« 『大望路』『国貿』『王府井』辺りを真っ直ぐ走る『建国路』周辺の夜景をどうぞぉ〜 | トップページ | 中国の要『天安門広場』の夜はさすが厳粛な雰囲気が漂いますぅ〜 »

2008年11月10日 (月曜日)

北京の繁華街『王府井』の歩行者天国と『東華門夜市』の夜景ぃ〜〜〜

Pa257929
今日はちょっと賑やかな北京の夜景写真〜
天安門とか故宮のちょっと東に、
昔から北京の繁華街として知られている
『王府井』と呼ばれる場所がありますよ〜
今は西単と呼ばれる天安門の西寄りの街が
北京一の繁華街になっているらしいですが、
『しぇぽ』は少し古めかしい『王府井』を選択、
夜な夜な歩いてみましたぁ〜
(o^-^o)
王府井』とそのちょっと北にある有名な屋台街
東華門夜市』はこの辺りになりますよぉ〜
Pa257930
Pa257932
前半の真っ直ぐ続く屋台の活気溢れる写真が
『東華門夜市』で、後半が『王府井』の街並写真ですぅ〜
(*^m^)
『東華門夜市』はとにかくありとあらゆる食材を
その場で調理して食べさせてくれる屋台が、
2〜300メートルに渡って一列に並んでいて、
直線的な美しい屋台街ですぅ〜〜〜
観光でも有名な場所だけあって種々雑多な国から来た
観光客でごった返しておりましたぁ〜
∑(=゚ω゚=;)
鶏肉や羊肉や牛肉の串焼きはもちろんのこと、
サソリとか、なんだか解らない食材も串焼き
されています・・・
あらゆる種類の中国麺類や水餃子なんかも
食べることができそうです・・・
でもちょっと全体的に不潔な感じ・・・
( ̄○ ̄;)!
『しぇぽ』はね、短い北京滞在期間で
激しい腹痛になるのも嫌だし・・・
食べることにあまり冒険心もないので・・・
でも、何も食べないのも男『しぇぽ』の
名に恥じるし・・・・・・
なんとなく大丈夫そうな美味しそうな、
ちょっとぶっとい『焼きトウモロコシ』
を食したなり!
軟弱ですみません・・・
(*´v゚*)ゞ
Pa257939
Pa257935
食べてみるとぉ〜〜〜〜〜
激しく不味いなり!!!!!!
焼きも不十分で、
約8割は生なり・・・
Σ(`0´*)
あまりに不味くてびっくり・・・
お腹も心配だから1/4位たべて捨てました・・・
友人にこの不味さを伝えると、
「中国トウモロコシは飼料用と人用が同じなんだよぉ〜」
「不味いに決まってるだろぉ〜」
なんて言われてしまいました・・・
(ノω・、)
みなさん、北京旅行の際はお気を付けあそばせ・・・
でも、これも旅行の醍醐味なり!!!!!
夜な夜な出歩かないと出会えない失敗なりぃ〜
な〜〜んて・・・ ピハッ
Pa257941
Pa257945
北京地下鉄1号線の『王府井』駅から
北に伸びる『王府井』の繁華街は、
歩行者天国になっていま〜〜すぅ〜
近代的な商店と古めかしい(中国らしい)お店が
混在していて、夜も明るく活気がありますよぉ〜
( ̄▽ ̄)
さっきの不味いトウモロコシの余韻を解消すべく、
ここでは世界各国どこにでもある
安心感MAXの『マクドナルド』に入ってみました〜
表現のしようがないんですが、
日本の『マック』とは少し味が違うような・・・
特に肉(パテ)の味が違うような・・・
でも流石! さっきの不味さを忘れさせてくれましたぁ〜
(v^ー゜)ヤッタネ!!
Pa257946
Pa257948
それにしても『アイスコーヒー』という飲み物は
北京もそうだけど世界各国どこにもありません・・・
ハンバーガーもアイスコーヒーで食べたいのに・・・
『缶コーヒー』というものもありませんね・・・
美味しいのに・・・
外国に行くと一番の不満が『アイスコーヒー』が
飲めないこと・・・
なんでだろ・・・
中国はね冷たい飲み物を飲む習慣があまりないらしいです。
冷たい水をゴクゴク飲むのは日本だけかもしれませんね・・・
ホテルでも生水はあんまり飲まないように書いてあります。
もっと美味しい安全な水を政府が提供していれば
アイスコーヒーも流行るのかな・・・
Pa257950
Pa257951
明日からは、芸術的でしかも歴史深い感じの
ほんんと綺麗な夜景写真になりますよ〜
へへ・・・
Pa257952
Pa257958

|

« 『大望路』『国貿』『王府井』辺りを真っ直ぐ走る『建国路』周辺の夜景をどうぞぉ〜 | トップページ | 中国の要『天安門広場』の夜はさすが厳粛な雰囲気が漂いますぅ〜 »

北京の夕景夜景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京の繁華街『王府井』の歩行者天国と『東華門夜市』の夜景ぃ〜〜〜:

« 『大望路』『国貿』『王府井』辺りを真っ直ぐ走る『建国路』周辺の夜景をどうぞぉ〜 | トップページ | 中国の要『天安門広場』の夜はさすが厳粛な雰囲気が漂いますぅ〜 »