« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の25件の記事

2010年8月31日 (火曜日)

やっぱりこのままじゃ夏を終われない!『西武園ゆうえんち』の花火ぃ〜 (Fireworks in Seibuen Amusement Park)

P82806041
今日で8月も終わりですね・・・
夏だぁ〜〜〜い好き『しぇぽ』は・・・
昨日の記事から寂しくなりっぱなしだけど・・・
夏を求めて南へ南へ南下の旅に出ようかな・・・
一応こんな『しぇぽ』でも・・・
大盛りご飯を食べて生きてゆくための仕事を持っているからね・・・
南下したくても現実的にはできないよ・・・
あぁぁぁ〜〜〜もう死んじゃいたい・・・
゚゚(´O`)°゚
でね・・・
7月下旬から8月までの真夏の時期を振り返ってみると・・・
『しぇぽ』の名にかけて
(といっても大した名じゃないんだけどね・・・ははは・・・(*´v゚*)ゞ)
「どうしてももう一度トライしなければっ!!!」ってな
失敗写真続きで納得できていない夏の光景があったのよ・・・
調布と熱海で大いに失敗した夏の風物詩・・・
それは『花火』・・・夏のキラキラHaaa〜〜Naaa〜〜〜Biiiiiiii!!!
もうほとんどの花火大会は終わっちゃってたけど・・・
調べてみるとね。
『しぇぽ』にとっては近場の『西武園ゆうえんち』で
夏の時期は毎週末が花火大会ってぇ〜ことを知ったので、
スタコラサッサスタコラサッサ
はやる気持ち丸出しで向かったのですよ!!!
ということで、
8月最後の今日はぁ〜
西武園ゆうえんち』で打ち上げられた花火に
ドッドォ〜〜ンと迫った『しぇぽ』らしい写真をぉ〜
みなさんにお届けしまぁ〜〜〜すぅ〜〜〜
ヽ(´▽`)/
P82806061

P82805911

P82805941
この花火大会の写真は昨年の夏も掲載したけどね。
まぁね・・・
花火に迫った写真だからね・・・
背景に遊園地の観覧車が写っているわけでもなく・・・
『西武園ゆうえんち』の花火大会ってな雰囲気は微塵もないけどね・・・
間違いなく先日『西武園ゆうえんち』で打ち上げられた
花火を撮った写真でございます・・・
グッピョ
( ̄○ ̄;)!
なんだか花火がキラキラキラキラ輝いてるでしょ〜〜〜
ふふっ
( ̄▽ ̄)
『しぇぽ』は昔から、
花火から距離を置いて風景も一緒に撮る花火写真よりも
花火に迫ってその爆発感を表現する方が好きなんだけどね。
遠目で花火を撮ると、
なんとなく『しぇぽ』には花火が貧弱に見えてね・・・
まぁそれをカバーするために、
多重露出で画像を重ね合わせる撮影をする方も多いけど・・・
そうするとたくさんの花火が一つの画像に入るからね・・・
でも・・・
『しぇぽ』のカメラには多重露出機能が無いし・・・
ソフト使ってまで画像をいじくりたくない気持ちもあるし・・・
ははは・・・
(*´σー`)
みなさんはどのような花火写真が好きなのかな・・・
まぁでも、
8月の最後の最後で、
『しぇぱ』が好きな花火写真を掲載できて、
ちょっと満足なりよ・・・
ふふっ
(*^ー゚)b
P82806191

P82806121

P82806091
夏が終わると、
実りの秋がやってきて、
山々は紅葉で色づきだし・・・
だんだん自然は元気をなくして・・・
その様子を観て沈んだ気持ちを立て直すべく、
ちょうどいい時期からクリスマスのイルミネーションが始まって、
それが終わると年末そして正月ってなことになるけれど・・・
実りや紅葉の季節って、
きっと人の心に響く良い風景だらけなんだろうけど・・・
働いてるとなかなかそういう風景を目にすることができませんね。
(´・ω・`)ショボーン
実りの秋だったら、
黄金色に輝く稲穂の風景なんて最高だろうな・・・
きっと秋田とか山形とか新潟に行ったら、
広大な田園風景に圧倒されっぱなしの感動の雨あられだろうけどね。
『しぇぽ』は秋田県に一度も行ったことがないし・・・
山形県は昔蔵王にスキーしに行って以来行ってないし・・・
新潟県も越後湯沢とか小出辺りで昔スキーした記憶しかないし・・・
なんだか日本でさえも行ったことない場所だらけだよ・・・
まだまだ経験不足だな・・・死ねないな・・・
( ̄Д ̄;;
紅葉は意を決して山奥に行かないと
綺麗な風景にはなかなか出会えないし・・・
なんとかしなきゃ・・・
で、
大好きな夏が終わったら、
これから毎年『しぇぽ』は、
北を目指す想いを強くして生きようと思います・・・
願い続ければ・・・
いつかその願いは叶う・・・かな・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
P82806321

P82805921

P82806081

P82805991

| | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月曜日)

『世田谷区フラワーランド』で夏の終わりに活動する蝶ちょさん達をパチリぃ〜 (End of Summer in Setagaya-ku Flowerland)

P82002881
8月も末だというのに・・・
なんだかおかしな暑さが続いていますね・・・
まだ残暑と表現したくない真夏の暑さ・・・
ふぅ・・・ふぅ・・・
( ̄Д ̄;;
こんな暑さだからね。
八月の終わりのこの時期でも、
いろんな虫さん達がまだまだ活発に活動しているかと思いきや・・・
もうカブトムシの姿はほとんど見られず・・・
蝉の音もいつのまにやら元気なくまばらに聞こえ・・・
蝶ちょさん達も花から花へ蜜を吸うのに忙しいというよりは、
次の世代を育む活動に必死です・・・
よぉ〜〜〜く耳を澄ますと・・・
夜はもう秋の虫がチロチロチロチロ鳴き出していて・・・
猛暑の中にも寂しい雰囲気が漂いますね・・・
(´・ω・`)ショボーン
今日は、
そんな夏の終わりのこの時期に、
世田谷区フラワーランド』で
最後の命を必死に生きる蝶ちょさん達を中心にした写真をぉ〜
みなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
P82002941

P82002701

P82002661
毎年このブログは、
夏の時期に蟻さんや蝶ちょさんやテントウ虫さんや
いろいろな小さな生物が、
お花と共に生きる場面の写真を掲載してきたんだけどね。
今年の夏はそういう写真が極端に少なくなっちゃったからね・・・
先日焦って『世田谷区フラワーランド』に向かったのですよ。
( ^ω^ )
まぁ夏の終わりでも、
ここにはたくさんの虫さん達が飛んだり跳ねたりしていたけど・・・
7月の終わりの頃見られる、
自分自信の体を成長させるための
活発な栄養摂取活動とはうってかわって・・・
今の時期の虫さん達は次世代へのバトンタッチのための
相手探しに必死です・・・
(* ̄ー ̄*)
この時期の夏の虫さん達は、
もう自分の死が近いのを知っているんだと思うけど・・・
夏の初めから終わりまで、
『世田谷区フラワーランド』で虫さん達を観察していると、
この時期はあっちこっちで命をまっとうした虫さんを見掛けますよ・・・
なんだか寂しい気持ちになりますよ・・・
( ´;ω;`)ブワッ
P82002921

P82002551

P82002231
何時だったか・・・去年の夏だったかな・・・
クマバチが命を終わる現場を目の当たりにしたんだけどね。
大きなクマバチが花から花へ一生懸命蜜を吸っていたんだけど、
ある花に顔を突っ込んだとたんに動かなくなって・・・
そのまま『しぇぽ』の目の前で死んじゃった・・・
゚゚(´O`)°゚
その時にね、
虫さんって、たぶん多くの虫さん達が、
突如意識が無くなって死を迎えることを知ったんですよね。
全く苦しむことなく・・・
大好きな花の蜜に顔を突っ込んだまま・・・
たぶん飛び回っている時に突然意識を失って、
落下して死んじゃう虫さんもいるんだろうな・・・
(;ω;)
人間って病気だったら苦しんで死ぬことも多いだろうし・・・
病気とは関係なく老衰で死ぬ時だって、
何ヶ月にも渡って徐々に徐々に死期を感じて苦しんで・・・
それを思うと、
きっと突然意識を失って死んでいく虫さん達って・・・
幸せなんだろうな・・・
今年の夏も元気な姿を『しぇぽ』に見せてくれてありがとう!!!
(._.)アリガト
P82002631

P82002721

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日曜日)

『浜松アクトタワー展望回廊』から望む浜松市街の夜景〜 (Night Views from Observation Gallery of Hamamatsu Act Tower)

P81500621
今日は気分を変えて静岡県の浜松市街の夜景ね!
東京に加え『しぇぽ』の仕事場がある浜松市。
うなぎや浜名湖や浜松城や音楽や
自動車やバイクの街として知られる浜松市の中心部
JR浜松駅の直ぐ近くには、『アクトタワー』と呼ばれる
一際高層でデザイン的にも優れたビルが一つだけ
ニョキッと天に向かって聳え立っているんだけどね。
そのビルの展望回廊から見下ろした
浜松市街の夜景をぉ〜〜〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
この『アクトタワー展望回廊』からの眺めは
なかなか素晴らしいんだけどね・・・
この展望台に・・・昔から・・・
一つだけ『しぇぽ』は不満を持っていたのです・・・
それはね、
ほんと特別な日でもない限り、
夜は営業していないということなのね・・・
だから・・・当然夜景が滅多に撮れないの・・・
(´;ω;`)ウウ・・・
でね、
この夏の数日夜営業している情報を得たもんだから、
「これは絶対登らなければぁ〜〜〜〜〜!!!」ってんで、
カメラ片手にスタコラサッサ〜〜〜
ウキウキ気分で登ってみたのですよぉ〜〜〜
ふふっ
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
P81500721

P81500641

P81500371
本記事の風景は浜松を代表するの俯瞰風景だと思うけどね。
このブログではその他の浜松の代表的風景から、
言われないと浜松の写真と判らない牧歌的風景まで、
いろいろな写真記事を掲載してきたけど・・・
うんうん思えば自転車で色々な場所に行ったなぁ〜
( ̄ヘ ̄)
いい機会だから一応その中の代表的な記事をリンクしてみると、
浜松市内を流れる天竜川の夕景写真』でしょ〜
浜松でキラキラ光るイルミネーションの写真』でしょ〜
浜松市内の田んぼの風景写真』でしょ〜
夜の田んぼの上に出たお月さまの写真』でしょ〜
浜松市内を流れる馬込川のお散歩写真』でしょ〜
天竜区近くを流れる天竜川の風景写真』でしょ〜
浜松の海遠州海岸の風景写真』でしょ〜
浜北と呼ばれる浜松北を走る天竜浜名湖鉄道などの写真』でしょ〜
浜松市内の田んぼの稲穂に焦点を合わせた写真』でしょ〜
浜松市の北で見付けたコスモスと彼岸花の写真』でしょ〜
浜名湖畔の牧歌的風景写真』でしょ〜
浜松北の田んぼ脇散歩で見付けたお花などの写真』でしょ〜
浜松市内の街灯に照らされるサクラの写真』でしょ〜
おぉぉぉ〜〜〜こんなにあったかぁ〜〜〜
もっともっとあるけどね・・・
グッピョ
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
今日の写真のように、
浜松市の中心部は一応近代的で
美しい夜景を見せてくれるけどね・・・
中心部から数キロ北に向かうと・・・
田園などのほのぼのとした風景に出会えるんですよね!
『しぇぽ』はそういう里山的風景も好きだからね。
散歩する度にパチリパチリしてきたのです〜
ふっふ
(v^ー゜)
P81500691

P81500201

P81500441
ちょっと田舎の草むらで・・・
夜景写真をパチリパチリしていたんだけど・・・
「なんか痒いなぁ〜」なんてボリボリやりながら
それでもパチリパチリしていたんだけど・・・
撮影が終わって明るい場所で自分の姿を見たらびっくり!!!
ズボン(まぁ今風に言えばパンツね)が血だらけでビビビックリ!!!
Σ( ̄ロ ̄lll)
蚊かと思ってボリボリやってたんだけど・・・
実はブヨだったみたい・・・
刺された(というか噛まれたが正しいですね)
肘のところから結構多量の出血があって・・・
それがズボン(今風に言えばパンツ)に付いたみたい・・・
あぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜
∑(=゚ω゚=;)
蚊のように針を刺して血を吸うのではなく、
皮膚を噛み切って出てきた血を啜るブヨ・・・
みなさんも自然の中での夜景撮影はお気をつけ下さい・・・
(* ̄0 ̄)ノ
それにしても・・・
ズボンをパンツと呼ぶ時代・・・
中の下着としてのパンツと外のズボンとしてのパンツは・・・
どのように使い分ければ良いのでしょう・・・
外パンと中パンとでも言えというのか!!!
みなさん・・・外パンはズボンと呼ぼうよ・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P81500511

P81500821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土曜日)

あぁぁぁ〜〜〜煙だらけ・・・悲しい悲しい『熱海海上花火大会』ぃ〜 (Fireworks in Seaside of Atami)

P81901531
夏の時期に、
違う場所の花火大会に何カ所か訪れると、
きまって一回くらいはどうしようもない・・・
天候的不運に頭を垂れて涙ぐむ・・・
「ちくしょ〜〜〜っ!せっかく来たのにぃ〜!!!」って
大声で不満をぶちまけたくなる・・・
そんな花火大会に出会います・・・
今日はそんな花火大会の写真・・・
夏の間に何回か行われる、
熱海海上花火大会』のだめだめ模様を
みなさんにお届けするなり・・・よ・・・
ブワッピ
(ノ_≦。)
このブログは、
『しぇぽ』が彷徨う場面場面を、
できるだけ全てみんさんにお伝えすることを旨としているけど・・・
一応美しい写真を目指すという基本姿勢は崩したくないわけで・・・
今日の記事の写真は・・・
掲載にあたって大いに悩みました・・・
なんだかんだ二日間も悩んでしまいました・・・
ははは・・・
(*´σー`)
『しぇぽ』が全面的に悪くてこういう写真になったんじゃないけど・・・
とにかくね・・・
風がね・・・
全く無い花火大会だったのよ・・・
煙だらけ・・・
人生これまでに・・・
花火の煙がここまで上空を覆い尽くした花火大会は・・・
初めてだったよ・・・
゚゚(´O`)°゚
P81901451

P81901301

P81901521
せっかく新幹線を途中下車して・・・
わざわざ熱海海岸までの急勾配の坂道を降りて行ったのに・・・
もうね、風がない最悪の花火大会だったよ・・・
(´;ω;`)ウウ・・・
もうね、
花火を上げれば上げる程・・・
濃密な煙が熱海海上を覆って静止して・・・
打ち上げが始まってから5分くらいは花火の花が見えていたけど・・・
それから先はもうただ爆弾が爆発している感じ・・・
写真撮っても撮っても煙だらけだからね・・・
あまりに掲載できる写真が少ないから・・・
最後の方の写真は濃密な煙の中で
爆弾が爆発する悔しい様子を表現してみました・・・
ははは・・・
(*´ェ`*)
それにしてもね・・・
いくら打ち上げ時間が決まっているからと言ったって・・・
花火師の人達も煙で花火が見えてないのは分かっていただろうし・・・
もうちょっと間隔を空けて花火打ち上げれば良いのに・・・
時間オーバーしたってその方がいいよ・・・
なんかね、
「花火が見えなくたって知るもんか!!!
とにかくきっちり時間内に連発打ち上げするもんね!」的な・・・
お祭り的高揚感で打ち上げてる感じ・・・
これじゃ・・・せっかく作った花火玉が可哀想だよ・・・
(´・ω・`)
P81901551

P81901321

P81901811
以前に沼津の『狩野川花火大会』の様子を掲載したけど、
その時は今回程じゃないけれど・・・
それでも煙がこもりまくっているというのに・・・
ただただボンボコボンボコ打ち上げて・・・
もう嫌になっちゃったけどね・・・
静岡県東部の花火大会を担当する花火師って・・・
観客に綺麗に花火が見えることよりも・・・
ただただボンボコボンボコを重視するみたい・・・
(ノω・、)
それからね、
『熱海海上花火大会』を観ていた『しぇぽ』の後ろにね、
何人かの女子高生風(大学生かな?)のグループがいたけどね。
その中の一人が余程今まで花火を観たことが無かったのか・・・
こんなにモクモクで綺麗に花火が見えないにも関わらず
打ち上がる度に「ヤバイ〜 ヤバイ〜〜〜」「わぁぁぁ〜〜ヤバイ〜〜〜」って
猛烈に感動してか『ヤバイ』を連呼していたんだけど・・・
その『ヤバイ』女子は『ヤバイ』を連呼する度に
仲間の友人も含め周りの全ての人達から
ちょっと引かれていたのに気付いてないみたいで・・・
もうね・・・モクモクで花火写真撮れないイライラの上に
意味不明のヤバイヤバイ攻撃にあって・・・
史上最低の花火大会見物になっちゃったよ・・・
ははは・・・
(/ー\*)
P81901901

P81901331

P81902001

P81902081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水曜日)

日本の繁華街の顔『銀座』の街をぷらぷらぁ〜〜〜 (Downtown "Ginza" Walking)

P80695431
ちょっと前の記事で、
東京駅近くの『京橋』と呼ばれる場所の
画廊が並ぶエリアの写真を掲載したけどね。
その時に、京橋の隣の
日本一の繁華街『銀座』のメイン通り
昼と夜てくてく歩いてパチリパチリしていたんですよね。
まぁ、食べるにしても服や装飾品にしても・・・
高級店ばかりが軒を連ねる華やかな『銀座』・・・
夏はTシャツとジーパン姿の『しぇぽ』からすれば・・・
高級料理店よりは大衆料理屋の方が断然美味しくて量が多くて幸せ!!!
ってな感覚がいい大人になっても抜けない『しぇぽ』からすれば・・・
「大盛りで!!!」が一番好きな言葉の『しぇぽ』からすれば・・・
なーんの魅力も無い街だからね・・・『銀座』なんて・・・
当然なにも買うこと無くてくてくしたんだけどね・・・
「そういえばこのブログで、
銀座の中心『和光の時計台』をちゃんと掲載していなかったなぁ〜」
ってな消化不良的感覚があってね・・・
今回『京橋』散歩ついでに行ってみたのですよぉ〜
ふふっ
( ^ω^ )
ということで、
今日はみなさんに、
昼間の『銀座』のメイン通りの写真を〜〜〜
お届けしまぁ〜〜〜すぅ〜
わぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜銀座だぁ〜〜〜〜
ヽ(´▽`)/
夜の銀座は自分でもまずまずと思うくらい、
結構綺麗に撮れたんだけどね・・・
それはまた後ほどね・・・
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
P80695521

P80695351

P80695571

P80695581
『銀座』の夜は、
以前に一回メイン通りの風景を掲載していて、
その時は『和光の時計台』もビルの窓に映った写真だけだったしね。
まぁ冬のイルミネーションの時期には、
毎年『ミキモト』の有名なクリスマスツリーを撮影してるから、
年に数回は『銀座』に足を伸ばしているけど・・・
ちゃんときちっと正しく風景を掲載していなかったからね・・・
いい機会だと思って今回たくさんパチリパチリしてみたのですよ・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
とはいっても・・・
『銀座』で買い物しない『しぇぽ』にとっては・・・
本記事では書くネタがあまり無いな・・・
そうそう、
外国からの旅行者で、
本格的なカメラ機材で真剣に撮影している姿を
ここ『銀座』では良く目にしますよ!
こっちも真剣に写真撮ってたりすると、
目が合ってお互いニコニコしちゃったりして・・・
フワッフワッ
(* ̄ー ̄*)
きっと外国の日本旅行ガイドには、
『銀座』の繁華街の華々しさが強調されてるんだろうな・・・
そういう外人本格的カメラマンの姿を良く見かけるのは、
東京では『銀座』の他に『浅草』や『東京タワー』くらいだけどね。
そんな国際色豊かで華やかな『銀座』の街だけど・・・
よーく街を見渡してみると、
けっこう目立つ場所でも、
なにも書かれていない無地の看板が多いことに気付きます・・・
日本の不景気は『銀座』の華々しさをも削ぎつつあるようですよ・・・
グワッピ
( ´;ω;`)
P80695441

P80695501

P80695461
話は変わるけどね、
冬の全体オレンジ色のギンギンギラギラから衣替えし、
夏場の今の時期には白とオレンジ色の組み合わせで
すっきりとした『東京タワー』のライトアップを目にしますね。
でもね・・・
『しぇぽ』は東京タワーの涼しげな夏のライトアップが・・・
実はあんまり好きではありませんよ・・・
ヾ(;□;)э
なんかね・・・すっきりし過ぎで・・・
冬よりも目立たなくなっちゃって・・・
夜の東京における圧倒的な存在感が薄れちゃってね・・・
なんか嫌なの・・・
夜景撮影したって・・・
せっかくの東京タワーが悲しい感じ・・・
(ノ_≦。)
そもそも夏場は冬に比べると水蒸気の靄が張っていて
遠くの見通しが悪くなるんだからさ・・・
そんな時に東京タワーを目立たなくライトアップしなくたって・・・
東京タワー側からしたら、
『暑い夏は涼しげに!』ってなことだと思うんだけど・・・
写真撮る側としてはなんとなく納得できないのよね・・・
東京タワー管理者のみなさん!!!
見通しの良い冬に今の夏のライトアップを採用して、
見通しが悪い夏は圧倒的なオレンジ色で
ギンギンギラギラさせてみてはいかがでしょうか!!!
通年ギンギンギラギラでも良いからさ!!!
ねっ、ちょっと考えてみてよ!!!
(* ̄0 ̄)ノ
P80695531

P80695551

P80695361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火曜日)

『横浜ランドマークタワー』スカイガーデンから望む横浜海辺の夜景〜 (Night Scenes of Yokohama Bay Side from Sky Garden of Yokohama Landmark Tower)

P81494462
昨日の記事では、
横浜ランドマークタワースカイガーデンからの眺望で、
ちょっと意地悪っぽく海辺方面の夜景は出さなかったけど・・・
『ドックヤードガーデン』のサマーイルミネーションの写真を
どうやって挟もうかなぁ〜なんて色々考えてて、
そうなっちゃったんだけどね・・・
今日はぁ〜〜〜
スカイガーデンからの海辺方向の眺望夜景写真を〜
みなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
まぁまったくのノーマル画角で広角じゃないから・・・
迫力には欠けると思うけど・・・
海辺全体の眺望写真ではないけれど・・・
港横浜の美しい海岸線の雰囲気は出ていると思うからね・・・
どうか観てね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
大きな大桟橋や広い山下公園もちっちゃく見えて、
高いと思っていたマリンタワーはマッチのよう・・・
高い所から見ると人も車も蟻のうごめき・・・
海ではひっきりなしに観光船があっちいったりこっちいったり・・・
なんだか美しい箱庭を観ているようですね!
ふふっ
( ̄▽ ̄)
P81494682

P81494632

P81494481
このブログを始めてからというもの、
既に何十回と横浜みなとみらいの夜景や風景を掲載してきたけど・・・
(もうすぐ全体で1000記事に到達ですよ!!!へへ・・・)
ということは、
何十回も横浜みなとみらいに降り立って、
何百枚もの写真をパチリパチリしてきたわけだけど・・・
なぜかここに来ると、
「ランドマークタワーに登ってみよう!」って発想に
ならなかったのよね・・・
なんでだろう・・・
横浜にいない時に、
ふと「あぁ〜横浜ランドマークタワーに登りたいなぁ〜」
と思うことはよくあるのにね・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
きっと、
横浜みなとみらいからの夜景が美し過ぎるから・・・
ランドマークタワーの外からの夜景を真剣にパチリパチリしてると、
スカイガーデンのことなんてすっかり忘れちゃうんだろうな・・・
著名な展望台のエレベーターへの入り口までの道のりって
けっこう分りにくいことが多いしね・・・
( ̄○ ̄;)!
P81494381

P81494642

P81494722
展望台からの夜景撮影って、
どこもそうだけど・・・
せいぜい画角を変えるくらいで・・・
あまり工夫することができませんね・・・
ダイナミックな夜景というよりは静かで透明感があって
温かさを感じる夜景撮影を目指す『しぇぽ』としては、
まぁ『横浜ランドマークタワースカイガーデン』も、
一回体験したからもういいかな・・・
はは・・・
(*´ェ`*)
もう『しぇぽ』は登らないかもしれないけど・・・
ここの展望台は横浜で一番有名な展望台なのに、
撮影に対して色々煩くないのはほんと素晴らしいですよ!
(v^ー゜)
横浜海辺の展望台としては、
ここと『横浜マリンタワー』が有名だけど、
既にどちらも制覇したしな・・・
東京はまだまだちょこちょこ目玉展望台が残っているけど・・・
超有名な所はだいたい登ったし・・・
残っている所も「三脚撮影はなにがあっても絶対禁止!」って、
三脚縮めての撮影も許さない断固とした頭ガチガチの気合いが
HPから感じられる所ばかりだし・・・
なんか東京の展望台ってストレスばかり・・・
「東京の眺望を楽しんでよ!!!」というサービス精神なんて、
所有者側からこれっぽっちも感じられないよ・・・
ギュッピ
ヾ(;□;)э
もう『しぇぽ』は有料展望台からの撮影が疲れました・・・
「さぁ!これからは『しぇぽ』の目指す夜景撮影だっ!!!」って、
気持ちを新たにしたんだけど・・・
先日・・・目の前にふと現れた有料展望台に・・・
一つ行ってしまいました・・・
あれれれれ・・・だめだこりゃ・・・
それはまた後ほどね・・・ギッピ
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
P81494651

P81494821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月曜日)

横浜ランドマークタワー『スカイガーデン』西側展望と『ドックヤードガーデン』のサマーイルミネーション〜 (Night Scenes of West Side of Yokohama from Landmark Tower and Summer Illumination of Dockyard Garden)

P81494282
二年前の記事で、
中国の北京辺りの写真特集をしたけどね。
万里の長城』の風景とか、
北京の風景』とか、
北京の夕景夜景』とかのね。
その北京滞在は、
中国のあれこれについて激しく無知で、
当然中国語も喋れない『しぇぽ』には不安だらけだったんだけど・・・
まぁ日系高級ホテルで日本語対応高額旅行パックを使えば
何の問題も無いんだろうけど・・・
まぁ『しぇぽ』は出張であれプライベート旅行であれ、
どんな時でもチィープさを追求する癖があってね・・・
まぁ結局不安だらけでオロオロしちゃうんだけどね・・・
で、
その時には、
たまたま中国で長期出張中の友人に、
結局お世話になりっぱなしになっちゃったのね・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
日本を追い抜く中国の急激な経済成長もあって、
そんな中、
その友人の勤める会社の中国支社の規模縮小もあって、
友人の彼は今年日本に凱旋帰国していたんですよね。
まぁ本当のところは勇気ある撤退帰国だったのかな・・・
表現がネガティブですまぬすまぬ・・・
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
で、
先日その日本帰国した彼と
久しぶりに横浜で再会したんだけどね。
今日と明日はその時撮った写真ね。
(v^ー゜)
P81494232

P81494761

P81494212
横浜ランドマークタワースカイガーデン』から観た
横浜海辺ではなく横浜駅とか桜木町駅とか、
まぁタワー西方面の俯瞰夜景写真と、
ランドマークタワーの下にある『ドックヤードガーデン』が
サマーイルミネーション』で美しくライトアップされた様子を、
今日はみなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
こんなに夜景好きの『しぇぽ』だけど・・・
『横浜ランドマークタワー』のスカイガーデンは初体験〜
ふふっ
( ^ω^ )
どんなところかなぁ〜なんて、
ちょっとウキウキしながら登ってみたんだけどね。
ランドマークタワースカイガーデンまでのエレベーターの素晴らしさは、
噂では耳にしていたけれど、
ほんと高速で素晴らしかったなぁ〜
乗ったらアッと言う間に到着しちゃいますよ〜
実際は違うのかもしれないけれど・・・
東京タワーや六本木ヒルズ森タワーのエレベーターより
格段に早いと感じたなりね・・・
おぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜っ
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
でもね、
外から横浜ランドマークタワーを観ると、
スカイガーデン辺りもかなり広いスペースがありそうに
感じていたんだけど・・・
実際のスペースは東京タワーの通常の展望台や
六本木ヒルズ森タワーの展望台よりもかなり小さかったなり・・・
まぁ東京タワーの一番高い所にある特別展望台よりは
当然広かったけどね・・・
(;;;´Д`)ゝ
P81494401

P81494252

P81494262
よく『横浜ランドマークタワー』スカイガーデンから、
魚眼まではいかなくても超広角での俯瞰夜景写真を
目にするけどね・・・
やっぱり・・・
展望台からの夜景は広角じゃないと駄目だな・・・
ギュッピョ
(ノд・。)
『横浜ランドマークスカイガーデン』にはけっこう人がいたけど、
それでも東京の目玉展望台に比べると断然余裕を感じます・・・
『ドックヤードガーデン』も人は疎らで寂しいくらい・・・
『横浜みなとみらい』と言ったら、
東京の直ぐ近場で混み合う街ってな感覚があるけれど・・・
ここに来るといつも東京の人混みの異常さを痛感しますよ・・・
( ̄○ ̄;)!
『横浜ランドマークタワースカイガーデン』は、
三脚を縮めていれば窓ガラスに三脚付きカメラを添えての撮影も
何の注意も受けないし(東京の目玉展望台はだいたい駄目ね・・・)、
人混みでお手上げ状態にもならなくて、
大変気持ちよく撮影できますよぉ〜
ふふっ
( ̄▽ ̄)
P81494242

P81494422

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日曜日)

暑さの中がんばって咲き誇る『世田谷区フラワーランド』のお花達ぃ〜 (Flowers in Setagaya-ku Flowerland)

P82002151
最近以前と仕事上の行動がちょっと変わってきてね。
ここんとことんとお花とか小さな虫達の
写真を撮れないでいたんだけどね・・・
撮ったとしても・・・
旅中で見付けたお花をちょこちょこってな程度でね・・・
少し寂しさを感じていたのね・・・
ブッヒョ
(´・ω・`)
そんな中、先日、
世田谷区フラワーランド』に行ってきましたよぉ〜
暑過ぎる日だったからかな・・・
いつも子供連れの奥さん族が必ず何人かいたんだけど・・・
いつも子供達が無邪気に走り回っていたんだけど・・・
その日は人っ子一人いなくてね・・・
静かな静かなフラワーランドでしたぁ〜
まぁでも誰も外に出歩きたくないって感じる陽射しだったから・・・
『しぇぽ』も汗びっしょりでちょっと危険を感じたからね・・・
まぁある程度撮影したら早々に退散したけど・・・
ははは・・・
c(>ω<)ゞ
ということで、
今日はその時撮った、
世田谷区フラワーランド』のお花達をぉ〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P82002841

P82002121

P82002191

P82002491
で、
上で述べたように、
『世田谷区フラワーランド』には
お花見物のお客さんは『しぇぽ』以外はいなかったんだけど。
ここのスタッフの方三人が
この暑さでも公園の手入れを無言でがんばっていて、
多くのスタッフの方々がボランティアで構成される『世田谷区フラワーランド』。
ちょっと感心しちゃったよ!
熱中症にならないように気を付けて下さいね!!!
(o^-^o)
それにしても・・・
今日はとんと書くことが思い浮かばない・・・
まぁ良くあることだけど・・・
ははは・・・
(*´σー`)
ごめんなさいね・・・
許してね・・・
眠い・・・よ・・・
(´~`)。゜○
P82002671

P82002471

P82002101

P82002831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土曜日)

皇居『桜田門』付近の東京夜景ぃ〜 (Night Scenes from Tokyo Imperial Palace "Sakuradamon")

P71676101
東京の夜景もこのブログで色々掲載してきたなぁ〜
東京海辺や東京近辺の有名なスポットからの夜景は
だいたい網羅したんじゃないかなぁ〜
( ̄ヘ ̄)
元々『しぇぽ』は夜の光が大好きだったんだけど、
色町のギンギンギラギラではなくて純粋に風景としての夜の光ね。
観る者の心がなんとなくホワーッとなる温かみある夜の光ね。
それがどうして夜景写真撮影にのめり込んでいったかというと、
巷で溢れる夜景写真のほとんどがダイナミックさの強調というか、
言葉にすると『どうだぁーこれでもかぁー』的な
迫力ある写真ばかりで・・・
なんとなく『しぇぽ』が夜景を観る時に感じる感覚との差異があって、
『夜景やイルミネーションをどう写真に撮ったら
人々の心に温かく響くか』を追究したくなったからなのよ・・・
なんだか・・・今日はなにを語っておるのか・・・
過去から最近まで『しぇぽ』がのめり込んだ夜景やイルミネーション写真。
左カラムのカテゴリーで選択すれば色々出てきますからね。
お暇な時にでも「下手くそぉー」なんて罵倒しながら観て下さいな。
はは・・・
(*´σー`)
まぁほんと時間さえあれば狂ったように夜な夜な色々歩きましたよ。
その影響なのかな・・・
昔から左足の親指の右側面にタコがあったんだけど・・・
まぁ食べる蛸じゃなくて皮膚の角層が厚くなったタコね・・・
(言わなくても解りますね・・・ははは・・・(*´v゚*)ゞ)
それがちょっと大きくなって痛いのよ・・・
元々はスポーツからできたタコだけど・・・
ただ歩くだけでもタコちゃんの部分はかなり圧迫されてたみたい・・・
ここんとこずーっと痛くてね・・・
歩くのがかなり辛いな・・・
うぅぅうぅ・・・
(ノ_≦。)
P71675771

P71675841

P71675921
今日はね、
皇居、昔の江戸城、では歴史的にもかなり有名な、
桜田門』近くで撮った夜景写真を〜
みなさんにお届けしますね。
ヽ(´▽`)/
桜田門』といったら、
まず第一に思い浮かべるのは
幕末に井伊直弼さんが暗殺された『桜田門外の変』ですかね・・・
まぁ『しぇぽ』はそうだな・・・
よからぬトラウマから・・・
『桜田門』ってぇ名前を聞くのも嫌っ!ってな方もいるのかな・・・
警視庁や検察庁が目の前だからね・・・
はは・・・
(*´ェ`*)
国会議事堂も直ぐ近くで、
国の重要機関が軒を連ねる『桜田門』付近。
昔暗殺の血で染まったこの辺りも、
今ではザ・ペニンシュラ東京という新しいホテルや
丸の内や日比谷のビル群の美しい灯りで包まれて
静かな夜景を楽しむことができますよ!
(*^ー゚)b
P71676051

P71676031
一枚目の写真は、
『桜田門』付近からちょっと国会議事堂近くまで
歩いて行って撮った写真だけどね。
いい具合に月がでていたから、
昨今の国会の不穏な雰囲気を表現してみましたぁ〜〜〜
o(*^▽^*)o
まぁそれにしても民主党が政権を握ってから、
マスコミは内閣や政党の支持率を頻繁に更新するけど。
ちょっと支持率が落ちたからって、
こう頻繁に国民の不安を煽って何か意図があるのかな・・・
政権交代が頻繁で総理大臣がコロコロ変わったってなにも生まれないよ・・・
自民党が長年掛けて作ってきた悪しき地盤を
そう簡単に修正できるわけないんだからね。
何も語らずじっと腰を落ち着けて、
3〜5年見守るってぇ〜ことができないのかな・・・
国民の中には多数の方向に本能で流れる人々というのがたくさんいるからね。
マスコミの支持率の頻繁な更新はマスコミの意図する方向に
政治が動くことになりかねないよ・・・なんか危ないな・・・
『しぇぽ』は民主党が好きというわけでもなく、
とにかく悪しき日本の地盤が徐々に崩れるのを待っている国民の一人です。
一国の総理大臣が、
マスコミの攻撃のちょっとしたことでオロオロするなんて恥ずかしいよ!
「長年自民党によって作られてきた悪の構造を修正するのが、
どれだけ大変なのか解っておるのか!!!」くらい
どどーんと発言しちゃえば良いのにな・・・
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
P71675931

P71675981

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木曜日)

楽しい雰囲気『ハイジの村』の美しいイルミネーション〜 (Summer Illumination in Heidi's Village)

P80383251
さぁ〜てっとぉ〜
今日は山梨県北杜市特集の最終回。
どうでしたか北杜市の雰囲気は。
いい感じでしょ〜〜〜行きたくなるでしょ〜
ふふっ
( ^ω^ )
ひまわり畑を含むお花畑がいっぱいで、
高原野菜やフルーツや、それにそれに
牧場も多いから牛や羊や馬達に出会えて、
八ヶ岳や遠くには富士山も望めて。
自然いっぱいかと思いきや『ハイジの村』みたいに
メルヘン溢れる場所もあってね!
でね、
昨日の記事でも予告しておいたけど、
北杜市特集の最終回はぁ〜
みなさんに『ハイジの村』の名物
夏のイルミネーションのようすをお伝えしぃ〜
〆たいと思いまぁ〜すぅ〜
わぁぁぁ〜〜〜なんかいいぃぃぃ〜〜〜
ヽ(´▽`)/
P80383281

P80383551

P80383411

P80383631
首都圏以外の関東近辺のイルミネーションは、
静岡県の『御殿場高原時之栖』や
千葉県の『東京ドイツ村』や
山梨県の『山中湖』や『河口湖』のイルミネーション写真を
このブログでも掲載してきたけどね。
規模でいったら『御殿場高原時之栖』や『東京ドイツ村』の方が
断然大きいんだけどね・・・
なんかいいのですよぉ〜なんか清々しい感じがするのね!
丘の斜面に造られた『ハイジの村』、
きっと空が広く感じられるからかもしれないな・・・
うんうんうん
( ̄ヘ ̄)
ヨーロッパ調の建物が密集するエリアは、
当然イルミネーションで華々しく飾られているけどね。
広大な『ハイジの村』のいたるところで、
ちょこちょこイルミネーションが静かにキラキラしていて、
長ーいバラの回廊と呼ばれるトンネルにもイルミネーションが施され。
なんだか楽しい光で溢れていましたよぉ〜
わぁぁぁ〜
( ̄▽ ̄)
でもね・・・
宿泊施設が少ないこの辺り・・・
夜はほんと人が疎らでね・・・
イルミネーションでキラキラしてるバスというか車というか、
レトロ風のトロッコが園内を循環してるんだけど・・・
ほとんど人が乗っていなくて寂しかったな・・・
みなさん!
夜も楽しい場所だから行って乗ってみてよ!!!
ねっ!!!
(v^ー゜)
P80383331

P80383461

P80383371
山梨県には当然海はないけどね。
海の風景も好きな『しぇぽ』にはそれが残念だけどね・・・
でもね、
それほど広くない甲府盆地と
それを形作る斜面のなだらかさや形状が独特だからかな・・・
ほどほどの距離に富士山が眺められるってぇ〜ことも
かなり重要な要素なのかもしれないけど・・・
『ハイジの村』のような斜面の高台からこの盆地を眺めると、
なんとなく理想的な箱庭を見ているようで、
『しぇぽ』はこの盆地の風景がけっこう好きなのですよ。
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
甲府市内だけみてみると、
まぁ『しぇぽ』も仕事関係で何度も宿泊したことがあるけれど・・・
まぁ夜景好きにはどうということもない街なんだけどね・・・
まぁ昼間も寂しい感じのする街だけど・・・
この街全体を斜面から見下ろすと、
昼間であろうと夜であろうととっても素敵なのですねぇ〜
(* ̄ー ̄*)
この先の長野県と比べると富士山周辺以外は観光客も少なく、
それがとても残念だけどね・・・
山梨県って、今回の特集の北杜市や、
以前に石和温泉花火大会の様子を掲載した笛吹市とか、
なんかちょっとロマンに満ちた市名が魅力的だしね。
甲府盆地の風景の良さがもっと広く伝われば良いのにな・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
P80383201

P80383521

P80384051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水曜日)

『ハイジの村』の展望台は素晴らしい山梨眺望スポットだよ! (Evening and Night Views of Yamanashi from Heidi's Village)

P80382581
昨日の記事の写真で、
ハイジの村』のスイス調建物を被写体とした
風景写真が何枚かあるけどね。
その風景の中に、
ひときわ高いとんがり屋根の塔が建っているけど。
実は、その塔は『ハイジの村』の展望台になっていて、
そこは富士山、甲府盆地、小淵沢周辺、八ヶ岳と
山梨県の風景を一望の下に眺めることができる
素晴らしい場所なのですよ!
おぉぉぉ〜〜〜清々しい〜〜〜風景ぃぃぃ〜〜〜
( ̄▽ ̄)
まぁ『しぇぽ』が訪れた時は八ヶ岳は雲に覆われて
観ることができなかったけどね・・・
で、
今日はぁ〜
ハイジの村』の展望台から眺めた、
夕方から夜にかけての山梨の展望写真をぉ〜〜〜
みなさんにお届けしますね!!!
(*^ー゚)b
昼間の写真も一枚あるけどね・・・
夕方の富士山が綺麗に望めるでしょ〜〜〜
甲府盆地の民家の窓明かりが素敵でしょ〜〜〜
空が広いでしょ〜〜〜
ふふっ
( ^ω^ )
P80383131

P80383031

P80382981
山梨県の展望スポットとしては、
まだまだ知られていない『ハイジの村』の展望台。
富士山をオレンジ色に染める夕景を観ることができ、
雲さえ無ければ八ヶ岳越しの夕陽も観れるかもしれないなぁ〜
そうそう、
写真にもあるけど、
たった15秒の露光で夜は結構たくさんの星が写ったからね。
富士山と甲府盆地の灯りを含めて、
北極星を中心としたサークル状の星の動きを
超長時間露光で捉えることもできるんじゃないかな・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌
エレベーターで簡単に展望台に登れるからね。
予期せぬ素晴らしい眺望に
『しぇぽ』は何度も展望台に登っちゃったよ・・・
入園中5回は登ったかな・・・
でも何回登ってもほとんど人はいなくて、
美しい山梨県の眺望を独り占めぇ〜〜って満足満足ぅ〜
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
ほんと素晴らしい展望台でね。
ワイドに山梨県を望めるからね。
明野の『ひまわり』を観たついでにでも『ハイジの村』に入園して、
ぜひここの展望台に登ってみて下さいね!
(v^ー゜)
P80383101

P80383851

P80382531
最初は気恥ずかしかった『ハイジの村』。
でもね、
入ってみると、
たくさんのお花の風景に出会えて、
メルヘンチックな異国調の風景に出会えて、
さらに素晴らしい展望台もあって、
だんだんだんだん楽しくなってきちゃったんだけどね・・・
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
でもね、
気を抜いてはいけません・・・
『しぇぽ』の本来の目的はイルミネーション〜
『ハイジの村』のキラキラを写さなければなりません!
さぁ〜『しぇぽ』の大好きな夜の時間帯に入ってきたし、
イルミネーション撮影に臨むぞぉ〜
ということで、
明日は『ハイジの村』の記事の最終回。
イルミネーション写真をお届けしまぁ〜〜すぅ〜
お楽しみにね!
(*゚▽゚)ノ
P80383001

P80382831

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火曜日)

北杜市明野の『ハイジの村』でスイスの山村風景に包まれるぅ〜 (Swiss-like Landscapes in Heidi's Village)

P80382481
はぁ〜りはぁ〜りぃはひひひはひひひはへほ
はぁ〜りはぁ〜りぃはひひひはひふへほぉ〜〜〜
口笛はなぜぇ〜遠くまで聞こえるのnote
あの雲はなぜぇ〜私を待ってるのぉ〜heart04
教えてぇ〜〜おじいさん〜〜〜
教えてぇ〜〜おじいさん〜〜〜
教えてぇ〜〜〜〜〜アルムのぉ〜もみの木ぃ〜よぉ〜notenote
なぁ〜〜〜んて・・・
『しぇぽ』にとっては気恥ずかしいメロディーが流れる中・・・
「俺はイルミネーションが観たいだけなんだ・・・」なんて・・・
ブツブツ言いながら山梨県北杜市明野にある
『アルプスの少女ハイジ』好きには夢のような場所、
ハイジの村』というテーマパークへの入場を試みたのですよ・・・
スイスの民族衣装に身を包んだ受付のお姉さんに
「あのぉ〜ここは厳つい方は
入場ご遠慮してもらっているんですけど・・・」ってなことも
全く言われることなく・・・ホッ・・・
逆にお姉さんの満面の笑みに多少仰け反りつつも・・・
あっさり入園成功・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
ということで、
入場したからには、
『ハイジ』らしいメルヘンの世界溢れる写真を
広大な『ハイジの村』を歩き回って撮ってきたので、
今日はみなさんをぉ〜〜〜
スイスの山村風景の中戯れる『ハイジ』の世界ヘぇ〜
お連れいたしまぁ〜〜〜すぅ〜〜ねぇ〜
ヽ(´▽`)/
P80382391

P80381951

P80382231
まぁね・・・
なんだかんだ言っても・・・
『しぇぽ』は『アルプスの少女ハイジ』のことは
なぁ〜〜〜んにも知らないからね・・・
アニメも観たこと無いし・・・
『ハイジ』以外の登場人物もほとんど解らないからね・・・
当然最初に書いたテーマ曲のメロディーは知っていても・・・
歌詞は知らないのでね・・・
検索して歌詞を調べたのですよ・・・
ギェッピョ
(;;;´Д`)ゝ
そしたらね、
けっこうたくさんの人々が、
本当に口笛が遠くまで聞こえるかを
科学的に証明しようとしていることを知って、
ちょっと驚いたなりね・・・
おぉぉぉ〜〜〜
Σ( ̄ロ ̄lll)
まぁそんなことはどうでもよいんだけど・・・
昨日の記事のように、
『ハイジの村』は『ひまわり』で超有名な北杜市明野にあるからね。
『ひまわり』見物の人々がどどぉ〜〜っと流れ込んで
激しく混んでいるのかと思いきや・・・
経営は大丈夫だろうかと心配になるくらい空いているのですよ・・・
みんな『ひまわり』だけ観て帰っちゃうのね・・・
TDLなどの高額なテーマパークに比べたら格段に安い入場料の上、
スイスの雰囲気を模した建物がいい感じで配置されていて
園内は見晴らしも良くてお花もたくさんあって気持ちいい場所なのに・・・
子供達はきっと歓ぶだろうにな・・・
( ̄ヘ ̄)
P80382171

P80382331

P80382021
入場してみるとけっこう楽しい場所でね。
見晴らしの良いお勧めの展望台もあって、
山小屋にいるおじいさんという方の小屋が再現されていたり、
アニメに出て来る犬と全く同じ種類の犬と触れ合うことができたり、
『ハイジ』にちなんだちょっとした博物館的な場所もあり、
建物があるエリアの中庭には、軽食を売っていたり
縁日的な遊びができるような露店がある休憩所があって、
それとは違って、
ちょっとメルヘンチックに食事できるレストランもあってね。
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
そうそう、ここは市が経営しているのかな・・・
働く人達の多くが、
ボランティアのおじいさんやおばあさん
それにアルバイトの学生で構成されているような気がしたな・・・
『ハイジの村』にはこれでもかぁ〜てなくらい
たくさんのスイス国旗がはためいていて、
スイスに因んだベルやらなんやらがそこかしこにあったけど・・・
きっと・・・
違うかもしれないけど・・・
北杜市はスイスのどこかの山間の街と姉妹都市なんだろうな・・・
姉妹都市になった記念にこの『ハイジの村』を造ったに違いないな・・・
うんうんうん
(*^ω^*)ノ彡
違っていたら・・・すみません・・・
P80382211

P80382351

P80382241

P80382101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月曜日)

北杜市明野の有名な『ひまわり畑』で夏を感じよう〜 (Sunflower Fields in Hokuto-city Akeno)

P803817710jpg
8月も半ばを過ぎ・・・
お日様が出ている時間も目に見えて少なくなって・・・
季節的にはもう夏じゃないけどね・・・
でも・・・そんなの嫌だよ・・・
『しぇぽ』は夏が大好きなんだから・・・
たとえ猛暑で体調が悪くなっても・・・
太陽サンサン眩い陽光で頭クラクラが好きなんだから・・・
いいの・・・死んだって・・・
猛暑の中で倒れて人生を終わるのは本望だけど・・・
寒さで凍えて死ぬのはいやなの・・・絶対嫌!!!
うう・・・
(ノд・。)
でね、
「このブログだけはまだまだ夏満載で行くぞぉ〜〜〜」
って気を引き締め直して!!!!!
みなさんには、
まだまだ夏の雰囲気をぉ〜〜〜
サマーの光の輝きをぉ〜〜〜
嫌ってぇ〜ほどぉ〜感じていただきますよ!!!
いくぞっ!!!(”おぉー”と元気よく返事して下さい!)
ぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー
気合いが入ってきたところでね。
今日は夏を代表するお花
『ひまわり』ちゃ〜〜ん〜〜〜
関東近辺では超有名なぁ〜
山梨県北杜市明野の広大な『ひまわり畑』の写真を、
夏を終わりたくないみなさんにお届けするなり!!!
わぁぁぁ〜〜〜〜〜
ヽ(´▽`)/
P80381431

P80381331

P80381531
昨日の記事の『花の森公園』を
ちょっと下って行くと北杜市明野に着くんだけどね。
『花の森公園』では天気悪くてちょっと落ち込み気味だったけど・・・
下るに連れてお天気回復ぅ〜
富士山も見えてきたりしてぇ〜〜やったぁ〜〜〜
で、
明野に着く頃は猛烈な陽光で気温上昇・・・
ほんと死にそうになりながらの撮影でした・・・
ギャッピョ
c(>ω<)ゞ
明野にある『ひまわり通り(だったかな・・・)』には、
そこかしこに『ひまわり畑』があってね。
農家によっては田んぼの脇に『ひまわり畑』を作っていたり、
この時期は『ひまわり』だけに集中してる農家もあったりして、
数々の『ひまわり畑』で明野が黄色に染まっていましたよ!
ヾ( ̄0 ̄;ノ
点在する『ひまわり畑』の数はすごいんだけどね。
超有名な『ひまわり』の名所だからね・・・
何キロにも渡って『ひまわり』だらけの
広大な『ひまわり畑』があるのかと期待していたんだけど・・・
広大さに圧倒される程の『ひまわり畑』は無かったなりね・・・
『しぇぽ』が見た場所以外にあったのかな・・・
有名だからね・・・
昼間なのに三脚立ててじっくり玄人チックに
一眼レフを構えるおじさんもいっぱいいたなぁ〜
うぅぅぅ・・・
( ̄ヘ ̄)
P80381771

P803817711

P80381778
丘の斜面に造られた『ひまわり畑』だからね。
遠くの山間の素朴な風景を『ひまわり』越しに望めてね。
そういうワイド感があって清々しい背景があるから、
この場所が『ひまわり畑』で超有名になったんだろうな・・・
うんうんうん・・・
( ̄ヘ ̄)
『しぇぽ』は花をアップで迫って撮るのが好きだけど・・・
『ひまわり』という花は巨大過ぎて・・・
どう撮ったら美しく見えるのかが難しい・・・
何枚撮っても同じような写真を量産し・・・
この花の存在感に圧倒されっ放しで・・・
結局征服できずに撮影終了・・・まぁ予想通り・・・
ははは・・・
(*´σー`)
さぁ〜明日からはぁ〜〜〜
あまりに『しぇぽ』の容姿と不釣り合いで・・・
かなり恥ずかしさを抱えながら・・・
『ハイジの村』に突入しますよぉ〜〜〜
その記事を見たみなさんは、
きっと訪ねたくなると思いますからねぇ〜〜〜
お楽しみにね!!!
(v^ー゜)
P80381775

P80381773

P80381401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日曜日)

南八ヶ岳『花の森公園』でフルーツと野菜と花に囲まれるぅ〜 (Flowers, Vegetables and Fruits in Hananomori Park)

P80393771
「夏のイルミネーションがどこかでやってないかなぁ〜」
なんて、
夜の光のキラキラ好きの『しぇぽ』としては、
当然のようにググってみたわけだけどね・・・
東京の近くで今まで行ったことない場所でね。
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
そしたらね、
『ハイジの村』ってぇ〜山梨県にある近場で
イルミネーションやってる情報を得たのです・・・
しかもその場所が夏という季節に超相応しい
『ひまわり畑』でも有名な場所であることを知って、
二重の歓び歓喜の叫びぃ〜
「こりゃ〜〜〜行くしかないっぺ!」ってぇ〜ことで、
先日ぶぶぶ〜〜〜んと行ってみたのですよぉ〜〜〜
まぁでも・・・
厳つい顔立ちと体格を備える『しぇぽ』としては・・・
『ハイジ』ってな夢溢れるメルヘンチック過ぎる言葉に、
恥ずかしさと抵抗感剥き出しでの旅立ちだったけどね・・・
『しぇぽ』を『ハイジの村』は受け入れてくれるだろうか・・・
ビョッ
( ̄○ ̄;)!
で、
『ハイジの村』周辺の観光もちょこちょこっとしてみたので、
今日はぁ〜〜〜
『ハイジの村』がある北杜(ほくと)市のここにある、
花の森公園』というフルーツ畑や野菜畑やお花達がいっぱいの
自然溢れる公園で撮った写真をぉ〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P80393551

P80393951

P80394141
この『花の森公園』は、
フルーツ畑とか野菜畑があるメインエリアが
小高い山を切り開いた高台にあるんだけどね。
そこまでは、
おそらく農家のおばさんだと思うけど・・・
気のいいおばさんが案内役として乗車している
『リフトカー』で登るんだけどね。
このリフトカーがなんとなく素朴な動きで良いのですよぉ〜
ふふっ
( ^ω^ )
で、
リフトカーで頂上まで上がると、
都会の人間はあまり目にしたことが無いフルーツやら
いろんな野菜の栽培の様子を観察することができるのですね。
『しぇぽ』はこういう畑の風景とかに
すごく興奮してパチリパチリするタイプの人間だからね。
わぁぁぁ〜〜なんて言いながらパチリ!
おぉぉぉ〜〜〜なんて感動しながらパチリ!
って写真に収めていたんだけどね・・・
( ̄▽ ̄)
さぁ〜〜てここで問題です!!!
一枚目の写真は何かの野菜の花の写真です。
大きさで言うと5ミリくらいの小さな小さな花なんだけど、
それをアップで撮ってみたんだけどね・・・
このお花、
一体どんな野菜の花でしょ〜〜う〜〜〜か〜
5、4、3、2、1ジャジャジャン
P80393701

P80393901

P80394101
答えはぁ〜〜〜
グリーンアスパラガスの花ね!
(v^ー゜)
マヨネーズかなんかで食べると激しく美味しいアスパラガスも、
成長し過ぎるとたくさん茎をツンツン伸ばして巨大化し、
写真のような花をたくさん付けるのですよぉ〜〜〜
可愛いお花だったなぁ〜
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
『しぇぽ』が訪れた時は
空が雲で覆われていたけどね・・・
『花の森公園』の高台からは、
八ヶ岳がよく見えるらしいです・・・残念・・・
リフトカーを下った平地エリアでは食事をできる場所もあって、
池に作られた小さな釣り堀もあったりして、
色々な花も植えられていて楽しい場所ですからねっ!
みなさんも山梨県観光の際には、
ちょっと足を伸ばしてみてくださいね!
(*^ー゚)b
まぁでも・・・
『花の森公園』という名称より、
『野菜果物の郷公園』の方がピッタリくる公園だったなぁ〜
ははは・・・
(*´σー`)
P80393731

P80394031

P80393971

P80393801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土曜日)

お盆らしく:小平市で行われた『灯りまつり』で厳粛な雰囲気に包まれてぇ〜 (Candle Road in Kodaira City)

P80797731
日本の重要な仏事
『お盆』の真っ只中ですね。
『故人や先祖に報恩感謝を捧げ供養する重要な日』とされる『お盆』。
仏教行事としての『お盆』は、
盂蘭盆経(うらぼんきょう)の略らしくてね。
お釈迦さまの弟子であった目連尊者という人が
『旧暦の7月15日に多くの僧侶たちに飲食物を施したことで、
餓鬼道に落ちて苦しんでいる母親を救い出すことができた』という
難解な歴史が『お盆』の始まりのようです・・・
実際『お盆』の盆は、
供養物を施す時に乗せたお盆のことらしい・・・
ふむふむふむ・・・
( ̄ヘ ̄)
で、
日本人としては
今は厳粛な気持で御霊を供養しなければならぬ時ってんで、
今日は静かに心洗われるような写真を用意しましたよぉ〜
(´-д-`)
東京都下にある多摩湖自転車道は、
小平市辺りでは小平グリーンロードと呼ばれているんだけどね。
先週その長いグリーンロードのそこかしこで、
市民手製のキャンドルや燈籠(行灯)がずら〜っと並ぶ
灯りまつり』というイベントが開催されてね。
『しぇぽ』が初めて見物した『灯りまつり』。
厳粛な気持になる写真だったからね・・・
『お盆』の今日、
そのイベントの写真をみなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P80797291

P80797201

P80797071

P80797381
一つ一つのキャンドルは、
ペットボトルを切断して簡単に着色した器で作られていて、
素朴で素人チックだったけどね・・・
実際にその祭りで働く主催者側の方達のほとんどが
お年寄りとか学生などのボランティアで成り立っていて、
ほんと市民のための祭りってなローカルな雰囲気だったけど・・・
長〜〜い小平グリーンロードのそこかしこに
おびただしい数のキャンドルや燈籠がちりばめられた光景は、
宵闇の中で浮き立ってみえて、
静かな気持で鑑賞する雰囲気に満ち満ちていてね。
ほんと素晴らしいイベントでしたよぉ〜
わぁぁぁ〜〜〜素敵ぃ〜〜〜
(* ̄ー ̄*)
燈籠はね、
協賛した小平市の企業やら個人商店から
小平市の小学生やら市民やらが入り乱れ、
和紙部分にみんな工夫していろいろな彩色を施していたけどね。
夏らしい絵を描く者・・・
学校の生活風景を描く者・・・
切り絵を施す者・・・
ただいろんな色を塗りたくる者・・・
ほんと色々だったけどね・・・
理髪店関係が作った燈籠には、
色々な髪型の男性顔が上手いイラストで描かれていてね。
それがずら〜〜っと並んでいて晒し首の様で笑っちゃったよ・・・
ははは・・・
(◎´∀`)ノ
その他にもね、
写真にもちょっとあるけど・・・
『地口行灯』と呼ばれる、まぁ駄洒落の言葉遊びがテーマの
燈籠が結構たくさん並んでいてね。
一つ一つの燈籠をじっくり楽しむ工夫も素晴らしかったなぁ〜
うんうん・・・
( ^ω^)
P80797171

P80796841

P80797571

P80797631
隣街の小平市は
素晴らしい夏のイベントを開催しているというのに・・・
『しぇぽ』の大好きな夜の光で溢れているというのに・・・
西東京市はほんとなんにもやらない街だな・・・
小平市の小学生なんて、
夏休みの前半は楽しくてしょうがないだろうな・・・
「さぁ今日からキャンドル作るだ!」なんてはしゃいでね・・・
それに比べて西東京市の小学生なんて、
夏休みに入ったら暇を持て余し・・・
合併した市はなんとなく市民の団結が希薄ね・・・
ブッヒョ
( ´;ω;`)
ねぇねぇ〜
西東京市でも夏の夜の光イベントをなにか開催しようよ・・・
「西東京市の夏は羨ましいなぁ〜」なんて、
市外の人達に言わせちゃおうぜ!!!!!
『しぇぽ』は全国に発信する写真担当するからさ!!!
ねっ!!!
(で、この呼びかけで西東京市が動き出したら、
みなさんにご報告申し上げますね!)
はは・・・
(*´σー`)
超有名な『表参道キャンドルナイト』主催者の方達も、
素朴なキャンドルでも工夫次第で素晴らしいイベントになる妙技を
小平の『灯りまつり』視察で体験してみてはいかがかな・・・
えっ!余計なお世話だって!
はい・・・すみません・・・
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
P80797141

P80797781

P80797151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金曜日)

画廊が軒を連ねる東京『京橋』辺りを歩いてみましょう〜 (Tokyo "Kyobashi" Walking)

P80695591
日本を代表する繁華街
東京の顔でもある『銀座』や『京橋』辺りには、
お洒落で高級で『しぇぽ』にはほんと縁のない店が
軒を連ねているけどね・・・
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
実はこの辺は日本を代表する画廊が密集する地域でもあって、
芸術を目指す人々にとっては憧れの場所なのですね。
ここで個展を開くということが芸術家としての
ステータスともなっているのですよぉ〜
で、
銀座辺りの画廊は華やかな高級店に隠れてしまって、
あまり目立たないんだけどね・・・
京橋辺りの路地をちょっと中に入ると、
あっちも画廊、こっちも画廊、そっちも画廊って、
アートギャラリーだらけの異質な空間に驚いちゃうんですよね・・・
おおぉおぉぉぉ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
ということで、
銀座に比べたらあまり華やかな場所ではないけれど・・・
先日、京橋辺りの画廊密集地帯に行ってみたので、
今日は、
東京駅近くの『京橋』と呼ばれる地域のスナップ写真を
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P80695711

P80695761

P80695671
実はね、
『しぇぽ』の住まいのご近所さんに、
プロの陶芸家の方が住んでいてね。
先日、その方が京橋の画廊で個展を開くってんで、
ご丁寧に案内状を下さったので、
陶芸については何一つ知識を持ち合わせない『しぇぽ』だけど・・・
陶芸って何なのだぁ〜ってな興味だけはあるし・・・
ご近所さん付き合いも重要だし・・・
意を決して京橋に乗り込んだのですよ・・・
( ̄Д ̄;;
まぁその方の陶芸作品の写真は無いんだけどね・・・
結果は・・・
撃沈・・・
うぅぅぅ・・・なにも分からん・・・
(´;ω;`)ウウ・・・
陶器ではなく磁器の芸術だったんだけどね・・・
まぁ陶器と磁器の違いが分からない方も多いかもしれないので、
一応その違いについて書いてあるHPをリンクしておきますね。
でね、
売り物としてのカップとかお皿とか、
そういう解りやすいその方の磁器製品もあったけど、
芸術を追求したパネルとかレンガ状の磁器作品はね・・・
「砂漠のような乾燥した人の欲求を表現してみました・・・」
なんて説明されても・・・
一応『しぇぽ』なりに「へぇ〜そうなんですかぁ〜」とは応えたものの・・・
なんだかさっぱり解らなかったよ・・・
解ったのはこれを完成させるのは大変そうだなぁ〜
ということだけね・・・
何事も極めると奥が深いなりね・・・
ゲッピ
ヾ(´ε`*)ゝ
P80695751

P80695691

P80695681
まぁ『しぇぽ』は解りやすい写真でね・・・
これからもキラキラを追求しよう〜〜って、
再度決意したのでしたぁ〜〜〜
はは・・・
(*´ェ`*)
この後、
当然なにを買うこともなく・・・
銀座辺りをプラプラしてきたので、
まぁそのうちその写真も掲載しますね。
そのうちね・・・そのうち・・・
結構綺麗な夜景写真が撮れましたよぉ〜
まぁ気長にお楽しみにね!
ふふっ
(v^ー゜)
P80695701

P80695771

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木曜日)

有楽町の『Sony Aquarium沖縄美ら海水族館』に行ってみよう! (Sony Aquarium in Yurakucho)

P80695051
世間はお盆休みかもしれないけどぉ〜
『しぇぽ』のストレス解消も兼ねたこのブログ〜
とりあえず休みなくずんずかずんずか進行しますよぉ〜
ホッホォ〜〜〜
(*^ω^*)ノ彡
突然ですが、
今日は沖縄の超有名な『美ら海水族館』に
みなさんをお連れしまぁ〜〜〜すぅ〜〜〜
なぁ〜〜〜んちゃって・・・
嘘です・・・嘘つき『しぇぽ』です・・・
ちょっと歓んじゃったでしょ・・・ごめんちゃい・・・
はは・・・
(*´σー`)
実はね、
有楽町にあるソニービルでは、
Sony Aquarium 3D沖縄美ら海水族館』というイベントが
8月31日まで開催されていてね。
先日その様子を見物しに行ってきたので、
今日はぁ〜
みなさんに東京の水槽に再現された
沖縄の海の写真をぉ〜〜お届けしまぁ〜〜すぅ〜
わぁぁぁ〜〜〜ウミガメさんだぁ〜〜〜
ヽ(´▽`)/
P80695181

P80695331

P80695301
さぁ〜〜〜てここで問題です!
この記事の写真の中には海の生物の写真が何枚もあるけど、
じっさい生きていな偽物はどれでしょう〜〜〜
10、9、8、7、6、5、4、3、2、1
はぁ〜〜〜いそこまでぇ〜
<答え>
ほとんどはちゃんと水槽で生きている本物で、
生きていない模型は5枚目の写真のやどかりちゃん〜
1枚目のウミガメちゃんが模型だと思った人もいるかもね。
へへ・・・
(´~`)。゜○
『Sony Aquarium 3D沖縄美ら海水族館』では、
一階の室内外に3つの大きな水槽があってね。
沖縄で生まれた魚達や沖縄でしか見られない珍魚達が
ちゃんとスイスイ泳いでいるんですよぉ〜
一つの水槽はウミガメの子供専用の水槽になっていて、
子ウミガメちゃんの好奇心溢れるつぶらな瞳で、
『しぇぽ』はじっと見つめられちゃったよ・・・
うふふ〜〜っ
(* ̄ー ̄*)
とはいえ、
ソニーとしてのこのイベントの開催意義は、
ソニーの3Dテレビ技術のお披露目のようでね。
2階より上のフロアーはマンタやジンベイザメが泳ぐ
沖縄の海の迫力ある3D映像体験コーナーとなっていましたぁ〜
まぁ3Dに興味のない『しぇぽ』はスルー・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
P80694841

P80694931

P80694671
有楽町にあるソニービルで開催されたイベントでは、
このブログでも以前に『水のない水族館』イベント
写真を掲載したけどね。
人を引き寄せるイベント作りはさすがソニーという感じで、
こういったことが世界で大きく名を馳せる
理由の一つになっているんでしょうね!
まぁでも水のない嘘物水族館イベントより、
美ら海イベントの方が本物の魚達と触れ合えて
断然楽しかったですよぉ〜
ふふっ
( ^ω^ )
そういえば、
昔の『水のない水族館』記事を見ていて気付いたんだけど・・・
その頃はパソコン画も描いていたんだなぁ〜〜〜
最近全く描いていないなぁ〜〜〜
たまには描くようにしようかなぁ〜〜なんて
ちょっと考えちゃった『しぇぽ』なのです・・・
うぅぅぅ〜〜〜ん〜〜〜〜
( ̄ヘ ̄)
P80695251

P80694691

P80695121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水曜日)

野辺山といったら『JR最高地点』と巨大な『野辺山電波天文台』だねっ! (The highest Point of JR and Nobeyama Astronomical Observatory)

P80292871
さぁ〜てっとぉ〜
今日はぁ〜 昨日の記事の『清里』のお隣
『野辺山』の風景の中をお散歩しましょう〜ねぇ〜
みなさんは『野辺山』と言ったら何を思い出しますか?
満天の星空と美味しい高原野菜、
さらにさらにぃ〜背景に雄大な八ヶ岳ぇ〜ってな感じで、
『野辺山』は大自然で溢れるイメージの高原ですね。
でもね・・・
大自然は当然重要なんだけどね・・・
忘れちゃならない二つの観光の目玉がここには存在するのです。
それはぁ〜〜〜
全国のJR路線の標高最高地点『JR最高地点』と
世界的にも有名な『国立野辺山電波天文台』があることなのよぉ〜
『しぇぽ』が訪れた日は、
大自然を満喫できない雲や霧が空を覆い尽くしていた日・・・
ブヒョ
(´;ω;`)ウウ・・・
ということで、
『JR最高地点』と『野辺山電波天文台』を中心に
見物してきたので、
今日は野辺山のこの2スポットの写真をぉ〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
前半の5枚の写真が『JR最高地点』付近の風景。
後半の5枚が『野辺山電波天文台』の写真ですよぉ〜
P80292901

P80292791

P80292931
JR小海線で小淵沢駅から小諸駅方面に向かうと、
『清里駅』の次が『野辺山駅』で、
両駅の中間辺りに『JR最高地点』があるんですよね。
『野辺山駅』は日本一の標高を誇るJR駅として有名で、
その標高は1346 mらしいんだけどね。
『JR最高地点』は1375 mらしいですよ!
おぉぉぉ〜〜〜そうかそうかぁ〜〜〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
『JR最高地点』はここいらの分水嶺でもあって、
ここより小淵沢側で降った雨は富士川を経てやがて太平洋に、
小諸側で降った雨は千曲川を経て日本海に注いでいるらしい・・・
雨粒の恋人同士もここらで地上に降り注ぐと
離ればなれになるケースもあるんだろうなぁ・・・
なにを言っておるのだ・・・
はは・・・
(*´σー`)
『JR最高地点』は一応モニュメントもあるんだけど・・・
特に美しい風景の場所でもないからね・・・
小海線の本数も少ないから撮影待ちの時間も長いし・・・
この日は空が暗くてシャッタースピード稼げないし・・・
ってなことで四苦八苦しながら撮った一枚がトップ写真!
悪天候のわりにはまずまず絵になってるでしょ〜
ふふっ
(*^ー゚)b
P80292881

P80293031

P80293121
みなさんが夜空を見上げた時に、
目で観れるのは光る星達だけなんだけどね(まぁ当然ですね・・・)。
それでもりっぱに綺麗だけどね・・・
電波望遠鏡とは冷たい星雲ガスやイオン化された電離ガス、
さらには超新星残骸ガスなど、目では見えない宇宙に広がる
ガスの中の分子を捉えることができる望遠鏡らしくてね。
まぁ誰もが知っている望遠鏡とはほど遠い、
パラボラアンテナの形態をした望遠鏡なんだけどね・・・
この望遠鏡を使うと星が生まれてから超新星爆発を起こして死ぬまでの
過程を詳細に捉えることができるらしいのですよ・・・
『野辺山電波天文台』には直径45 mの巨大なパラボラ望遠鏡1基と
直径10 mのミリ波干渉パラボラ望遠鏡6基が宇宙のガスを捉えるべく
どどーんと鎮座していてなかなか圧巻な風景を見せてくれるのですよ!
おぉぉぉ〜〜〜
Σ(`0´*)
そんなこんなで、
世界的にも超有名な天文台なんだけどね・・・
広い天文台の敷地の中には、
その他にも太陽の活動だけを捉えるための小さな小さな
(とはいっても近くまで行くとかなり大きいですが・・・)
パラボラアンテナが45基(だったか46基だったか・・・)
列をなして遠目ではお地蔵さんのように並んでいてね。
なんだか異質な空間に飛び込んだ感覚で・・・
不思議な体験をさせてもらいましたぁ〜
へへ〜
( ̄▽ ̄)
P80293291

P80293201

P80293141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火曜日)

高原で涼むっぺ・・清里の牧場『まきば公園』と有名な『清泉寮』ぅ〜 (Kiyosato Makiba Park and Seisen-ryo)

P80291661
靄が張った諏訪湖周辺だったけど・・・
今年の異常な暑さはここでも健在・・・
「暑いぃぃぃ〜死ぬぅぅぅ〜〜〜」ってんで、
諏訪湖から近場の高原『清里高原』方面へ
息も絶え絶え向かってみたのですよ・・・
ははは・・・
(/ー\*)
ということで、
今日はぁ〜みなさんにぃ〜
清里高原にある県立八ヶ岳牧場の一画の公園『まきば公園』と
清里では超有名な『清泉寮:(財)KEEP協会』
の写真をぉ〜
見て頂きますね!!!
前半の5枚の写真は『まきば公園』、
後半の5枚の写真は『清泉寮』の写真ですよぉ〜
ヽ(´▽`)/
さすがに高原という標高の高い場所・・・
行ってみると寒いとまではいかないけれど、
霧だらけのひんやりとした空気が支配しておりました・・・
暗くて写真撮りづらい・・・よ・・・
( ´;ω;`)ブワッ
P80292051

P80291961

P80291681
『まきば公園』は
八ヶ岳麓にある県立八ヶ岳牧場の一部を
一般に開放してできた公園なんだけどね。
まぁ小雨混じりの霧ばかりで重要な八ヶ岳は全く見えなかったけど・・・
楽しみにしてたんだけどね・・・八ヶ岳・・・
広大な公園には馬がいたり羊がいたり山羊がいたり、
ちょっと奥まで歩くと放牧されたたくさんの牛さんの群れも観れてね。
北海道に来ちゃったのかと間違うくらい
雄大な自然に満ちた公園でしたよ!!!
(*^ー゚)b
『しぇぽ』が訪ねた時には、
獣医さんが一部の乳牛になにかのワクチンを接種する場面を観れてね。
無表情な牛さんもやっぱり注射は嫌みたいでね・・・
縦長の鉄柵の中で身動きできないように閉じ込められた牛さんの
悲しげで怯えの混じった表情が印象的でしたよ・・・
「『しぇぽ』は何もしないから大丈夫だよぉ〜〜〜」なんて
宥めつつ近づいたんだけどね・・・
この状況では目も合わせてくれなかったよ・・・
ビッヒョ
(´・ω・`)ショボーン
清里では誰もが訪れる『清泉寮』。
なんでこんなに有名なのか・・・
ソフトクリームばかりじゃあるまい・・・
ってんで、
『清泉寮』ではちょっとその歴史を探索してみたんだけどね・・・
昭和13年に、銅像写真にもある
『ポール・ラッシュ』というアメリカ人が、
貧困の高冷地農村(清里)の食料・保険・信仰・青少年教育の
4項目の問題を解決すべく造ったのがこの『清泉寮』らしいのです。
ふむふむふ〜〜む
( ̄ヘ ̄)
P80292101

P80292281

P80292621
今でも学校的な教育が行われているみたいでね。
ちょっと奥まで足を伸ばすと、
気持ち良い森林の中にポツポツと施設が点在するんだけどね、
オルガンの演奏に合わせて歌う子供達の声が聞こえましたよ。
ポール・ラッシュ氏と共に
清里開拓地の入植者を支えた『安池興男』氏という方が
”清里開拓の父”と呼ばれているんだってさ。
ふぅ〜〜〜ん〜〜〜
( ´_ゝ`)
要するに・・・
今の清里の繁栄があるのも、
『清泉寮』ができたお陰ってなことなのね・・・と、
なんとなく納得した『しぇぽ』なのです・・・
( ^ω^ )
それにしても・・・
『清泉寮』にあるソフトクリーム売り場には、
もの凄い数の人々が列を作っておりまする・・・
なんなのよ・・・この人達は・・・
ソフトクリームと『清泉寮』って
なにかとてつもない歴史があるのかな・・・
面倒だからまぁ調べなくてもいいや・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
P80292471

P80292701

P80292551

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月曜日)

諏訪湖の夏は毎晩花火ぃ〜『サマーナイトファイヤーフェスティバル』ぅ〜 (Fireworks in Lake Suwa)

P80180911
諏訪湖では、
8月1日から9月3日まで、
8月15日を除いて毎日15分間だけの
サマーナイトファイヤーフェスティバル』という
小さな花火大会(まぁ花火小会というのがピッタリかな・・)
が開催されているんですよね。
8月15日には諏訪湖祭湖上花火大会が、
9月5日にはサマーナイトファイヤーフェスティバルフィナーレで
大きな花火大会だからもの凄い人出になると思うけど・・・
『しぇぽ』は人人人でごった返す花火大会は避けたかったから、
15分間だけの花火小会を見物してきたので、
今日はぁ〜
みなさんにその時撮った写真をお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
昨日の記事の『立石公園』から撮った写真だけど・・・
ちょっと遠目の花火はね、
できるだけボワ〜〜ッと撮った方が華やかに見えるからね、
普通の夜景感覚で撮ると貧相な感じになっちゃうのでね・・・
思いっきり光を散乱させて撮ってみましたよぉ〜
なんだかちょっと湖上の花火が幻想的でしょ〜
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
P80181031

P80180991

P80181051
15分間だけの『サマーナイトファイヤーフェスティバル』では
大きな花火や連続した花火打ち上げはほとんど無いけど・・・
『立石公園』は人も疎らでね、
ゆったり花火を独り占めぇ〜〜ってな感じで、
東京では味わえない長閑な雰囲気を堪能しましたぁ〜〜〜
イェイ
(v^ー゜)
それにしてもね・・・
何時からの打ち上げかよく調べないで・・・
花火が上がるのをじっと待ってたんだけど・・・ね・・・
きっと午後7時半とか遅くても8時だろうってな憶測でね・・・
待てども待てども花火は打ち上がらず・・・
諏訪湖周辺は山の稜線も判別できない闇に包まれ・・・
見えるのは街の灯りのみ・・・
(こういう状態だともう綺麗な夜景撮影もできないからね・・・)
『立石公園』の虫達が『しぇぽ』を連続して突っついては追い払い・・・
寂しさと不安が交差し始めたのです・・・
もしかして・・・
今日は開催されない日だったかな・・・諏訪湖まで来たのに・・・
ブッヒョ
(ノ_-。)
結局花火の打ち上げは8時半からでしたぁ〜〜〜
ホッ・・・
( ̄○ ̄;)!
8時半に終わる花火大会はいくつもあるけど・・・
8時半開催はちょっと遅過ぎやぁ〜〜しませんかい・・・
お腹も空いちゃうし・・・さ・・・
足下が見えなくて危ないし・・・さ・・・
他所からの旅行者が不安になっちゃうし・・・さ・・・
ねっ、『サマーナイトファイヤーフェスティバル』関係者の方々!
P80180901

P80181091

P80181011
7月の中頃は、
今年の夏は花火写真撮れるかなぁ〜なんて、
ちょっと意気込み衰退気味の『しぇぽ』だったけど・・・
結局8月初めのこの時点で3大会の記事を掲載できましたね!
次はどこ行くか予定も何も立っていないけど・・・
まだ一つくらいは掲載するんだろうなぁ〜〜〜
やっぱり花火は夏を代表するキラキラだしね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
昨日はまた新幹線に乗ったけど・・・
ここんとこの暑さもあって・・・
ちょっと疲れ気味だったからね・・・
新幹線では寝ていたかったんだけど・・・
なんとか座ることはできたんだけど・・・
夏休みで車内は人で溢れていてね・・・
寝に入る直前で通路を行き交う人の鞄が肩に当たって起こされて・・・
後ろにおじいちゃんと座っていた子供が煩いのなんのって・・・
関西弁の男の子でね・・・
ありもしないのに「あそこで山が噴火しとるやろ〜
ほら、あそこも、こっちも噴火だらけやぁ〜 なぁ、じいちゃん!」
なんてずーっとしゃべくりまくっててね・・・
つまらん会話が耳についちゃって・・・寝れなくて・・・
あぁぁぁ〜〜〜疲れちゃった・・・よ・・・
(ノ_≦。)
P80180881

P80181041

P80180981

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日曜日)

上諏訪の見晴し台『立石公園』から観た『諏訪湖畔』の夕景夜景ぃ〜 (Evening and Night Scenes of Lake Suwa from Tateishi Park)

P80180731
さぁ〜てぇ〜えっと
今日は諏訪湖周辺の夕方と夜を俯瞰して観てみよう〜
で、
諏訪湖全体を見下ろせる高台としては、
岡谷や下諏訪の街の北西に位置する高ボッチ高原展望台と
上諏訪の東の高台にある『立石公園』が有名なんだけどね。
高ボッチ高原は松本方面も見下ろせる上、
空気が澄んだ日には諏訪湖後方に富士山も観れるようだから、
天気さえ良ければそちらに行きたかったんだけど・・・
その日は靄が上空を覆っていて
あまり綺麗な眺望は期待できなかったからね・・・
上諏訪の近場『立石公園』に行ってみたのですよ・・・
で、
本記事では、
立石公園』から見下ろした諏訪湖の夕景夜景をぉ〜〜〜
みなさんにお届けしまぁ〜〜すぅ〜ねぇ〜〜〜
ヽ(´▽`)/
P80180241

P80180741

P80180181
初めて訪れる『しぇぽ』には
『立石公園』までの道が難しくてね・・・
だいぶ迷った末にやっと到着できたんだけど・・・
公園は綺麗に整備されていて、
展望場所からは諏訪湖全体が綺麗に見下ろせてね。
なかなか清々しい場所だったなりね!
( ^ω^ )
靄が張っていたから、
理想的な夕焼けを目にすることはできなかったんだけど・・・
太陽が沈んでから直ぐに
諏訪湖や湖畔の街全体が真っ赤(真っオレンジかな・・・)
に染まる不思議な現象の時間帯が15分くらいあってね。
なんだか幻想的で美しい風景でしたよ!!!
おぉぉぉお〜〜〜ぉぉぉ〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
写真は夜景と夕景を交互に並べてみたけど、
この『立石公園』からは、
下諏訪の街の東端がちょっと隠れるだけで、
諏訪湖と諏訪湖畔の街のほとんどを見渡せるから、
夜景好きには有名な展望場所なんですよね。
ふっふ
( ̄▽ ̄)
P80180751

P80180231
下の写真は
ちょっと倍率を上げて撮った夜景だけどね。
湖の中にくの字型の島があるのが見えるけど、
これは花火の打ち上げだけのために造られた人工の島で、
諏訪湖の花火のほとんどはここから打ち上げられるんですよね。
で、
『立石公園』はその花火打ち上げ場所からそれほど離れてないので、
花火鑑賞のスポットとしても有名らしくてね。
大きな花火大会の日には、
朝早くても場所を取れないくらい込み合うらしいです・・・
まぁ〜そうだろうなぁ〜〜〜
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
『しぇぽ』が観たのは毎日15分間だけの
ちっちゃな花火大会だったから、
公園はガラガラだったけどね。
明日はここから観た諏訪湖の花火ですよぉ〜
お楽しみにね!!!
(v^ー゜)
P80180681

P80179671

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土曜日)

『上諏訪』の歴史に触れてみよう!『諏訪大社上社本宮』と『高島城』ねっ! (Suwa-Taisya Kamisya Grand Shrine and Takashima Castle)

P80191021
今日は諏訪湖畔の歴史。
上諏訪にある御柱祭(おんばしらさい)で超有名な
諏訪大社上社本宮』と、
その昔、諏訪湖畔の浮城として知られていた
高島城』のお写真をぉ〜〜〜
みなさんにお届けしぃ〜
ちょっと上諏訪の歴史に触れてみて下さいね!!!
最初から5枚目までの写真は『諏訪大社上社本宮』、
後半は『高島城』の写真ね!!!
ヽ(´▽`)/
『諏訪大社上社本宮』は、
上諏訪の街のちょっと南西の山の麓にある
全国一万有余ある諏訪神社の総本社で、
日本の中の最古の神社の一つなんだけどね。
諏訪湖畔にはその他に『諏訪大社上社前宮』、
『諏訪大社下社秋宮』、『諏訪大社下社春宮』とあって、
『上社本宮』は当然一番古い歴史を誇るのです。
ふむふむふむふむ・・・
( ̄ヘ ̄)
上社と下社共に、
7年おきに『御柱祭』という、
神殿の造り替えと社殿の四隅に巨木を曳建てる
諏訪大社最大の神事が行われるんだけど・・・
みなさんテレビとかで、
その神事の過程の山から巨木を滑り落とす
勇壮な場面を目にしたことがあると思うけど・・・
P80190791

P80190971
上社と下社では滑り落とす巨木の形態が
少し違うんだけどね・・・
上社の方は巨木の端の方にV字の飾りを施すんだけどね。
総本社の『諏訪大社上社本宮』の『御柱祭』の方が有名と思いきや、
実は報道されるほとんどの『御柱祭』は、
死者が出たなどのニュースの報道で、
みなさんが目耳にする『御柱祭』は下社の方なのね・・・
ほぅほぅほぅ・・・
(||´Д`)
この点が以前から『しぇぽ』の疑問だったので、
上社本宮にいた係の人に尋ねてみると、
どうも下社の祭り関係者の方が資金集めがうまいみたいです・・・
ははは・・・
(*´σー`)
もともと諏訪湖畔は諏訪氏という豪族が支配してたんだけどね。
北条氏を敗って天下統一を成し遂げた豊臣秀吉が、
約400年前に臣下の『日根野織部正高吉』に
この地を支配させ築城させたのが現在の『高島城』なんですよね。
もともと湖畔にあったんだけど現在は上諏訪の街の中心にありますよ。
湖畔の浮城のイメージは今は全く無くなっているけれど・・・
復興された天守閣からは上諏訪の街が一望できてね。
本丸跡にはたくさんの鴨がいたりして、
なかなか気持の良いお城跡でしたよ!
ふっふぅ〜
( ̄▽ ̄)
P80190921

P80191101

P80291341
話は変わるけど・・・
不作からロシアが小麦の輸出を一時停止するという
報道がありましたね・・・
日本の小麦の自給率は大変低くて、
ほとんどが輸入に頼る現状だから、
日本の小麦の高騰が懸念されちょっとあたふたあたふた・・・
ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
最近はパン食が急速に普及している日本。
国民全体が欧米の食形態に傾倒するのも良いけれど・・・
そんな欧米の真似事ばかりを良しとしないで、
もっと主食である穀物の自給率に目を向けるべきだと思うけど・・・
日本で高い自給率を誇る穀物は『米』。
昔は政府も「もっとお米を食べよう!」運動してたけど・・・
最近はあまり耳にしないな・・・
ゲッピョ
(´・ω・`)
自給率の低い穀物ばかり食べていると、
他国のちょっとした政策であたふたしなきゃならないんだからさ・・・
日本は世界一美味しいお米を作る国なんだし・・・
もっとお米を食べようよ!
(* ̄0 ̄)ノ
P80291241

P80291541

P80291461

P80291301

P80291331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金曜日)

天竜川の起点、長野県の『諏訪湖』畔をぷらぁ〜ぷらぁ〜〜〜 (Landscapes around Lake Suwa)

P80190071
「関東近辺であまり混雑しない
花火大会ってないのかなぁ〜〜〜」ってな切なる想いから、
パソコン検索を駆使して
色々な花火大会日程を調べてみたんだけどね。
もう東京近辺の激混み花火大会には恐怖さえ感じていたからね・・・
そしたらね。
なんとなんとぉ〜〜〜
長野県の『諏訪湖』では8月1日から9月5日まで、
毎日花火大会が開かれるってなことが載っていて、
まぁ毎日15分間だけの小さな花火大会だけど・・・
8月15日と9月5日は大きな混雑花火の日みたいだけど・・・
「こりゃ〜〜行ってみるしかねっぺ!!!」ってんで、
朝早くから中央道で長野県『諏訪湖』を目指してみたので、
今日から何回か諏訪湖周辺の風景をお届けしますね!!!
(*^ー゚)b
今日は、
『諏訪湖』の南西湖畔の風景とその辺で見付けた
北澤美術館新館』のガラス工芸の写真を
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P80189391

P80190361

P80189881
静岡県浜松市の遠州海岸まで流れる
日本の大河『天竜川』の起点は『諏訪湖』なんだけどね。
二枚目の写真は、
『釜口水門』と呼ばれる諏訪湖畔にある
天竜川起点の水門なんですよね。
この水門が諏訪湖水の氾濫を防いでいるわけだけど、
水門には小舟が通過できるように舟通し水門が設けられていたり、
魚達が行き来できるように魚道が造られていたりしてね。
水門のお勉強をしながら天竜川の起点という
特異な場所に想いを馳せてみたのです。
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
それからそれからぁ〜
SUWAガラスの里って看板を見付けたからね。
『北澤美術館』では「色とりどりのガラスの
キラキラを撮影できるかなぁ〜」ってな感じで
ウキウキしながら入館してみたんだけど・・・
写真撮影はおそらく注意されると思われる
ガラス工芸販売のお土産店では色とりどりのキラキラが
一杯だったんだけど・・・
アール・デコの傑作が飾ってあるという
写真撮影もOKの有料展示場は・・・
あまり『しぇぽ』の好きなガラスのキラキラではなかったよ・・・
ちょっとがっかり・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P80190021

P80189291

P80190551
それでもね、
美術館内部の無料エリアには
5枚目の写真にあるように、
世界最大と言われるクリスタルの水晶玉が
どど〜〜んと鎮座していろんな色の光で
グルングルンしててね。
ちょっと見応えがあったかな・・・
おぉぉぉ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
お土産売り場の可愛くてカラフルなガラス工芸品が展示エリアにあったら・・・
『しぇぽ』は嬉しくて嬉しくてたくさんパチリパチリしたのにな・・・
高価そうで芸術性に富むと言われる
重厚なガラス工芸品って・・・
『しぇぽ』にはあまり魅力的じゃないよ・・・
なんとなくヨーロッパ辺りの室内が暗い館の中に
飾ってありそうな怖い感じがするし・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
今回は突然の諏訪湖訪問だったからね。
下諏訪や岡谷辺りはほとんど行けなくて・・・
上諏訪と呼ばれる辺りを重点的に巡ったのですね。
意外に観光客の少ない長野県の穴場『諏訪湖』周辺。
明日はどこの写真でしょう〜〜〜
お楽しみにね!!!
(v^ー゜)
P80190061

P80189911

P80189761

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木曜日)

強風で流されるぅ〜〜〜小雨混じりの『足立の花火』ぃ〜 (Fireworks in Adachi-ku)

P72988381
ちょっとブログ更新止まっててすみません・・・
いろいろあるお歳頃なもんでね・・・
まぁまだまだがんばりますよ・・・
それにしても東京はまだまだ暑すぎますね・・・
アサヒコム見て知ったんだけどね。
自動車の熱気に包まれる環八道路が上昇気流を生み、
道の上に直線的な雲ができるってんだから・・・
なんちゅう街なのよ・・・東京って・・・
そのうち・・・
東京上空で台風が発生するなんてことに・・・
ならなければいいが・・・
ははは・・・
(*´σー`)
今日はね、
先日(先月末ですね・・・)行われた、
大正13年からの千住の花火を起源とする歴史ある花火大会
足立の花火』に行ってきたので、
まぁ『しぇぽ』の住んでる所からはちょっと遠いから・・・
混雑を避けるために早めに撮影切り上げて足早に立ち去ったけど・・・
その写真をみなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
P72988321

P72988221

P72988001
足立の花火』が開催された日はね、
まぁ、ほぼ90%くらいの確立で中止になると思われる
大変大変天候の悪い日でね・・・
それでも突然の中止覚悟で行ってみたんだけど・・・
風がすごいのなんのって・・・
打ち上げた花火全てがグワァ〜〜ンと風に流されて・・・
長時間露光での写真は全て不格好になっちゃった・・・
(´;ω;`)ウウ・・・
それにねそれにね、
常に小雨が降っていてね・・・
何粒か雨粒がレンズに付いちゃって・・・
そんな雨粒混じりの写真もあるけど・・・
せっかく遠くに行って撮ってきたんだからさ・・・
努力に免じて・・・観てね・・・ ・・・
( ´;ω;`)ブワッ
『しぇぽ』は荒川の河川敷のグランド脇のベンチに
運良く腰掛けて花火を観ることができたんだけどね。
『しぇぽ』の横には一見不良的若者二人が座ってたけど・・・
話してみると結構良い若者でね・・・
まぁ『しぇぽ』も厳つい顔つきと体格を備えているからね。
傍から観たらおっかない男三人組に見えたかもしれないけど・・・
なかなか楽しく撮影できたなりね・・・
はは・・・
(*´v゚*)ゞ
P72989041

P72988111

P72988911
『しぇぽ』もいろいろな花火大会に行ったけど・・・
足立区在住でおそらく選ばれた一組のカップルだと思うけど・・・
花火打ち上げ前に結婚式を行う花火大会は初めて見ました・・・
珍しいなぁ〜〜〜
となりの悪ガキもやんややんや茶々入れて、
全く見ず知らずの何万人かに祝福されてたけど・・・
猛烈に恥ずかしい結婚式だな・・・あれは・・・
はは・・・
(*´ェ`*)
話は変わるけど・・・
もしかしたら8月4日夜にオーロラが
日本各地で観られるかもしれないってな情報で・・・
なんだか太陽表面のフレアってやつが大規模に爆発し
荷電粒子が大量に地球に降り注ぐってな話だけど・・・
ちょっとした高台に登って、
北の夜空を凝視してみたけど・・・
なぁ〜〜〜〜んにも夜空に変化無し・・・
あぁぁぁ〜〜〜つまらない夏の一夜・・・
みなさんも・・・
強力な電磁波にお気を付け下さい・・・
(* ̄0 ̄)ノ
P72988551

P72988241

P72988341

P72988211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日曜日)

『お台場海浜公園』からカラフルな東京海辺の夜景ぃ〜 (Colorful Night Scenes from Odaiba Seaside Park)

P61071491
今日はお台場の夜景をお一つぅ〜
お台場の海辺といったら誰もが思い出すぅ〜
一番有名なお台場の公園〜
お台場海浜公園』から観た
色とりどりのたくさんの屋形船に主眼を置いたぁ〜
カラフルカラフルなぁ〜東京海辺の夜景ねっ!!!
おぉぉぉ〜〜〜美しいぃぃぃ〜〜〜
ヽ(´▽`)/
いつ行っても、
お台場海浜公園』の人工浜で囲まれた夜の海辺には、
なんじゃこりゃ〜〜ってたまげちゃうくらい
たくさんの色鮮やかな蛍光色を発する屋形船が
濃密にプカプカプカプカしてるんだけどね。
まぁその濃密度合いは週末が激しいんだけど・・・
浅草や豊洲辺りか宴会客や観光客を乗せて
お台場海辺に集合するたくさんの屋形船が浮かぶ様子は、
今や代表的なお台場の夜の風景になっていますね。
ふふっ
( ̄▽ ̄)
お台場海浜公園』を見渡せる
『デックス東京ビーチ』テラスから観た
屋形船とレインボーブリッジなどの夜景は、
以前にこのブログでも紹介したのでそちらもどうぞぉ〜
(v^ー゜)
P61071411

P61071461

P61004061
お台場の海が、
屋形船の色彩とそれが海面で反射する光でカラフルに彩られて、
人工浜の傍らから観るには大変美しい夜景なんだけどね。
屋形船一艘一艘を間近でじっくり観察してみると、
(ちなみに大きな船は一隻二隻、
比較的小さな船は一艘二艘と数えるらしい・・・)
宴会客が酒飲んでギャハギャハ酔っぱらってるし・・・
蛍光色をギラギラさせてプカプカする様は、
あまりにキャバレー的と言うか歌舞伎町的と言うか・・・
その激烈な品の無さに・・・
ちょっと興ざめしてしまいまする・・・
グェッピ
( ̄○ ̄;)!
実際横浜生まれで東京育ちの『しぇぽ』が、
自他ともに認める容姿も性格もおぼっちゃまの
良質の品に溢れまくる『しぇぽ』が、
この屋形船に乗りたいかと問われれば・・・
船からの夜景は綺麗に撮れないこともあるし・・・
ギラギラと品の無い光に包まれたくないし・・・
全く乗りたいとは思わないな・・・
ははは・・・
(*´σー`)
あっ!!! すみません!!!
大変な嘘をついていました・・・
「自他ともに認める容姿も性格もおぼっちゃまの
良質の品に溢れまくる『しぇぽ』が」のくだりは・・・
ねもはもない嘘でございます・・・
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
P61071431

P61072501

P61071391
ちょっと昨夜は出掛けられなかったけど・・・
大きな花火大会が色々な場所で開催されたみたいですね。
全国的に有名な隅田川花火大会に、
東京都下では超有名な立川まつり花火大会・・・
一つ前の記事で花火写真を失敗したと書いたけど・・・
なぜ大失敗かと言うと・・・
縮小した写真はそれなりなんだけど・・・
ノイズリダクションがダメなカメラでね・・・
大きな写真はとても見せられない花火写真だったのよ・・・
゚゚(´O`)°゚
花火写真って、
未だにどう撮ったら美しいのかの判断が難しい・・・
『しぇぽ』的には以前に掲載した『青梅市納涼花火大会』とか
東京湾大華火祭』のように花火にドドーンと迫った方が、
美しいと思うんだけど・・・
そうなるとどこの花火大会かの意味合いが薄れるし・・・
風景も混ぜて『沼津狩野川花火大会』のように写すと
なんとなく花火の美しさが際立たないし・・・
石和温泉花火大会』みたいに全体を綺麗にフレームに捉えると
なんとなく『しぇぽ』らしさが隠れちゃうし・・・
まだまだ試行錯誤が必要な被写体だぁ・・・
(* ̄0 ̄)ノ
ここ数日ちょっと雨も降り
ほんの少し涼しく寝れる気温になったけど・・・
まだまだ気を抜けない暑さが続きそうですね・・・
暑くて寝苦しい夜に、
気が高ぶっているとさらに寝不足に陥りますからね。
最近読んだ本で、
気分が安らぎのほほんと安眠を誘う本を紹介しますね。
伊坂幸太郎という作家の『砂漠』
今なら書店のどこにでもあると思うけどね。
なんとなく学生時代を思い出して、
ほんわかした心地良い気持になれますよ!
ふっふ
(*^ー゚)b
P61071601

P61072091

P61004161

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »