« 『走れ!ファンタジア号』や日テレ『巨大ズーミン』サンタくんなど汐留のイルミネーション〜 (Xmas Illumination in Shiodome City Center and Nippon TV) | トップページ | 10周年を迎えた『イクスピアリ』の美しいクリスマスツリー (Fantastic Xmas Tree in Ikspiari) »

2010年12月22日 (水曜日)

有名な『カレッタ汐留』の『Blue Ocean』クリスマスイルミネーション〜 (Xmas Illumination in Caretta Shiodome)

Pc1639061
『汐留』の冬のキラキラと言えば、
なんといっても『カレッタ汐留』の
『Blue Ocean』海のイルミネーションですね!
『汐留シオサイト』をビックリしちゃうくらい
激しいブルーブルーブルーで染め上げ、
これ観たさに全国からの見物客が絶えず止まらず・・・
押し合いへし合い・・・人密度の激しいここのイルミネーション・・・
今日はぁ〜みなさんに、
今年の『カレッタ汐留』の
Blue Ocean”海”のプレミアムイルミネーション』の写真を
お届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
今年のここのイルミネーションは、
『気鋭のバイオリニスト『葉加瀬太郎』氏のプロデュースによる』
ってなことがパンフレットに書かれていて、
ショータイムの出だしでは、
NHKの連続テレビ小説『てっぱん』のテーマ曲も
流れたりしていたけど・・・
何年前だったかな・・・
Blue Oceanイルミネーションが始まった当初は、
大海原や海の生命の息吹が解り易く表現されていたんだけどね。
今年は、激しいイルミネーションに加えて、
煙幕あり、シャボン玉あり、
さらにさらになんだか激しい緑のサーチライトの瞬きがあり・・・
『しぇぽ』にはあまりよく解らないショーに
なっちゃってましたよ・・・ははは・・・
(*´σー`)
Pc1639271

Pc1638871

Pc1639491

Pc1639001
まぁ『カレッタ汐留』のイルミネーションは
ブルーのLED密度と数はおそらく日本一じゃないかと思うけど・・・
毎年少しずつショータイムにおけるイルミネーションの輝き方を
工夫して変えてはいるんだろうけどね・・・
イルミネーションの基本は毎年同じだからね・・・
人密度が高過ぎて写真撮りづらいし・・・
『しぇぽ』はここのイルミに既に大いに飽きてしまったよ・・・
(。>0<。)
それにねそれにね・・・
ブルーの光ってぇ〜やつは、
ちょっと寒々しい色合いで冷たい感じがするばかりでなく、
紫外線に近い波長の光だからエネルギーが高くてね・・・
ちょっと露光時間が長いだけで直ぐ白トビ状態になっちゃって・・・
『しぇぽ』の嫌いなイルミネーションの色合いなのよ・・・
何年か前の東京のクリスマスイルミネーションでは、
やたらブルーのLEDを使うのが流行ったけど・・・
その年は写真撮影者としては地獄だったもんな・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
『カレッタ汐留』のクリスマスイルミネーションも
そろそろ温かいクリスマスの雰囲気あるイルミネーションに
変えてみてはいかがでしょうかね・・・
(* ̄0 ̄)ノ
本当にクリスマスが間近に迫ってきましたね。
明日からはクリスマスらしく楽しい気持ちになれるような
イルミネーション写真を掲載しようか・・・なんて考えております・・・
みなさん〜お楽しみにね!
(*^ー゚)b
Pc1639441

Pc1639471

Pc1639051

Pc1639351

Pc1639151

|

« 『走れ!ファンタジア号』や日テレ『巨大ズーミン』サンタくんなど汐留のイルミネーション〜 (Xmas Illumination in Shiodome City Center and Nippon TV) | トップページ | 10周年を迎えた『イクスピアリ』の美しいクリスマスツリー (Fantastic Xmas Tree in Ikspiari) »

東京都区内のクリスマスイルミネーション」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500808/50324156

この記事へのトラックバック一覧です: 有名な『カレッタ汐留』の『Blue Ocean』クリスマスイルミネーション〜 (Xmas Illumination in Caretta Shiodome):

« 『走れ!ファンタジア号』や日テレ『巨大ズーミン』サンタくんなど汐留のイルミネーション〜 (Xmas Illumination in Shiodome City Center and Nippon TV) | トップページ | 10周年を迎えた『イクスピアリ』の美しいクリスマスツリー (Fantastic Xmas Tree in Ikspiari) »