« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の2件の記事

2013年4月14日 (日曜日)

浅草の隅田川沿いから観た『東京スカイツリー』の夜景ぃ〜 (Night Scenes of Tokyo-Skytree from Asakusa)

P3222407
明日から暖かくなると予報が出されているけど、
なんかまだ寒いですねぇ〜
昨朝はビックリしましたよ。
今は三重県の津市にいるけれど、
朝も早くから淡路島を震源とする大きな地震で
津も震度3くらいでグラグラグラグラ・・・
せっかくのお休みなのに・・・
驚いて起きてしまいました・・・
ここでの初めての体感地震、
東南海地震に繋がらなければいいけどね・・・
( ̄Д ̄;;
今回の記事は『東京スカイツリー』の夜景ね。
前々回の記事で小金井公園で撮ったサクラなどの
写真を掲載したけれど、
その東京に帰った週末に「そういえば、完成した
東京スカイツリーの夜景は撮ってなかったなぁ〜」
ってなことを考えてね、
浅草の吾妻橋周辺の隅田川沿いのこの辺から
チャッチャと『東京スカイツリー』の夜景を
撮ってきてたのですよ。
とうことで、
今日は浅草周辺の隅田川沿いから観た
東京スカイツリー』の夜景をぉ〜〜〜
皆さんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P3222410

P3222389

P3222412

P3222397
『東京スカイツリー』
やっぱりまだ『しぇぽ』的には
形と夜景のライトアップが好きになれないな・・・
なんでかな・・・
なんか日本的でないというか・・・
東南アジアチックというか・・・
なんとなくね・・・
高層建築技術の粋を集めて一生懸命造ったんだろうけど・・・
ごめんなさいね。
鉄骨剥き出しボルト見え見えの東京タワーの方が
大都会に溶け込むという点ではやっぱり好きなの・・・
眩いオレンジ色が華やかなんですよね。
『東京スカイツリー』は五重塔などの
免震技術を取り入れたと聞いているけど、
浅草寺や法隆寺や東寺の五重塔には
美しさという点では全く敵わないですねぇ〜
否定的なことばかり言って
ほんと重ね重ねごめんなさいね。
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
でもね、
あの高さは魅力的だからね。
きっと条件さえ合えば、
雷を眼下に観ることも可能じゃないかと思っていてね。
そんな幸運な日に登れれば良いなぁ〜〜〜
なんてことをちょっと考えたりしているのです。
(v^ー゜)
P3222394

P3222403

P3222385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土曜日)

京都『高台寺』近くのサクラぁ〜〜をパチリ! (Cherry Blossoms around the Koudaiji Temple)

Dsc00490
今週の水曜日に
ちょっとした打ち合わせ会議で
京都に行ったんですよね。
会場が豊臣秀吉くんとか北政所さんで有名な
高台寺』の近くだったんですね。
東京はもうとっくにサクラが終わっているから、
京都も時期は過ぎたんだろうなぁ〜〜〜
なんて思っていたんだけど・・・
行ってみてビックリ!!!!
今まさに散り始めの満開でしたぁぁぁ〜〜〜
やったぁ〜〜〜〜〜
ヽ(´▽`)/
京都にはもう何百回も足を運んでいるけど、
サクラの時期は初めてだったので、
心はウキウキ「これは撮らずに帰るわけにはいくまい」
ってんで、
時間はあまりなかったんだけどね。
急ぎ足でパチリパチリしてきたのですよぉ〜
ということで、
今日はぁ〜
京都の『高台寺』周辺のソメイヨシノの写真をぉ〜
皆さんにお届けしますね!!!
o(*^▽^*)o
Dsc00466

Dsc00412

Dsc00461

Dsc00409
『高台寺』は
テレビの宣伝でも知られるように、
庭園内の『しだれ桜のライトアップ』が有名なんですよね。
会議が終わった後の夕方から夜に入る時間帯に、
入園料払ってその実物を観に行ってみたんだけど・・・
すごい人人人でね・・・
当然迷惑になる三脚撮影は禁止・・・
ってな悪条件はあったんだけど・・・
はっきり言ってどーということもない『しだれ桜』・・・
おまけにね・・・驚いたことにね・・・
『しだれ桜』の立つ庭園に目を移すと・・・
なんとなんと・・・京都の庭園の風情とは程遠い・・・
イルミネーションで小川に流れを表現してるの・・・
電飾の小川とどーということもない『しだれ桜』・・・
興醒めしちゃってね・・・
一応撮ったんだけど・・・掲載は止めました・・・
(´・ω・`)ショボーン
まぁでも久しぶりの京都
日常を離れてちょっとリフレッシュできたかな。
Dsc00447

Dsc00464

Dsc00417

Dsc00486

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »