« 厳粛な雰囲気が漂う歴史深い『小国神社』の風景ぃ〜 (Scenes of Okuni-Jinja Shrine) | トップページ | 『富士山』周りの『東名高速道路サービスエリア』などから撮った夕景夜景なりぃ〜 (Evening and Night Scenes around Mt. Fuji) »

2011年4月26日 (火曜日)

道の駅『花桃の里』付近から眺める川幅の広い『天竜川』中流域風景ぃ〜 (Landscapes in the middle of Tenryu River)

P33062411
桃には、
大きい実がなる実桃と
美しく濃密な花が咲く花桃ってぇ〜2種類が
あるらしいんだけどね。
天竜区の中心『二俣町』よりも
何キロか『天竜川』沿いの道を北上すると、
花桃の里』という道の駅があってね。
この道の駅付近からは、
広い川幅に豊富な水を湛えた『天竜川』の
素晴らしい中流域風景を観ることができて、
浜松の北部で『しぇぽ』の好きな場所の一つなのですよ。
( ^ω^ )
ということで、
今日は、
道の駅『花桃の里』付近から観た、
『天竜川』風景をみなさんにお届けしますね。
ヽ(´▽`)/
『しぇぽ』が訪れた時は、
ちょうど道の駅の『花桃』の花が満開でね。
その写真も交えつつお伝えするけどね。
この付近の『天竜川』がどうして広い川幅なのかと言うと、
道の駅のちょっと南にある『船明ダム』により
水流が程よく堰止められているからなのです。
まぁ要するにダム湖を観ていることになるんだけど・・・
水流をほとんど感じない場所だから、
おそらくこの辺の学校の生徒だと思うけど・・・
ボート部らしき学生が静かに練習しておりましたよ。
(*^ω^*)ノ彡
『天竜川』の風景は、
このブログでも以前に夕方の下流域の写真を、
諏訪湖にある起点付近の写真を掲載していますからね。
そちらもどうぞぉ〜
(v^ー゜)
P33062201

P33062341

P33062421

P33062561
浜松とは全く関係ない話だけどね・・・
まぁつまらない話だから・・・
飛ばしちゃって結構だけど・・・はは・・・
(*´σー`)
今『しぇぽ』は二つの物を探しているのです・・・
ほんとつまらない話なんだけど・・・
一つは、
USBケーブルなんだけど、
通常のUSBケーブルじゃなくてね。
パソコンには必ず幅1センチくらいのUSB端子(A端子)があるけど、
このA端子同士を結ぶケーブル、またはA端子よりちょっと小さい
B端子とA端子を結ぶケーブルはどこにでもあるんだけど・・・
USB電流を電源として利用する場合、
DC端子が必要なんだけどね。
昔はA端子とB端子とDC電源を結ぶ三又ケーブルがあったけど・・・
最近いろいろな所で探してみたんだけど・・・
それを見付けることができないの・・・
(´・ω・`)ショボーン
もう一つはね、
お菓子ね・・・はは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
『ブルボン』というお菓子メーカはみなさんご存知だと思うけど・・・
十数年前はどのスーパーでも見掛けたブルボンのお菓子なんだけど・・・
最近はとんと姿を消したお菓子・・・
その名は『えびスナック』。
情報では何種類かの味付けが最近出てるらしいんだけどね。
パッケージも変わったようだけど。
昔は塩味のみしかなかったと記憶しているお菓子。
ここ何年か思い出しもしなかったんだけど・・・
最近思い出したら無性に食べたくなってね・・・
えび味と言うよりは油味みたいな品のないお菓子だけどさ、
塩味で良いから・・・
っつぅ〜か塩味以外が手に入って、
懐かしい気持ちに水を差されるのは嫌だから・・・
塩味じゃないと嫌なんだけど・・・
どこかに売ってないかな・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
P33062121

P33062391

P33062581

P33062261

|

« 厳粛な雰囲気が漂う歴史深い『小国神社』の風景ぃ〜 (Scenes of Okuni-Jinja Shrine) | トップページ | 『富士山』周りの『東名高速道路サービスエリア』などから撮った夕景夜景なりぃ〜 (Evening and Night Scenes around Mt. Fuji) »

静岡県の風景」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅『花桃の里』付近から眺める川幅の広い『天竜川』中流域風景ぃ〜 (Landscapes in the middle of Tenryu River):

« 厳粛な雰囲気が漂う歴史深い『小国神社』の風景ぃ〜 (Scenes of Okuni-Jinja Shrine) | トップページ | 『富士山』周りの『東名高速道路サービスエリア』などから撮った夕景夜景なりぃ〜 (Evening and Night Scenes around Mt. Fuji) »