« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の31件の記事

2008年5月31日 (土曜日)

京都『哲学の道』でしっとり思索に耽りましょう〜〜ね!

P5142449
京都に旅行に行ったことがある人なら、
一度は訪れたことがある(訪れたいと思う)であろう、
哲学の道』と呼ばれる京都疎水脇に続く
有名な水辺の散歩道を今日は一緒に歩きましょう〜
京都市の東方面は、明治時代に琵琶湖の大津から取水された
疎水がいたるところにあるんですよね。
すごい勢いで落下して流れている所もあるのですよ。
今日と明日はそんな疎水付近の風景をお届けしま〜〜すぅ。
P5142460
P5142437
その昔、西田幾多郎という哲学者が、
思い詰めたように考え事をしながら歩いていたことから、
『思索の小道』なんて呼ばれていたこともあったようですが、
彼の弟子が好んで歩くようになってから、
『哲学の道』と呼ばれるようになったそうですね。
確かに、何度ここを訪れても、
考え事をするには絶好の散歩道だと思いますが、
昔は「しぇぽは今後どのような人生を歩むべきか・・・think」、
「う〜〜ん、難しい・・・ まぁいいか・・・」なんて考えながら、
歩いたこともあった気がしますが・・・
今回は急いでいたので、哲学の道に一番近いバス停
『真如堂前』を降りササーッと足早に歩いたので、
「腹減ったなぁ〜」くらいしか考えませんでしたぁ〜coldsweats01
まぁいいかなぁ〜・・・
P5142476
P5142467
この小道では、何人かの画家さん達が風景スケッチに没頭していたりart
その絵を小道脇で売っていたり、
京都の旧家のお嬢さんが(たぶん)、日傘をさしつつのんびり歩いていたりgood
野良猫がのんびり縄張りを主張していたりcat
日本のこの趣深さを理解しているのか理解していないのか、
なんだかたくさんの外国人観光客の人とすれ違ったり、
そんな外国からの人もなんとなく声を潜めるような、
なんだか不思議で静かな世界が広がっているのですぅ〜
P5142454
P5142471
哲学の道の場所はここですが、
銀閣寺や南禅寺拝観でのお決まりのルートでもありますから、
みなさんも一度全行程歩いてみて下さいね。
P5142469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金曜日)

今日は昼間の『東京国際(羽田)空港』を見て下されぇ〜〜

P3271898
特集をやっていると、東京や浜松で撮った写真が溜まってしまうので、
京都特集の合間ですが、今日は東京の写真を掲載しますぅ〜
京都の写真見たさに、このブログを訪れて頂いた方には申し訳なく思いますが・・・coldsweats01
函館特集の時のように、2回に一回東京や浜松の写真を挟みますね。
P3271874
P3271879
私には、人生一度は見に行ってきちっと写真に収めたい日本の風景があります。
それは、函館特集の時にも言いましたが、『海に映る無数の漁り火の夜景』や、
一部の農村で見られる『棚田の夕景』や『明かりが灯された棚田の夜景』。good
それに、北海道で見られる『ダイヤモンドダストの輝き』や、
『雪深い山奥で過ごす野生の動物達』。
沖縄の『マングローブの森』や青森と秋田の県境に広がる『ブナの森』。
P3271882
P3271885
見たことがあるのに、写真に収めたことが無い風景には、
『蛍が乱舞する夜』や『激しい雷の閃光』があるんですよね。
蛍の時期はもうすぐですね。
東京は蛍観賞に関しては本当に悲しい地域ですね。
見せるためにわざわざ蛍を放つんですから・・・
人工的な蛍観賞スポットは撮影を躊躇っちゃうんですよね・・・
浜松の北には天然の蛍の観賞スポットがたくさんあるのですが、
今年は見に行けるかなぁ〜think
蛍光的な緑色は綺麗だし、手に取ると蛍は本当に可愛いですよね。heart02
P3271888
P3271891
雷は何度も挑戦しているのに一度も閃光をカメラに収めたことが無いんです・・・
運が悪いと言うかなんというか、
これはもう雷神様が撮影を拒否しているとしか思えないぐらい
見事にタイミングを外しまくるのですね。shock
デジタルカメラは、長時間露光で夜景を撮る時にノイズが発生するので、
それを除去するために露光時間と同じ時間をノイズ除去に使うのですね。
5秒シャッターを開いたら、その後5秒は撮影できない状態になるわけです。
私が撮影すると、その撮影できないノイズ除去の時間帯に
雷がピカ〜〜ゴロゴロ〜とくることばかりで・・・
なかなかその『悪魔の周期』から抜け出せないのですね。
そうこう悪戦苦闘していると、雷がどこかに行ってしまって・・・wobbly
P3271892
P3271893
以前の記事で、寒ーい冬に不満足な夜景の写真を掲載しましたが、
今日は『東京国際(羽田)空港』の昼間の写真ですよぉ〜
地方の空港ではあまり見られない大量の飛行機を御堪能くださいね。
空港の第二ターミナルデッキから撮ったので、
ANAの飛行機ばかりが目立ちますが、JALとか他の飛行機会社
関係者の方には陳謝陳謝・・・ (JAL勤務の友人がいるもので)
場所は言わずと知れたここだがね。
P3271894

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木曜日)

京都の東山辺りの坂道をササーッと見物ぅ〜

P5142545
今日は、京都市の東山の高台寺から清水寺参道まで続く、
二寧坂(二年坂)』とか『産寧坂(三年坂)』と呼ばれる、
伝統的な家並みが続く辺りをササーッと散歩しましょう〜〜ね。
この辺のお店は、昨日の記事の遊郭とは違って、
古めかしい趣き深い建物の中は、
実はかなりお洒落な店になっていて、
京都の観光業の代表的な風景が見られますね。
私もここでは、昔の京都には絶対に無いであろう
小さな可愛い亀のお守りを買いました〜
P5142515
P5142526
なぜこの辺の坂を『二寧坂』とか『産寧坂』と言うのか。
諸説あるようなんですけど、産寧坂があるから二寧坂、
二寧坂があるから産寧坂、というような『どっちが最初か説』を除くと、
大同2年に道が整備されたから『二寧坂』説、
高台寺にいた秀吉の妻のねねが『お産の時に念じたから』という説があるらしい。
二寧坂で転ぶと『二年以内に死ぬ』という言い伝えや、
産寧坂で転ぶと『三年以内に死ぬ』という怖〜い言い伝えがありますが、
ササーッと見物したものの、転けることは無かったので大丈夫かな・・・
P5142531
P5142527_2
『しぇぽ』は背丈がないわけではないんですが、
足が小さい方なので、バランスが悪いからか、
結構いろんな所で簡単に転けるのですね。coldsweats01
東京駅の中央線の長いエスカレーターを、
足早に降りる際に転けた時は、
登りエスカレーターのたくさんの人に
気の毒な目で見られ恥ずかしかったですぅ〜〜
クラブ活動の合宿の練習メニューに、
海辺の砂浜を何往復も走る『浜ラン』というメニューがあったんですが、
足が小さいと砂浜に激しくめり込んで辛かったですぅ〜〜
今日の記事にはどうでもよい話題でしたね・・・
すみません・・・
P5142533
P5142538
この二つの坂がある東山周辺は、
本当に驚くほど外国からの観光客が多いですよ。
写真に背中とかが写っている人達はほとんど外国人観光客ですぅ〜
京都が国際観光都市だというのがすごくよく解りますよ。
外国で日本人観光客はよく
「団体でぞろぞろ歩いてかっこわるい〜」とか、
「みんなカメラを首からぶら下げていて変〜」とか
いろいろ言われますよね。
私はこの時に外国人観光客の動態について観察したんですが、
全く日本人と同じでしたよぉ〜
人間なんてだいたい似たり寄ったりの行動をとるのですよ。
P5142549
二寧坂とか産寧坂の詳しい場所はここなりぃ〜
P5142548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水曜日)

京都の北野天満宮から真盛町や西陣辺りの古い街並の写真ですぅ〜

P5142362
さぁさぁ〜みなさ〜ん、京都特集を少しずつ始めて行きましょうね。
京都市内はそれほど大きな街でもなく、道路は碁盤の目になっていて歩きやすい街ですね。
最近はずいぶん電車網が広がっていて、昔は烏丸通という京都市内を南北に貫く通りを走る地下鉄しかなかったのに、東西線という御池通の地下を走る電車もできて、バスを使わなくても動きやすくなりましたぁ〜
この東西線というのは、京都の『東山』を抜け、『山科』とういう京都市と滋賀県大津市の間にある街を抜け、醍醐の花見で有名な『醍醐』を抜け、伏見桃山城近くの『六地蔵』という場所まで伸びているんですよ。
P5142363_2
P5142366
P5142370
今回は、京都市内の北の方で仕事があったんですよね。
自由が利く仕事でもあったし、
鴨川沿いの三条とか四条には夜に飲みに行くだろうし、
嵯峨野の未知の地域を歩きたい気持ちが強かったので、
バスにも似た路面電車の嵐山鉄道にも近く、
南北を貫く烏丸線にも乗り継ぎしやすい、
東西線の西よりに宿を取ってパチリパチリしてまいりましたぁ〜
P5142372
P5142371
P5142376
とはいっても、あんまり時間をかけてゆっくり散策するわけにもいかず、
たくさんある有名なお寺に入ることもせず(参道までですね)、
京都らしい古き良き街並を中心にササ〜ッと写真を撮ってきたのですね。
ですからみなさん!!!
有名なお寺や神社やら、京都を代表する絵葉書のような写真を期待していても、
ほとんど出てきませんからねぇ〜
『しぇぽ』らしい夜の京都もちょこちょこ撮ったので、
特集の最後の方に載せますね。
途中、いつものように、東京や浜松で撮った写真も織り交ぜつつですよ〜
P5142382
P5142386
P5142400
私の親父が京都府の田舎町出身ということもあって、
学生時代にはお盆で東京からその町によく出掛けたんですよね。
京都市内は親父の街への旅行での通り道なわけで、
もう何度も降り立った街なのですよ〜
有名なお寺や神社のほとんどを見たことがあるし、
お盆の頃なので、五山の送り火(大文字焼きですね)なんて、
何十回も見たことがあるんですけど、
「その頃に写真が好きだったらなぁ〜」なんて今にして思うわけです。
送り火の夜はなかなか良い雰囲気なんですよね。
P5142406
P5142408
P5142414_2
今日は、『北野天満宮』辺りから、昔ながらのお茶屋が今も残る遊郭
『真盛町』と呼ばれる所と織物で有名な『西陣』周辺の古い街並を見て頂きます〜
西陣は織物業者の営みでも写そうかと期待して歩いたんですが、
どうも場所を間違えたらしく、ちょこちょこある古い街並しか写せませんでした・・・
写真4枚目までは北野天満宮辺り、
写真5〜9枚目は真盛町の街並(郵便局も趣きがありますよ)、
写真10枚目から最後までは西陣を抜け今出川という地下鉄駅の辺りまでです(室町通なんて歴史を感じる通り名ですね)。
地図で示すとこの辺りになりますよ。
P5142426
P5142427

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月27日 (火曜日)

またまたいろんなお花達(その2)なりよぉ〜

P5173763
なんだか、大切な仕事がここんとこ増えてしまって、
やっぱり今日も疲れが取れませんねぇ〜〜shock
東京ー浜松往復の生活では、移動が思いの外疲れの原因になるので、
早くこの生活パターンから抜け出したいと思っているんですが・・・
こういう、しつこい疲れが取れない時には、
みなさんはどのように対処しているのでしょうか。
養命酒かなんかをちびちび飲んで滋養強壮を高めるのでしょうか。
腰に手を当てて背筋を伸ばして、空を仰ぐお決まりの姿勢で栄養ドリンクでも飲むんでしょうか。
栄養サプリの錠剤でも飲んで、各種ビタミンを補強するんでしょうか。
P5173777
P5173782
私は、薬をはじめ栄養ドリンクやビタミン剤などを全く飲まない人間なんですよね。
多少は効くんだろうなぁ〜なんて漠然と思っておるんですが、
医学を信用していないわけでもないんですが、
「合成物を摂取しないで、現代の人間は生きられるのか!」、
「医薬品を摂取しない、ゆうなれば古代の人間の状態に身を置いて、人間はいったい何歳まで生きることができるのか!!」なんてことを知りたい気持ちもあるし・・・
まぁ、それ程強い気持ちは無いんですけど・・・
薬というものを口にしたり注射で投与されたことがほとんどないのですよぉ〜
P5173789
P5173794
唯一、例外として十回位は飲んだことがある薬に『正露丸』があるんですよね。
どちらかというと、ちょっと弱めのお通じの『しぇぽ』は、
ちょっと傷んだものを食べると下してしまうわけです(すみません・・・)。coldsweats01
正露丸はすごいですよね。
これを飲むと、次の日とその次の日くらいは便秘になるんですから。
お花の写真の時に何を語っているのやら・・・
まぁいいかぁ〜
P5173799
P5173802
晴れた日に空を見上げて、葉っぱを見るのが好きな私ですが、
この清々しい瞬間に、結構高確率で起こる困ったこととはなんでしょ〜〜か。
実はね、狙いすましたように私の帽子の上に鳥が糞を落とすのですね。
ほんとすみませ〜〜ん、今日は書くこと書くことお通じの話題ですね。はは、すみません・・・chick
外を歩く時は、必ず帽子(キャップではなくハイキングに最も良く見かけるような帽子)を冠る私ですが、上を見上げて、鳥が上空をスーッと通り過ぎて、
ビチッと頭の上に軽い違和感がある時は、
必ず鳥の糞が付いているのです・・・
この春に、既に3回糞が付きました・・・
きっと私を狙ってビー玉当てのように遊んでいるに違いない・・・
鳥の糞は、よからぬウイルスとかが付いている場合もありますから、
きれいに洗わなくてはなりません・・・
P5173813
P5173828
お花の写真を汚すような今日の話題。
大変申し訳ございません・・・
お花達にはよーく謝っておきますね。
でもまぁ〜糞も肥料の一部だと思って
お許し下されぇ〜〜sad
P5173831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月曜日)

いろんなお花達1ざますぅ〜

P5093624
なんだか毎日気温が高くて、汗ばむ陽気が続いていますね。
明日もさらに気温が上がるようですが、
春というよりは『初夏』がぴったりくる季節に突入ですね。
初夏といえば雨が多い季節。雨、雨、雨・・・rain
雨に濡れた紫陽花なんかがすごく絵になる季節ですね。
風景や夜景を撮りたいと思ったら、
晴れ間を待ち続ける忍耐のいる季節。
P5093629
P5093685
花の写真をこれまでいろいろ載せてきましたが、
インパクトが少なく、少し気に入らない面もあって、
これまで載せなかった春の花の写真がたくさんあるんですけど、
そんなお花達も早く載せないと季節外れになってしまう・・・sweat01
そんな思いから、今日と明日はそういう可哀想な花達にスポットを
当ててみたいと思いますぅ〜
いろんな所で撮ったごっちゃ混ぜでございます〜
P5093687_2
P5093704
P5093713
なんか最近『しぇぽ』は疲れておりますよ〜〜
なんだか筆が進まないのでごじゃりますよぉ〜〜
京都特集の時までには元気を取り戻さなきゃ・・・wobbly

最近、撮影してると感じること。
それは冬の空がすごく懐かしいこと。
冬の空は、メリハリがあって透き通ってて、
空と大地の分かれ目にきっちり線が引かれていて、
もやもやした部分がなく風景撮影が気持ちいいのです〜〜
それに比べて初夏のこの季節は、
水蒸気に満ちていて、空は霞みが張っていて、
遠くの風景はもやもやしていて見えない状態・・・
メリハリという言葉が最も似合わない、
風景写真大好き人間泣かせの季節なんですよね。
このような状態は秋になるまで続くのです・・・
たまーにメリハリのある日もあるけれど、
そんな時は撮影に出掛けられない日だったり・・・
「明日もこのメリハリ感が続くかなぁ〜」なんて、
次の日目覚めてみるとシトシトピッチャンシトピッチャン。
P5093718
P5163752
何を書いているのやら・・・
誰かに頼んで、頬をピシピシ殴ってもらって、
気合いを入れ直したい心境・・・
大雨の最中、傘を持たずに1時間位佇んで、
不思議なものを見る目で通り過ぎる人々を
観察したい心境・・・
すぐ隣の杉の木に、突然雷が落っこちて、
真っ二つに裂かれた木を見て驚きたい心境・・・
いっぱい寝れば直るかな・・・

みなさん、おやすみなさい・・・sleepy
P5163743

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日曜日)

私の大好きな『メタセコイヤ』の葉っぱなどをどうぞぉ〜

P4273197
みなさん、
『しぇぽ』はやっぱり人を中心にした写真が苦手です・・・catface
昨日の記事の有名な『葵祭』の写真は、
撮ってはみたものの、あまりに出来が悪く、
私のプライドが許さないにもかかわらず、
有名な祭りなので公開に踏み切りましたが・・・
トップ記事がこの記事に置き換わって、
激しくホッとする自分がいますぅ・・・
なんでだろう・・・ あんなに激しく警官とバトルもしたのに・・・
実は撮影中気持ちは全然盛り上がらなかったんですよね。
でも、見て頂いてありがとうございます・・・
P4273199
P4273191
P4273205
さぁ、気分を直してまいりましょ〜〜
みなさんは『メタセコイヤ』という木の葉っぱが好きですか?
葉っぱで議論するのもなんなんですけど・・・
たかだか木の葉っぱなんですけど・・・
私は、大、大、だ〜〜〜〜〜い好きなんですよね。lovely
もしかしたら、どんな花よりも好きかもしれない。
何年か前の緑溢れるこの時期、
メタセコイヤばかりが植わっている多摩センター近くの通りで、
太陽の光を一杯に浴びた葉っぱを目にした時の、
圧倒的な美しさに息を飲み込んだ瞬間を今でも忘れない。sun
まぁ、簡単に言うと、『しぇぽ』は単に街路樹に激しく感動したわけですけど・・・
『木漏れ日』という言葉は、『メタセコイヤの葉っぱから漏れ出る光』
と信じて憚らない程、無数の針のような葉っぱを通した光は美しいのですね。
P4273198
P4273187
P4273189
シダ類の葉っぱにも似たメタセコイヤの葉っぱは、
100万年前の化石が知られているように、
生きた化石のような葉っぱなんですよね。
お洒落で華奢な現代人とは言い難い『しぇぽ』の容姿は、
パンツ一丁(古代にはパンツは無いですね)で、
石の斧を持って、草原を駆けずり回る、
そんな古代が似合いそう・・・
今の『しぇぽ』が100万年前に生きていたら、
違和感無く風景に溶け込んで、
メタセコイヤの葉っぱを見上げては激しく感動していたに違いない・・・
P4273202
P4273190
今日はイチョウの葉っぱを織り交ぜながら、メタセコイヤの葉っぱを見てもらいます〜
撮影した場所は、田無高校横のタコのような滑り台がある小さな公園ですよぉ〜
P4273207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土曜日)

京都三大祭りの一つ『葵祭』を見ましたよぉ〜

P5152714
P5152644
京都の三大祭りとしては、
『葵祭』、『祇園祭』、『時代祭』が有名ですが、
ちょうど仕事で訪れた先週の5月15日に、
「歴史ある京都の祭りを一度は見なければなるまい!!!」
なんて思いから、人の波をかき分け、
警備にあたっている警察官とのバトルを交え、
ササッ〜と偵察してきたので今日はその時の写真を見て頂きますね。
P5152658
P5152684
P5152685
葵祭は、上賀茂神社と下鴨神社の例祭で、
京都御所を出発して下鴨神社まで歩いて、
そこで社頭の儀を行った後また出発し上賀茂神社まで、
五穀豊穰を祈ってずいぶん昔から始まった祭りで、
平安貴族の優美な衣装を纏った人達が、
えっちらこっちら街を練り歩くお祭りなのですね。
P5152689
P5152694
P5152699
私が陣取ったのは、出町柳駅を出て、
鴨川と高野川の合流地点で、下鴨神社に近いここなんですよね。
橋の袂のちょっと高い所だったんですが、
コンクリートでできているものの、50センチx50センチ位しかない狭い場所で、
私自身危ないとは思いつつ、見物人を避けて写真が写せるのはそこしか無かったし、
「これを逃したら、一生見れないかもしれない」なんていう切迫感から、
危険承知でのちょっと背伸びしながらのパチリパチリだったわけです。
P5152703
P5152707
P5152710
危険な場所での撮影は当然目立ちますから、
警備の警察官に「こらっ! そこの君!! 危ないから降りなさい!!!」angry
なんて注意を受けては、「あっ、すみません・・・」なんて縮こまって、
隙をみてはまた背伸びして、それでまた怒られて、
なんてことを十数回繰り返しての撮影だったんですよぉ〜〜coldsweats01
まぁなんだか落ち着かないこと甚だしく、
望遠もほとんど効かないカメラだったので、
良い写真はほとんど無し・・・
とにかく、葵祭の雰囲気だけでもお伝えできればと思うなりね・・・
P5152718
P5152719
P5152720
優雅さの欠片も無い私からすれば、
葵祭は対極の華やかさなわけで、
そんな人間が優雅さを表現できるわけも無く、
やっぱり私は「風景、夜景、お花、イルミネーションを専門に、
写真を撮り続ける人間でありたい!!」なんて心に誓い、
ごった返す出町柳駅付近を後にしたのでしたぁ〜
P5152722
P5152723
P5152726
葵祭を英語で言うと『Aoi Festival』・・・
サンバとか激しい踊りのある祭りならフェスティバルも解るけど・・・
葵祭のような優雅な祭りは英語でも『Aoi Matsuri』だよなぁ〜
なんてことを、警察官とのバトル中に考えていた私なのでした・・・
この他にも京都の写真をちょこちょこパチリパチリしているので、
そのうち京都特集でお伝えしますね。
P5152732

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金曜日)

みなさんは花のような草のような『トウダイグサ』という植物をご存知ですかぁ〜?

P5093673
先日、『世田谷区フラワーランド』にいつものようにふら〜っと立ち寄ってみたんですね。
今は、バラが花盛りのフラワーランドも、
その時はまだバラは準備中だったんですが、
そこに、花のような草のような、
どこまでが草で、どこから花か判らないような、
鮮やかな菜の花のように蛍光的な黄色に輝く70~80センチの背丈なのある花(草?)に目が釘付けになっちゃったんですよぉ〜
P5093666
P5093671
その時は、パチリパチリするだけで、
名前も何も分からなかったのですよね。
帰って調べてみると、
『トウダイグサ』の一種で、
タカトウダイとう花(草?)らしいことが判ったのですね。
綺麗な花(草?)でしょ〜〜
どこから撮っても結構絵になる花なんですよね。
形態がキチッとしていて、人工的な造花にも見える花(草?)なんですよね。
アカバナユウゲショウという可愛い花や、
今が見頃のアヤメの花も途中に添えておきますね。
P5093722
P5093669
P5093726
菜種油を使った灯明の燭台に似ていることから、
トウダイグサという名前が付いたようなんですが、
この草の特徴として、
茎を折ると白乳色の液が出るらしいですよ。
種類によっては、この乳液には炎症を起こす成分が入っていたり、
癌遺伝子を惹起する発癌プロモーター成分が含まれていたり、
毒素成分が入っていたりするらしい・・・
私は触らなかったので大丈夫でしょう・・・
最近カメラの調子がおかしいのは、この乳液が付いたからかなぁ〜〜〜〜なんてことはありませんね。
P5093664
P5093674

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木曜日)

東京の海岸線を空からぐる〜〜っと見てみましょう〜(飛行機から見た風景その2)

<東京ディズニーランドと浦安市内の遠景ぇ〜>
P3271860
<浦安市内です〜 この辺りに住みたい人も多いのでは。新浦安駅周辺には近代的なお洒落なビルが建ち並んでおりますね〜>
P3271862
<東京ディズニーランドをより間近にぃ〜 ミッキーマウスがこちらに向かって手を振っていま〜〜す〜〜 嘘で〜〜〜すぅ〜>
P3271861
昨日のNHK深夜のニュースをなにげなく見ていたんですが、羽田空港の国際線の強化のことが話題になっていたんですよね。
国際線増加で羽田の離発着が増えれば、当然千葉県上空を煩い飛行機がわんさか通過することが予想されるわけですね。
ニュースでは、千葉県知事がその『千葉県上空わんさか飛行機問題』に対して、「羽田の国際化にあたって、東京上空や神奈川上空を空路とすることが当然構想にあるべきだ!!!」と千葉県民を代表して怒っておりました〜
当然ですね。
千葉県は成田に国際空港が既にあり、千葉県中心部は羽田空港の離発着の空路になっているんですから、飛行機の騒音問題は他県になく重大問題なんでしょうからね。
東京上空を飛行機が飛ぶようになったら、アメリカで起こったテロのようなことがあったら大変だぁ〜なんて、永田町周辺のお上の方達は思っているのかもしれませんね・・・
大丈夫ですよ・・・ たぶん・・・ だって、日本には1億何千万人かの優秀な日本人がいるのですから・・・ たぶん・・・
<若州海浜公園と呼ばれる埋め立て地に作られた公園の辺りです〜 ちょっと遠くに葛西臨海公園が見えますねぇ〜>
P3271864
<新木場辺りです〜 木場というだけあって、裸の木がたくさん浮かんでいるのが見えますかぁ〜>
P3271865
<フェリーターミナルがある有明埠頭辺りですぅ〜 東京に近づいてきましたよぉ〜 左側遠くに銀座のビル群が見えていますね〜>
P3271866
<お台場が見えてきました〜 左側にフジテレビが見えているのが分かりますかぁ〜 お台場と言っても端っこの暁埠頭と呼ばれる辺りは工業地帯といった感じですね>
P3271867
とにかく私の乗った飛行機も、
ご多分に漏れず千葉県上空を通過し東京湾に入り、
高度を下げつつ東京の海沿いを舐めるようにぐるーっとして、
無事羽田に到着したわけですね。
あたかも「ねぇねぇ〜 東京ベイエリアの美しい海岸線を見て見てぇ〜heart
と私にアピールするが如く飛行機は飛ぶわけですね。
私は、「甘えん坊だなぁ〜 しょうがないなぁ〜 美しい君達を撮ってあげるよ!lovely」なんて心で呟きながらパチリパチリしたわけですよぉ〜
<お台場の羽田寄りです〜 船の科学館とか遠くにちょっと前の記事で渡ったレインボーブリッジが見えますぅ〜 手前にはすごい数のコンテナがありますねぇ〜>
P3271868_2
<東京国際コンテナターミナルと呼ばれる東京の船の積み荷ばかりの場所です〜 遠くに東京のビル群です〜>
P3271869
<城南島海浜公園辺りです〜 もう空港が近いです〜 高度が低いです〜 直射日光になってなんだか写真が変です〜>
P3271870
<間もなく着陸です〜 シートベルトをちゃんと締めましょう〜〜>
P3271871_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水曜日)

飛行機からみた風景(その1)はいかがですかぁ〜

<まずはトップ写真なので千葉港上空の写真ね。この後は函館から千葉県上空まで順番に並んでおりまするぅ〜>
P3271853
先月の4月7日から4月30日まで、
お花なんかの写真を挿みつつ、
函館と北海道道南特集の記事を掲載し続けましたが、
その帰り道の飛行機の中から、
パチリパチリとたくさん写真を撮ってきたので、
今日から二回その時撮った空からの眺めを
見て頂こうかな〜なんて考えておりまするぅ〜
<函館空港を出てから最高高度に達した時の飛行機からの眺めぇ〜 たぶん秋田県辺りの上空だと思われます〜>
P3271838
<同じような写真ですね、すみません・・・ おそらく山形県の上空だと思われます・・・>
P3271841
<同じような写真で、すみませんの2・・・ たぶん栃木県上空だと思われます・・・ 飛行機の美しい翼の一部と雲のモクモク感を御堪能下さい・・・>
P3271848
北海道の函館空港を飛び立って、
羽田空港までの写真を二回にわたってお伝えしますね。
この日は東北地方から北海道にかけて雲が多い日だったので、
今日は、一番高い高度から眺めた雲の多い写真と、
東京に近づいて高度を下げた時に見えてくる
千葉県上空の写真ですよぉ〜
飛行機の窓越しの写真なので、
素晴らしく綺麗な写真ではありませんが、
飛行機に乗った気分を御堪能下さいね。
<高度を下げて、やっと千葉県の土地が見えてきましたぁ〜 千葉県はゴルフ場が多いことで有名ですが、本当にゴルフ場だらけです〜>
P3271851
<千葉市上空に近づくにつれて、住宅が多く見られるようになってきましたぁ〜 池のような場所はどこだろう・・・ 調べたが分からず・・・>
P3271852
<千葉市上空です〜 港は千葉港ですね。やっぱり大きな街ですねぇ〜 雲の下まで高度を下げたのが雲の位置からよく解りますね〜>
P3271854
<東京湾上空です〜 稲毛海岸とかマリンスタジアムとかがある海岸沿いが遠くに見えますね。探すと船がたくさん浮かんでいるんですよぉ〜>
P3271859
明日は、ディズニーランドとかお台場を見ながら東京の海岸線沿いを羽田までです〜
お楽しみにぃ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火曜日)

散歩するとよく見かけるお花達の写真をどうぞぉ〜

P5023220
みなさんはお元気ですか。
なんだか、ここんとこ総じて天候がよくありませんね。
この時期に台風がわんさか押し寄せてきて、
日本上空には何本もの前線ができて、
断続的に雨は降るわ、雷もちらほら。
「地球温暖化はまだ断言できない!」
なんて宣う学者もいるみたいですが、
私は、環境問題は余談を許さない段階に来ていて、
温暖化は進行しているんだと思いますよ。
普通初夏の台風は、日本の真南辺りの赤道付近で発生して、
日本に近づく前にジェット気流で流されてバイバイするもんですけど、
ここんところの台風は、日本の南西の赤道付近で発生するので、
ジェット気流で流されながら日本に到達するように見えますね。
P5023224
P5023233
台風の発生が日本の真南ではなく南西ということは、
すなわち海水温が上昇していることを意味しており、
地球温暖化は確実に地球環境を変化させていると考えられるのですね。
先日、仕事で行った京都市内を歩いている時、
無駄な爆音を響かせて、大量の二酸化炭素をまき散らして、
燃費の悪いフェラーリの助手席に彼女を乗せて、
誇らしげにドライブしている若者(ばかもの)を見たのですね。
20年前位のバブルの時代の日本だったら、
そんなばかものの気持ちも解らないでもないですが、
今の世の中、なんだか滑稽にしか映りませんね。

ということで、私の今年の天気予報〜〜
1)6月から7月に掛けて、最初に降水量の多い梅雨が来るけど、7月の中頃にはきっちり梅雨が明けるでしょう〜
2)8月の台風は、日本に上陸することがあるでしょう〜
3)9月頃の台風は全く日本に上陸することは無いでしょう〜
素人天気予報、当たってたら拍手して下さいね。
P5023243
P5023261
P5023223
最近、東京ではバラが咲き誇っておりますね。
既にいろいろな所でバラを拝見しましたが、
理由は解らないんですが、
綺麗じゃないわけでもないんですが、
なんでか、私はバラが美しく見えないんですよね。
写真に撮りたい気持ちが湧かないんですよね。
咲き誇るバラを横目に、小さい可愛い花達をパチリパチリ・・・
なんでだろう・・・ わかりません・・・
ということで、このブログにバラの写真は載らないかもしれません・・・
すみません・・・
なんだか元気がありません・・・
来月は大切な仕事で和歌山に行かなければならないのに・・・
元気出さなきゃ・・・
P5023229
P5023236
今日は、散歩するとよく見かけるお花達ですよ。
マーガレット(たぶん)にイモカタバミ(たぶん)にオオイヌノフグリに、
このブログでもちょくちょく掲載しているヒナゲシね。
曇りの日に撮ったので光と影のメリハリがありませんが、
撮ったのは、井の頭公園南にある、明星学園高校の横にあるあまり誰も足を止めないような畑です。
P5023248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月曜日)

獅子くん達を中心に瀬田玉川神社ぁ〜

P4112654
レインボーブリッジ散歩とお台場の風景はいかがでしたか。
写真に満足いただけましたか。
橋がある水辺の風景は、夜はかなり怖さを感じる場所でもあるんですけど、
ネオンが水面に写る光景への感動が恐怖心を上回るので、
怖くても意を決して行ってしまうのですよね。
P4112641
P4112644
橋を渡りながらの夜景撮影は、大なり小なりいつも恐怖心との戦いですが、
泳ぐのが苦手ということも恐怖心を抱く大きな理由に違いありませんが、
もしかしたら私は『高所恐怖症』もあるのかもしれませんね。
今まで渡った橋で一番怖かったのは、静岡県の寸又峡という所にある
頼りない吊り橋なんですよ〜
有名な観光地ですから、橋を渡るときに前にも後にも人がいて、
その人たちが歩く歩調に合わせて、吊り橋がグワァ〜ングワァ〜ン揺れるのですね。
こんなに揺れる橋なのに、歩く場所は幅20センチくらいしかないのですよ〜
「だめだぁ〜」と思って引き返そうにも、背後では何人もの人が迫ってきて引き返せず、
『嫌でも前進あるのみの橋』なのですよぉ〜〜〜
P4112652
P4112655
東急田園都市線の二子玉川駅を降り、
二子玉川の高島屋本館と南館の間を歩くと、『二子玉川商店街』という
食べ物の店などが軒を連ねる下町的な商店街があるんですけど、
その商店街を北方向に歩き、
商店街を抜けてから100メートルくらい行った所にある坂道を上ると、
瀬田玉川神社』といういい雰囲気の小さな神社があるのですね。
この神社は、地域で愛されている神社で、
夏のお祭りの時などかなりの賑わいを見せるのですが、
普段は落ち着いた静かな神社なのですね。
P4112651
P4112660
瀬田玉川神社の各所で獅子(狛犬ではなく獅子なのですよ)が神社を守り、
木々やマンションで邪魔されて見えにくいものの、
高台の神社からは二子玉川市街もちょこちょこ望むことができ、
夕日が落ちる時間帯はきれいな夕焼けも見れて、
心落ち着く都会のオアシスなのですぅ〜
P4112657
P4112671
嫌なことがあったとき、
落ち込んでいるとき、
静かに自分を見つめたいとき、
この神社に立ち寄ってみては如何でしょうか。
地図での場所はここになりますよ。
P4112675
P4112669
P4112667

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日曜日)

東京の綺麗な夜景!! でも夜のレインボーブリッジ歩きは少し怖いなり〜〜〜の巻ぃ〜

P5051980
お台場からの風景も満喫したし、
早速夜のレインボーブリッジ・ノースルートで、
東京タワーのライトアップや晴海やオフィース街のビル明かりを見ながら、
お台場側口から歩いて芝浦口を目指したのですね。
P5051971
P5051997
お台場側口に入ると雨は完全に止んで、
風も弱く、なんだか気分は高揚気味〜happy01
鼻息荒くすたすた歩き出したのです〜
「わぁぁぁ〜 レインボーブリッジと首都高速度道路が造り出す
なんともいえない計算し尽くされた曲線美が綺麗〜〜lovely
なんて感動しながら、
「ホッホ〜 東京タワーはやっぱり東京の顔だなぁ〜
ライトアップが綺麗だなぁ〜〜heart04
なんてウットリしながら、
「フワァ〜〜 船がいっぱい行き来して、
灯火が連なっているぞぉ〜〜」
なんて、港の光景に目を奪われながら・・・
P5051977
P5052007
でも、なんか想像していたより明るくないなぁ〜
そうなんです、この日はゴールデンウィークのこどもの日。
会社のほとんどはお休みの日だったのね・・・
予想外のビルの窓灯りの少なさ・・・ トホホ・・・
でも、いいんです!!
全体的にまずまず綺麗なんだから!!
こういう日じゃないとなかなか来れないんだからぁ〜〜!!!
P5051981
P5052010
こんな夜に、レインボーブリッジを徒歩で渡っているのは私一人。
見渡す限り歩道はガラーンとしているのね。
すぐ隣では轟音を響かせて、トラックなどがビュ〜ンビュン・・・
同じような風景が続きながらの橋中央部分、
なんだか急に寂しくなってきたのですよぉ〜
良ーく考えたら、ここは真っ暗な海の上、
泳ぐのあんまり好きじゃない私は、
なんだか猛烈に怖くなってきたのですよぉ〜
P5052001
P5052003
行きのサウスルートに比べて、
ノースルートは永遠に続く道のよう・・・
巨大な橋はいつまでたっても私を飲み込んだまま・・・
「あんだかちょっと怖いよぉ〜」なんて、
夜のレインボーブリッジ・ノースルートで
思わず走り出した私(同じように船堀橋でも走ってしまいましたが・・・)。shock
きっとその時通過した車の運転手は、
『夜に橋を走る男』にビックリしたに違いない・・・eye
P5052011
P5052027
やっとこさ芝浦口までたどり着き、
歩道を出てから見たレインボーブリッジのループ部分は、
ゆりかもめの明かりと相まってなかなか綺麗なのでパチリ。
レインボーブリッジ徒歩での往復を達成したのでしたぁ〜good

夜にレインボーブリッジ遊歩道を渡る人は、
複数人で歩いた方が精神的に良いですよ。
P5052036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土曜日)

お台場海浜公園辺りから見た夜景の巻なりぃ〜

P5051948
レインボーブリッジの遊歩道サウスルートを制覇し、
お台場周辺でちょっと時間を潰していたら、
時刻は既に夕方から夜の時間帯に。
見上げると少〜し雲は切れてきたけど、
こどもの日の悲しい雨はだいぶ小降りになったけど、
それでもまだ少し降っているのね。
P5051945
P5051949
それでも、ゴールデンウィーク中だからか、
たくさんの美しいネオンを放つ屋形船が
お台場前の海をゴージャスにプカプカプカプカ。
レインボーライトアップはしていなかったものの、
レインボーブリッジもくっきりと海の上に姿を現し、
ベイエリアのビル群の窓明かりがポツポツと灯り、
遠くでは東京タワーが誇らしげにキラキラキラキラ。
P5051947
P5051951
誰もがこの美しい光景に目を奪われる時間帯。
誰もが自然にカメラを向けてパチリパチリする時間帯。
小雨の中でも恋人達はお台場海浜公園を占領し、
ウットリと肩を寄せ合う時間帯。
『しぇぽ』はシャワーキャップで大切なカメラを保護しつつ、
鼻息荒く興奮気味にパチリパチリぃ〜
P5051956
P5051954
この時間帯のお台場は、
何度訪れたって、
「もうお台場は飽きたなぁ〜」なんて思っていたって、
いざ来てみるとやっぱり綺麗〜〜
みなさんも、お台場においでの際は、
絶対に夜の時間帯を外さないで下さいね。
明日は夜のレインボーブリッジ・ノースルートを歩く!!
P5051961
P5051952
P5051958

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金曜日)

雨のレインボーブリッジ・サウスルートを歩くの巻ぃ〜

<芝浦側入り口から遊歩道に出ると、まずブリッジのループ部分が見えるのです〜>
P5051811
<レインボーブリッジの下を船が通過いたしまぁ〜〜すぅ〜〜>
P5051814
先日から、ちょっと京都で仕事があり、
ちょうど『葵祭』もやっている時で、
いろいろ写真を撮ってきたので、
また後ほど公開いたしますね。
それにしても、京都は夜すごい雨と雷の日があって、
葵祭の日を除いて、滞在中全般的に天候不順で、
結局『しぇぽ』は京都でも『天候不順男』でありましたぁ〜 はぁ〜rain
<東京湾はやっぱり船が多いですね。そこかしこで船が行き交います〜>
P5051820
<サウスルート遊歩道〜 目立ちませんが、たぶん柱はレインボー色に塗られているようです>
P5051822
みなさんは、『遊歩道レインボープロムナード』
というのをご存知ですか?
東京の芝浦とお台場に架かるレインボーブリッジは、
首都高速道路』と『ゆりかもめ』の通り道として有名ですが、
実は徒歩でも渡ることができるのですね。
<歩道に案内が・・・ 「こっちに歩けばお台場よ」なんて教えてくれなくても間違えるはずも無いですが・・・>
P5051826
<レインボーブリッジの繊細な構造が良く解りますね〜>
P5051834
レインボーブリッジは二層構造になっていて、
上は首都高速度道路が、下は一般道路とゆりかもめが
走っているのですね。
下の一般道路両脇には遊歩道があって、
そこを無料で歩くのができるのですよぉ〜
<橋の中間辺りからは、フジテレビなどのお台場の風景が目に飛び込んできます〜>
P5051840
<江戸時代末期に造られた台場が綺麗に見えますよ〜>
P5051845
ゆりかもめの『芝浦埠頭駅』を降りて
ちょっと歩くとある芝浦側遊歩道入口から入り、
サウスルート(お台場側)またはノースルート(晴海側)を選択、
眺めの良い海の上を歩くことになるわけですが、
私は、まだ明るい時間帯をサウスルートで
夜はノースルートを歩いてきたんですよね。
<途中二カ所休憩所のような所があって(橋を支える太い鉄柱の部分)、そこからの眺めを写真パネルで教えてくれますよ〜>
P5051846
<橋を支えるワイヤーを間近に〜 あまりに太くて、ワイヤーというよりは鉄柱という感じ・・・>
P5051851
やっぱりここでも『雨男』は健在で、
ゴールデンウィークの『こどもの日』は、
サウスルートを歩いている間ずーっと
小雨が降り続いていましたが、
帰りのノースルートではなんとか雨も上がり、
まずまずの夜景写真を撮れましたぁ〜
<夜の照明もお洒落にできていますねぇ〜>
P5051861
<浅草や晴海を経由した遊覧船がお台場に到着します〜>
P5051865
雨の降っているサウスルートですから、
当然暗めの写真が多くなりますが、
『遊歩道レインボープロムナード』の雰囲気を
みなさんにお伝えできれば幸いに存じまするぅ〜
<公園にもなっている陸続きの台場がすぐ目の前に現れます〜>
P5051873
<渡りきりましたぁ〜 このすぐ先がお台場側口ですよ〜>
P5051880
<お台場海浜公園で遊ぶ男の子〜 こどもの日です〜>
P5051904

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木曜日)

浜松で見つけたラベンダーなどのお花達ぃ〜

<ラベンダー このお花も近くで見ると面白い形をしていますね。パイナップルの先っぽから羽が生えているような・・・>
P4221548
八王子城周辺散策の2回の記事を終えたので、
今日はお花の写真をお届けしますぅ〜
浜松で小さな花壇を見つけて(詳しい場所は教えられないなりね)、
そこにこれまでに掲載していないお花達が、
「撮って撮ってぇ〜」と私にアピールしていたので、
お望み通りパチリパチリしたのでございますぅ〜
お楽しみのお台場やレインボーブリッジの写真はこの後ね。
<ハナダイコンの花〜 どこでも見掛ける花ですけど、淡い紫色が綺麗ですね>
P4211456
<ビオラ〜 紫色のグラデーションが美しいです〜>
P4221535
北海道の富良野とかでは、
広大な土地一面に咲き乱れるラベンダーの花を
見ることができるのでしょうが、
わたしゃそこへ行く時間もお金もないなりよ。
広大なラベンダー畑では、延々と広がるその紫色に圧倒されて、
ラベンダーの特徴的な花の形に注視することが疎かになりがち。
実はこんな変わった花の形をしているのですね。
小さい花だけれど、よーく見るとパイナップルの上に突き出たリボン風。
風になびき、なんだか可愛らしくサラサラしておりました〜
P4221547
<シャガ〜 以前にも紹介しましたが、複雑な形をしておりますね。近くで見るとなんとなく不気味な形にも見えるなり〜>
P4231587
昔の暴走族の車の後ろに突き出た
無駄に多いマフラーに似た形のフリージア。
複数の花を束ねる茎から息を送り込むと、
ラッパのようにドレミの音階を奏でそうなフリージア。
花壇のように特別な場所じゃなくても、
そこかしこでよく目にするシャガの花は、
よーく見ると歌舞伎役者の化粧に似た、
ちょっと和風の色合いの花。
見つめていると、歌舞伎用語で話しかけられそうで、
ちょっと怖い感じもするのです・・・bearing
<フリージア〜 この花もいろいろな色があるらしいですが、私が見掛けたのは白。花の形は千差万別、この花もなんでこんな形になったやら・・・>
P4221575
P4221563

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水曜日)

自然を中心とした八王子城周辺の風景2ですよぉ〜

P5043368
昨日の記事でお伝えした八王子城周辺は、
牧歌的な風景を残す、とても自然も豊富な場所なのですね。
昨日の記事の最初と最後の写真は、
高尾駅からバスに乗って最寄りの『霊園前』というバス停を降りてから、
八王子城の麓までの道の風景写真ですが、
この道のいたる所で、小川や草原や花など、いろいろな自然と
触れ合うことができるのですよ〜
P5043364
P5043380
P5043387
その道すがらでは、鳥達の楽しそうな歌声の中、
一生懸命自分の家の花壇の手入れをしている人や、
刈った菜の花を一輪車で運ぶ人や、
のんびり縁側で話に花を咲かせる人達や、
孫とツツジの花で首飾りを作っているおばあちゃんや、
ステテコ姿のまま通りに立ち続けるおじいちゃんなど、
ここが東京であることを忘れるような、
とにかくのんびりとした人々の営みを見ることができるのですぅ〜
P5043385
P5043392
P5043389
そっと花を覗くと、虫達が一生懸命花の蜜を集めていたり。
二匹の蝶が遊びながらそこかしこを飛び回っていたり。
ちょっと遠くで写真に撮ることができませんでしたが、
あちらこちらで、人工的でない天然の藤が花びらを垂らしていたり。
都会ではけっして見ることができない、踏み荒らされていない
たんぽぽとその綿帽子の群生を見ることもできたり。
八王子城周辺は、いろいろな生命の息吹が感じられる場所なんですよね。
草原や雑木林の中で静かに耳を傾ければ、
夏に向け地中で蠢く幼虫達の力強いモゾモゾ音がきっと聞こえるに違いない。
P5043423
P5043509
P5043512
そんな、都会の人達が忘れかけた自然と触れ合える場所。
『霊園前』のバス停から八王子城までは2〜3キロの道のりがあるけれど、
八王子城の山道入り口には駐車場もあるのだけれど、
自然の音と対極のエンジン音とタイヤ音を響かせて、
車を使って楽して訪れるんじゃなくて、
自然の音を楽しんでいる人の邪魔なんかしないで、
歩いてのんびり散策しようよ。wink
なぁ〜んて、その時感じたことを素直に書いてみましたよ。
P5043511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火曜日)

高尾駅近くにある『八王子城』の風景1でございますぅ〜

P5043359
P5043362
ゴールデンウィークの『みどりの日』には、JR『高尾駅』北口からバスでちょっと行ったところの『霊園前』というバス停を降り、そこから2〜3キロ歩いた入り口から、ハイキング感覚の山登りで着く『八王子城』という山城の周辺散策に行ってきたのです〜
城好きには一生に一度は訪れたい八王子城も、東京都下の有名な観光スポットではないので、このブログを見て下さっている方で行かれたか方はあまりいないのではないかと思いますので、詳しい場所をgoogleマップでお教えしますね。八王子城の場所はこの辺ですよ〜
P5043403
P5043410
P5043411
このお城は、戦国時代に関東地方を治めていた北条氏の『小田原城』に次ぐ大規模で重要なお城だったんですね。豊臣秀吉の天下統一に向けた関東制圧の際、小田原城と共にこのお城も攻められていたのですが、八王子城落城が決め手となり(けっこうあっさり落城したようです)、その時の当主『北条氏照』のいた小田原城は開城、北条氏は滅亡することとなったのですね。
悲しい歴史を秘めたお城なのですね。weep
今でも北条氏照がいろいろな人から愛されているようで、八王子城周辺ではお城好きの間では有名で可愛い『うじてるくん』キャラクターをいたるところで見ることができるんですよ〜 みなさんも行ったら探してみて下さいね。
P5043417
P5043424
P5043434
八王子城は山城という種類の山に築かれたお城なので、本丸に向けて山を登っていくと、東京都を一望できる見晴らしの良い場所もあるのですね。
この日は、今年のゴールデンウィークの中ではまだ天気の良い方の日だったので、北は西武球場のある狭山湖周辺を、東は新宿ビル群の影を見ることができましたよ。
見晴らしのよい場所で出会った地元のおじさんは、「晴れていると筑波山が見えるんだ〜(かなり筑波山好きのおじさんでした)」とか、「横浜のランドマークタワーも見えるよ〜」なんて教えてくれましたが、当然筑波山は見えなかったものの、ランドマークタワーらしき影も確認するまでにははっきり見えませんでしたね。
写真を見て頂くと解ると思いますが、こんな東京の外れの高尾でも、山間の平地には住宅地が密集しているんですよね。住めそうな所はどこでも宅地化する、東京都のマイホーム事情の凄まじさを知ることができますねぇ〜
P5043445
P5043448
P5043452
山城のいたるところに、曲輪とよばれる屋敷などを建てた敷地があって、当時の城構えが手に取るように分かるし、本丸近くには山城の命綱とでも言うべき今でも湧き出す井戸があったり、ハイキングしながらにして八王子城の歴史に思いを馳せていたわけですよ〜
城好きでなくても、自然豊富でハイキングにはもってこいの場所ですから、東京でゆったり自然を満喫したい方は足を運んでみてはいかがでしょうかね。
明日は、八王子城周辺で見つけた自然をお届けします〜
P5043461
P5043526

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月曜日)

用賀駅周辺のお寺の一つ『無量寺』は静かなお寺ですよぉ〜

P4252956
みなさん、浜名湖北湖畔の風景特集はいかがでしたか。
みなさんとの約束を果たすべく、がんばっての自転車での浜名湖巡り、
ご満足頂ければ幸いに存じますぅ〜
公開させて頂いた浜名湖北湖畔の写真の中では、私は昨日の記事の一番最初の写真が一番好きですね。
今年のゴールデンウィークには、既にお伝えしたように『昭和の日』に浜名湖巡りをしたのですが、『みどりの日』に八王子城周辺散策を、『こどもの日』にはレインボーブリッジを徒歩で横断してきたのですぅ〜
東京での休日は連日悪天候で嫌になっちゃいましたが、レインボーブリッジの夜景はなかなか綺麗な写真が撮れたので、これからGW特集としてゴールデンウィーク以外の日に撮った写真を挟みつつ掲載していこうと思いますぅ〜
期待していて下さいなぁ〜
P4252963
P4252971
それにしても、ここ数日すっきりしない天気が続いておりますね。rain
この時期に台風も迫っているようですねぇ〜〜
あまりに天気が悪いので、この週末は私にしては珍しく一枚も写真を撮れませんでした〜 はぁ〜wobbly
お花の綺麗な時期なのに・・・ 緑も鮮やかな季節なのに・・・
天気図を見ると、なんとなく既に梅雨のような気圧配置。
これから天気はどうなっていくのだろう・・・ 不安です・・・
私は『傘』という道具がとにかく激しく嫌いなのですね。
少々の雨なら濡れた方がましと考えちゃうんですよね。
近代化を遂げたこの日本において、大昔から変わらない傘の形。
左右どちらかの手は傘を持つために塞がって、行動が著しく制約される傘の仕組み。
発想の転換で、だれか行動が自由になる傘もしくは雨に濡れない道具(カッパじゃない方法で)を開発してくれないかなぁ〜
自分で開発して特許を取って、大金持ちになっちゃうぞぉ〜scissors
無理だろうなぁ〜
P4252976
P4252981
東急田園都市線の『用賀駅』周辺には小さなお寺がいくつか点在しているのですね。
その中でも『世田谷ビジネススクェア』近くにある『無量寺』と呼ばれるお寺は、住職の管理がしっかりしているからか、すごくこざっぱりした綺麗なお寺なのです〜
このお寺を見つけた時には、用賀の近代的なビジネス空間とは異次元の落ち着きに心を奪われたのですね。
無量寺の境内に入ると、まずそこの主の猫に睨まれたのですね。cat
心地よい昼寝を私に邪魔されたからか、明らかに「おうおう〜 おめぇ〜 何しにきたんだよぉ〜」的な、ちょっと威嚇的な眼差しで私に眼を飛ばしてきたわけです。
最初の写真はそんな表情がよく撮れているでしょ〜
たぶん寺で飼われている猫だと思いますが、私は「ごめんごめん、ちょっと写真撮らせてね」なんて心の中で呟きながら、重鎮的猫の機嫌を宥めつつパチリパチリしたわけですね。
P4252989
P4252998
ここは居心地が良いのか、たくさんのスズメ達もあまり警戒心なくチュンチュンやっているのですが、期待に反してお花はあまり咲いておらず、この寺では『シャガ』の花だけが彩りを添えておりましたよ。
そうそう、このお寺の境内のど真ん中に立派なイチョウの木が一本立っているのですが、
枝ばかりでなく、その木の幹からも直接綺麗な緑の葉っぱが出ていて驚かされますよぉ〜
このお寺の御神木なのかなぁ〜
P4252994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日曜日)

浜名湖の北湖畔2の風景ですよぉ〜

<この時期の浜名湖畔の水は透き通って綺麗です〜>
P4291709_1
浜名湖といえば、みなさんもご存知の『弁天島』とか『新居関所跡』とか、
太平洋に面し、国道1号線とか東海道新幹線が走る南側が有名ですけど、
浜名湖の北側もなかなか趣深い良い雰囲気の場所でしょ〜
南側のように大きな港も無く、釣り人がのんびり糸を垂れる北側。
新幹線の轟音も無く、一両編成の電車がのんびり走る北側。
知らないかもしれないけど、『三ヶ日原人』の歩いた北側。
『三ヶ日みかん』という美味しいみかんの品種も穫れるし、
桜田門外の変で有名な井伊家の菩提寺『龍潭寺』だってあるんですぅ〜
<浜名湖畔の風景が続きます〜 船もヨットも『しぇぽ』の自転車も絵になりますねぇ〜>
P4291699_1
P4291700_1
P4291702_1
P4291712_1
P4291719_1
浜名湖は海と接している湖だから、
海に接した南側は海水の入り交じった水で、
北に行けば行くほど淡水になるらしく、
海水魚から淡水魚まで、幅広い魚が生息するらしい。
こんな環境が有名な『うなぎ』に最適だったんでしょうが、
今ではなんでか養殖をする業者も減って、
鹿児島県が今うなぎ養殖生産量の一位らしい。
「浜松に行ってうなぎ食べてきたよ!」なんて喜んでみたって、
実は鹿児島産だったりして・・・ coldsweats01
<西気賀駅辺りの風景です〜 のんびりと天竜浜名湖鉄道が通り過ぎ、花も鳥もみかんも元気いっぱいですよ〜>
P4291726_1
P4291721_1
P4291729_1
P4291732_1
P4291735_1
P4291748_1
浜名湖は、夏場はプランクトンや藻で覆われて、
実はあまり綺麗な湖とは言い難し。
しかし、写真を見てもらえば解るように、
この時期の浜名湖はなかなか綺麗な水をしていますぅ〜
貝殻で覆われた湖畔に太陽が当たるとキラキラ輝いて
なんだかそこはかとなく綺麗なり。
さぁ今日は、天竜浜名湖鉄道の『浜名湖佐久米駅』付近の湖畔から
折り返した帰り道のまた違った風景をお伝えしますね。
<西気賀駅から気賀駅辺りまでの風景〜 日は少し傾いてきて、湖面に太陽の光が反射て眩しいです〜 人々はのんびり釣りを楽しんだり、犬を散歩させたり。サギは私に驚いて飛び立ちましたぁ〜 湖畔を後に姫街道辺りにはお茶畑もあるのです〜>
P4291762_1
P4291764_1
P4291768_1
P4291773_1
P4291776_1
P4291783_1
P4291791_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土曜日)

お約束通り浜名湖の北側をサイクリングしてきましたよぉ〜

<浜名湖佐久米駅に停車した天竜浜名湖鉄道〜 可愛い電車でしょ〜〜>
P4291664_1
ゴールデンウィークの最初の祝日、4月29日の『昭和の日』に、今年の2月27日の記事でお約束した浜名湖北の湖畔の風景を撮りに行って参りましたぁ〜
当初は記事で記載した通り、『遠州鉄道』から西鹿島駅で一両編成の『天竜浜名湖鉄道』に乗り換えて浜名湖を目指そうと思っていたのですが、浜名湖近くの駅を降りてから徒歩で撮影に出掛けるのがいちいち面倒だと思うようになり、結局自転車でがんばって行くことにしたのですよ。
<気賀駅近くを流れる都田川に架かる『澪つくし橋』〜>
P4291591_1
<澪つくし橋から気賀駅方面を望むぅ〜>
P4291594_1
<都田川と浜名湖の脇にある田園地帯〜 まだ雑草が生えていましたよ>
P4291602_1
P4291606_1
P4291611_1
P4291613_1
P4291614_1
P4291619_1
P4291621_1
ルートは地図で示したように、江戸時代にお姫様が東海道の行き来で籠に揺られた『姫街道』と呼ばれる道で『気賀駅』という浜名湖北の駅近くまで行き、そこから浜名湖畔に造られたサイクリングロードを『寸座辺り』や『東名浜名湖サービスエリア沿い』を抜け、天竜浜名湖鉄道の『浜名湖佐久米駅』近くまでです。
<浜名湖畔にはこのようなサイクリングロードがあるのですよぉ〜>
P4291623_1
<立木の上で体を休める鳥達と釣りするおじさん〜>
P4291638_1
<こんな堰があったりしますぅ〜>
P4291641_1
<気を抜いたら落ちてしまいそうな所もありますぅ〜>
P4291646_1
<長閑な風景ですねぇ〜>
P4291650_1
『当初は』が多くなりますが、当初はさらに進んで奥浜名と呼ばれる猪鼻湖周辺を三ヶ日町辺りまでぐる〜っとしよおうかと考えていたのですが、
晴れてはいたものの、霞が覆っている日だったし・・・
佐久米駅近くに行くまでに思いの外道が起伏に富んでいて・・・
なんだかかなり疲れちゃって・・・
腰も少々痛くなってきて・・・
撮影意欲も急激に減退・・・ ふぅ・・・ gawk
中途半端な所で折り返すことになったのです・・・
まぁそれでも、みなさんとのお約束を無事果たし、充実したサイクリングにはなりましたよ。
<ヨットがたくさんプカプカしていましたよぉ〜 ヨットの講習を受けているようでしたぁ〜>
P4291654_1
<こちらはお金持ちのクルーザーが並んでいます〜 ロテル・ド・寸座というホテル脇です〜>
P4291659_1
<東名浜名湖SA〜 この辺は起伏に富んでいて自転車苦しいですぅ〜>
P4291661_1
<佐久米駅辺りの浜名湖畔から有名な舘山寺温泉方面を望むぅ〜 鳥も飛んでいます〜>
P4291668_1
<潮干狩りをする家族〜 もうそんな時期ですねぇ〜>
P4291672_1
<風は弱く穏やかな浜名湖の一日ぃ〜>
P4291677_1
「お花とかも綺麗に違いない〜」なんて、期待に胸膨らませて向かったものの、浜名湖の北側湖畔にはそれほど花が咲いておらず、そのことがちょっと期待外れでしたよ。
浜名湖北側の湖畔辺風景は2回に渡りお伝えいたしますね。
<佐久米駅近くの姫街道資料館〜 あいにく休館日でしたが、昔ながら民家に造られた資料館で心が和む場所でしたぁ〜 『しぇぽ』の自転車も被写体に>
P4291679_1
P4291681_1
P4291683_1
P4291685_1
P4291687_1
P4291694_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金曜日)

たんぽぽの綿帽子は可愛いですねぇ〜

P4252931
昨日は、茨城県沖でかなり大きめの地震があって、
テレビを見ていたら、急に『緊急地震速報』かなんか流れて、
その雰囲気にけっこう緊張しましたね〜 heart02
それにしても、地震が到達してしまってからの地震速報は、
ちょっと間抜けでしたね。いろいろと言い訳を言っておりましたが、
震源からかなりの距離があったのに速報が間に合わないなんて・・・
多くの研究者が大規模に研究費(税金)を使っているので、
当然測定機器は良くなっているんでしょうから、
気象庁と地震学者はちょっと緊張感が足りない気がしますよ・・・ angry
P5043467
P4252932
私はいつ起こってもおかしくないと言われ続けて久しい
東海地震の中心地静岡県の浜松市と、
これまた地震の危険周期にある関東の東京都を
行ったり来たりの生活を送っておりますので、
この程度の緊急地震速報では新幹線の乗車に危機感を感じるのですよね。
昨日の規模の地震が襲ってきたら、
おそらく東海道新幹線は脱線していますし、
上下線共にその本数の多さから、
脱線でもしたら確実に衝突しますね。
そんな場面に実際に遭遇したら・・・
『脱線した新幹線が富士川に真逆さまに転落』の絵が頭を過るんです・・・ shock
P5023257
P4252936
なんだか恐い話の後ですが、
今の季節そこら中で見掛ける、たんぽぽの綿帽子の写真でも見て
心を和ましましょうね。
たんぽぽの綿帽子は、なんであんなに可愛く変身を遂げるのでしょうか。
太陽の光で輝いたり、風に乗ってふ〜らふら〜〜
近くで見ると、もうすぐ飛び出さんばかりにしがみついてる種があったり、
半分くらいの種が飛び出した後の偏った形の綿帽子があったり。
綿帽子から種が飛び出す瞬間の写真を収めようと毎年がんばるのですが・・・
いつもピントがふ〜らふら〜〜
「撮れた!」と思ったら、背景があまりに変だったり・・・
まぁ、のんびり最高の瞬間を目指しますぅ〜
P4273162
P4273161
P4252946

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木曜日)

久しぶりに夜景なんてどうですぅ〜 新宿ビル群の夜ぅ〜

P3061182
ゴールデンウィークの時の写真も早く掲載したいし、
春が過ぎ初夏を迎えると春のお花の掲載が間抜けになっちゃうし、
新緑の若葉も、もう少しすると時期がおかしくなってしまうし、
ちょこちょこ日々いろいろ写真を撮っていたら、
ここへきてかなり写真が溜まってきてしまって、
どうしたものかなぁ〜と思案しているのです。
函館特集を長くやり過ぎたかなぁ〜
来週はちょっとした仕事で京都に行くし、
当然その時には写真を撮るし、そしたらまた溜まるし、
溜まった写真をテンポ良く早く公開しなきゃぁぁ〜〜〜 coldsweats02
P3061127
P3061120
P3061143
今日は1ヶ月以上前に撮った夜景の写真を公開しますね。
場所は『新宿ビル群』です〜
神殿のような東京都庁舎を中心に、
たくさんのビルの窓明かりと街灯とネオンが
融合した美しさをご堪能くださいね〜 lovely
よーく見ると星が写っている写真もありますよぉ〜 night
P3061147
P3061150
P3061158
東京の夜景としては、お台場、隅田川周辺、銀座、有楽町、
神田、池袋、羽田空港、その他いろいろな場所の
夜景スポットが知られておりますねぇ〜
私にとって新宿ビル群は、落ち着いて撮影できる大好きな光溢れる撮影スポットなのですね。
夜の7時を過ぎると、そこで働く多くのサラリーマンが帰宅するからか、
ビル群周辺は新宿とは思えない落ちついた静けさに包まれるのですね。
P3061160
P3061172
P3061173
コクーンタワーと呼ばれる繭をデザインした東京モード学園のビルが
間もなく完成しそうな状態で、完成してしまったらまだ建設中丸出しの
今日の写真は間抜けな状態になってしまうので、慌てて掲載することにしたのです〜
日本のどこに行っても、高層ビルがこれほどまでに濃密にニョキニョキしている場所は
西新宿のここしかないでしょうねぇ〜
東京ディズニーランドもいいけど、
お台場もいいけど、
有楽町や銀座もいいけど、
浅草巡りもいいけど、
東京に観光にこられる際は、新宿西口に足を運んで、
高層ビルを見上げてみるのも良いですよ。
観光地化されてはいないけど絶対に感動しますよ〜 heart04
P3061187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水曜日)

透き通るハナミズキの花とサクランボを付けた葉っぱなどですぅ〜

P4273177
ゴールデンウィーク最後の昨日はやっと太陽が顔を出してくれましたが・・・
ちょっと晴天になるのが遅すぎです・・・ ふぅ〜
だって『しぇぽ』は昨日は移動日よ・・・
ほとんどシャッターを切ることなくGWの最終日を終えたのです・・・ トホホ・・・
天の神様はなんで私の撮影を拒むのだろう・・・
函館の時もそうだったなぁ〜〜
『雨男』か『曇り男』か、
はたまた日頃の行いが災いしたか・・・
P4192819
P4273184
ハナミズキはピンクや白があってなかなか綺麗な花ですね。
街中でもよく見かけ、そこら中で咲いているハナミズキも、
桜や梅ほどにはメジャーにならないのはなんでだろう・・・
きっと、花びらの大きさとその独特な形が、
好みの分かれる所だからですかね。
私はハナミズキの色合いや光の透け具合は大好きですけど、
花びらの形に疑問を持っているんですよね。
ピンクのハナミズキの場合、なんで花びらの先端で色が
キュッと集まって真っ赤になっているのかなぁ〜
変かもしれないですけど、ピンク色が集まって真っ赤になる部分が、
私には出血した後の瘡蓋にいつも見えてしまうんですよね。
P3221406
P4273178
緑の葉っぱもお見せしたい写真がまだまだたくさんあるので、
この記事でも載せますね。
花が散った後に緑鮮やかな葉っぱを付ける桜の木。
よーく見ると、そこにはサクランボの子供が元気に成長していますぅ〜
タイトル写真もサクランボの子供の写真ですけど、
なかなか可愛くて、緑の葉っぱと共に絵になる被写体ですね。
サクランボですから、そのうち真っ赤になるんでしょうけど、
真っ赤になったサクランボは東京でなかなか出会えないのはなんでかなぁ〜
P4192804
P4273192
今日の写真は、ハナミズキは狭山湖自転車道路のこの辺りで、
緑の葉っぱやサクランボの子供はいつも行く井の頭公園南側の
ジブリ美術館がある付近で撮影したものですよ〜〜
P4273180
P4192818

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火曜日)

春から初夏に咲く花はたくさんの種類や色がありますねぇ〜

<<ヒメキンギョソウ>>
P4263110
<<ボリジ>>
P4263137
このゴールデンウィークの天候の悪さを、みなさんはどう思われますか?
太陽が恋しい・・・ 太陽が恋しい〜〜 太陽が恋し〜〜〜〜いっ!!!!!!
日本の中でも晴れ渡っている場所もあるんでしょうか。
海外への脱出組の方達は、太陽の恵みをいっぱい受けたんでしょうか。
東京にいる私は、「明日は晴れますように・・・」なんて、
期待を込めて祈りを捧げて就寝しても、
毎日「やっぱり天気が悪い・・・ はぁ〜〜」と
落胆の朝をむかえておるのですよぉ〜
太陽くん、雲に隠れて恥ずかしがってないで、
あなたの輝く顔を見せておくれよぉ〜
<<レンゲソウ>>
P4263092
<<ポピーとワスレナグサ>>
P4263103
天気が悪くて、ストレスが溜まって、でもなんか撮りたくて・・・
こんな日は『夜景』に限るのです!!
ということで、昨日は『レインボーブリッジ』を中心に
お台場まで足を運んでみましたよ〜
みなさんは徒歩で『レインボーブリッジ』が渡れるのをご存知ですか。
『ゆりかもめ』の芝浦ふ頭駅辺りの芝浦側入り口からお台場側口まで、
臨海道路海岸青海線の自動車道路の脇の歩道を歩けるのですね。
昼間は南側遊歩道を、夜は北側遊歩道を歩いて、
夜景などを撮影してきたんですよ〜
なかなか綺麗な写真がいっぱいありますよぉ〜
でもね、今日は見せないの。 へへへー
そのうち掲載しますからお見逃しなくぅ〜
<<アネモネ?>>
P4263122
<<ボリジ>>
P4263148
今日はお花の写真なんですね。
春に咲く花は、野花や園芸用の花など、
あまりにたくさんの種類と色があって、
そのほとんどの名前を知らない私は、
撮影した枚数だけ検索で大変なことになるのです・・・
「名前なんかどうでもいいじゃないかぁ〜」なんて
大ざっぱな男の理論があることも承知しております。
でもね、いい大人の『しぇぽ』としては、
大人の嗜みとして調べずして掲載したくない気持ちもちらほら・・・
間違いもあるかもしれませんが、その時は指摘して下さいね。
少し前に撮った(この日も曇っておりましたが)お花達ですよぉ〜
<<ヒメキンギョソウ>>
P4263113
<<ジャーマンカモマイル?>>
P4263085
<<ボリジ>>
P4263133

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月曜日)

”しぇぽ”撮影システムなどで葉っぱの上の水滴撮影〜

P5033353
みなさま、
ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。
私は遠出することもなく、
近場の綺麗を撮影することを目指し、
なんとなくパチリパチリしております。
P5033358
昨日は、中央線の『高尾駅』からバスと徒歩で行ける
『八王子城』という北条氏の山城を見に行ってまいりました。
八王子城周辺の写真は後ほど公開したいと思っておりますが、
それにしても、本当に太陽が出続けませんね。
なんだか光と影の美しい写真がなかなか写せません・・・
本当に最近のお天気はどうなってしまったのでしょう・・・
P5033293
そんな近頃のストレスを発散すべく、
昨年の12月28日の記事でお伝えした
”しぇぽ”撮影システム』を使って、
夜雨が上がった日に水滴撮影をしてみましたよ。
昼間撮影した水滴も少し交えお届けしますね。
P5033332
P5033285
葉っぱの上にできた水滴の
激しく絵になる場面に出会えず、
撮影システムもまだまだ改良中なので、
これぞという写真ではありませんが、
見て頂ければ幸いに存じます。
P5033355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日曜日)

世田谷フラワーランドからいろいろなお花達をお届けしますぅ〜

P4052555
<<ムスカリ>>
ゴールデンウィークとはいえ、
今日まで仕事があったので・・・
「さぁ! ブログ更新だぁ!!」なんて、
愛すべき我がマックくんを前に座ったものの・・・
いつの間にやら夢の中・・・ トホホ・・・
「ハッ!」と目覚めると一行の文章もなく
日付は既に変わりけり・・・ ハァァァ・・・
焦る気持ちはどこへやら、
ただ春の夜の夢のごとし・・・
P4192877
<<ノースポール>>
P4192889
<<ワスレナグサ>>
P4052563
<<ポピー>>
昨年、交尾の後に卵から孵った幼虫が、4月末までには
体長10センチ程度まで成長し、大迫力のモゾモゾ、モゾモゾ。
5月に入るとパタッと動きを止め始め、
間もなく大きな室をセッセセッセと作り出し、
なんだかすぐにでも蛹になってしまいそう・・・
天変地異の兆候か、
地球温暖化の影響か、
「5月も始まったばかりだというのに、
あなたはもうカブトムシになってしまうの?」
我が問いかけには耳も貸さず、
セッセセッセと室作る・・・ ふぅ〜
P4052584
<<スズランスイセン>>
P3221339
<<クリサンテムム・ムルチコーレ?>>
P4192895
<<ワスレナグサ>>
このブログでも何度か登場した
世田谷区フラワーランド
今日は3週間ほど前に撮った、
そこのお花の写真なり。
気力は減退、頭は朦朧。
『しぇぽ』も室の中でお休みね・・・
明日は晴れるかな・・・
P3221362
<<ヒナギク>>
P4192876
<<ノースポール>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土曜日)

まだまだ若葉は緑鮮やか! 目を保養しましょう〜

P4081410
まず最初に、
昨日の記事で、最初と最後の写真の花の名前が判らなかったんですが、
ありがたいことに、ある方からのご助言で、
シシリンチウム』の花であることが判明しましたぁ〜 パチパチパチィ〜
『ニワゼキショウ』の仲間ということですが、
『シシリンチウム』も『ニワゼキショウ』も初めて聞く花の名前・・・
お花の世界は底が見えない深淵の如く・・・ すごい世界です・・・
シシリンチウムなんて、
4月1日に理科の先生から
「元素記号『Ss』は金属類のシシリンチウムだからよく覚えておくように!」
なんて言われたら本気で信じてしまいそう・・・
P4081376
P4081397
花の世界もそうですけど、蝶などの虫の世界も数限りない名前のオンパレード。
こういう世界に本気で足を突っ込んだら、
名前を覚えるだけで一生を終わりそう・・・
花の名前をインターネット検索していて気づいたんですけど、
花の名前から検索するホームページが多いんですよね・・・
私にはなんの役にも立たないんですよね。
花の場合は、綺麗な花に出会って、撮影するなり写生するなりして、その花の名前が判らないから写真や絵と照らし合わせて検索するパターンが多いんじゃないでしょうかね。
電車に乗って、隣の人が話していた花の名前が気になって、名前で検索してみるパターンなんて少ないんじゃないでしょうか。
もっと花の細かな特徴から花の名前を割り出す検索ページがあると嬉しいんですけど・・・
まぁいいかぁ〜
P4081384
P4081392
今日はいろいろな所で生えだした若葉の写真を載せますね。
花に負けず劣らず、若葉の新緑はまだまだ眩しいですから、
ゴールデンウィークは新緑で目の保養なんて素敵かもしれませんよ。
みなさんはGWにどこに行かれるんでしょうかねぇ〜
私は渋滞も人混みも大、大、大ぃ〜〜嫌なので、
一つは東京近辺の山のお城を見に(野花や木々の葉っぱ撮影も兼ねて)、
もう一つは橋の上から夜景撮影なんてしてみようかなぁ〜なんて考えておるのですよ〜
写真は後々掲載いたしますよ〜
P4021345
P4081418
P4081421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金曜日)

自転車通勤途中の街中で見つけたお花達ですよ〜

P4263062
昨日の宿題の解答の『ハナズオウ』は私にとっては初耳の花の名前でしたよ。
ハナズオウは木から直接花が出る面白い花ですが、
マメ科の植物なので、この後はサヤエンドウのような豆を付けるらしいです。
本当にそうなのか、またしばらくしてから偵察してみますね。
P4263025
P4263051
この時期、街のいたる所でお花が咲いていますね。
そんなお花達は、東京の職場まで自転車で通勤している私を、
疲れから解放してくれる上、穏やかな気持ちにさせてくれる
ありがたいお花達なのですね。
片道17キロをママチャリで通勤しているので、
真冬のような何も変化がない時期だとマンネリ化して、
疲れが倍増して、事故の確率も上がるのですよ〜
(既に3回危ないことがありました。一回はちょっとした出血大サービスでしたぁ〜〜)
そんな時期を無事乗り切って、お花達の季節になると、
いつも通る街の風景が一変し、うきうき気分で
ゆっくり観賞しながらの安全運転になるのですね。
P4263032
P4263043
今日はそんなお花達の写真をどうぞぉ〜
少し前の天候不良の頃に撮ったので、光溢れる写真ではありませんが、
撮影した場所は、三鷹の住宅街の中と仙川流域の祖師谷公園付近です〜
地図で示すとこの辺りになりますよ。
P4263046
P4263024
一枚目と最後の写真の花が調べても分かりません。
綺麗な花なのに・・・ 知っている方は教えて下さいね。
2と7枚目は『ポピー』。3枚目は『ノース・ポール』ですかね。4枚目はキク科の植物でしょうけど正式な名前は不明です。5と6枚目は『ネモフィラ・メンジーシー』ですかね。
間違っていればご指摘の程、よろしくお願いいたします〜
P4263064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木曜日)

山吹とその周辺で咲いていたお花達の写真ですぅ〜

P4122718
函館道南特集が終わってしまいましたねぇ〜
ちょっと寂しいですねぇ〜
なんだかちょっとふぬけ状態・・・ ふぅ・・・
クリスマスイルミネーション特集、
夜景特集、横浜特集、東京の橋特集など、
いろいろな特集を掲載してきたこのブログですが、
特集が終わる度に、次は何を掲載しようかなぁ〜なんて、
いつもいつも頭を抱えちゃうんですよね。
P4122690
P4122689
特集はまだしばらくありませんが、
函館道南特集があった関係で、時間的に
掲載したくてもできなかったお花や緑の葉っぱの写真が
いっぱい溜まっているので(とにかく日々ちょこちょこ撮っているのですよ)、
これから少しずつそれらを掲載していこうかなと考えています〜
P4122715
P4122729
今日は二十日前くらいに砧公園で撮った、
山吹とその周辺で咲いていたお花達です〜
相変わらずお花の名前が判りませんが、
ピンク色の桜は『大山桜』ですかね。
その他のお花は形態的に有名に違いないんですが分かりません〜
すみません〜 明日までに調べておきますぅ〜
インターネットなどで調べてみて、
明日の夜までに正式名称で本記事を更新しておきますね。
宿題宿題〜〜 (宿題やってきました〜 答えはこの記事の一番最後ね)
P4122697
P4122719
ーーーーーーーーーー
先生:宿題はちゃんとやってきたか!
しぇぽ:はい! がんばりましたぁ〜
しぇぽ:写真3枚目は『ライラック』で、写真5と6枚目は『ハナズオウ』みたいです!
『ハナズオウ』は普通紫色らしく、写真のような白色は『シロハナズオウ』ではなくて『シロバナハナズオウ』と呼ばれるらしいです!
先生:よくがんばったな、しぇぽ! 先生はそんな『しぇぽ』が大好きだぁ〜〜
しぇぽ:先生〜〜 『ハナズオウ』は仕方ないにしても、『ライラック』みたいな有名な花の名前が分からなかったのが恥ずかしいです・・・
先生:これからがんばればいいんだ! お前はお花の日本一を目指せー
しぇぽ:はい、先生!!

なんて、従順な学生時代はなかった『しぇぽ』なのでしたぁ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »