« 『光都東京・ライトピア2009』:美しいフラワーファンタジアの世界へぇ〜 (Tokyo Lightopia 2009 I) | トップページ | 『光都東京・ライトピア2009』:アンビエント・キャンドルパークで厳粛な雰囲気に包まれて・・・ (Tokyo Lightopia 2009 III) »

2009年12月30日 (水曜日)

『光都東京・ライトピア2009』:皇居お堀石垣に施された『光雲』で癒されてね! (Tokyo Lightopia 2009 II)

Pc2201381
皇居のお堀の石垣に、
ダイヤモンドのようにキラキラ輝くイルミネーション〜
光都東京・ライトピア 2009』の『光雲(ひかりぐも)』と呼ばれる
『光のアート・インスタレーション』の様子を、
今日はみなさんにお届けしますね!
ヽ(´▽`)/
雲のように雪のように、
静寂に包まれた石垣の上で
キラキラ輝く直線的なイルミネーションが
お堀の水に反射して、
大変素敵な風景ですよぉ〜〜〜
(* ̄ー ̄*)
ここ皇居お堀端はね、
『しぇぽ』の大好きな夜景スポットでもあるからね、
そんな美しい丸ノ内の夜景と共に、
光のアート・インスタレーションを楽しんで下さいね!
わぁぁぁぁ〜〜〜素敵な夜ぅ〜〜〜
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
Pc2200051
Pc2201411
Pc2200091
『光雲』は
昨年とほとんど同じイルミネーションだけど、
昨年は『雪月花』と呼ばれていたんじゃないかな・・・
なにか大きく違った点があったのかな・・・
(;´▽`A``
昨年を思い返してみるとね、
和田倉噴水広場へのお堀にかかる橋に
昨年はイルミネーションが無かったけど、
今年はその橋にイルミネーションが施されていましたよ。
昨年はお堀石垣の上の木の一部分がライトアップされていたけど、
今年はどこにもライトアップは無かったですよ。
まぁ、毎年少しずつ変化させてるんですね・・・
(*´ェ`*)
皇居前広場とか今回の記事のお堀端から見た
丸ノ内の夜景はほんと綺麗なんですよね。
洗練された現代風のビルと
昔ながらのレトロ感あるビルが、
皇居前広場周辺のちょっと高級感漂う街灯と融合して、
素晴らしい東京夜景を見せてくれますよぉ〜
このブログでも、
既に何記事か掲載していますので、
それらの写真も見つつ、
光のアート・インスタレーション会場の
雰囲気を感じて下さいねぇ〜〜
(リンクその1その2その3
(*^ー゚)bグッジョブ!!
Pc2201431
Pc2201351
東京は既に帰省された人達が多いのか、
一年で一番人が少なく静かな寂しい状況になっています・・・
いつもの東京の混雑は嫌だけど・・・
一気に人が減るのもそれなりに寂しいものですよ・・・
(´・ω・`)ショボーン
年の瀬の東京の一大イベントの写真を
全国のたくさんの人達に見てもらいたいけど・・・
アクセスがね・・・ガタン・・・
やっぱり、
『光都東京・ライトピア』の写真は、
クリスマスイルミネーション特集の時に掲載しようかな・・・
年が明けちゃうと間抜けだしな・・・
で、12月26日から次の年の1月3日までは毎年更新を止めちゃおうかな・・・
でもなぁ〜〜〜
一人でも見てくれる方がいると・・・
更新を止めちゃうことができない『しぇぽ』なのよ・・・
ゲッピョ
ヾ(´ε`*)ゝ
ブログって世情と密接に連動してて、
いろいろ考えさせられちゃうんですよね・・・
ははは・・・
(*ノv`)
Pc2201281
Pc2200121

|

« 『光都東京・ライトピア2009』:美しいフラワーファンタジアの世界へぇ〜 (Tokyo Lightopia 2009 I) | トップページ | 『光都東京・ライトピア2009』:アンビエント・キャンドルパークで厳粛な雰囲気に包まれて・・・ (Tokyo Lightopia 2009 III) »

東京都区内のクリスマスイルミネーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500808/47106322

この記事へのトラックバック一覧です: 『光都東京・ライトピア2009』:皇居お堀石垣に施された『光雲』で癒されてね! (Tokyo Lightopia 2009 II):

« 『光都東京・ライトピア2009』:美しいフラワーファンタジアの世界へぇ〜 (Tokyo Lightopia 2009 I) | トップページ | 『光都東京・ライトピア2009』:アンビエント・キャンドルパークで厳粛な雰囲気に包まれて・・・ (Tokyo Lightopia 2009 III) »