« 総武線『両国駅』付近の『力士』と出会う風景ぃ〜(Sumo Wrestlers in RYOGOKU) | トップページ | 光量不足の『江戸東京博物館』のジオラマをがんばって撮影してみよう〜 (Replicas of the Previous People and City in the Edo-Tokyo Museum) »

2009年10月 9日 (金曜日)

両国国技館となりの『江戸東京博物館』に行ってみよう!(Photographs in the Edo-Tokyo Museum)

P92301921
さぁさぁ〜〜〜
今日はぁ〜
両国国技館隣にドド〜〜ンと鎮座するぅ〜
江戸東京博物館』に入ってみましょう〜〜〜
ヽ(´▽`)/
有名な江戸東京のジオラマ写真はまた明日ね!
ごめんちゃい・・・
今回はぁ〜
ジオラマ以外の内部を観てもらって、
江戸東京博物館の雰囲気を感じて下さいね!
( ̄ー+ ̄)
江戸東京博物館は、
通称大江戸博物館とも呼ばれているけど、
広大な展示室の中にはぁ〜〜〜
江戸時代や明治大正昭和の匂いがプゥ〜〜ンプン〜
そのレトロ感が
とってもとっても素敵な場所ですよぉ〜
ふふふ〜〜〜
(o^-^o)
でもね、
Cocolog_oekaki_2009_09_29_12_53
P92301721
P92300841
P92301691
P92300871
東京都営の博物館やら公園やらに
共通して言えることなんだけど・・・
『撮影禁止』が多くて参っちゃう・・・
( ´;ω;`)ブワッ
こっちは暗い場所でも百戦錬磨の『しぇぽ』くんだからね、
誰にも迷惑かけずにチャチャチャ〜〜ッと撮影できちゃうんだけど・・・
江戸東京博物館は、
『撮影禁止』の区切りが複雑で難しいのよ・・・
禁止看板を無視していたわけではないんだけど・・・
全てに目を行き届かせるのは大変でね・・・
もしかしたら今回の写真にも
撮影禁止だった陳列物の写真があるかもしれないけど・・・
まぁ商売に使うわけではないのでね・・・
世界に広く江戸と東京の素晴らしさを伝えたいだけだからね・・・
まぁ、東京都職員の方々・・・
許して下され・・・
人( ̄ω ̄;)
両国と言えば相撲取りってんで、
江戸東京博物館の記事ではあるけど・・・
「肉は外せないな!」ってな思いからね・・・
今日は名古屋名物『手羽先』なんて
描いちゃったのね・・・
ちょっといなり寿司っぽくなっちゃった・・・
ははは・・・
(*´v゚*)ゞ
P92302281
P92302311
P92301971
P92301201
江戸東京博物館内部は、
撮影禁止じゃなくても撮影が困難なくらい
かなり暗めの照明になっているのね・・・
(ノω・、)
まぁ、普通に三脚無しで撮ったら
ほとんど全ての写真がブレブレになる暗さ・・・
三脚立てて撮影してたら、
そりゃ〜他の見学者に迷惑だからね、
三脚禁止なら意図がよく判るんだけど・・・
撮影禁止場所がそこはかとなくそこらじゅうにあるのよね・・・
o(;△;)o
青梅の昭和幻燈館は良かったなぁ〜
一応「撮影してよいですか?」と係の人に問うてみると、
「好きなだけどうぞどうぞ」って・・・
さすがの『しぇぽ』も三脚は立てなかったけど
立てても自由にさせてくれるであろう寛大さ。
(*^ー゚)b
まぁ青梅には外国からの観光客はほとんど来ないだろうけど・・・
天下の江戸東京博物館だからね、
ブレたってちょっと思い出の写真を残したい
外国からの観光客も一杯いるだろうしね・・・
利権が渦巻く美術館とはちがうんだから・・・
もうちょっと寛容になってもいいんじゃないかな・・・
東京都公務の方々・・・
(# ̄З ̄)
P92302031
P92302231
P92302201

|

« 総武線『両国駅』付近の『力士』と出会う風景ぃ〜(Sumo Wrestlers in RYOGOKU) | トップページ | 光量不足の『江戸東京博物館』のジオラマをがんばって撮影してみよう〜 (Replicas of the Previous People and City in the Edo-Tokyo Museum) »

東京都区内の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500808/46356958

この記事へのトラックバック一覧です: 両国国技館となりの『江戸東京博物館』に行ってみよう!(Photographs in the Edo-Tokyo Museum):

« 総武線『両国駅』付近の『力士』と出会う風景ぃ〜(Sumo Wrestlers in RYOGOKU) | トップページ | 光量不足の『江戸東京博物館』のジオラマをがんばって撮影してみよう〜 (Replicas of the Previous People and City in the Edo-Tokyo Museum) »