« 強風で流されるぅ〜〜〜小雨混じりの『足立の花火』ぃ〜 (Fireworks in Adachi-ku) | トップページ | 『上諏訪』の歴史に触れてみよう!『諏訪大社上社本宮』と『高島城』ねっ! (Suwa-Taisya Kamisya Grand Shrine and Takashima Castle) »

2010年8月 6日 (金曜日)

天竜川の起点、長野県の『諏訪湖』畔をぷらぁ〜ぷらぁ〜〜〜 (Landscapes around Lake Suwa)

P80190071
「関東近辺であまり混雑しない
花火大会ってないのかなぁ〜〜〜」ってな切なる想いから、
パソコン検索を駆使して
色々な花火大会日程を調べてみたんだけどね。
もう東京近辺の激混み花火大会には恐怖さえ感じていたからね・・・
そしたらね。
なんとなんとぉ〜〜〜
長野県の『諏訪湖』では8月1日から9月5日まで、
毎日花火大会が開かれるってなことが載っていて、
まぁ毎日15分間だけの小さな花火大会だけど・・・
8月15日と9月5日は大きな混雑花火の日みたいだけど・・・
「こりゃ〜〜行ってみるしかねっぺ!!!」ってんで、
朝早くから中央道で長野県『諏訪湖』を目指してみたので、
今日から何回か諏訪湖周辺の風景をお届けしますね!!!
(*^ー゚)b
今日は、
『諏訪湖』の南西湖畔の風景とその辺で見付けた
北澤美術館新館』のガラス工芸の写真を
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P80189391

P80190361

P80189881
静岡県浜松市の遠州海岸まで流れる
日本の大河『天竜川』の起点は『諏訪湖』なんだけどね。
二枚目の写真は、
『釜口水門』と呼ばれる諏訪湖畔にある
天竜川起点の水門なんですよね。
この水門が諏訪湖水の氾濫を防いでいるわけだけど、
水門には小舟が通過できるように舟通し水門が設けられていたり、
魚達が行き来できるように魚道が造られていたりしてね。
水門のお勉強をしながら天竜川の起点という
特異な場所に想いを馳せてみたのです。
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
それからそれからぁ〜
SUWAガラスの里って看板を見付けたからね。
『北澤美術館』では「色とりどりのガラスの
キラキラを撮影できるかなぁ〜」ってな感じで
ウキウキしながら入館してみたんだけど・・・
写真撮影はおそらく注意されると思われる
ガラス工芸販売のお土産店では色とりどりのキラキラが
一杯だったんだけど・・・
アール・デコの傑作が飾ってあるという
写真撮影もOKの有料展示場は・・・
あまり『しぇぽ』の好きなガラスのキラキラではなかったよ・・・
ちょっとがっかり・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P80190021

P80189291

P80190551
それでもね、
美術館内部の無料エリアには
5枚目の写真にあるように、
世界最大と言われるクリスタルの水晶玉が
どど〜〜んと鎮座していろんな色の光で
グルングルンしててね。
ちょっと見応えがあったかな・・・
おぉぉぉ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
お土産売り場の可愛くてカラフルなガラス工芸品が展示エリアにあったら・・・
『しぇぽ』は嬉しくて嬉しくてたくさんパチリパチリしたのにな・・・
高価そうで芸術性に富むと言われる
重厚なガラス工芸品って・・・
『しぇぽ』にはあまり魅力的じゃないよ・・・
なんとなくヨーロッパ辺りの室内が暗い館の中に
飾ってありそうな怖い感じがするし・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
今回は突然の諏訪湖訪問だったからね。
下諏訪や岡谷辺りはほとんど行けなくて・・・
上諏訪と呼ばれる辺りを重点的に巡ったのですね。
意外に観光客の少ない長野県の穴場『諏訪湖』周辺。
明日はどこの写真でしょう〜〜〜
お楽しみにね!!!
(v^ー゜)
P80190061

P80189911

P80189761

|

« 強風で流されるぅ〜〜〜小雨混じりの『足立の花火』ぃ〜 (Fireworks in Adachi-ku) | トップページ | 『上諏訪』の歴史に触れてみよう!『諏訪大社上社本宮』と『高島城』ねっ! (Suwa-Taisya Kamisya Grand Shrine and Takashima Castle) »

長野県の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天竜川の起点、長野県の『諏訪湖』畔をぷらぁ〜ぷらぁ〜〜〜 (Landscapes around Lake Suwa):

« 強風で流されるぅ〜〜〜小雨混じりの『足立の花火』ぃ〜 (Fireworks in Adachi-ku) | トップページ | 『上諏訪』の歴史に触れてみよう!『諏訪大社上社本宮』と『高島城』ねっ! (Suwa-Taisya Kamisya Grand Shrine and Takashima Castle) »