« 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で、自然免疫(Innate Immunity)と獲得免疫(Acquired Immunity)はどのような活動をしているの? その3 | トップページ | 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する免疫がつくとはどういうこと? 免疫学講座1(一次リンパ組織と二次リンパ組織) »

2020年5月21日 (木曜日)

楽しかったなぁ〜 新しい感染症の勉強は。今回はただただ独り言…

みなさん

大都市も含め、新型コロナ感染症も、もうすぐ第一波は収束しそうですね…

第二波は必ずくるみたいにみんな言っていて、それが秋頃からなんてみんな確信をもって言っていて、スペイン風邪がそうだったから、みたいに説明しているけど… 私は感染症が専門ではないので、大学にいるいろんな研究者に聞いても、第二波はより毒性の強いウイルスになる、なんてみんな言うけれど、まぁ、ウイルスも変異を繰り返していれば、秋頃にはかなり強力になりそうなのはわかるけど、これから乾燥する冬の季節に入るオーストラリアとかニュージーランドとか、そういう南半球から第二波は始まって、それが秋頃に北半球に入ってくると言うけれど… 新型コロナ感染症に警戒しだした2~3月頃には、WHOも専門家も、湿度の高いジメジメした夏でもこの感染症は収まらない可能性が高い、なんて言ってたじゃない… でも、夏までにちゃんと第一波は収まりそうだから、やっぱり南半球で第二波は始まるのかな… 何だかわからないなぁ〜 新型コロナウイルスは変異を繰り返しながら、南半球のどこかの街でボッと火がついて、でも最初のうちはウイルスがまだ弱く数人単位の感染までで広がらず、これを何度か繰り返しているうちに、本当に強力なのが出てきて、どこかの街でボッと火がついたら、今度は隔離とかソーシャルディスタンスとか三密を避けるとかでは鎮火できなくて、それが第二波として南半球から北半球に蔓延するのかな… これからしばらくは南半球の街で起こる小さなボッを注意深く観察する必要がありますね。

免疫学的に観たら、本当楽しい勉強の日々でしたよ。マスコミによく出てくる有名な免疫学者の先生は、『この新型コロナは免疫が大変つきにくい』なんて何度も言っているけど… ほとんどの人は発症から1週間で、感染からだと獲得免疫が最も活動する10日から2週間でT細胞により治癒するわけだから、免疫はつきやすいですよ。ウイルスなんて、バクテリア(細菌)に比べたら、T細胞の反応性はもの凄いですよ。実験すればわかります。重症化する人なんて日本だと10%以下程度ですね… その中で重篤な症状に陥る人は明らかにほぼ全症例がサイトカインストームなんだから、T細胞がいなければサイトカインストームなんて恐ろしい急性の反応は起こりませんよ。私の専門はがん免疫学ですけど、がんの免疫治療でもがんに特異的なT細胞を移入する治療をした時だけ、サイトカインストームが起こる場合があり、それが最も恐ろしい副作用と言われているけど、IL-6の効果を無くすトシリズマブを投与するだけで、サイトカインストームはスッとなくなります。だからこのブログでもこの薬を一押しで何度も書いてきたんですけどね… T細胞がいなければ、免疫がつかなければ、サイトカインストームなんて起こりません。新型コロナ感染症では、T細胞による免疫がつくからサイトカインストームが起こっているんです。

そうそう、5月9日に記した私の新型コロナ感染症での免疫動態予測で、前回の記事では③のサイトカインストームが起こる機序だけが証明する論文がないと言いましたね。予測では、T細胞に攻撃された感染細胞の死骸から出てくる大量の剥き出しのDNAなどの核酸と、疲弊したT細胞の死骸から出てくる大量の剥き出しのDNAなどの核酸が、核酸センサーをたくさん持つ自然免疫細胞を強く刺激して、その結果としてIL-6を含めた大量のサイトカインが産生される、としていましたが、この考え方と同じ考えをしている研究者がいて、ちゃんと総説になっていました。私の予測した新型コロナ感染症での免疫動態は、実験で全て証明される日が近々来そうです〜

また、面白いことを発見したらお知らせしますね。

|

« 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で、自然免疫(Innate Immunity)と獲得免疫(Acquired Immunity)はどのような活動をしているの? その3 | トップページ | 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する免疫がつくとはどういうこと? 免疫学講座1(一次リンパ組織と二次リンパ組織) »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で、自然免疫(Innate Immunity)と獲得免疫(Acquired Immunity)はどのような活動をしているの? その3 | トップページ | 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する免疫がつくとはどういうこと? 免疫学講座1(一次リンパ組織と二次リンパ組織) »