カテゴリー「京都府の風景」の11件の記事

2013年4月 6日 (土曜日)

京都『高台寺』近くのサクラぁ〜〜をパチリ! (Cherry Blossoms around the Koudaiji Temple)

Dsc00490
今週の水曜日に
ちょっとした打ち合わせ会議で
京都に行ったんですよね。
会場が豊臣秀吉くんとか北政所さんで有名な
高台寺』の近くだったんですね。
東京はもうとっくにサクラが終わっているから、
京都も時期は過ぎたんだろうなぁ〜〜〜
なんて思っていたんだけど・・・
行ってみてビックリ!!!!
今まさに散り始めの満開でしたぁぁぁ〜〜〜
やったぁ〜〜〜〜〜
ヽ(´▽`)/
京都にはもう何百回も足を運んでいるけど、
サクラの時期は初めてだったので、
心はウキウキ「これは撮らずに帰るわけにはいくまい」
ってんで、
時間はあまりなかったんだけどね。
急ぎ足でパチリパチリしてきたのですよぉ〜
ということで、
今日はぁ〜
京都の『高台寺』周辺のソメイヨシノの写真をぉ〜
皆さんにお届けしますね!!!
o(*^▽^*)o
Dsc00466

Dsc00412

Dsc00461

Dsc00409
『高台寺』は
テレビの宣伝でも知られるように、
庭園内の『しだれ桜のライトアップ』が有名なんですよね。
会議が終わった後の夕方から夜に入る時間帯に、
入園料払ってその実物を観に行ってみたんだけど・・・
すごい人人人でね・・・
当然迷惑になる三脚撮影は禁止・・・
ってな悪条件はあったんだけど・・・
はっきり言ってどーということもない『しだれ桜』・・・
おまけにね・・・驚いたことにね・・・
『しだれ桜』の立つ庭園に目を移すと・・・
なんとなんと・・・京都の庭園の風情とは程遠い・・・
イルミネーションで小川に流れを表現してるの・・・
電飾の小川とどーということもない『しだれ桜』・・・
興醒めしちゃってね・・・
一応撮ったんだけど・・・掲載は止めました・・・
(´・ω・`)ショボーン
まぁでも久しぶりの京都
日常を離れてちょっとリフレッシュできたかな。
Dsc00447

Dsc00464

Dsc00417

Dsc00486

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日曜日)

閉門しちゃった・・・『西本願寺』や『東本願寺』や京都駅近くをぶらぶらぁ〜 (Evening Landscapes around JR Kyoto Station)

P22212701
天気が悪く・・・
ほぼ閉門したやった『東寺』を後にして・・・
北へトコトコトコトコ・・・
JR路線下をくぐり抜けてトコトコトコトコ・・・
西本願寺』や『東本願寺』がまだ閉門していないことを祈りつつ・・・
地図で見たらこの辺を足早にトコトコしたんだけど・・・
既に夜の近いこの時間帯・・・
結局・・・
『西本願寺』も『東本願寺』も・・・
固く閉門しておりました・・・
かろうじて入れたのはね、
西本願寺南の『本山興正寺』っつうお寺だけ・・・
世界に誇る京都の遺構が・・・
こんなに早く閉門しちゃって・・・
異国の人達にどう顔向けしたらいいのよ・・・ブツブツ・・・
ギュッピョ
( ´;ω;`)ブワッ
ってことで・・・
今日は大した写真が無いけれど・・・
『しぇぽ』が歩いた場所の写真は
みなさんに強制的に見て頂くことを旨とするこのブログ・・・
じっと堪えて・・・
世界遺産京都だということで・・・
ありがたく見て下され・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P22212291
P22212351
P22212401
残す二回の京都夜景写真は、
一転してきれいな写真だと思うし・・・
本記事は自分自身納得してない写真だからね・・・
今日は京都の話を止めて違う話をするざんす・・・
( ̄Д ̄;;
ちょっと最近東京の電車に怒り心頭でね・・・
聞いてよ聞いてよみなさん!
ここ数年東京の電車は東京の西方面から都心を貫いて東方面へ
一直線に繋がる工事が花盛りだったけどね・・・
例えば、
東急田園都市線と地下鉄半蔵門線だけでは飽き足らず・・・
東武伊勢崎線をも巻き込んで繋がって・・・
まぁ素人的意見としては
「東京は西から東へ乗り換えないですんで楽ちん〜ふふっ」
ってなことになるんだろうけどね・・・
繋がった三路線に何のトラブルも無いなんて確率は大変低くてね、
三路線のどこかで人身事故でも起ころうものなら、
長〜い一直線路線が数時間全面ストップ・・・
まぁ、朝は人人人でごった返す都心部を通過するから
まぁほぼ毎日のように何十分以上も遅れがでるのよね・・・
あのね、
特に朝なんだけど・・・
車掌さんは「ダイヤが乱れて申し訳ありません」と、
もう毎日のことだから心からの陳謝の気持ちではなく
「ようこそ!デニーズへ!」ってなマニュアル的なアナウンスをするけど、
毎日運行に遅れが出るっつーことは、
遅れた時のダイヤが正常ダイヤなんじゃないの!
(○`ε´○)
東京は都心部開発が既に限界に達しているのよ・・・
庶民の朝の足のことなんかなんにも知らないで・・・
くだらないことに税金ばかり使って・・・
なんの責任も取らない新宿の大王君・・・
ちょっとは反省せいよ!
\(*`∧´)/
それからそれからね、
怒りモードがいい調子だから言っちゃうけどね!
P22212411
P22212441
P22212541
吉祥寺から渋谷迄走る『京王井の頭線』なんだけどね、
毎日毎日人でごった返しているからね、
相当儲かっていると思うんだけど・・・
この路線程お客様の気持ちよい通勤通学のために
改良工事を行わない路線も無いんじゃないかな・・・
Σ(゚д゚lll)
なんせね、
『しぇぽ』が幼い時から路線の様式が全く変わってないのよ・・・
ほんとなぁ〜〜〜んにも変わってないのよ・・・
まぁ電車自体は古くなる度に新品にして
本数も多くなっているんだとは思うけど・・・
忙しく移動したい朝は急行がなくて鈍行だけでね・・・
本数だけは増やしちゃったからか、
電車間が詰まりに詰まっちゃってね・・・
急行でもゆ〜〜っくり運行・・・
ドア開いてたら通過駅から乗れちゃう程度の速度で通過して・・・
なんだこりゃ・・・
急行って『急ぐ』って字を書くのよ!
ついでに言ったら、
『快速』って心地良いってことなのよ!
『特別快速』って特別に心地良いってことなのよJR中央線!!!
各駅停車の総武線に抜かれまくってどうするのよ・・・
( #` ¬´#)
問題路線の経営者はちょっと頭を冷やしてね、
急行と各駅停車の路線を別にした、
小田急線でも見習えってんだ!
それが公共のサービス業の
お客様への心得ってもんだなや!!!
P22212571
P22212601
P22212691

| | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土曜日)

天気悪・・・閉門間近の京都の『東寺』を覗いてみよう〜 (To-ji Temple in Kyoto)

P22211881
さて〜 これからぁ〜
四回の記事でちょっとだけ京都の写真を
みなさんにお届けしますね!
まぁね・・・
今回の京都出張では京都駅付近しか歩くことができなくて・・・
かなり忙しい出張だったからね・・・
これ迄にも
このブログでは『京都の風景』や
京都の夜景』や『京都のイルミネーション』や、
足早に撮った写真をちょこちょこ掲載してきたからね。
そちらの写真も見ながら日本の古都『京都』の街の風景を
楽しんじゃって下さいね!
(v^ー゜)
今日はぁ〜
とにかく五重塔で有名なぁ〜
平安京ができた当時から存在し続けるぅ〜
密教の空海の教え満載の官立のお寺であるぅ〜
国宝であり世界遺産にも登録されているお寺ぁ〜
東寺』の写真ですよぉ〜
おぉぉぉぉ〜〜〜〜〜
ヽ(´▽`)/
P22211831
P22211921
P22211971
『しぇぽ』が東寺を訪れた時間帯はね、
もうあと10分くらいで閉門しちゃう
焦りまくりの慌ただしい時間帯でね・・・
五重塔とか金堂が間近で観られる有料エリアの
拝観チケット売り場は既に終了・・・
トホホ・・・
( ´;ω;`)ブワッ
食堂と呼ばれる建物だけが観られる
無料エリアで素早くパチリパチリするしかなかったのね・・・
それにね・・・
この日は雨でも降りそうな灰色の雲が覆う京都・・・
撮っても撮ってもコントラストが効き過ぎた写真しか撮れなくて・・・
重厚な建物の細部をほとんど捉えられず・・・
上っ面だけの東寺の写真になっちゃったけど・・・
まぁ・・・ふる〜〜いお寺の雰囲気を感じて下さいね・・・
ブワッグワッ
゚゚(´O`)°゚
東山とか嵯峨野とか有名な京都の観光地帯は、
寺院とか神社とかの観光スポットが濃密に点在してるけど、
東寺の近くは有名な観光スポットは少ないからね・・・
京都観光しても東寺には行かなかった
ってな方も多いんじゃないかな・・・
だからね・・・
気になってても東寺観光したことない百万人の日本人のために・・・
『しぇぽ』が身代わりになってまいりました・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P22211871
P22212101
P22212141
今回は本当に時間が無くてね・・・
有名な京都のお寺の写真は本記事だけね・・・
あとは・・・
京都駅周りを散歩した時の写真と・・・
京都駅ビルを中心とした夜景なりよ・・・
夜景は綺麗な写真もありますからね、
ちょっとだけでもいいから・・・
なんとなく楽しみにしていて下さいね・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
無料エリアから観ただけだったけど・・・
ざっと『しぇぽ』が観た感じだと・・・
講堂と呼ばれる東寺中心の建物が、
奈良時代の建物を彷彿とさせて趣き深かったなりよ・・・
最後の写真がその建物の上っ面の写真だけど・・・
密教の宝物満載の五重塔に近寄りたかったな・・・
まぁしょうがないな・・・
(ノ_≦。)
京都はね、
東寺のあるこの辺でもちょっと路地を入ると
古い民家がちょこちょこ残っていてね。
歩けば歩くだけ思い出を作れる街ですね。
観光スポットじゃなくてもいたる所で撮影スポットに出会う街。
日本人なら人生一回は入念にこの街を歩いてみましょう〜
( ^ω^ )
P22211811
P22212001
P22211981

| | トラックバック (1)

2008年6月 5日 (木曜日)

雨の嵐山中心部『渡月橋』周辺の風景なりぃ〜

P5132247
みなさん、
京都の風景、嵯峨野の風景はどうですか?
楽しんで頂けていますか?
いろいろな所で、好き勝手に写真を撮り続けている私ですが、
風景を撮影する状況は本当にいいもんですね。
誰にも干渉せず自分一人の殻に閉じこもって、
あーでもないこーでもないと自分自身と会話して、
「おーいおーい」なんて美しい風景と会話して、
お花を見付けては「よっ、今日も元気だね」なんてお花に呼びかけて。
P5132040
P5132044
なんか変だな〜 いきなり何を書いているんだか・・・
今日は桂川に架かる『渡月橋』を中心に、
嵐山と呼ばれる京都洛西の風景をお届けしますね。
この辺は昨日や一昨日の記事でご紹介した嵯峨野の片田舎とは違って、
観光客の人々でいつも一杯ですね。
でもね、何台ものバスを連ねてやってきた、
おじちゃんおばちゃん達でごった返していたって、
修学旅行の学生ズボンテカテカ集団が、
ハイテンションで闊歩していたって、
遠くの国からやってきた、
たくさんの大きめ人間がモソモソ歩いていたって、
嵐山周辺は絵になる場面がそこかしこにありますね。
P5132050
P5132051
P5132066
これまでに雨の日に渡月橋や嵐山を見たことがあったかなぁ〜
記憶はかなり曖昧なんですが、
今回体験した雨の渡月橋は、
なんでか心にグッと来る感動がありましたよ。
傘をさす人と渡月橋がものすごくマッチするのですね。
これが和傘だったらなぁ〜 そして和傘をさす人が和服だったらなぁ〜
もっと感動できるんだろうなぁ〜なんて考えながらパチリパチリしたのですよ。
雨の日は嵐山の山から水蒸気が立ち上り、
これもまた、心静かに感動できる場面なり。
P5132062
P5132069
そうそう、京福電鉄の嵐山駅近くにある『天竜寺』境内に
ちょっとだけ足を踏み入れたんですが、
そこに、傘もささずにずぶ濡れになって、
怒ったように、何かに取り憑かれたように、
薄いコンパクトデジカメで激しくパチリパチリしている女性を目撃しましたよ。
「なんでこう雨ばっかり降るのよぉ〜 カシャ」、
「傘なんて持ってこなかったんだから〜 どうしてくれるのよぉ〜 カシャ」、
「今日しか観光できないのに、なんで雨なのよぉ〜 カシャ」なんて、
ぶつぶついいながらの撮影だったんじゃないですかね。
彼女はその後大丈夫だったろうか・・・
それよりも、激しく雨に濡れたデジカメは大丈夫だったろうか・・・
P5132228
P5132240
P5132230
『しぇぽ』はなんだか疲れが溜まって、
頭がボーッと霞掛かった状態・・・
一体全体どうしちゃったのかなぁ〜
眠いんだけど、寝ればいいんだろうけど、
心の奥深くに曖昧な不安が陣取って、
気持ちの奥をワサワサワサワサァ〜
なんだか最後にごめんなさい・・・
P5132246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水曜日)

雨の中でも、京都洛西『大覚寺と大沢池』周辺はなんか優雅な感じですぅ〜〜

P5132208
大覚寺の一角に静かに佇む大沢池
生活感溢れる広沢池周辺とは一線を画し、
整備の行き届いたこの池の周辺は、
庶民の手が届かない貴族的な匂いがプゥ〜ンプン・・・
十二単のお姫様や、蹴鞠をする平安貴族が出てきそうな、
そんな高貴さが漂っているのですぅ〜happy02
P5132070
P5132071
雨が降り続く中、
『しぇぽ』は誰もいない大沢池を独り占め。
でもね、傘をさしつつの不良体勢での撮影は、
悪天候の光量不足も相まって、ぶれぶれ写真の大量生産。トホホ・・・crying
何十枚かに一枚くらいはいい写真もあるだろうなんて、
期待を込めてぱちりぱちりしたものの・・・
結果は惨敗・・・
お〜〜い、私の大好きな光はどこいったぁ〜〜〜
P5132131
P5132135
P5132147
大沢池を代表する風景は、
池の周りに続く散策路から池越しに見た大覚寺の塔なのね。
さすがに有名なだけあって、なかなか風流な絵になる光景。
とはいうものの、シャッタースピードが1/50秒以下じゃ
手持ちでの撮影ではなかなかその風景を切り取れないなりね。weep
雨と嵯峨野の相性は決して悪いとは思っていないので、
今回の嵯峨野散歩はどんな天候だって良かったのだけれど・・・
シャッタースピードがここまで落ちるとは・・・gawk
まぁこれも一旅の思い出ね。ア〜ソレソレ
P5132167
P5132174
ここを訪れる観光客の大部分の人達は、
大覚寺参拝ついでに大沢池をちょこっと見て、
足早にバスでここを後にしちゃうのね。
北嵯峨野の風景は、周辺に点在する古めかしい民家を見ながら歩くのもなかなか趣き深いなり。
そんなに急いで何処行くの・・・ ア〜ソレソレ
嵯峨野というくらいだから、『寺』ばかり見て『野』を見ないでどうするの。
なんてぶれぶれ写真を撮りながら、雨にびしょびしょになりながら、
傘さす『しぇぽ』は思うなり〜〜 ア〜ソレソレ
P5132182
P5132201
広沢池と違い、大沢池は嵯峨野や嵐山の中心街や
駅からも歩いて行ける距離だと思いますぅ〜
みなさんも、散策しながら大沢池を目指してみてはいかがですかぁ〜
昔ながらの街並も、きっと感動できますよぉ〜
明日は、有名な渡月橋周辺よ〜〜
P5132214

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火曜日)

京都嵯峨野の『広沢池』周辺の自然をご堪能下さいねぇ〜

P5132092
京都洛西の『嵐山』とか『嵯峨野』と呼ばれる場所を初めて訪れたのは、
私がまだ東京の都下にある中学に入ったばかりの幼い頃、
日射しが眩しく忙しなく蝉が鳴くお盆の蒸し暑い時期でしたよ。
その時は、嵐山・嵯峨野といえば誰もが訪れる定番の、
『渡月橋』や『竹林』や嵯峨野の小さな寺々を巡っただけでしたが、
それでも独特の気品ある田舎臭さに大いに感動したのでした。heart02
P5132074
P5132089
陽も落ちて、京都盆地の風がない夏独特の蒸し暑さの中、
桂川から流れてくる一陣の微風で涼をとりつつ、
渡月橋の中洲の小島から見た『五山送り火』の『大』と『鳥居』の松明と、
たくさんの『精霊流し』の灯火は、今でも忘れない感動的な想い出ですよ。lovely
それからというもの、お盆の時期には毎年のように嵐山を目指したっけ。
P5132079
P5132096
そんなこんなで、嵯峨野の竹林とか常寂光寺や二尊院や祇王寺など、
小さなお寺やその周辺の風景は見飽きるほど観てきたんですよね。
今日から始まる3回の嵯峨野の記事では、そういう有名過ぎる嵯峨野の風景は
ほとんど出てきませんよ〜bleah
P5132117
P5132107
幾度も嵯峨野周辺に足を運んだ『しぇぽ』ですが、
『歴史的風土特別保存地区』であるにもかかわらず、
まだ一度も訪ねたことがない場所があるのですね。
嵯峨野の北にある『広沢池』とか『大沢池』がある辺りがそうなんですが、
今日の記事では『広沢池』周辺に広がる牧歌的風景を見て頂きますね。
明日は大沢池ね。
P5132109
P5132111
P5132123
地図上では、その二つの池の周辺の違いはほとんど判りませんが、
広沢池は片田舎の庶民的な風景が見られるのに対して、
大沢池は大覚寺の領地にある貴族的な雰囲気のある池なのですよぉ〜
私は田舎丸出しの広沢池周辺の風景に激しく感動しましたが、
広沢池を見終わって歩き出したら雨がポツポツ・・・
けっこう大変な散歩の始まりになっちゃいましたぁ〜bearing
P5132125
P5132129

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日曜日)

南禅寺近くを流れる『琵琶湖疎水』を中心にぃ〜

P5142500
京都滞在でも天気が悪かったけれど、
最近本当に週末は天気悪し・・・rain
こういう時期はストレスが溜まりますね・・・
私だけかな・・・ 写真撮るの好きだから・・・
写真に興味が無い人もストレス溜まるかな・・・
なんだか疲れちゃった・・・
P5142483
P5142495
と、ぶつぶつ言っていてもしょうがないので、
今日は、自分のケツを叩き、気合いを入れて、
大切な大切な愛する我がカメラくんを、
シャワーキャップと輪ゴムで包んで防御態勢を整え、
自分自身はレインコートに身を包み、
足下からの水の浸入を防ぐべく、
今時あまり見掛けない長靴おじさんと化し、
『水滴及び濡れる花』だけに照準を定め、
ぷらぷらとパチリパチリして参りましたぁ〜〜
P5142484
P5142487
P5142485
へへへ〜〜っ
な〜〜〜んかいい写真撮れちゃった。へへ・・・
今までの感覚から言えば、
どこぞやのフォトコンテストで、
入賞は堅いくらいの写真が撮れちゃった。へへ・・・smile
べぇ〜〜 ざまぁ〜みろぉ〜〜 悪天候!!!angry
みなさん、梅雨の時期のいつか、
今日撮った写真を公開しますね。
やっぱり止めようかなぁ〜〜 
嘘です。ちゃんと公開しますよ。
いい写真が撮れると、みなさんのような、
確かな目を持った方達に見て頂きたいと思うのが
心情というもの・・・ はは・・・
P5142493
P5142492
今日は京都洛東の南禅寺の横を流れる、
有名な『琵琶湖疎水(京都疎水)』を中心とした風景写真です。
誰でも知っている南禅寺には入らず、
ちゃちゃーと見物しましょうね。
この時も天気は悪かった・・・
琵琶湖から水を引いているのだから、
南禅寺の東から西に水が流れているのだろうと思いきや、
西から東に水は流れておりました。なんでだろう・・・
南禅寺周辺も趣き深い町並みがあるので、
それらも交えてね。
商売をしているのかしていないのか、
なんだかわからない時計屋さんが思い出に残るなり。
琵琶湖疎水の場所はここでございます〜
P5142497
P5142513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月31日 (土曜日)

京都『哲学の道』でしっとり思索に耽りましょう〜〜ね!

P5142449
京都に旅行に行ったことがある人なら、
一度は訪れたことがある(訪れたいと思う)であろう、
哲学の道』と呼ばれる京都疎水脇に続く
有名な水辺の散歩道を今日は一緒に歩きましょう〜
京都市の東方面は、明治時代に琵琶湖の大津から取水された
疎水がいたるところにあるんですよね。
すごい勢いで落下して流れている所もあるのですよ。
今日と明日はそんな疎水付近の風景をお届けしま〜〜すぅ。
P5142460
P5142437
その昔、西田幾多郎という哲学者が、
思い詰めたように考え事をしながら歩いていたことから、
『思索の小道』なんて呼ばれていたこともあったようですが、
彼の弟子が好んで歩くようになってから、
『哲学の道』と呼ばれるようになったそうですね。
確かに、何度ここを訪れても、
考え事をするには絶好の散歩道だと思いますが、
昔は「しぇぽは今後どのような人生を歩むべきか・・・think」、
「う〜〜ん、難しい・・・ まぁいいか・・・」なんて考えながら、
歩いたこともあった気がしますが・・・
今回は急いでいたので、哲学の道に一番近いバス停
『真如堂前』を降りササーッと足早に歩いたので、
「腹減ったなぁ〜」くらいしか考えませんでしたぁ〜coldsweats01
まぁいいかなぁ〜・・・
P5142476
P5142467
この小道では、何人かの画家さん達が風景スケッチに没頭していたりart
その絵を小道脇で売っていたり、
京都の旧家のお嬢さんが(たぶん)、日傘をさしつつのんびり歩いていたりgood
野良猫がのんびり縄張りを主張していたりcat
日本のこの趣深さを理解しているのか理解していないのか、
なんだかたくさんの外国人観光客の人とすれ違ったり、
そんな外国からの人もなんとなく声を潜めるような、
なんだか不思議で静かな世界が広がっているのですぅ〜
P5142454
P5142471
哲学の道の場所はここですが、
銀閣寺や南禅寺拝観でのお決まりのルートでもありますから、
みなさんも一度全行程歩いてみて下さいね。
P5142469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木曜日)

京都の東山辺りの坂道をササーッと見物ぅ〜

P5142545
今日は、京都市の東山の高台寺から清水寺参道まで続く、
二寧坂(二年坂)』とか『産寧坂(三年坂)』と呼ばれる、
伝統的な家並みが続く辺りをササーッと散歩しましょう〜〜ね。
この辺のお店は、昨日の記事の遊郭とは違って、
古めかしい趣き深い建物の中は、
実はかなりお洒落な店になっていて、
京都の観光業の代表的な風景が見られますね。
私もここでは、昔の京都には絶対に無いであろう
小さな可愛い亀のお守りを買いました〜
P5142515
P5142526
なぜこの辺の坂を『二寧坂』とか『産寧坂』と言うのか。
諸説あるようなんですけど、産寧坂があるから二寧坂、
二寧坂があるから産寧坂、というような『どっちが最初か説』を除くと、
大同2年に道が整備されたから『二寧坂』説、
高台寺にいた秀吉の妻のねねが『お産の時に念じたから』という説があるらしい。
二寧坂で転ぶと『二年以内に死ぬ』という言い伝えや、
産寧坂で転ぶと『三年以内に死ぬ』という怖〜い言い伝えがありますが、
ササーッと見物したものの、転けることは無かったので大丈夫かな・・・
P5142531
P5142527_2
『しぇぽ』は背丈がないわけではないんですが、
足が小さい方なので、バランスが悪いからか、
結構いろんな所で簡単に転けるのですね。coldsweats01
東京駅の中央線の長いエスカレーターを、
足早に降りる際に転けた時は、
登りエスカレーターのたくさんの人に
気の毒な目で見られ恥ずかしかったですぅ〜〜
クラブ活動の合宿の練習メニューに、
海辺の砂浜を何往復も走る『浜ラン』というメニューがあったんですが、
足が小さいと砂浜に激しくめり込んで辛かったですぅ〜〜
今日の記事にはどうでもよい話題でしたね・・・
すみません・・・
P5142533
P5142538
この二つの坂がある東山周辺は、
本当に驚くほど外国からの観光客が多いですよ。
写真に背中とかが写っている人達はほとんど外国人観光客ですぅ〜
京都が国際観光都市だというのがすごくよく解りますよ。
外国で日本人観光客はよく
「団体でぞろぞろ歩いてかっこわるい〜」とか、
「みんなカメラを首からぶら下げていて変〜」とか
いろいろ言われますよね。
私はこの時に外国人観光客の動態について観察したんですが、
全く日本人と同じでしたよぉ〜
人間なんてだいたい似たり寄ったりの行動をとるのですよ。
P5142549
二寧坂とか産寧坂の詳しい場所はここなりぃ〜
P5142548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水曜日)

京都の北野天満宮から真盛町や西陣辺りの古い街並の写真ですぅ〜

P5142362
さぁさぁ〜みなさ〜ん、京都特集を少しずつ始めて行きましょうね。
京都市内はそれほど大きな街でもなく、道路は碁盤の目になっていて歩きやすい街ですね。
最近はずいぶん電車網が広がっていて、昔は烏丸通という京都市内を南北に貫く通りを走る地下鉄しかなかったのに、東西線という御池通の地下を走る電車もできて、バスを使わなくても動きやすくなりましたぁ〜
この東西線というのは、京都の『東山』を抜け、『山科』とういう京都市と滋賀県大津市の間にある街を抜け、醍醐の花見で有名な『醍醐』を抜け、伏見桃山城近くの『六地蔵』という場所まで伸びているんですよ。
P5142363_2
P5142366
P5142370
今回は、京都市内の北の方で仕事があったんですよね。
自由が利く仕事でもあったし、
鴨川沿いの三条とか四条には夜に飲みに行くだろうし、
嵯峨野の未知の地域を歩きたい気持ちが強かったので、
バスにも似た路面電車の嵐山鉄道にも近く、
南北を貫く烏丸線にも乗り継ぎしやすい、
東西線の西よりに宿を取ってパチリパチリしてまいりましたぁ〜
P5142372
P5142371
P5142376
とはいっても、あんまり時間をかけてゆっくり散策するわけにもいかず、
たくさんある有名なお寺に入ることもせず(参道までですね)、
京都らしい古き良き街並を中心にササ〜ッと写真を撮ってきたのですね。
ですからみなさん!!!
有名なお寺や神社やら、京都を代表する絵葉書のような写真を期待していても、
ほとんど出てきませんからねぇ〜
『しぇぽ』らしい夜の京都もちょこちょこ撮ったので、
特集の最後の方に載せますね。
途中、いつものように、東京や浜松で撮った写真も織り交ぜつつですよ〜
P5142382
P5142386
P5142400
私の親父が京都府の田舎町出身ということもあって、
学生時代にはお盆で東京からその町によく出掛けたんですよね。
京都市内は親父の街への旅行での通り道なわけで、
もう何度も降り立った街なのですよ〜
有名なお寺や神社のほとんどを見たことがあるし、
お盆の頃なので、五山の送り火(大文字焼きですね)なんて、
何十回も見たことがあるんですけど、
「その頃に写真が好きだったらなぁ〜」なんて今にして思うわけです。
送り火の夜はなかなか良い雰囲気なんですよね。
P5142406
P5142408
P5142414_2
今日は、『北野天満宮』辺りから、昔ながらのお茶屋が今も残る遊郭
『真盛町』と呼ばれる所と織物で有名な『西陣』周辺の古い街並を見て頂きます〜
西陣は織物業者の営みでも写そうかと期待して歩いたんですが、
どうも場所を間違えたらしく、ちょこちょこある古い街並しか写せませんでした・・・
写真4枚目までは北野天満宮辺り、
写真5〜9枚目は真盛町の街並(郵便局も趣きがありますよ)、
写真10枚目から最後までは西陣を抜け今出川という地下鉄駅の辺りまでです(室町通なんて歴史を感じる通り名ですね)。
地図で示すとこの辺りになりますよ。
P5142426
P5142427

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

カメラや撮影方法のお話 | ライトアップ | 三重県のクリスマスイルミネーション | 三重県の風景 | 中国の風景 | 京都府のクリスマスイルミネーション | 京都府の夜景 | 京都府の風景 | 伊豆諸島の風景 | 兵庫県の夜景 | 初夏の風景 | 初春の風景 | 初秋の風景 | 北京の夕景夜景 | 北京の風景 | 北海道の夜景 | 北海道の風景 | 千葉県のクリスマスイルミネーション | 千葉県の夜景 | 千葉県の風景 | 和歌山県の風景 | 埼玉県のクリスマスイルミネーション | 埼玉県の風景 | 埼玉県内の夜景 | 夏のイルミネーション | 夏の光景 | 夏の夜 | 夏の涼 | 夏の花火 | 夏の風景 | 大阪府のクリスマスイルミネーション | 大阪府の風景 | 宮城県の風景 | 山梨県のイルミネーション | 山梨県の夜景 | 山梨県の風景 | 岩手県の風景 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 春の写真 | 晩夏の風景 | 東京の街の風景 | 東京都下のクリスマスイルミネーション | 東京都下の夜景 | 東京都下の風景 | 東京都区内のクリスマスイルミネーション | 東京都区内の夜景 | 東京都区内の風景 | 梅雨の風景 | 滋賀県の風景 | 神奈川県のクリスマスイルミネーション | 神奈川県の夜景 | 神奈川県の風景 | 神戸のクリスマスイルミネーション | 福岡のクリスマスイルミネーション | 私的重大出来事 | 秋の風景 | 空からの風景 | 趣味 | 長野県の夜景 | 長野県の風景 | 静岡県のクリスマスイルミネーション | 静岡県の夏 | 静岡県の夜景 | 静岡県の風景