« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の25件の記事

2010年7月29日 (木曜日)

2010年夏の花火第一弾はぁ〜ゲゲゲの『調布市花火大会』ねっ!!! (Summer Fireworks in Chofu City)

P72387411
さぁ〜〜てぇ〜〜っと、
今日は2010年夏の花火の第一弾!!!
NHK連続テレビ小説の『ゲゲゲの女房』の地元、
調布市花火大会』の写真をぉ〜〜〜
みなさんにお裾分けぇ〜〜〜ね!!!
ヽ(´▽`)/
でもね・・・
久しぶりの花火写真でね・・・
『しぇぽ』は不満不満ふぅ〜〜まぁ〜〜ん〜〜だらけ・・・
持ってった古いカメラも選択失敗・・・
何度も失敗してるのに・・・
(失敗の詳細は解らないかもしれないけど・・・)
なんでかまた持ってっちゃったの・・・ね・・・
色合いの選択も失敗・・・
なんとなぁ〜く場所取りも失敗・・・
ちょっと酔ってるのも合わさってグチャグチャグチャ・・・
もぅぅぅ・・・『しぇぽ』の人生のよう・・・
( ´;ω;`)ブワッ
でも・・・
雰囲気は味わえる写真だと思うし・・・
観てやってな・・・
P72387561

P72386591

P72386721
今年の『調布市花火大会』は
ゲゲゲの女房』を売りにしているようでね。
そのドラマの主題歌に合わせて、
『ゲゲゲの女房』らしい花火(なんのこっちゃ・・・)の
競演があったらしいんだけど・・・
一説では『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクター花火が
打ち上がるって聞いたんだけど・・・
確かにドラマの主題歌が流れて
テンポよく花火が打ち上がっていたけれど・・・
なぁ〜〜〜んにも解らなかったよ・・・
ギュッピョ
(´・ω・`)ショボーン
まぁでもね。
ここの花火大会は都心の花火大会に比べると、
撮影場所の確保は簡単だしね。
警備員や地元のボランティア警備の人達も
それほど煩くないしね。
東京都内で一番最初に行われる大きな花火大会としては
最高の雰囲気の花火大会ですよ〜〜〜
ふふっ
(*^ー゚)b
それにしても・・・
今年もそうだったけど・・・
ここの花火大会のフィナーレは・・・
いつもちょっと物足りない・・・感じね・・・
毎年、「あれっ!あれで終わっちゃったの・・・」って
ブツブツブツブツ・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
P72387391

P72387551

P72387191

P72387641
第一弾なんて言っちゃったけど・・・
今年は何回花火大会に行けるかな・・・不安・・・
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
今年の『調布市花火大会』の夜は、
最初から終わりまでずーっと遠くで稲光が
ピカピカピカピカしていてね・・・
音はほとんど聞こえないくらい遠くで・・・
不安を誘うようにピカピカピカピカ・・・
「もしかしたら・・・
花火打ち上げ中にザーッと来るかな・・・」なんて、
稲光をチラチラ気にしながらパチリパチリしてたんだけどね。
最後まで雨は降らず・・・良かった・・・
( ̄Д ̄;;
でも自転車での帰り道にちょっとザァーっとやられちゃったけど・・・
去年も一昨年も・・・
ここの花火大会はお天気不純だった気がするな・・・
まぁ梅雨が明けるか明けないかのきわどい時期の花火大会だからね。
この花火大会は、
これからも毎年撮影失敗しに出掛けますからね・・・
毎年がんばって開催して下さいね!
調布市花火大会実行委員の方達!!!
(* ̄0 ̄)ノ
P72387431

P72386711

P72387471

P72387421

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水曜日)

JR中央線国分寺駅近くにある『殿ケ谷戸(とのがやと)庭園』の緑に癒されるぅ〜 (Summer in Tokyo Metropolitan Park "Tonogayato Garden")

P71877841
JR中央線の『国分寺駅』南口直ぐの所には、
殿ケ谷戸庭園』と呼ばれる都会のオアシスのような
東京都所有の庭園があるんですよね。
先日の暑い日に・・・
オアシス求めてその庭園に行ってみたので、
今日はみなさんに、
『殿ケ谷戸庭園』の木々の緑の写真をお届けし、
涼やかな雰囲気に浸ってもらおうと思いますぅ〜
毎日暑いですからね!!!
ヽ(´▽`)/
国分寺駅周辺は、
昔は国分寺殿ケ谷戸と呼ばれていたので
『殿ケ谷戸庭園』と言うらしいんだけどね。
その歴史は、
大正2年に旧満鉄副総裁の江口さんが別荘を建てる。
 |
昭和4年に三菱財閥の岩崎さんの別邸となる。
 |
昭和49年に都が買収し有料庭園となる。
ってなことで、
まぁ成金達の夢の跡なんですよね・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
P71877801

P71879451

P71878031
まぁでも、ほんと緑が綺麗な庭園でしたよ!
武蔵野の自然の段丘を上手く使っていてね、
断崖の上の平地は綺麗な芝生の庭園になっていて、
そこに見栄えよく別荘の木造建築物が二棟建っていてね。
断崖の谷は木々や竹薮が密集してて、
木陰が多く池もあって涼やかでね。
ふふっ
( ̄▽ ̄)
でもね、
猛烈に暑い日だったからね・・・
ここを訪れていた他の人達は、
みなさん木陰部分の別荘のベンチでぐったりしておりましたよ・・・
グッピョ
ι(´Д`υ)アセアセ
『しぇぽ』も・・・
撮影なんてどうでもいいと思うくらい・・・
大量の汗かいて体力消耗しちゃってね・・・
頭が朦朧となりながら・・・
それでも本能でパチリパチリしていたんだけど・・・
木陰部分のロウシャッタースピード領域では、
大量のブレブレ写真をパチリパチリ・・・
グワッ
( ´;ω;`)ブワッ
P71879291

P71878801

P71879341
それにしても・・・
『人生山あり谷あり』なんて言うけれど・・・
良い状態とは一体山にいる時なのかな谷にいる時なのかな・・・
なんだか解らないですね・・・
山を登る時の辛さを人生悪い時と捉えるならば・・・
山を下るときまたは転げ落ちる時を良い状態と言うのも変だしな・・・
結局『人生山あり谷あり』は
全体的に人生良いことなんて無いんだよ・・を表現した言葉なのかな・・・
それだったら、
『人生山ありまた山あり』とか
『人生谷歩いてまた谷に落ちる』とか言えば良いんだからね・・・
きっと山か谷のどちらかが良い状態でどちらかが悪い状態を
表してるんだと思うけど・・・
はは・・・
(*´σー`)
まぁ多くの人が感じているように、
山は辛い時で谷は順風が吹き抜ける時と仮定するならば、
『しぇぽ』の人生・・・
『人生山ばかり』・・・です・・・よ・・・
(´;ω;`)ウウ・・・
まぁ山ばかりと言う状態は実際には高度の高い平地ばかり
ってなことでもあるんだろうからね・・・
空気の薄い環境を楽しむしかないのかな・・・
ピュ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
P71878371

P71878281

P71879541

P71878941

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火曜日)

『半蔵門』付近の皇居お堀端で夜景撮影ぃ〜 (Night Scenes near Tokyo Imperial Palace "Hanzomon")

P71676171
一回書いた文章が消えちゃった・・・
がんばって再度書かなくては・・・
もぅ・・・
今日は東京夜景ね!
皇居内堀のお堀端って時計回りでいうと、
東京駅近くの丸ノ内の皇居前広場辺りから、
桜田門と半蔵門と千鳥ヶ淵辺りをグルーッとして、
武道館がある北の丸公園をグルグルーッとして、
竹橋や平川門辺りから気象庁がある辺りを抜けて
和田倉噴水公園がある大手門辺りまで
円を描いて一周してるでしょ〜
で、
「そういえば、平川門辺りや大手門辺り
さらには皇居前広場辺りの皇居お堀端夜景しか
このブログでは掲載していなかったなぁ〜」
なんて突如考えてね・・・
「これだけ掲載していれば十分じゃないの?」
ってなご意見もあるでしょうけど・・・
まぁ確かに皇居お堀端夜景の綺麗所はほとんど掲載してるけど・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
先日『半蔵門』付近に降り立って、
その辺のお堀端夜景を撮ってきたので、
今日はみなさんにその写真を観て頂きますね!!!
ヽ(´▽`)/
P71676421

P71676291

P71676161
『半蔵門』付近のお掘端は、
桜田門とか丸ノ内辺りのお堀端より
ちょっと高台になっていてね。
だから当然この付近の堀は
深く掘り下げられているんだけどね。
『半蔵門』から桜田門までの下り坂は三宅坂と呼ばれ、
この坂付近には国会議事堂や最高裁判所などの
国の重要機関が密集していることは
みなさんはもう知っていますね。
えっ!知らない・・・
めっ!!!勉強不足なり!!!
なぁ〜んちゃって・・・
ははは・・・
(*´σー`)
『半蔵門』付近のお堀端の高台からは、
サスペンスドラマとかでみなさん一度は見たことがある、
警視庁とか検察庁のビルの窓明かりが
お堀に写る風景を見渡せてね。
なかなか清々しい夜景に出会えるんですよね。
ふっふぅ〜
(v^ー゜)
でもね、
皇居内堀のお堀端を歩いていると、
多くの人間がマスコミに踊らされる場面を・・・
多くの人間が流行に従順であるという代表的な風景を・・・
目にすることができるのです・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)
P71676361

P71676241
「さぁ!皇居のお堀沿いの道を健康的にランニングしましょう〜」
って去年か一昨年にマスコミが挙って取り上げてからというもの、
皇居内堀お堀端では・・・
もの凄い数の人々が川のごとく走っております・・・
老若男女入り乱れてハッハハッハやっております・・・
なんでかみんなきちっと反時計回りでね・・・
おぉぉぉ〜〜〜なんじゃこりゃぁ〜〜〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
撮影目的でゆっくり歩いている『しぇぽ』なんて・・・
「どけどけどけ〜〜っ」ってはじき飛ばされそうです・・・
落ち着いて撮影ができやしない・・・
( ´;ω;`)ブワッ
もう夜の八時過ぎだよ・・・
きっとここを走るランナーの多くは
この付近に住んでいるわけではないと思うけど・・・
十把一絡げの流行なんて追いかけないでさ・・・
早く家に帰りなさいよ・・・
きっと自宅の近くにも独りで黙々と走れる場所はあるだろうし・・・
なんで皆と一緒じゃないと嫌なのよ・・・
もぅ・・・
(*`ε´*)ノ
P71676471

P71676211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月曜日)

夏真っ盛りぃ〜『世田谷区フラワーランド』の色彩ぃ〜 (Colorful Flowers in Setagaya-ku Flower Land)

P70279481
今日はお花。
世田谷区フラワーランド』のお花達。
こう暑いと・・・
炎天下でのお花撮影は大変ですね・・・
人間はこの陽射しに頭朦朧・もうろう・モウロウ・・だけど・・・
同じ生物でも、
蝶ちょや蜂さんたちは、
なんとなく涼しげにヒラヒラブンブンしているな・・・
なんでかな・・・ 頭がクラクラしないのかな・・・
常に花の蜜吸って・・・
脱水症状にならないんだろうな・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌
でも『しぇぽ』は知っています・・・
小さな虫達も人間と同じ欲求があることを・・・
へへへ・・・
(○゚ε゚○)
「教えなぁ〜い〜」何て言いません。
そんなちっちゃな人間ではありません・・・
『しぇぽ』は・・・
ポッポッポッ
(*´ェ`*)
P70279351

P70279111

P70278921
甘〜〜いジュースばかり飲んでいても、
時には甘くない飲み物を欲しますね・・・人間は・・・
糖分が必要な子供でさえもその時々で無糖飲料を自然と口にします・・・
それが生物の本能・・・
爽快にキィ〜ンと冷えたお茶とか無糖のアイスコーヒーとか、
夏場には最高ですね。
まぁ『しぇぽ』は春夏秋冬常にいつでもどこでもぉ〜
甘い飲み物は嫌いだからほとんど飲まないけどね・・・
『しぇぽ』のことなんでどうでもいいのです・・・
「私、飲み物はコーラしか口にしません」なんて、
生理学的ホメオスタシスを失ったオバカアイドルもいるようだけど・・・
そんな稀例はどうでもいいのね・・・
きっとあなたは若くして糖尿病・・・
まぁそんなことはいいのです・・・
はは・・・
(*´σー`)
そうだ!
『しぇぽ』が何を知っているのか言わなくては・・・
そうそれは、
小さな虫達も花の甘い蜜に飽きちゃう時があるのよね。
「甘いのはもう嫌!!!」ってな目をすることがあるのよね。
「水を!!!甘くない水を!」ってな行動に出ることがあるのよね。
それが生物学的恒常性の原理。
『しぇぽ』は見知っています。
( ̄ー+ ̄)
P70279131

P70279171

P70279291
雨の後に、
小さな虫達が葉っぱの上の水滴をチューチュー吸うのを・・・
早朝に、
花弁に付いた朝露をチューチューチューチュー吸う姿を・・・
炎天下の日に人間が撒いた水を、
チューチューチューチュー貪り吸うのを・・・
ふふっ
( ̄▽ ̄)
多くの場合水を吸う虫達は、
花の蜜を吸う時よりも落ち着いてのんびりしています・・・
のんびり味わう水の味・・・
甘くない水には生物を落ち着かせる何かがあるのかな・・・
まぁとにかく・・・
小さな虫達を良〜〜く観察すると、
彼らが何を欲していて何を考えているのかが、
なんとなく解るのです・・・
(* ̄0 ̄)ノ
はいっ!変な文章
終わり!!!
P70279501

P70278941

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土曜日)

提灯の燈籠の織り成す美しさ:靖国神社の『みたままつり』ぃ〜 (Mitama Matsuri Festival in Yasukuni Shrine II)

P71677571
今日も昨日に続いて
靖国神社の『みたままつり』のお写真を
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
今日は、
とにかくこのお祭りの目玉、
提灯や燈籠だけのお写真ね!
まぁ全ての光は電気仕掛けだけど・・・
東京都心部で三万個以上の提灯に
ロウソクの炎を灯すのも消防法で許されないんだろうけど・・・
それでもね、
ほんと圧倒されるくらい無数の提灯や燈籠が
靖国神社の広い境内に埋め尽くされていてね。
なかなか荘厳かつ厳粛な雰囲気が神社全体を包んでいましたよ!
盆行事に因んだこういうお祭りは、
本当なら屋台とかあまり出さないで、
煩いががきんちょとかがあまり興味が湧かない雰囲気で行えば、
粛々として『みたま』さんも喜ぶんだろうけどね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P71676761

P71677021

P71677301
それにしても・・・
梅雨が終わってから直ぐの
今年の夏はほんと暑過ぎますね・・・
ここ数年あんまり経験しなかったような
猛烈な暑さだと思うんだけど・・・実際どうなんだろう・・・
( ̄○ ̄;)!
ここ数日一日一回の目眩が
『しぇぽ』を必ず襲いますよ・・・
ギッピョ
∑(=゚ω゚=;)
脱水症に伴う軽い熱中症的目眩だと思うんだけど・・・
大丈夫かな・・・
なんかちょっと自分の身が本気で心配になるくらい、
今年のこれまでの暑さは異常ですね・・・
こんな異常気温の中、
夏バテでも起こしたらダブルパンチってんで、
食欲無くてもなるべくたくさん食べるようにしているけど、
それ以上に水分補給は重要ですからね。
外出している時にあまり喉の渇きを感じなくても、
短めの一定時間間隔で水分補給しないと・・・
熱中症で倒れちゃいそう・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)
『しぇぽ』にとってこのブログ観て下さっている方々は、
我が人生で大切な方達ですから言っとくけどね・・・
外ではペットボトルとか水筒とか
水分補給できるものを必ず携えてお出掛け下さいね!
口にする水分を絶対に絶やさないようにね!
それからね、
寝る時は冷房消してってぇ〜のは正しいと思うんだけど・・・
夏風邪引いちゃいますからね・・・
でも、この暑さの中で寝ていて、
朝起きた時に直ぐに小便が出ないのは
やっぱりかなり危ない脱水兆候ですからね。
寝る前の水分補給も怠り無くね!!!
(* ̄0 ̄)ノ
今日はなんだか医者のような『しぇぽ』なのです・・・
はは・・・
P71676791

P71677111

P71677161
『みたままつりも』もそうだけど・・・
東京の有名な祭りというのはほんとすごい人です・・・
夜に美しい光の無い祭りは
撮影対象として『しぇぽ』はあまり興味が湧かないけど・・・
この暑さだと、
昼間の神輿系揉み合い系の祭りは大変ですね・・・
今年は本気で水を撒かないと何人も祭り中に倒れちゃいそう・・・
( ̄Д ̄;;
夏祭りとか夏の賑わいの中で食べる物として、
『しぇぽ』が最も興味のあるのは『かき氷』だけど・・・
みなさんは何味のかき氷が好きですか?
『しぇぽ』は抹茶味ね!!!!!
あんこや小豆が入っている高級なのも大好きだけど、
シンプルな抹茶かき氷のシロップ掛けもだぁ〜い好きね!
ふふっ
(v^ー゜)
でもね・・・
ほとんどの祭りとかの出店では、
『抹茶かき氷』はあまり見掛けませんね。
喫茶店とか甘味処に行かないとなかなか食べられないあるよ・・・
原料が高いというのなら・・・
50円増しでも良いからさ・・・
テキ屋のみなさん・・・
『抹茶かき氷』も是非宜しくお願いいたしますね!
( ^ω^ )
P71677681

P71676731

P71677071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金曜日)

靖国神社『みたままつり』:厳粛な光に包まれますぅ〜 (Mitama Matsuri Festival in Yasukuni Shrine I)

P71677381
さぁぁぁ〜〜てっとぉぉぉ〜〜〜
今日と明日はぁ〜〜〜
これでもかぁ〜ってな感じで、
怒濤の提灯及び燈籠攻撃によって、
みなさんを船酔いさせちゃいますよぉぉぉ〜〜〜
ははは〜〜〜〜〜
(^Д^)プギャー
掲載する写真はぁ〜〜〜
参拝問題でいつも取沙汰されるぅ〜
日本を代表する神社の一つぅ〜〜〜
尊い命を国家に捧げた人々の御霊を慰めるために創建されたぁ〜〜〜
JR『市ヶ谷駅』と東京メトロ『九段下駅』の間にあるぅ〜〜〜
靖国神社』で行われたぁ〜〜〜
みたままつり』の様子ね!!!
わぁぁぁおぉぉぉぉぉ〜〜〜
ヽ(´▽`)/
今日は神社の祭りの雰囲気に主眼をおいた写真で、
明日はとにかくこれでもかぁ〜って提灯写真をな並べたてぇ〜
みなさんを烈火の中で撃沈させちゃいますよぉ〜〜〜
ふふふふふふふふふぅ〜〜〜っ
(*^ー゚)b
なぁ〜〜んちゃって・・・
P71676641

P71677181

P71677551
昨年はまだ夜に入る前の『みたままつり』の写真を
ちょっとだけ掲載したけどね・・・
やっぱりちゃんと撮影したくてね・・・
先週の最終日の16日の夜に行ってみたのですよ。
( ^ω^ )
この『みたままつり』は、
日本古来の盆行事に因み昭和22年に始まった
それほど古い歴史のある祭りじゃないんだけどね。
参道に壁のように提灯が並んでいて、
有名人の造った懸雪洞と呼ばれる燈籠やらが、
境内に所狭しと並んでいてね。
まぁ三万個以上の提灯やら燈籠があるってんだから、
それらが放つ輝きだけで圧倒されちゃうんですよね・・・
おぉぉぉ〜〜〜〜〜なんじゃこりゃぁぁぁ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
行ってみるとね。
予想に反してまぁすごい人人人・・・
『人の波が押し寄せる』ってな表現がベリーマッチする
まぁサクラの季節の夜の千鳥ヶ淵とか
まぁ隅田川花火大会の浅草界隈とか
そんな激しい苦しい状況なのよ・・・
気を抜いていると・・・
他人のソフトクリームが服にくっ付きそうです・・・
焼き鳥のタレで服が汚れそうです・・・
フランクフルトのケチャップで儚げに服に血糊ができそうです・・・
ギュッペ
(。>0<。)
幕末の有名人大村益次郎像がある参道付近にはね、
提灯の壁に並ぶようにずらーっと屋台が出てるんだけど、
その辺が本当にすごい人で・・・
警備員もカリカリしちゃって緊張感も漂って・・・
構想では・・・
益次郎ちゃん銅像辺りから、
提灯壁の迫り来る写真が一番撮りたかったんだけど・・・
その位置に三脚立ててパチリなんて
絶対絶対無理無理ね・・・
( ´;ω;`)ブワッ
P71676951

P71677481

P71676571
でもね、
面白いことに、
この祭りは名前の如く
戦没者の方々とかの霊を慰める祭りなはずなのに・・・
靖国神社で一番重要な拝殿とか本殿に近づくにつれ、
祭りに来た人の波が薄れていきます・・・
みんな霊を鎮めるなんてことはどうでもよくて・・・
フランクフルトやりんご飴やソフトクリームや綿菓子
さらにさらに焼きそばや焼き鳥やお好み焼きが目的だったのね・・・
まぁ〜〜そうだろうなぁ〜〜〜〜〜
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
ということで、
拝殿近くは燈籠や懸雪洞がいっぱいあるのに、
三脚立てるくらいの余裕もあるからね・・・
その辺りで落ち着いてパチリパチリした『しぇぽ』なのです・・・
ははは・・・
(*´σー`)
そうそう、
一番混んでいる参道辺りはね、
提灯壁の灯だけで十分明るいのに・・・
要所要所で激しい白熱光が灯っています・・・
これがね撮影すると激しいゴーストの原因になっちゃって・・・
来年からは白熱光除去を希望します!!!
ねっ!『みたままつり』関係者の方々!!!
(v^ー゜)
P71677191

P71677451

P71677421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木曜日)

ここはあまり綺麗な写真が撮れないや・・・三軒茶屋の『キャロットタワー』からの眺望ぅ〜 (Tokyo Evening Landscapes from Sankenchaya Carrot Tower)

P71085241
外は暑いし足は痛いし・・・
アジジアジジ・・・イタタイタタ・・・
小田急線『豪徳寺駅』から始まったお散歩も
アジジアジジイタタイタタ状態になりながらも
やっと『三軒茶屋』に到着くぅ〜
ふぅふぅ・・・
せっかく『三軒茶屋』に来たんだから、
三軒茶屋』と言えば『キャロットタワー』の
無料展望スペースに行かなきゃね!ってんで
しっかり登って
夕方からまだ早めの夜の眺望写真を撮ったので、
今日はその時の写真をみなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
あまり綺麗な写真じゃないけど・・・みてね・・・
( ´;ω;`)ブワッ
写真に綺麗に写せる展望台かどうかは別として、
ここからは、
東京西部の中央線南側辺りまでの風景が良く見渡せますよぉ〜
用賀にあるビルや近くを走る国道246が望めて、
世田谷線が走る様子が眼下に見えて、
方角を変えると、
品川のビル群と新宿のビル群まではなんとか観ることができますよ。
そうそうこの日は横浜のランドマークタワーも見えましたぁ〜
ふふっ
(v^ー゜)
P71086291

P71085371

P71086241
とはいっても、
東京駅とか東京タワーとか六本木ヒルズとか
夜景写真で重要な東京都心部の風景は、
無料展望スペースからは観ることができなくて・・・
そちら方面の眺望が見たければ、
レストランに入るしかありません・・・
もぅ・・・
(≧ヘ≦)
『キャロットタワー』無料展望スペースから
新宿のビル群方面を写真に写す場合には、
ものすごく疲れる体勢で手を伸ばして
ガラス窓に接近しなきゃならないんだけど・・・
それももの凄く大変なんだけど・・・
ガラスに反射した室内の明かりの写り込みが激しくてね・・・
良い写真が撮れないよ・・・
ゲッピュ
(´;ω;`)
一枚目の新宿ビル群方面の眺望写真は
写真の半分くらいで色合いがちょっと違うでしょ。
右半分は室内が移り込んだ色合いなのよ・・・
室内の明かりの写り込みを除去したければ、
暗幕を持参して室内明かりをブロックする必要があるけどね・・・
もし暗幕みたいなものを持っていたとしても・・・
手を伸ばしたすごい体勢で撮らなきゃならないからね・・・
まず不可能ですね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P71085701

P71086141

P71086051
そうそう、
ここで新宿方面の写真を撮っている時に、
まぁ新宿方面を観れるスペースはかなり小さなスペースなんだけど、
そのスペースに『しぇぽ』の他に一組のアベックがいてね。
「女:新宿のビルの右の方のよく見る三角てっぺんのビルはなに?」
「男:ホテルじゃね」
「女:じゃ〜京王プラザホテルかなぁ〜」
「男:最近できたなんとかというホテルだよ」
「男:友達の○○がなんとかホテルって言ってた気がすんな」
「女:そうなんだ〜でもあんな所にホテルあったかな・・・」
「女:ホテルじゃない気がするなぁ〜」
「女:たしか代々木辺りにあるビルだよ」
「男:そうかなぁ〜わかんねぇ〜」
なんて、
『しぇぽ』の間近でゴチャゴチャ実の無い会話を繰り広げていたからね。
「しぇぽ:あぁ〜あれはね、有名なドコモの代々木ビルだよ」
と教えて上げました・・・
なんの面白みも無い会話の再現文で・・・
どうもすみません・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
P71086321

P71085381

P71085611

P71086221

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水曜日)

歴史深い『世田谷城趾』と『松陰神社』を巡るのだぁ〜 (Setagaya Castle and Tokyo Shoin-Jinja Walking)

P71084581
昨日の記事の
『豪徳寺』界隈からちょっと東に足を伸ばすと、
『世田谷城』と呼ばれるお城の跡があって、
そこからさらに世田谷区役所を抜けて、
東にトコトコトコトコ歩いて行くと、
幕末の超有名人『吉田松陰』先生を祀った
『松陰神社』
があるのですよぉ〜
ということで、
今日はぁ〜
『世田谷城跡』の写真を最初にちょこっと載せて、
その後に『松陰神社』の写真をぉ〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
『豪徳寺駅』から始まったお散歩も
終盤となってきたんだけどね・・・
普段はちゃんと靴下履いて履き慣れた靴履いて、
とはいっても歩き回ることが大好きな『しぇぽ』のこと、
かなり底が擦り切れて薄底になった靴だけどね・・・
しっかり歩く準備万端でお散歩するんだけど・・・
この日は暑い日だったし・・・
突如無計画のまま歩き出したのでね・・・
履き慣れていないサンダルで・・・
靴下無しで歩いちゃったらね・・・
両足の親指の付け根の所に大きな豆ができちゃって・・・
この辺りからはイテテイテテの散々な散歩になっちゃった・・・
うぅぅぅ〜〜〜イテテイテテ・・・
(´;ω;`)ウウ・・・
P71084631

P71084691

P71084651
イテテイテテの雰囲気は
微塵も感じられないと思うけど・・・
実は爆発的にイテテイテテイテテイテテだったのよ・・・
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
イテテイテテでも歩き続ける『しぇぽ』を
バカと呼んで〜〜〜〜〜heart04
バカバカバカ!イテテイテテ!
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
世田谷城』はね、
南北朝時代に戦いで手柄を上げた吉良氏がね、
その頃の関東管領足利基氏から世田谷領を貰い受けて
築城したのが始まりと言われているんですよね。
まぁ関東にたくさんあるお城跡の多くは、
なんかしらで戦国時代の北条氏と連携していた名残なんだけどね。
この『世田谷城』も
ご多分に漏れず北条氏と親戚関係のお城だったから、
豊臣秀吉の小田原征伐で北条氏が滅亡する時に、
この『世田谷城』も廃城となったのです。
ふむふむふむふむ・・・
強者どもが夢の跡・・・ねっ・・・
( ̄ヘ ̄)
P71084701

P71084771

P71084811
吉田松陰と言えば長州萩の人だけどね。
亡くなったのは安政の大獄で今の東京だからね。
松陰先生の教えを受け継いだ門下生の中の
高杉晋作さんや伊藤博文さんなどの幕末の超有名人らが
毛利藩主の別邸があった世田谷区若林の地に亡骸を改葬し、
そこに社を建てたのがこの『松陰神社』なんですよね。
フムフムフムフムなぁ〜〜〜るほどぉ〜〜〜
(* ̄0 ̄)ノ
誰もが知る有名な門下生一人一人に見立てた
石灯籠がずらーっと並んでいて、
当然改葬した松陰先生のお墓もあって、
本場萩の『松下村塾』がここでも復元されていてね。
それからそれから、
松陰先生以外でも
いろいろな恩師と呼ばれる方と思われるお墓もあったりして、
ここは師弟の愛情に満ちた場所なのですよ!
( ^ω^ )
まぁ松蔭先生の教えの全てが素晴らしいとは思わないけど・・・
その弟子を動かした教えの力と松陰先生自らの行動力と、
今の日本に足りない何か重要なことに気付かされる場所なのです。
学力だけじゃない今の日本に本当に必要な教育・・・
『しぇぽ』も少し影響を受けたからね・・・
一応敬意を表してパンパンしてきましたよ。
(* ̄ー ̄*)
P71084721

P71084821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火曜日)

『豪徳寺』で有名な集団招き猫をパチリパチリぃ〜 (Maneki Neko Beckoning Cat in Gotokuji Temple)

P71084501
昨日の記事の
『たまにゃん通り商店街』を南へ数百メートル
トコトコトコトコ歩くと、
『招き猫』の発祥の地として広く知られている
豪徳寺』があるのですね。
ということで今日は、
豪徳寺』の『招き猫』を中心とした写真をぉ〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
『豪徳寺』の仏閣の建物などは、
梅咲く頃の以前の記事
で既にお伝えしてるんだけど・・・
その時に・・・
なんでか『招き猫』を撮影するのを忘れてて・・・
ってぇ〜かぁ〜『招き猫ちゃん』の場所が分からなくてね・・・
それ以来・・・
いつの日かどうしても撮りたいと思っていて・・・
念願叶って・・・
今回はほぼ招き猫のみをパチリパチリしたのですよ・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P71084351

P71084211

P71084441
『江戸時代に、
井伊家のお殿さんが、
猫にこのお寺に招き入れられたらしいんだけどね。
猫のお導きでお殿さんが寺に入ったとたんに
激しい雨が降って来て、
お殿さんは雨に濡れずにすんだ』
ってぇ〜逸話が豪徳寺の『招き猫』の発祥らしいんだけどね。
豪徳寺の本堂の奥のちょっと暗めの場所に、
これでもかぁ〜ってなくらい
たくさんの招き猫ちゃんが大小入り交じって
鎮座しているのでございます。
圧倒的な招き猫の数にちょっと驚いて∑ヾ( ̄0 ̄;ノ、
でもよく見ると一体一体がそれぞれ特徴があって可愛くて
ニコニコ顔でパチリパチリした『しぇぽ』なのです・・・
ふふっ
( ^ω^ )
ねっ、
なんだか可愛い猫ちゃん達でしょ〜
招き猫以外でも
『豪徳寺』は建物がいい感じで広い敷地に配置されていて、
狛犬というのかな・・・
門を入って直ぐに出会う鞠を持った獅子と言うか犬と言うか
そういう像が特徴的でね。
なかなか趣き深いお寺なのですね。
o(*^▽^*)o
P71084241

P71084321

P71084231
みなさんも、
小田急線の『豪徳寺駅』を降りて、
『たまにゃん通り商店街』を通って『豪徳寺』まで、
招き猫に因んだ歴史ある場所をお散歩してみて下さいね。
なかなか楽しい門前散歩ができますよ!
(*^ー゚)b
もうすぐ花火の季節だな・・・
今年はどこに行こうかな・・・
8000発やら一万発やら、
もう有名すぎる花火大会はこりごりだしな・・・
たくさん連続して打ち上げるのを売り物にした花火大会だって、
無風状態だったら煙ばっかりこもっちゃって・・・
ちっとも綺麗じゃないんだからさ・・・
間隔を空けても良いから・・・
一日1000発ずつで一週間打ち上げ続けるとかすれば・・・
見物客が分散されてゆとりを持って撮影できるのにな・・・
各所で一年で一回の一大イベント・・・
混雑だけは嫌だなぁ〜〜〜
ふぅ・・・
(´・ω・`)
P71084451

P71084561

P71084301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月曜日)

たまにゃんたまにゃん〜小田急線『豪徳寺』駅周辺を歩いてみるのだ! (Walking around Gotokuji Station)

P71083981
先日、
ちょっと三軒茶屋に行く用事があって、
その時に、
小田急線の『豪徳寺』駅で降りて、
その周辺をぷらぷらしてみたんですよね。
で、
今日はぁ〜
『豪徳寺』駅周辺の公園やら商店街やら、
さらにさらにぃ〜
小田急線と交差して走る、
東急世田谷線の『山下駅』周辺などの風景を、
みなさんにお伝えしますね!
ヽ(´▽`)/
この辺はね、
とある大きな投稿型HPとブログで知り合った方で、
でもまだお会いしたことは無い方なんだけど・・・
ブログネームが『爺児(kino1833)』という方の地元でね。
その方が豪徳寺駅周辺の『ユリの木公園』という
道路沿いに一直線に造られた公園やら、
その近くにある喫茶店やら、
豪徳寺と言えば招き猫だからね、
それにちなんだ『たまにゃん通り商店街(豪徳寺商店街)
やらの写真をたくさん投稿されていたからね。
『しぇぽ』も一度訪ねてみたいと思っていたんですよね。
(v^ー゜)
P71083691

P71084001

P71083741
『ユリの木公園』辺りを歩いている時には、
愛犬と共にその方にお会いすることもあるのかなぁ〜
なんてちょっとドキドキしながらパチリパチリ・・・
その方がよく利用される喫茶店を覗いてはドキドキしてたんだけど・・・
喫茶店にはお客さんの姿無く・・・
特徴的なその方の愛犬に出会うことも無く・・・
ちゃんとコメント欄で連絡してから行けば良かったかなぁ〜
なんてちょっと後悔したなりね・・・
グッピ
(ρ_;)
招き猫で有名な『豪徳寺』の参道のような商店街だからね、
『たまにゃん通り商店街』の多くの店先には
右腕を上げてちょっと上向き加減の招き猫が鎮座してて、
招き猫のイラストが描かれた商店街幕がいたる所にあって、
なんだか可愛い雰囲気満載の商店街でしたよ!
ふふっ
( ^ω^ )
この『たまにゃん通り商店街』では、
たまにゃん祭り』という祭りもあるみたいだから、
今度はその祭りの時に歩いてみようかなぁ〜なんて
思っているのですよぉ〜
のんびり走る世田谷線と長閑な雰囲気の商店街。
なんとなく・・・
『しぇぽ』はここに谷根千辺りの下町の匂いを感じたなりね!
(*^ー゚)b
P71084081

P71083751

P71084101

P71083861
さぁ〜〜て、
明日は有名な『豪徳寺』に入って、
有名な集団招き猫を観てみましょう〜ね!
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
それにしても、
梅雨明け宣言があって・・・
晴れ渡った昨日はものすごい暑さでしたね・・・
さすがの『しぇぽ』もちょっとヤバイ感じで・・・
まぁこの暑さの中街をぶらついたんだけど、
脱水的な症状で頭がくらくら・・・
頭痛もあって・・・
ほんとどうなることかと思いましたよ・・・
みなさんは大丈夫ですか?
東京も夏に住むには最悪の場所になりつつありますね・・・
(ノω・、)
ということで、
この場を借りてみなさんに、
『暑中お見舞い申し上げます』・・・ね・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)
P71084121

P71083971

P71084151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日曜日)

『豊洲』の海辺から月島方面の美しい夜景を眺めるぅ〜 (Tokyo Night Scenes over the Toyosu Canal)

P6047085
今日はね、
ちょっと珍しくも綺麗な東京夜景ね。
運河越しの
月島のオフィースビル群やマンション群、
さらには晴海トリトンのビル群と、
さらにさらにぃ〜
築地の聖路加タワーも見える美しい東京夜景をぉ〜
みなさんにそ〜っとお伝えいたしますね!!!
ヽ(´▽`)/
実はね・・・
入って良いのか悪いのか・・・
なかなか判断できない場所から写した夜景だから・・・
『そ〜っと』なの・・・
場所は豊洲埋立て地の運河沿いなんだけど・・・
どう見ても・・・どう考えても・・・
高級マンションの住人専用のエリアで、
一般の部外者のためではないと思われる庭と言うか
テラスと言うか・・・そんな所だったんだけど・・・
とくに管理人さんが監視しているわけでもなく・・・
セキュリティーでブロックされているわけでもなく・・・
で、
スタスタトコトコ乗り込んでみちゃったら・・・
こんな美しい夜景に出会っちゃったのよ・・・
だからね・・・
出会っちゃったから・・・
なんとなくソワソワしながらも・・・
パチリパチリしちゃったわけ・・・
ははは・・・
(*´v゚*)ゞ
P6047074

P6047081

P6047077
なんだかあまり観たことの無い
綺麗な東京海辺の夜景でしょ〜
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
ここは東京とは思えない静かな場所でね。
激しく気持よい場所だったんだけど・・・
撮影スポットの直ぐ後ろに
高層マンションがニョキ〜〜ッとしてて・・・
そこから、
生活感溢れる住人の声も聞こえちゃったりして・・・
「やっぱり入っちゃいけなかったのかなぁ〜」なんて、
落ち着かない場所でもあったから・・・ね・・・
焦りまくっての素早い撮影となったのです・・・
まぁ、そのマンションの住人の方だったら、
この写真の場所はすぐに分かると思うけど・・・
もし進入禁止の場所に間違って
『しぇぽ』が入っちゃったのだとしたら
ごめんなさい・・・ね・・・
m(. ̄  ̄.)m
ということで、
今日は正確な場所の地図はリンクしないようにしたけど・・・
綺麗な都会の風景が観られる場所だからね。
一応もうちょっと正確な場所を言うと・・・
『豊洲の埋立て地の最北端』です・・・
どうしても訪ねたい方は、
自己責任でお願いしますね!!!
(v^ー゜)
P6047092

P6047088

P6047093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土曜日)

梅雨の合間の『世田谷区フラワーランド』で見付けたお花達ぃ〜 (Close up Flowers in Setagaya-ku Flower Land)

P70278601
昨日は暑い一日ざんしたね・・・
太陽ギンギラ真夏ちゃんだぁ〜〜い好き『しぇぽ』も・・・
さすがにげっそり・・・
もう梅雨は明けたんでしょうか・・・
たぶん東京は梅雨明けですね・・・
だってだって、
昨日は真夏の凄い入道雲を見たんだから・・・
暑くて・・・
ボーッとしている間に・・・
日々の記事更新時間が遅くなってしまいました・・・
だめだぁ〜〜〜
早く更新しなきゃ・・・
ブログ更新強迫観念症候群・・・
ゲッピョ
(;;;´Д`)ゝ
今日は『しぇぽ』の十八番。
世田谷区フラワーランド』で梅雨の合間の
少し天気のいい日に撮ったお花ちゃんね!
お花ちゃん達にググ〜〜ッと迫ってぇ〜
みなさんにお届けしますね!!!
お花の中でかくれんぼしていた小さな虫ちゃん達の写真も
少し混じっていますよぉぉぉ〜
ヽ(´▽`)/
P70278741

P70278871

P70278621
それにしてもね。
唐突に話題は変わるけどね・・・
ラーメン大好きな人。
まぁ麺類命みたいな人達が、
最近けっこうたくさんいるけれど・・・
マスコミの作った流行の手中に嵌ってる
人々が多いという事でもあるんだと思うけど・・・
『しぇぽ』にとって、
麺類は、まぁ、命ってなほどのこともないんですよね・・・
『そば』は大好きなんだけど・・・
ラーメンはそれほど好きでもないのよね・・・
だって・・・
ラーメンって最初の一口に比べて
最後の一口の不味さが際立つじゃない・・・
絶対にちょっとノビちゃってさ・・・
まぁラーメンの麺の匂いがそれほど好きでもないんだけどね・・・
だいたいラーメンって・・・まぁそばもね・・・
一杯が少な過ぎるケースが多いし・・・
つけ麺なんて美的センスのかけらも無い気がするんだけど・・・
ははは・・・
(*´σー`)
で、
やっぱり『しぇぽ』はお米命なの・・・
要するにご飯命なのね・・・
でもね・・・
大人になるにつれて・・・
お米を食べる機会が減ってきて・・・
お酒呑む時なんておかずのみしか口に入れなくなっちゃって・・・
寂しい限りでございます・・・
ギョッピョ
(ノ_≦。)
高級な飲屋だと最後にスズメの涙程度のお茶漬けとか鯛飯とか、
『料理の〆にちょっとだけ米食っとけご飯』が出てくるけど・・・
大衆飲み屋だと大抵ご飯は口にせず・・・
注文したとしてもちっちゃな焼きおにぎり程度・・・
遠慮してたらそれさえも口にできず・・・
ブワァァァ〜
( ´;ω;`)ブワッ
P70278811

P70278651

P70278481
でね、
今日の話のクライマックスは何かと言うと、
お弁当の事なのね。
ご飯の入ったお弁当ね!
でね、
『ほっともっと』とか、
大衆の安いお弁当はたいていおかずとご飯が1:1、
もしくはご飯の方がちょっと多くて、
『しぇぽ』にとっては大変嬉しい形態を保持しているけれど・・・
お弁当って・・・
高級になればなるほどご飯が少なくなりますね・・・
弁当全面積の4分の1程度のご飯面積が普通だし・・・
今までで経験した一番ひどい弁当は、
なんだかちょこちょこと凝ったおかず一つ一つが
16分割の15の区画を使って入っていて、
ご飯が1なの・・・
15のおかずの一つを食べる毎に
どんだけ少量のご飯を食べればいいのよ・・・
(´・ω・`)
4分の1がご飯の
まだ良心的な高級弁当にしたって・・・
4分の1の大切な面積をまるまるご飯で埋め尽くすことは少なくてね・・・
『しぇぽ』にとってはなんの意味も無い
サクラの花かなんかの形に整形されていて、
貴重な場所に空きができちゃってるのよ・・・
ヾ(;□;)э
「おかずがいっぱいあって嬉しいわね!」ってな方には
共感のかけらも無い話でしたね・・・
どうもすみません・・・
人( ̄ω ̄;) スマヌ
P70278751

P70278531

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金曜日)

雨降る『蓬萊橋(ほうらいばし)』の静かな夜景なりぃ〜 (Night Scenes of Horaibashi Bridge)

P70781731
旧東海道と大井川が交差する
レトロ街『島田市』特集の最終回は、
緑色のソーラーパネルで静かに輝く
蓬萊橋』の夜景をみなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
撮影した時は、
けっこう雨がしとしと降っていて
まぁ傘差しながらで大変だったけど・・・
夜ソーラーパネルで照らされる情報を知ってから
どうしてもこの風景だけは撮りたくてね・・・
がんばったのでございますぅ〜
はは・・・
(=´Д`=)ゞ
900メートル近くの長さがある『蓬萊橋』の全長で、
一定間隔置きに緑色のLEDで輝くソーラーパネルが
橋の欄干下に直線的に設置されていてね。
昼間の太陽のエネルギーで点灯するようだから、
そんなに強い光じゃないんだけど、
みんなバラバラに点灯するのが面白くてね。
レトロな『蓬萊橋』が穏やかな光で包まれていて
なかなか美しい光景でしたよ!
(*^ー゚)b
P70781651

P70781441

P70781641
蓬萊橋から大井川の下流方面に目を移すと、
『蓬萊橋』とは対照的な近代的『島田大橋』が
オレンジ色の街灯に照らされていて、
その対比もとっても素敵だったなりね。
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
夜の蓬萊橋には、
渡橋料を徴収する係の人も誰もおらずひっそりとしていて、
渡ろうと思えばタダで渡れてしまうけど・・・
『しぇぽ』は橋の入り口に設置された料金徴収箱にちゃんと100円を投入
気持よく橋の夜景撮影に臨んだのですよ。
偉いでしょ〜
へへ
ψ(`∇´)ψ
ソーラーパネル自体には触らなかったから
その設置強度については何とも言えないんだけど・・・
ここのソーラーパネルを盗む人が後を絶たないそうな・・・
ふぅ・・・
『しぇぽ』が訪ねた時には、
輝かない部分が生じての違和感を感じなかったから、
おそらく全部揃ってちゃんと点灯していたんだと思うけど・・・
1〜2個盗んだって立派な使い道なんて無いだろうからさ。
ダメですよ!夜のいい雰囲気を壊すようなことしちゃ!!!
メッ!!!
(*`ε´*)ノ
P70781551

P70781561

P70781301
雨に濡れながらのちょっと大変な撮影だったけど、
そんな悪天候の夜だったからね、
ここを訪れる他の人の姿は殆ど無く、
なんだか幻想的な夜景を独り占めぇ〜ってな感じで、
楽しかったなぁ〜〜〜
( ̄▽ ̄)
島田市にはもっとお伝えしたい良い所が
いっぱいあるみたいだからね・・・
今回はほんの一部の紹介だったけど・・・
五回の記事いかがでしたか?
安藤広重の版画の絵と今の街の様子を重ね合わせてみたり。
東海道中膝栗毛の弥次さんと喜多さん気分に浸ってみたり。
考えていた以上に楽しく想像膨らむ場所でしたよ!
大井川鉄道乗車の際とか、
大井川の奥地の寸又峡散策とか、
掛川城などの歴史散歩とか、
焼津で新鮮な魚に舌鼓を打ちに来るとか、
牧之原大地のお茶畑観光とか、
そんな旅行にお出かけの際は、
ぜひ島田市の旧東海道の歴史にも触れてみて下さいね!!!
o(*^▽^*)o
P70781701

P70781361

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木曜日)

「さぁ大井川の川越しだっ!」:昔の旅人の視線から大井川を観てみるのだ! (Ooigawa River between Shimada-Shuku and Kanaya-Shuku)

P70882791
昨日の記事の『大井川川越遺跡』の
古い街並を抜けると、
そこはもう江戸時代の難所『大井川』。
で、
今日は、
江戸時代に旅人が川越しした大井川周辺の風景をぉ〜
みなさんにお届けしますぅ〜〜ね!!!
ヽ(´▽`)/
まぁとはいっても・・・
梅雨の合間のかなり曇りがちの日だったからね・・・
暗めの写真だけど・・・
今では大井川上流にいくつもダムが造られているから、
梅雨の時期もなんだか拍子抜けするくらいの
荒れ狂うとは言い難い大井川の水量だけど・・・
江戸時代の梅雨の時期には、
毎日毎日大井川は増水して激流状態となって・・・
何日もここで足止めを食った旅人が
恨めしげに大井川を眺めていたんでしょうね。
( ̄ヘ ̄)
一枚目の写真は、
まさに川越しした島田側の大井川の堤から、
次の宿場町『金谷』方面を眺めた写真ですよ!
きっと昔の旅人も『しぇぽ』と同じ場所から
金谷方面を望み見たに違いないですね。
ふふっ
( ^ω^ )
P70882691

P70882821

P70882561
タイトルが「さぁ大井川の川越しだっ!」
なんて書いちゃって・・・
撮影のためなら無茶も辞さない『しぇぽ』のこと、
本当に大井川にズボリッと浸かりながら歩いて渡ったのでは、
ってなことを心配しちゃった方もいるのかな・・・
大丈夫ですよ・・・
もうしっかり分別あるいい大人なんだから・・・
まぁ大人になってから・・・
善福寺公園という東京都下の公園で、
思いがけずボートから落っこちてずぶ濡れになった
大人げない経験はあるけどね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
大井川はね、
氾濫で島田宿の街を流しちゃったことが何度もあったから、
川越しの大井川周辺には『島田大堤』という
氾濫を防ぐための人工の堤が残っていてね。
現在この堤沿いの道がサクラの名所になってるようだけど、
大井川と旧東海道の接点付近には、
大井川と戦った人々の痕跡がいろいろと観られるんですよね。
今では頑丈な鉄橋の上を東海道本線が走っていて、
川の向こう岸には牧之原の茶畑も観れて、
大井川沿いは長閑な風景が広がります。
(*゚ー゚*)
P70882841

P70882631

P70882711
そうそう、
この辺はやっぱり江戸時代の東海道とは
切っても切れない場所みたいでね。
大井川の河川敷はスポーツしたり
遊んだりできる市民の憩いの場となっているんだけどね。
そこに造られたマラソンコースを兼ねた散歩道には、
最後の写真のように東海道の各宿場街の石碑が
一定間隔で並んでいて、
東海道を旅するように走れるようになっていましたよ!
おぉぉ〜
(゚0゚)
東海道23番目の『島田宿』特集は
明日で終わりだけどね。
明日はこの滞在で唯一撮った夜景を
みなさんにお届けしますね。
お楽しみにぃ〜ね!!!
へへ
(v^ー゜)
P70882901

P70882571

P70882911

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水曜日)

『島田宿』の大井川越えの施設『大井川川越(かわごし)遺跡』を観てみよう〜 (Retro Scenes in Shimada-Shuku Ooigawa Kawagoshi Iseki)

P70882291
さぁ〜〜てぇ〜っとぉ〜〜〜
昨日の記事の『島田宿本陣』や
『大井神社』付近から旧東海道を西へ
トコトコトコトコエッサホッサエッサホッサ〜
今日はぁ〜
大井川川越(かわごし)遺跡』と呼ばれる、
江戸時代の大井川越し制度を偲ぶ遺構をぉ〜
みなさんに見て頂くなりよぉ〜
ヽ(´▽`)/
ここは、
昔あった大井川近くの街道沿いに、
川札を販売したり川越しを取り仕切る
『川会所』と呼ばれる建物や
川越し人足の詰所『番宿』などが、
当時のままいい感じのレトロ感で復元されていて、
東海道の雰囲気を大いに感じられる
なかなか趣き深い場所なのですよぉ〜
ふふふっ
(v^ー゜)
大部分の建物は復元されているとはいえ、
ここまできちっと昔の東海道の様子を垣間見れる場所は、
他にあまりないからね。
この遺跡は国指定史跡にもなっているんですよ!
おぉぉぉ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
P70882251

P70882171

P70882491
大井川の川越しの値段は、
川の水深に応じて変わるんだけどね。
浅い時は安く深くなると高くってなかんじでね。
身分や位に応じて渡り方もいろいろだったみたいだけど・・・
まぁ普通は今の値段でだいたい三千円もあれば
かなり水深が深くても大井川を渡ることができたみたいですよ。
フムフム
┐( ̄ヘ ̄)┌
復元された『川会所』の中には役人風の人形が
厳しい顔つきで座って書類記載かなんかしてて、
また『番宿』の中には川越人足の人形が、
川越しの仕事のために気合いの入った面持ちで待機していてね。
大井川越えの様子がよく分かって面白かったですよ!
( ^ω^ )
川越しの施設を偲ぶという位置づけだけでなく、
『大井川川越遺跡』は街道沿いの街の様子も良く復元保存されていて、
レトロな街並を観るという観点でも
大変大変素敵な場所なのですよ〜
もっと時間があったら・・・
川越しの歴史を深く知ることができる
『島田市博物館』にも行けたんだけどな・・・
残念・・・
またいつか訪ねる機会があれば良いけど・・・
もう無いかな・・・
グッピ
(ノ_≦。)
P70882361

P70882161

P70882421
それにしても、
最初『大井川川越遺跡』ってぇ〜場所を
パンフレットで見た時には・・・
『遺跡』っつう言葉はどちらかと言うと
古代とか太古の昔を連想させるからね。
縄文とか弥生とかの時代の遺跡が
島田市の大井川近くで発掘されて、
それを保存した施設なのかと思ったけど・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
訪ねてみたらぜんぜん違って、
『しぇぽ』の大好きな江戸時代辺りの街並があって、
そのレトロな匂いに包まれて、
幸せな自転車散歩となったのですよ!
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
川越(かわごし)は埼玉県にある
小江戸『川越(かわごえ)』と間違えそうだし・・・
先も述べたように『遺跡』は古代を連想させるからね・・・
今の世の中検索で引っかかるってぇ〜ことが重要だし・・・
『かわごし』と読ませたいのならひらがなの『し』を加えて、
『大井川川越し歴史街道』とかに変名すれば、
もっと認知度が上がると思いますよ!!!
ねっ!島田市役所観光課の職員の方々!
はは・・・
o(*^▽^*)o
P70882321

P70882471

P70882521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火曜日)

江戸から23番目の東海道宿場町『島田』市街をお散歩しましょう〜:まずは『島田宿本陣』付近からぁ〜 (Town Scenes of Old Tokaido Shimada-Shuku)

P70881821
さぁ、今日からは、
江戸時代の東海道23番目の宿場町、
『島田宿』周辺の当時の名残などをお伝えしますね!
(*^ー゚)b
とにかくね、
『島田宿』といったら『大井川』ってんで、
大井川が増水または氾濫すると、
昔の旅人はどうやっても大井川を渡れず
大井川の向こうの『金谷宿』に行けないために、
当時は足止めを食った旅人で『島田宿』は
大いに賑わったのですね!
さらに東海道は江戸時代の参勤交代の主要街道だから、
大名などの格上の武士が泊まるための『本陣』が
備わっていたんですよね。
ということで、
今日は、
島田市の旧東海道沿いの『島田宿本陣』付近と、
荒れ狂う大井川を鎮めるために建立された立派な神社
『大井神社』
の写真をみなさんに見て頂きますね!!!
ヽ(´▽`)/
P70881811

P70881871

P70881851
前半は『島田宿本陣』付近の様子の写真で、
後半が『大井神社』の写真だけど・・・
まぁ本陣付近は島田市の中心だからね。
今は跡形は何も無い上、
旧東海道は当然きっちりアスファルト舗装されてるけどね・・・
ははは・・・
(*´ェ`*)
それでもね、
本陣跡を刻んだ石碑があって、
なんとなく当時を偲ぶことができるのですよ・・・
『しぇぽ』はね、
旧東海道が近代的な道に生まれ変わっていたって、
本陣の当時の陣屋などの遺構が全く存在しなくたって、
「昔の旅人や大名がここを通ってここで宿泊していたのかぁ〜」
ってな同じ空気に触れ合う感覚を持つだけで、
けっこう本格的に猛烈に感動できるタイプなの・・・
ははは・・・
(*´σー`)
昨日お伝えした『蓬萊橋』は有名だから、
それなりにポツリポツリ観光客の姿があったけど・・・
本陣跡なんて訪ねる人の姿無く・・・
昨日の『蓬萊橋』は明治初期に完成・・・
本陣はより古い江戸時代の遺構なのに・・・
なんでかな・・・
ギョッピ
Σ( ̄ロ ̄lll)
P70881911

P70881951

P70882121
『大井神社』はね、
当時は大井川の氾濫から
『島田宿』を守るための鎮守だったようだけど、
今は安産の神として市民の信仰を集めているようなのですね。
時間がなかったから・・・
最初は訪ねる予定に入っていなかったんだけど・・・
『大井神社』の脇を通り過ぎようと思ったら、
あまりに立派で綺麗な神社の境内が見えてね。
思わず立ち寄っちゃいました・・・
はは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
境内はもの凄く水量豊富な清流の小川があったり、
日本三大奇祭の一つ『島田大祭』の大名行列を模した
銅像みたいなものもあって、
静かで落ち着いた雰囲気が素敵でね。
思いの外時間を掛けて歩き回ってしまいました・・・
明日は、より大井川に近づきますよ〜〜〜
お楽しみにぃ〜
(v^ー゜)
P70881981

P70882061

P70882101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月曜日)

静岡県島田市にある世界一長い木造橋『蓬萊橋(ほうらいばし)』を渡ってみるのだ!!! (Landscapes of Horaibashi Bridge)

P70883011
今日から、
先日仕事で行った静岡県島田市の
街中の風景を数回の記事でお伝えしていきますね。
まぁ忙しくて時間があまりなかったからね・・・
東海道本線『島田駅』前でレンタサイクルを借りて、
トータル二時間にも満たない汗びっしょりの
慌てた街巡りだったけど・・・
何が『しぇぽ』をこうまでして撮影に駆り立てるのか・・・
自分でも分らないくらい異常に慌てたけど・・・
まぁ掲載者もがんばっているということで・・・
みなさんもなるべく島田市特集は全部観てよね・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
梅雨の時期でいつ雨が降ってもおかしくないくらいの
曇りがちの天候だったけど・・・
まぁ実際にちょっと雨に濡れたけど・・・
静岡県島田市はね、
静岡県の静岡市と浜松市の中間辺りの街で、
何と言っても江戸時代には大井川越えの宿場町として
栄えまくった街として有名だけどね。
今日は、
もう一つの超有名な名所。
蓬萊橋(ほうらいばし)』という明治初期に造られた
木造の歩道橋としては世界一の長さを誇り
ギネスブックにも登録されている橋の昼間の写真を
みなさんに観て頂きますね!!!
ヽ(´▽`)/
P70781001

P70883081

P70882981
この『蓬萊橋』は、
大人は百円払って渡る有料橋だけどね。
重厚な造りの橋と言うよりは、
どちらかというと軽薄な造りの木造橋だからね。
以前は大井川が増水した時には
しょっちゅう崩壊していたようなんだけど・・・
さすがにあまりに壊れ過ぎたからか・・・
今では橋脚の一部がコンクリート造りになっております・・・
でもね、
900メートル近くに渡って
大部分木造の橋が架かる様はなかなか見応えがありましたよ!
おぉぉぉぉぉ〜〜〜〜っ
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
島田市から見てこの橋の大井川の対岸はね、
今じゃ静岡茶で最も有名な牧之原台地が広がっているんだけど。
『蓬萊橋』の歴史もまさにそのお茶と関係があってね。
江戸時代最後の将軍徳川慶喜は
最終的には今の静岡市で過ごすわけだけど・・・
その徳川幕府最後の幕臣達が明治2年に牧之原でお茶の開拓を始めて、
牧之原と島田を繋ぐ運搬のための橋が必要になって、
当時の静岡県令(まぁ知事のことね)の許可を得て
明治12年に完成したらしいのですね。
ふむふむふむ〜〜なぁ〜るほどぉ〜〜〜
( ̄ヘ ̄)
だからね、
時間があったら橋渡って牧之原のお茶畑も観てみたかったけど・・・
それは叶わなかったなりよ・・・
ブッヒョ
( ´;ω;`)
P70883211

P70883431

P70883241
橋の欄干がかなり低いのね・・・
だからね、
自転車の通行は結構怖かったなりよ・・・
歩いている人を避けて走る時なんて・・・
大井川の流れが広い視野で目に入って・・・
それからそれから、
多少コンクリートの橋脚でできていたとしても
自転車を止めると橋の振動を激しく感じるのよね・・・
転落事故の様子が頭をかすめて・・・
ブルッ
( ̄Д ̄;;
自転車運転にあまり自信の無い人は
なるべく自転車では渡らないことが懸命ね・・・
ははは・・・
(=´Д`=)ゞ
行きたいとは思っていても、
なかなか行けなかった有名な静岡県の名所を
一つ制覇できてちょっと満足げな『しぇぽ』でしたぁ〜
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
P70883391

P70883301

P70883621

P70883141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日曜日)

東京夜景:『レインボープロムナード』北ルート散歩道からぁ〜 (Night Scenes of Tokyo Bayside from Rainbow Promenade)

P61774751
ちょっと前の記事で、
レインボーブリッジの遊歩道
レインボープロムナード』の北ルートで観た
東京海辺の夕景までをお伝えしたけどね。
その後夜景も撮っていたので、
今日はその時撮影した
ライトアップされたレインボーブリッジと
東京タワーなどを望む東京海辺の夜景をぉ〜
みなさんにお届けしますぅ〜〜〜ね!
北ルートを芝浦口まで渡り終えた後に
ちょっとだけ南ルートにも移動して、
そこでも少しだけ夜景を撮ったので
その写真も含めてお伝えしますね!!!
ヽ(´▽`)/
今回の夜景を撮影した日の前後は、
梅雨の不安定な天気だったからね。
たまたま行こうと決意した日が
まずまずの天気で良かったぁ〜〜〜
ホッ
(;´Д`A ```
ほんとこの時期の風景撮影は・・・
天候に翻弄されまするね・・・
P61775281

P61775421

P61774861
なんだか疲れちゃいました・・・
いろいろあってね・・・
それにしても・・・
人生というやつは・・・
スカッと『やったぁ〜!!!』みたいのことが殆ど無くて・・・
なんとなく惰性もしくは沈鬱的雰囲気に
九割五分以上占められている気がします・・・
(´・ω・`)ショボーン
まぁそんな話はこっちに置いといて・・・
昨日ね、
ちょっと三軒茶屋に行く用事があってね。
ちょっと早めに出発して、
小田急線の『豪徳寺』駅辺りから
ちょこちょこぶらぶらしてみたんだけど・・・
その時に東急世田谷線というローカル電車にも乗ってみたんですよ。
ほんと人生で三度目くらいの滅多に乗らない電車・・・
ちょっと都電荒川線にも似たワンマンバス的雰囲気に満ち満ちた
可愛い二両編成の電車なんだけどね。
その世田谷線が、
東京都心の電車とは思えない、
まぁ気分的には牛歩的な速度で走るんだけどね。
慌ただしい現代とは対照的なのんびりムードで
なかなか楽しかったですよ!
(* ̄ー ̄*)
みなさんも、
世田谷区にお越しの際は、
世田谷線に乗車してみて下さいね。
P61775311

P61775621

P61774611
それにしてもね、
牛歩速度の世田谷線はほんと珍しく南北に走る電車だけど・・・
東京都の面積の三分の二を占める
東京西部を南北に走る電車が少なすぎるのよ・・・
環八や環七の下の地下鉄構想はあったみたいだけど・・・
もう飽和状態になるくらい山手線内側の都心部には、
絶対必要無い地下鉄を通しまくっているけど・・・
政治家は東京都下の南北の流れをいつまでも無視し続けるのよね・・・
これは何でざんしょ・・・
どう考えても絶対必要な事業なのに・・・
『しぇぽ』が猛烈に頭をひねる東京都の七不思議の一つ・・・
新宿の大王が大嫌いな天敵が東京都下に住んでいて、
いじめの一環として南北構想を握り潰してるとしか思えないよ・・・
(ノ_≦。)
絶対に東京直下の地震はいつか来るわけだし・・・
火災問題にしたってライフライン確保の問題にしたって・・・
今の都心集中型の人の移動を是正して、
人の流れを分散させることが絶対に不可欠ですよ!
その問題解決の一つは東京都下の南北移動手段の確保ですよ!
\(*`∧´)/
東京に集中した人が動けなくなり、
大火災が発生しても消火活動は停滞し、
東京都民が何百万人亡くなっても・・・
きっと、
新宿の大王は何の責任もとらないんだろうな・・・
東京オリンピック招致が失敗しても、
責任を感じて恥じる事もなく、
なんだか未だ偉そうだもんな・・・
税金返してよ・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P61774881

P61775671

P61774761

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土曜日)

ハチさんも元気良く『世田谷区フラワーランド』ぉ〜〜〜 (A bee on Flowers in Setagaya-ku Flower Land)

P70278441
先日ね、
仕事関係で静岡県の島田市ってな
まぁ地方のいい感じの田舎町に行ったんだけど。
そこはね、
日本の河川の中では超一級で誰もが知る
大井川がドォードォーと流れていて、
江戸時代の東海道の宿場町だからその名残が残っていて、
『 箱根八里は馬でも越すが越すに越されぬ大井川』
ってな有名な言葉のまさにその現場が観れてね。
そうそうそれから、
木造の橋としては世界一の長さを誇る橋もあってね。
せっかく足を運んだのに
何も観なかったら後悔するからね、
レンタサイクルを借りてに二時間弱で素早く巡ってみたので、
その時の様子はまた後ほどお伝えしますね。
(v^ー゜)
で、
今日はお花達とハチさんね。
梅雨の合間の『世田谷区フラワーランド』の風景をぉ〜
みなさんにお届けしますね!!!
世田谷区フラワーランドは梅雨時も元気に
お花達がパッパパッパ虫達がぶ〜んぶ〜んしてますよぉ〜
ヽ(´▽`)/
P70278381

P70278241

P70278321
もうすぐ参議院議員選挙だけどね・・・
政治って、
どこの国も大概『政党制』を採用してるけど・・・
『政党制』ってなんだか変だと思いませんか?
『しぇぽ』は大変変だと思うのね・・・
国の行く末を託す選挙が、
なんか小さな一政治団体への傾倒を促されているようで・・・
国民は一つの政党の選択を強いられるわけだから、
どうみても政治に詳しいとは思えない
でもちょっと名の知れた人が強力な政党から出馬すると、
いとも簡単に当選ってなことになるし・・・
それにねそれにね、
いろんな政党が声高に公約的な事を口にするけど・・・
よく調べると何項目にも渡っていろんな公約事が記されていて、
一つの政党から出馬するたくさんの立候補者や
既に居るその政党のたくさんの政治家全員が、
その政党の目指す多項目に渡る未来の道しるべの全てで
同じ想いでいる事自体を不自然に思うのよね・・・
だって、
人間って各個人がいろんな過去を歩んできて、
千差万別な考え方を培った後に大人になると思うから・・・
そもそも、
一政党の全員が同一意見ってことが嘘くさいのよね・・・
みんなそう思いませんか?
『しぇぽ』は物心ついた時から
そんな嘘くささに眉を寄せていたのですよ・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
今の日本がなにやっても上手くいかないのは、
その悪しき基盤を長年築いてきた自民党に責任があると
『しぇぽ』は今でも心底感じているけど・・・
だから、
自民党という一つの政党には絶対に投票しないけど・・・
自民党の議員一人一人に政治力が無いのかってぇ〜ことになると、
それは大いに違うと思うのですよ・・・
だからね、
『しぇぽ』にとって政党制の選挙は矛盾だらけの選挙なのね・・・
( ̄○ ̄;)!
P70278451

P70278401

P70278331
政党制なんて、
思想の自由が保障される現代、
もう廃止にすべき制度だと思うけど・・・
なんで先進国の多くは未だ政党政治に拘るのだろう・・・
(* ̄0 ̄)ノ
政党制を廃止してね、
いろんな地区でたくさんの立候補者各自が、
自分が深く考えてきた国を動かす未来像と公約を熱弁して
ホットな選挙戦を繰り広げたら、
予め決められた一纏めの意見(政党の公約)じゃないからね、
投票する側もしっかりと立候補者の言葉に耳を傾けないと
理解できず投票する人を決められないから、
選挙戦自体が盛り上がるはずだし、
当然高い投票率に反映されると思うんだけどね・・・
( ^ω^ )
そうやって正しく議員を選出してね。
国会は、
必要な議案をそれを公約に含めてきた議員で構成される委員会で
議論を進めて取り纏めた項目を採決する場としてね。
なんだか理想的な国会になる気がするけどな・・・
みなさん・・・どうでしょう・・・
(*´σー`)
P70278231

P70278281

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金曜日)

暗い暗い暗いぃ〜〜梅雨の暗さを新宿ビル群を背景に表現するのだぁ〜 (Dark Scenes of Shinjyuku in the Rainy Season)

P70380901
暗い暗い日々が続いておりますね・・・
梅雨のどんよぉ〜りとした暗さは・・・
滅入る気分をどん底に突き落とすには最適ですね・・・グワッ
ははは・・・
(/ー\*)
そんな梅雨の被写体としては、
水滴とか水玉とか・・・
撮り方によっては美しいものもあるけれど・・・
そんなものはまやかしだ!!!
梅雨と言ったら!!!
なんといっても暗い暗ぁ〜〜い空!!!
それが梅雨の梅雨たる所以!!!
で、
「心を落ち込ませるに相応しい、
どんよりとして暗い梅雨を大都会を背景に表現するのだ!!!」
「皆に梅雨の本質を体験してもらうのだ!!!」
「そうだ!!!そうなのだ!!!」
ってな変態的想いから、
西新宿のビル群の森に足を踏み入れ、
灰色の分厚い梅雨の雲をパチリパチリしてきたので、
今日はそんないやぁ〜な気分になるお写真を
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
「そんなもんお届けするな!!!」
ってな全うなご意見もおありでしょうが・・・
逃避しないでさ・・・
この時期の現実を直視してね・・・
ははは・・・
(*´σー`)
P70380361

P70380681

P70380631
あまりに暗くてつまらない写真ばかりでも
申し訳ないってな気持ちもあったからね・・・
無料で開放されている、
新宿センタービルの展望スペースからの風景も
添えておいたので・・・
まぁ許してね・・・
展望スペースから観た新宿の風景も・・・
梅雨らしく暗さに満ちているけどね・・・
ギュッペ
(ノд・。)
梅雨らしい梅雨と言ったら
暗い空にジメジメした蒸し暑さとシトシト降る雨だけど・・・
最近流行のゲリラ豪雨ってぇ〜やつは・・・
とっても厄介ですね・・・
九州南部は今大変な状況になってるみたいだし・・・
アスファルトの海でできた東京なんて、
そこに溜まった熱気自らが上昇気流を作り出し、
ピンポイント豪雨を生み出すってんだから・・・
あぁぁぁ〜〜厄介だ厄介だぁぁぁ〜〜〜〜〜
Σ( ̄ロ ̄lll)
地球温暖化が関係するのかしないのか・・・
今年は偏西風の蛇行が激しく・・・
北からの冷たい空気と南からの暖かい空気が、
例年になく激しくせめぎあっていて・・・
それがゲリラ豪雨が頻発する原因だとだれかさんが言っていたけど・・・
こんな天候がまだまだ暫く続くようだと・・・
嫌ですね・・・
( ´;ω;`)ブワッ
P70380391

P70380541

P70380591
そうそう、
最近入ったどこだったかのコンビニで、
おにぎりを物色していたんだけどね。
まぁ冷凍ご飯を解凍する電子レンジが壊れちゃったからね・・・
(。>0<。)
そしたらね、
今まで見たことも無いおにぎりを見付けたのよ。
もうね、
目が輝いちゃうぐらい魅力的なネーミングのおにぎりぃ〜
ふっふぅ〜〜〜
その名は『卵かけご飯風おにぎり』!!!!!
おぉぉぉ〜〜〜なんて素敵なのぉ〜〜〜
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
食べてみたけどね!
たしかに『卵かけご飯風』で美味しかったぁぁぁぁぁ〜〜〜
へへへ
(*^ー゚)b
最近は欧米など諸外国からの輸入に頼りまくりの
小麦粉系でできた主食が日本に幅を利かせていて、
「私、パンしかお口が受付けないざまぁ〜〜すのぉ〜」的な
貴婦人擬があっちゃこっちゃで出現しているけど・・・
『しぇぽ』はね、
主食の日本自給率を本腰を入れて高めるべく、
積極的にお米を消費するのでございます!
まぁパンなんかよりお米が断然好きなだけなんだけどね・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
P70380871

P70380981

P70380441

P70380951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水曜日)

七夕だね!:『グランドプリンスホテル新高輪』の天の川イルミネーション〜 (Tanabata Illumination in Grand Prince Hotel New Takanawa)

P70279761
本来は旧暦の8月7日が正しい七夕ということになるんだろうけどね。
まぁ8月7日の方が晴れる確立がぐ〜〜んと高まって、
月明かりの影響も受けにくく天の川がよく見えることから、
東日本のいくつかの地域では
8月7日に七夕祭りをするみたいだけどね・・・
西日本を中心に縁起の良い数字並びから
新暦の7月7日にお祭りをする地域が多い日本。
ということで、
今日7月7日は七夕に因んだお写真を見て頂きますね!
( ^ω^ )
品川駅近く
グランドプリンスホテル新高輪』の庭園に飾られた
天の川イルミネーションと
竹を模した和風の輝きですよぉ〜
ふふふ・・・
ヽ(´▽`)/
まぁでも・・・
このお天気じゃぁ〜ねぇ〜〜〜
天の川はもちろんのこと、
織姫もひこ星もあったもんじゃないけどね・・・
「星が見えるかなぁ〜〜〜」なんて
空を見上げる気もしないですな・・・
ははは・・・
ヾ(´ε`*)ゝ
P70280001

P70279871

P70279731

P70279721
『グランドプリンス新高輪』の庭園は、
このブログでも一昨年のクリスマス時期に、
美しく輝く和風イルミネーションを紹介
した庭園だけどね。
まぁちょっと前までこのホテルの名前は、
『グランドプリンスホテル高輪』で『新』は付かなかったけど・・・
いつから『新』が付くようになったのかな・・・
(´ρ`)
七夕に因んだイルミネーションで
東京で最も有名なのは『東京タワー』の
天の川を模した恋人達のためのイルミネーションだけどね・・・
まぁこの時期は恋人達を中心に人人人で混雑してるだろうから・・・
足を運ぶ気持ちにならなくてね・・・
インターネットで他の七夕イルミネーションを調べてみたんだけど・・・
ここ数年開催されていた『新宿テラスシティ』も
今年は開催しないみたいだし・・・
『東京ドームシティ』のHPにもなんの記載もなくてね・・・
たまたま見付けた
『グランドプリンスホテル新高輪』に
そそくさと出掛けてみたのですね。
o(*^▽^*)o
行ってみると、
HP上のイルミネーションイメージとはだいぶ違っていて、
ちょっとしょぼい感じだったけど・・・
それでも天の川を模したイルミネーション幕の所々で
流れ星が煌めく仕掛けがしてあってね、
まずまず綺麗でしたよ!
(v^ー゜)
P70279621

P70279811

P70280021
それにしても景気はまだまだ回復しないのかな・・・
先にも記したように、
夏のイルミネーションスポットは大幅に減少してる感じ・・・
『しぇぽ』が調べた限りでは、
関東近辺では『東京タワー』の他には、
『御殿場高原時之栖』でイルミネーションが開催されるだけみたい・・・
(´・ω・`)ショボーン
これから梅雨が開けたら
花火の時期に入るけど・・・
まぁこのブログでも花火写真記事はいくつかあるけど・・・
花火ってどのスポットもたった1日の開催だからね・・・
どこに行ってもすごい人混みだからね・・・
人混み大嫌い『しぇぽ』としては、
撮りたい気持ちはあっても、
足を向けるとなるとものすごく気合いがいるのよね・・・
花火を撮影しない夏なんて気の抜けたビールみたいなもんだしな・・・
さぁ〜てっと・・・
今年の夏はどうなりますことやら・・・
プッヒョ
(*´σー`)
P70279981

P70279901

P70280171

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火曜日)

『ウズアジサイ』と普通のアジサイは紙一重の遺伝的違いなのかな・・・ (Hydrangea Macrophylla in the Rainy Season)

P70278041
あぁぁぁ・・・
げっげっげっ・・・
電子レンジが・・・電子レンジが・・・
壊れてしまいました・・・
ラップに包んで冷凍しといたご飯を解凍しようと思って、
電子レンジのスイッチをONしたんだけど・・・
いつまで経っても解凍終了の”チン〜”という音がしないので、
「なぜチンと音が鳴らないのだ!何故だ!何故なのだ!!!」
ってな不信感から”取り消し”ボタンを押してレンジを止めて、
恐る恐る中のご飯に触ってみたんだけど・・・
恐れていた通り・・・ご飯ちゃんは冷たいままでした・・・
あぁぁぁ〜〜〜〜電子レンジが壊れぇ〜たぁ〜よぉ〜
泣きなぁ〜〜さぁ〜〜あいいいぃぃぃ〜〜〜
あぁぁぁ〜〜〜ソレソレ・・・
(´;ω;`)ウウ・・・
でね、
冷凍したご飯がもったいないからね・・・
ラップに包んだままのご飯をビニール袋に入れて軽く縛って、
沸騰したお湯の中にドボ〜ン〜〜する温め作戦を決行したんだけど・・・
お湯がビニール袋の中に入ると嫌だから
縛り口は沸騰してる水面の上に向けてね。
巾着状態の冷凍ご飯ちゃんは、
風船みたいに沸騰の泡と共にあっちゃこっちゃ動き回るわけだけど・・・
鉄でできた鍋の壁に当たる度にビニールが溶けだして・・・
結局冷凍ご飯ちゃんはお湯浸しになっちゃった・・・
泣きなぁ〜さぁ〜〜あいぃぃぃ〜〜〜
゚゚(´O`)°゚
もう笑っちゃいなぁぁぁさぁぁ〜〜〜あ〜〜あいぃぃ・・・
ははは・・・
(* ̄ー ̄*)
P70279561

P70279221

P70279581
そうだ・・・
そんな悲しい出来事ばかり喋っていちゃだめだ・・・
(* ̄0 ̄)ノ
今日はね、
この梅雨の季節に相応しいお花。
ウズアジサイ』ちゃんを中心に、
紫陽花のお写真をみなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
ちょっと前の梅雨の晴れ間に、
世田谷区フラワーランド』でたくさん咲いていた
ウズアジサイ』ちゃんをパチリパチリしてたんだけどね。
その時に気付いたんだけど・・・
ほとんどのウズアジサイちゃんは、
集団で咲く花の花弁の周辺部が全てクルッとウズ状になってたけど・・・
一部のウズアジサイちゃんでね、
明らかに一つの茎から派生した花の集団の中に
二枚目の写真のような通常のアジサイの花が咲いていたのね。
要するにクルッとした花とピンとした花が混在していたのね。
おぉぉぉ〜〜〜
∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
まぁ大した発見じゃないのかもしれないけど・・・
アジサイの花が通常の花になるか渦状の花になるかは、
遺伝的にはほんの僅かな違いしか無いのかもしれないな・・・
うんうん・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌
P70278081

P70277961

P70279401
アジサイの花は、
梅雨の季節の花だけあって、
晴れ間に観るよりも雨でしっとりしている時に観る方が、
なんだか花自体は生き生きしてる感じがします。
雨の時は絵になるカタツムリを見掛けることも多いしね。
まぁ写真に撮るには、
雨天時は暗さによる手ブレとカメラが壊れちゃう心配があるけど・・・
晴れてる時は写真には撮りやすいけど、
アジサイの花の周辺部が茶色く変色した場面に良く出会う気がします・・・
( ̄Д ̄;;
もうすぐ梅雨も終わりですよ〜
夏には夏の被写体がぁ〜なんだか楽しみですね!
この夏も・・・
良い写真がいっぱい撮れるといいな・・・
( ^ω^ )
P70278171

P70278071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月曜日)

『レインボープロムナード』北側コースから観た東京都心の夕景ぃ〜 (Tokyo Evening Scenes from Rainbow Promenade)

P61773651
今日は、
昨日の記事の『レインボーブリッジ』の遊歩道
レインボープロムナード』サウスルートに続いて、
遊歩道北側から観た
海越しの東京都心の夕景をぉ〜〜〜
みなさんにお届けしますね!!!
ヽ(´▽`)/
これを撮影した日はね、
まだサッカーW杯日本代表ががんばっている時でね。
最後の写真の左側の汐留にある電通ビルの壁面に、
窓明かりで創られた『日本一丸』の応援文字が見えるけどね・・・
ちょっと時期外れでごめんちゃい・・・
ははは・・・
人( ̄ω ̄;) スマヌ
P61773451

P61774721

P61773211
何枚かの写真で、
遠くに未完成の『東京スカイツリー』が望めるけどね。
この『レインボープロムナード』ノースルートは、
スカイツリーが完成した後には
東京タワーと東京スカイツリーの遠望が同時に可能な
有名な撮影スポットになるかもしれませんね!
(*^ー゚)b
話は変わるけど・・・
昨日の昼間にね、
『ルビコンの・・・』うぅぅ〜〜ん『挑戦』だったかな・・・
『決断』だったかな・・・『決心』だったかな・・・
忘れちゃったけど・・・
その番組の昨年の再放送を観たんだけどね・・・
無農薬のリンゴ作りに成功した農家の方の物語だったけど。
でね、このサクセスストーリの結論を簡単に言うと、
『農薬を使わなくてはリンゴを作ることができない』という既成概念の下、
長〜い年月に渡り農薬漬けになった土地は、
実は害虫を食べてくれる良い虫も育たず、
リンゴの木の病気の原因となる悪い微生物をやっつけたり
肥沃な土地作りに欠かせない良性の微生物も増えず、
結局リンゴの自然生育には最悪の土なので、
農薬で病原虫を除去し化学肥料で栄養を与えないと、
リンゴが絶対生育できないらしいんだけど。
そういう良いものが全て揃っていて、
山の濃密な緑を育む肥沃な土に注目して、
『今までの農薬漬けのリンゴ畑の土をその肥沃な山の土に入れ替えてみたら、
無農薬でちゃんとリンゴが育った』ってな、
なんだか人間ってなにやってるのよ・・・
みんなが一律に思い描く既成概念って恐ろしいな・・・
という内容だったんだけどね・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
P61773571

P61773441
人間が自然を無視した結果引き起こされる
悪循環の一面を示したこの番組の内容は、
無農薬栽培だけの事柄ではなくて、
現代の全ての人々への警告を含んでいると『しぇぽ』は思うのですよ。
( ̄Д ̄;;
『しぇぽ』の知人でもね、
ちょっと風邪気味だから・・・
ちょっと頭痛がするから・・・
ちょっと身体がだるいから・・・ってな微弱な病気気味状態で、
すぐに薬を口にする人が何人かいるけどね・・・
ビタミン補給のサプリメントなどの売れ行きが好調なのも、
現在人の頭が『薬神話』という『困った時の薬頼み』的な
潜在意識に支配されているからだと思うけど・・・
なんかね、肥沃な土地じゃないけど、
人が自然に持っている生理機能とか免疫機能などの
本質的な身体の基盤作り(番組では土作りね)を無視して、
薬などの人工物(番組では農薬ね)を乱用すると、
きっといつか人間は自然界では生きられない動物と化す気がするな・・・
┐(´д`)┌
風邪気味状態が薬で治っても、
その薬で他の所に支障が出てまた薬を使って、
そしてまた違う場所に支障を来して・・・
悪循環はきっと起こりますよ。
\(*`∧´)/
P61773261

P61774571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日曜日)

『レインボーブリッジ』の南側プロムナードからの風景ぃ〜 (Landscapes of Tokyo Odaiba from Rainbow Promenade)

P61772671
以前にもレインボーブリッジの遊歩道
レインボープロムナード』からの風景を掲載したけど・・・
その時はちょっと小雨降る曇りがちの日だったからね・・・
先日、
まずまずのお天気の夕方近く、
もう一度『レインボーブリッジ』南側プロムナードを
てくてくてくてくしてみたので、
お台場海浜公園の夕方もパチリパチリしてみたので、
今日はその時のお写真を見て頂きますね!
おほほっ
ヽ(´▽`)/
急なトレーニングが悪かったのかな・・・
なんかね、
ここ二日間やる気無しの介と化してね・・・
当然ブログも更新する気が全くデリートしちゃって・・・
こんなブログ・・・
楽しみにしてくれてる方がいるのかいないのか・・・
まったくもって判断できませんが・・・
どうもすみません・・・ ・・・です・・・
(*_ _)人
P61772401

P61772541

P61772451
レインボーブリッジからの東京海辺の風景と、
お台場の俯瞰風景やお台場海浜公園の夕景。
夕景とはいっても
まだまだ明るい時間帯だけど・・・
なんとなく静かな良い写真でしょ〜
ふふっ
(* ̄ー ̄*)
レインボープロムナード』はね、
歩いてみるとよく解るけど・・・
写真と実際の現場は雰囲気がものすごく違ってね・・・
実は橋の端っこに造られた遊歩道の直ぐ脇を、
ものすごい騒音を発しながら
ものすごいスピードで通り過ぎる車車車が
ものすごく怖いのよね・・・
レインボーブリッジがどんなに巨大な橋でも・・・
まぁなんだかんだいっても吊り橋だからね・・・
大型車が通り過ぎると激しくブルブル振動するのよ・・・
げげっっっ
Σ( ̄ロ ̄lll)
写真だと、
あたかも清々しい気持で『しぇぽ』撮影ってな雰囲気だけど・・・
まぁちーとばかし怖々しながら焦り顔の『しぇぽ』・・・
真下が海だからね・・・
カメラを落とさないように気をつけながらね・・・
ははは・・・
( ̄○ ̄;)!
P61772571

P61772891

P61772761
夜景月間と位置づけた6月も終わってしまったけど・・・
まだ掲載していない夜景写真残っているし、
ちょこちょこまだ夜景撮っているからね。
どうかお楽しみにね!
(v^ー゜)
P61772961

P61773091

P61773171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木曜日)

水面に映るワイングラスキャンドルが綺麗ぃ〜『表参道キャンドルナイト』その4なり! (Candle Night in Omotesando IV)

P61976391_2
サッカーW杯日本代表ごくろうさん〜
残念でしたね・・・
試合巧者のパラグアイに互角の戦いをして、
まぁいろいろあったみたいだけど・・・
しょうがないしょうがない・・・
これからは今後の日本サッカーの発展に
がんばって下さいね!!!
汗だくで戦ったわけだからね、
帰りの長時間飛行機で血栓ができないように気をつけて下されな・・・
(*^ー゚)b
それにしてもサッカーって、
不確定性要素が強過ぎて・・・
やっぱり良く分からないスポーツだな・・・
野球だったら、猛烈に凄い投手を前に、
格下のバッターはまぁ予想通り打てないもんだけど・・・
サッカーの有名で凄いと言われている選手達を観てみたけど・・・
結局何がどのように凄いのか分らなかったな・・・
野球だったら、自分が応援するチームの攻撃の時には
相手に点が入ることは絶対に無いから息抜きできるんだけど・・・
サッカーはハーフタイムに入るまで息抜きができないしな・・・
いろんな意味で、
これまでの日本人のスポーツ観戦のペースに沿わない
スポーツではあるな・・・
(*´ェ`*) ははは・・・
おっとぉ〜
サッカーのことばかり話してる場合ではなかった・・・
P61976631

P61976711

P61976791
今日はね、
今年の『表参道キャンドルナイト』記事の最終回。
水面に反射する美しいワイングラスのキャンドルとぉ〜
これは昨年もあった、
ボンボンのような鯛をかたどったキャンドルをぉ〜〜〜
みなさんにお伝えし〆ることにいたしますぅ〜〜〜
ヽ(´▽`)/
表参道ヒルズ脇の
小さな三角形の水がはられた場所
では、
昨年は蓮の花を模したキャンドルが
青い光を放って綺麗だったけどね。
今年はワイングラスで造ったキャンドルだったんですよね。
せっかくなら全てのワイングラスに火を灯せば良いのに・・・
ほんのわずかのワイングラスしか点灯してなくて残念だったなりね・・・
近くに居たここのキャンドルの担当者の方達は、
なんだか終始サッカーW杯が観たい話ししかしてなくてね、
「あぁぁ・・・やっぱりあまり気合いが入っていないのね・・・」
なんて寂しさを感じながらパチリパチリしたのですよ・・・
ははは・・・
(*´σー`)
昨年の『表参道キャンドルナイト』記事を
またリンクしておきますからね。
その1
昨年と今年で違いを確認しながら楽しんで下さいね。
ふふふっ
(* ̄ー ̄*)
P61976501

P61976551

P61976361
日本代表のサッカーも終わっちゃったし・・・
『表参道キャンドルナイト』記事も最終回だし・・・
なんだか寂しくてつまらないな・・・
グッワァ
(´・ω・`)ショボーン
もうすぐ『しぇぽ』の大好きな夏だというのに・・・
なんでか今年はあまり気持ちが盛り上がらないよ・・・
どうしちゃったのかな・・・
まだこの夏に何処に行くかなど、
現時点でなぁ〜〜んにも決まってないし・・・ね・・・
みなさんは何処に行くのかな・・・
今年の梅雨は、
梅雨らしくない梅雨で終わっちゃうと予想してるんだけど・・・
そしたら暑い夏だもんな・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌
そうそう、調べた限りでは、
今年は夏の時期のイルミネーションはあんまり開催されないみたい・・・
なんだか何から何まで活気のない日本になりつつあるみたい・・・
ブッヒョ
(ノд・。)
P61976771

P61976371

P61976741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »