行ったことがなくてね・・・
そこを写真に収めることも今回の訪問の目的の一つだったのです。
『菓子屋横丁』の写真はまた後ほどお届けしますね。
お楽しみにね!
(v^ー゜)
この『川越』の蔵造りの通りは、
江戸時代の雰囲気がプンプンで素晴らしいんだけどね・・・
川越市街の中心的な通りでもあって
バスや自動車がひっきりなしに通ります・・・
滅多に途切れること無くほんとひっきりなしなのよね・・・
観光客にとってはかなり危ないし・・・
レトロな雰囲気を写真に撮りたい場合に
ほんと邪魔なんですよね・・・
以前夜景記事を掲載した時にも書いたと思うけど・・・
『しぇぽ』はね、
『川越』が観光地として全国的に認知され、
たくさんの観光客を気持ちよく迎え入れるためには、
この蔵造り通りの自動車問題をなんとかすることが
かなり重要じゃないかと思っているのよ・・・
まぁ一部外者の戯言なのかもしれないけど・・・
『川越市』市役所観光課の皆々様、
なんとかこの点について御一考頂けないでしょうかね・・・
よろしくお願いいたします・・・ね・・・
(* ̄0 ̄)ノ
P92598081

P92598221

P92599221

P92598011

P92598121

| | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水曜日)

奥武蔵散歩3:『北向地蔵』から『五常の滝』付近の清流に沿って西武池袋線『武蔵横手駅』までの最終章ぅ〜 (Okumusashi Walking along Waterfall and Stream)

P50458091
今日は山間の『奥武蔵』散歩の最終回。
昨日の記事の『鎌北湖』から、
また山道をズンズカズンズカ登って、
頂上にある『北向地蔵』と呼ばれる
可愛いお地蔵さんが祀られるお堂を抜けて、
今度はなだらかな山道を下って下って〜
『五常の滝』という涼しげな滝を見物しぃ〜
小川沿いをひたすら下った所にある
西武池袋線の『武蔵横手駅』まで
の復路の写真をぉ〜
みなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
今日掲載した散歩の行程はね、
何と言っても滝とか小川とか
水の流れが重要なポイントですよぉ〜
ふふっ
( ^ω^ )
『北向地蔵』までの山道では、
遠くを望める展望場所が一カ所あったんだけどね・・・
この日はモヤが上空を覆っていてね・・・
全く遠くを見渡せないので写真撮影を断念・・・
残念なりね・・・
(ノ_≦。)
P50457671

P50457711

P50457731
そうそう、
『北向地蔵』の祠には、
『最近心ない賽銭泥棒による被害が頻発しております。
不審者を見掛けた場合は通報下さい。 ○○警察』ってな
張り紙があったんだけど・・・
『しぇぽ』が祠からちょっと離れた場所で休んでいる時にね。
不審者っぽい人を複数見てしまいました・・・
一人はお堂周辺の清掃人風のおじさん・・・
なんとも言いようがないけど・・・
その服装と立ち振る舞いがどうも不審なのよ・・・
おもむろに堂々とお賽銭箱を開けてお金を回収。
回収後素早くどこかに行っちゃった・・・
∑(=゚ω゚=;)
そしてもう一組は、
歳の頃なら40歳前後の男女のカップル・・・
最初『しぇぽ』に気が付かなくて・・・
二人して小さなお堂の隅々まで、
手を差し込んだり覗き込んだりしながら
必死の形相で何かを探すようにウロチョロしてたんだけど・・・
『しぇぽ』と目が合った時の男の方の
ギョッとした顔が忘れられないよ・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)
もしかしてこのお堂が
『麻薬取引場所』ってなことはないよな・・・
ってな思いから、
二人が去った後『しぇぽ』もお堂を隅々まで調べてみたけど・・・
何かを見付けることはできなかったよ・・・
ちょっと危険な香りのする『北向地蔵』・・・
うぅ〜〜〜ん〜〜〜〜〜
( ̄Д ̄;;
P50457851

P50457981

P50458131
『五常の滝』はそんなに大きな滝じゃないけど、
暑い日だったからね・・・
涼しげで『しぇぽ』には良いオアシスでしたよ・・・
ははは・・・
(*´σー`)
この散歩の終点『武蔵横手駅』のすぐ傍に、
山羊が放し飼いされてる場所があってね。
最後の最後で12キロ山道散歩の疲れを
いい感じで癒してくれましたぁ〜
ふふっ
(v^ー゜)
皆さんどうでしたか?
『奥武蔵』と呼ばれる自然一杯の場所は。
都会の散歩もそれはそれで楽しいけど。
自然の山道散歩も
心のリフレッシュという点では大切ですね!
都会から1時間強くらいの場所だし、
超有名観光スポットではないから人も少なくて静かだし。
連休とかの休日にはみなさんも足を向けてみて下さいね!
(*^ー゚)b
P50458331

P50458381

P50458451

| | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火曜日)

奥武蔵散歩2:釣り場としても有名な『鎌北湖』周辺をズンズカ歩くぅ〜 (Okumusashi Walking around Kamakita Lake)

P50457261
さぁてぇ〜
昨日に続いて
今日は『奥武蔵』散歩の二回目。
昨日の記事の『ユガテ』から山道をズカズカ歩いて、
ヘトヘトになりながら山道を抜けて、
釣り場として有名で新緑の楓の緑が眩しい〜
『鎌北湖』と呼ばれる人造湖周辺まで
お散歩しましょう〜
ヽ(´▽`)/
そうそう、
この『奥武蔵』三回の記事は、
各記事ともトップ写真以外は時系列で並んでいますからね。
みなさんも奥武蔵を一緒に散歩している気分で、
写真を見て下さいね!
( ^ω^ )
『ユガテ』からの上り下りの山道を越えて、
鎌北湖』近くまで進んで来るとね。
木々で覆われた暗い山道から一転、
陽射しが眩い開けた農村風景に出会えるんだけどね。
その風景が絵に描いたような長閑な風景で良いのですよぉ〜
小川がチロチロ流れて、
芝桜やいろんな花も咲いてたりして〜
ふふっ
( ̄▽ ̄)
P50456671

P50456941

P50456971
『鎌北湖』はね、
この日がGW中だったこともあり
湖の周りはズラーッと釣り客で賑わってたけどね。
みんな静かに釣りを楽しんでいて、
湖の静寂が乱されることも無く、
気分よく散歩ができましたぁ〜
(*^ー゚)b
楓の葉の茂り具合も絶妙でね。
思っていたよりも、
湖の周りの遊歩道からの風景が素敵でしたよ〜
みなさんもここを訪れた際には、
是非湖をグルーッと歩いてみて下さいね。
それにしても、
湖の水は強烈なバスクリン的な緑色をしていたけど・・・
なんでかな・・・
魚はいっぱいいるみたいだからね・・・
泳いでいるのもたくさん観ることが出来るし・・・
水が汚くて栄養過剰で異常発生した藻とかじゃないと思うけど・・・
臭くもなかったし・・・
楓の緑と湖の水の緑で・・・
緑一色の世界となっておりました・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P50457051

P50457141

P50457291
そうそう、
今回の『奥武蔵』散歩コースはね。
西武鉄道のHPから見付けたコースなんだけど。
『東吾野駅』を出るとちょっとした売店とか
自販機はこの『鎌北湖』しかなくてね・・・
ここを過ぎると最終目的地の『武蔵横手駅』まで
なにも購買できませんからね。
飲み物はあらかじめ用意するなり、
準備万端で出掛けてくださいな〜
(* ̄0 ̄)ノ
この散歩で『鎌北湖』は中間地点・・・
暑い日だったからね・・・
『しぇぽ』はここでかなりバテバテだったけど・・・
汗びっしょりでね・・・
これから『武蔵横手駅』まで、
まだ山道ばかりだけどね・・・
歩き続けるしか手段がないし・・・
駅まで戻らないことには帰れないので・・・
がんばって歩きます・・・
明日もお付き合い下さいな・・・
ギョッペ
゚゚(´O`)°゚
P50457331

P50457511

P50457521

P50457581

| | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月曜日)

奥武蔵散歩1:西武池袋線『東吾野駅』から素朴な『ユガテ』周辺までトコトコぉ〜 (Okumusashi Yugate Village Walking)

P50456221
西武池袋線の飯能駅から奥の山間は、
奥武蔵』と呼ばれているようでね。
先々週のGW中に、
『東吾野駅』を降りてトコトコトコトコ
山間の『ユガテ』と呼ばれる集落を通って、
山道をエッチラコッチラ
『鎌北湖』という人造湖を通って、
また山道をエッチラふぅ〜コッチラふぅ〜
山頂にある『北向地蔵』から『五常の滝』を観て
『武蔵横手駅』までの12キロ近くの散歩道

トコトコしてきたのでぇ〜
今日から3回に渡って、
その時写した写真をお届けしますね!
今日はね、
西武線の『東吾野駅』から山間の趣き深い集落
『ユガテ』辺りまでの自然一杯の写真を
見て頂きますよぉ〜
ふふふ〜〜〜〜っ
ヽ(´▽`)/
まだちょっと体調が優れないけど・・・
がんばって記事作り、あぁ〜記事作りぃ〜〜〜
はは・・・
P50455831

P50456141

P50456201
『ユガテ』までの山道は、
とにかく初夏の陽射しを浴びた木々の葉っぱが綺麗でね。
そんなのばっかりパチリパチリしちゃいましたよぉ〜
一枚目の写真なんて、
若い元気一杯の葉っぱが芸術的に葉を伸ばして、
それが木漏れ日の陽光を浴びて浮き出て見えて
なんだかとても美しいでしょ〜
ふふ〜
( ^ω^ )
急な坂道をズンズカ登った平地に造られた
『ユガテ』と呼ばれる集落はね。
漢字で書くと『湯ヶ天』と書くようだけど・・・
温泉とかも出る集落なのかな・・・
温泉がある雰囲気や匂いは全くしなかったけど・・・
まぁとにかくね。
集落の人達が散歩道を綺麗に整備していてね。
花が咲いていたり果物が実っていたり、
そうそう大量のオタマジャクシが泳ぐ水溜まりもあったりして、
長閑な良い雰囲気の集落でしたよぉ〜
(v^ー゜)
P50456361

P50456391

P50456411
この日は夏のような暑い一日でね。
けっこう急な山道もあったりして、
汗びっしょりの散歩になっちゃいましたよ・・・
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
この日がね、
Tシャツ一枚で過ごした今年最初の日になりました・・・
Tシャツ一枚の身軽さが大好きな『しぇぽ』としては、
最高の一日となりましたぁ〜〜〜
(*^ー゚)b
そういえば、
GW以後今日まで暑い日がありませんね・・・
肌寒い日ばかりが続いておりまする・・・
明日も明後日も奥武蔵の自然満載の記事ですからね。
楽しみにしていて下さいね!
P50456501

P50456561

P50456631

| | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火曜日)

『サクラ』と『菜の花』咲く春の日高市『巾着田』なりぃ〜 (Hidaka City Kinchakuda in Rape and Cherry Season)

P41041951
昨日は『巾着田』の菜の花に主眼を置いた
写真を掲載しましたが、
今日は『サクラ』。
サクラと共に菜の花畑広がる『巾着田』風景を〜
みなさんにお伝えいたすなりぃ〜
ふふふ〜〜〜っ
ヽ(´▽`)/
昨日の写真だと・・・
「『巾着田』ってどんなとこ?」
ってな疑問が湧いちゃうかもしれないけど・・・
今日の写真は『巾着田』の風景が良く分かるでしょ〜
埼玉県の西部を流れる『高麗川』という川が
クネーッと湾曲して巾着のような形になった場所
に、
田んぼやら畑が作られているんですよね。
(v^ー゜)
今じゃ四季折々いろいろな花々が咲き乱れ、
田んぼとしては小規模な活用しかされてないからね・・・
『巾着畑』に名称改正した方が合ってる気がするけど・・・
はは・・・
そのクネクネ高麗川の湾曲土手に沿って
サクラが植えられているんですよね!
いい風景でしたよぉぉぉ〜〜〜
( ̄▽ ̄)
P41041651

P41041501

P41041911
東京は既に葉桜になっちゃった時だったからね、
ここのサクラも満開とは言え、
散り始めってな現象が起こっていてね。
ちょっと強い風が吹いた時には
サクラ吹雪が観られたんだけど・・・
『しぇぽ』が滞在した一時間あまりの間に、
もの凄いサクラ吹雪が二回起こったんだけど・・・
「わっ!サクラ吹雪だ!!!」って感動して、
ピント合わせてパチリした時には止んじゃっててね・・・
悲しいことに背景が素晴らしい場所でもなくてね・・・
掲載したいほどの写真を撮ることには
失敗いたしました・・・
ピョッパ
゚゚(´O`)°゚
そうそう、
JR中央線に乗っている時にね、
たしか阿佐ヶ谷とか高円寺辺りを通過中だったと思うけど、
風が強い日だったと思うけどね、
2〜3秒間、
外が真っ白になるくらいのサクラ吹雪を体験しましたよ!
今までに見た中で一番凄いサクラ吹雪。でも・・・
電車に乗っていたから当然写真に撮ることはできず・・・
今年も・・・
完璧なサクラ吹雪撮影には失敗いたしました・・・
失敗だらけの『しぇぽ』の人生・・・
それも人生これも人生・・・
泣きなぁ〜〜〜さぁ〜〜あぁ〜〜〜いぃぃぃ〜〜〜
(´;ω;`)ウウ・・・
P41041581

P41042041

P41041941
野菜の値段が高くなって、
日本茶葉の初値が異常に高くて、
駿河湾の桜えび漁解禁が例年より異常に遅くなって、
この春は異常気象で、
今後の食が心配ですね・・・
(´・ω・`)
いつまで経っても、
ポテトチップスの内容量が少ないけど・・・
なんか一口サイズ化したお菓子類が多いけど・・・
今後の食の行方はどうなるのだろうな・・・
お菓子類が少量パッケージになった時だけニュースは騒いでいたけど・・・
本当は昔の量に戻しても良い時期に来てんじゃないのかな・・・
お菓子メーカーが少量パッケージでバカ儲けしてるんじゃないだろうな・・・
なんて・・・
いろいろと食に対して疑心暗鬼になる今日この頃・・・
(ノω・、)
『大盛り大好き!』も、
もう時代遅れの感覚なのかな・・・
『しぇぽ』の胃袋も
『食の少量化時代』に対応すべく・・・
こじんまり化へと改良した方が良いのかな・・・
『大盛り』は・・・
男らしさの象徴だと思っていたんだけどね・・・
まぁ『男らしさ』ってな言葉までもう死語みたいな時代・・・
なんか・・・つまらないな・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P41039991

P41040131

P41041771

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

カメラや撮影方法のお話 ライトアップ 三重県のクリスマスイルミネーション 三重県の風景 中国の風景 京都府のクリスマスイルミネーション 京都府の夜景 京都府の風景 伊豆諸島の風景 兵庫県の夜景 初夏の風景 初春の風景 初秋の風景 北京の夕景夜景 北京の風景 北海道の夜景 北海道の風景 千葉県のクリスマスイルミネーション 千葉県の夜景 千葉県の風景 和歌山県の風景 埼玉県のクリスマスイルミネーション 埼玉県の風景 埼玉県内の夜景 夏のイルミネーション 夏の光景 夏の夜 夏の涼 夏の花火 夏の風景 大阪府のクリスマスイルミネーション 大阪府の風景 宮城県の風景 山梨県のイルミネーション 山梨県の夜景 山梨県の風景 岩手県の風景 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 春の写真 晩夏の風景 東京の街の風景 東京都下のクリスマスイルミネーション 東京都下の夜景 東京都下の風景 東京都区内のクリスマスイルミネーション 東京都区内の夜景 東京都区内の風景 梅雨の風景 滋賀県の風景 神奈川県のクリスマスイルミネーション 神奈川県の夜景 神奈川県の風景 神戸のクリスマスイルミネーション 福岡のクリスマスイルミネーション 私的重大出来事 秋の風景 空からの風景 趣味 長野県の夜景 長野県の風景 静岡県のクリスマスイルミネーション 静岡県の夏 静岡県の夜景 静岡県の風景